SHOWCASE: Power of giff

Atmosphere would like to show you amazing work of “I AM NOT AN ARTIST”.
It is amazing what you can do with giff animation.
Atmosphereでは、”I AM NOT AN ARTIST”というクリエイティブ集団のgiff アニメーションをご紹介いたします。giffのアニメーションで出来ることの無限の可能性を感じます。








The Other Work
http://www.iamnotanartist.org/index.php

SHOWCASE: The Pattern Foundry

“foundry” は書体メーカー名によく見られる呼び名だが、これは本来鋳物の鋳造所を指す言葉である。長らく印刷において金属を型に流し活字を作るという工程が含まれていたことから、書体の作り手もfoundryと呼ばれるようになった。金属活字から写植、そしてデジタルへと変化を経た今も、書体をデジタルデータで販売する多くのメーカーがfoundryと呼ばれている。
デジタル技術に後押しされ増え続けるfoundryのなかで、ロンドン発のThe Pattern Foundryは独自の視点でデザイナーにパターン図柄という表現の場を提供し、同時に受け手にそのデザインを楽しむチャンスを与えてくれる特異な存在。創設者であるRichard Rhys氏にお話を伺いました。
The word “foundry” frequently appears in the names of typeface manufacturers. The word originally refers to factories that make castings of metal. Since typefaces had a long history with casted metal types in printing, even after the transition to phototypes and to the current digital types, many typeface distributors call themselves foundries.
Amongst the growing number of foundries emerging encouraged by digital technology, The Pattern Foundry‘s approach is blissfully unique, providing an arena for expression and the public to enjoy high-quality patterns from the world’s most interesting designers and artists.
Atmosphere_blog interviews the founder Richard Rhys.

ウェブサイトのデザインはO-R-Gによるもの。
The website designed by O-R-G!


Q. Can you tell us how The Pattern Foundry got started?

A. I had the idea of the Pattern Foundry when working in America making prints for fabrics in 2005. I thought that there could be a need for something like this to exist; a library of updated high quality easily accessible decorative patterns! It was an after thought that it could involve artists and designers in the process. So the idea evolved from that point.

Q. The Pattern Foundryはどのようにして始まったのですか?

A. 2005年にアメリカで生地関連の仕事をしていたころ思いつきました。簡単に手に入る、ハイクオリティなパターン図柄コレクションに需要があるはずだと思ったんです。外部のアーティストやデザイナーを巻き込んでいこうと思ったのはだいぶ後のことです。

GRID pattern 2009 (new pattern)

Q. What’s the reason for focusing on patterns? The notion of repetition, scale and the self-reproductive nature within a singular image must be inspirational to many designers and artists. What kind of reactions did you get when you requested artists and designers to participate? Do you ever do direction? (Or give a theme to work on to designers/artists?)

A. I’m not sure but I do love working with patterns. A lot of people were very interested when I talked to them about being involved, a lot of people enjoyed being asked to do something they had never been asked to do before. I’m very happy with the patterns we have so-far – many of the them have lovely little stories of their origin and offer a small preview of the person that did them. I don’t really suggest what anyone does in particular but I can help if there is a need but other than that things are quite open.

綿にプリントされたCOTTON REEL柄に刺繍を施したもの
COTTON REEL printed onto 100% cotton fabric with actual random embroidery


Q. パターンだけ、というのにはなにか理由があるのでしょうか?反復や縮小拡大、自己増殖的な性格をもつパターンはデザイナーやアーティストにとって魅力的なモチーフだと思いますが、参加を打診したときはどんな反応がありましたか?また(Rhys氏が)ディレクションをしたり、テーマを与えたりということはあるのでしょうか?

A.特に理由は思いつかないのですが、個人的にパターンを使うことが好きなのは事実ですね。デザイン提供者の多くは今までにない種類の依頼だといって楽しんで取り組んでくれました。これまでのコレクションには満足しています。それぞれのデザインに作者の思い出や背景などがあって、作者の人柄を垣間見せるようなところがあると思います。とくにディレクションをするということはなく、オープンなプロジェクトといえます、もちろん、作家から質問などがあればその都度対応しています。

雑誌Wireの付録CDカバー(DISTORTED RECTANGLE
Wire Tapper 16 CD cover using DISTORTED RECTANGLE pattern



Q. Am I correct in thinking that there’s a curatorial aspect to the project? How do you choose artists? Do you ever do any “direction”? Also, people may notice that many of the participating artists/designers are regular contributors to the journal Dot Dot Dot, so geographically it’s very in-between London-Amsterdam-New York. Is there any reason for this?

A.The process of asking people to participate to the foundry since the beginning has always been enjoyable, and being in that position has given me the great opportunity to approach friends, friends of friends and people who’s’ work I have long and short admired. No there is no particular reason for this really I guess being in London is good for many reasons especially Geographically – being in the middle! I am inspired by the work produced by people in all countries not just the 3 you just mentioned – especially Japan.


Q. このプロジェクトには、キュレーション的な視点があるととらえてよいのでしょうか?
アーティストの選択はどのようにしていますか?またディレクションを与えることはありますか?それから、どうも参加している人はDot Dot Dotに寄稿している人などが多いようですが、なにか理由があるのでしょうか?

A. 知人や、友達の友達、そして前から尊敬していたひとなどに直接コミュニケートできるので、依頼をかけるのはとても楽しいです。ラインナップについてはとくに理由はないのですが、ロンドンは地理的にど真ん中だということではないでしょうか。僕は参加してくれている国の人だけでなく、日本も含めて様々な国の人の作品に影響を受けていますけどね。

Karl MartensによるUNTITLED 002を使用した仏雑誌étapesの表紙
(étapes magazine, August 2008, France, front cover using UNTITLED 002 by Karel Martens



Q. I would imagine the use of the patterns is completely up to each individual (customer), but is there any example of use that you’d like to suggest? Or have you had any interesting ideas or actual usages by others that you never thought of?

A. Yes I encourage people to use the patterns in as many different ways as possible, and that idea really excites me, in that way the thing the pattern is applied to becomes personal and different to that of another with the same pattern. From a tie to a wallpaper. I would like to suggest underwear, kitchen tiles, bedding, wrapping paper, bookend pages, blanket, and scarves.


Q. 図柄をどう活用するかというのはそのひと次第だとは思うのですが、何かおすすめできる使用例などはありますか?面白いアイデアの例なども教えてください。

A. まったくそのとおりで、とにかく好きなように自由に使ってほしいと思います。一人一人の使い方によって、同じパターンが全く違うものになると思うのです。ネクタイ、壁紙、下着、キッチンタイル、寝具、ラッピング、本の内側、ブランケット、スカーフ、といったところでしょうか。

Liana OdeonによるDAZZLEを使用したドレス
Dress designed by Liana Odeon using DAZZLE


Q. A technical question. On the website it says, “The patterns are available for use in 3 different ways; digital download, print-per-order and an evolving preprinted range of products.” – when the patterns are in digital format, is it like … Adobe illustrator swatch pattern file? Jpeg, or something else?

A.If a customer needs a pattern digitally yes you can receive the pattern as a vector based file, and a few of the patterns which are not so geometric are hi-res tiff files. If you need a pattern printed onto a fabric we are hoping to service this need in the not to distant future.


Q. 技術的な質問ですが、フォーマットはデジタル、プリント、そして製品化されたパターンの3種類で購入可能、とあるのですが、具体的にはどんなものですか?

A. デジタルの場合、必要であればアドビイラストレータなどで使えるベクトルデータまたは画素数の高いtiffファイルで渡しています。プリント布地といったニーズにも近いうちに対応していきたいと思います。

シルク生地にSWIRLがプリントされている様子
SWIRL pattern being printed through an ink jet printer onto silk fabric



Q. How would you like to develop the project further?

A. The archive will grow so the future will see a lot more patterns from a lot more people including those that have done patterns already, hopefully a lot of special projects and collaborations with different places and product designers. Also educational initiatives such as workshops and programs in different institutions and schools in America, Europe and Japan.

Q.これからどんな方向で展開させていきたいですか?

A. デザインがどんどん増えてきているので、作家の数も増やしていきたいし、いろんな場所やプロダクトデザイナーとのプロジェクトをこなしていきたいです。それからアメリカ、ヨーロッパ、日本などの学校とのワークショップなどもやっていきたいですね。
The Pattern Foundry
http://www.patternfoundry.com/

SHOWCASE: Natsko

わくわくするような躍動感あふれる街や、幾何学的なパターンをコラージュで作り出すロンドン在住のイラストレーターせきなつこさん。最近では松屋銀座のポスターシリーズなども手がけています。EsquireやTitleなどの雑誌で見覚えのある方も多いのでは?彼女の作品が生まれる現場は一体どんなところなのでしょう?4月8日から開催される東京での個展へ向け大忙しの彼女をイギリス・ロンドンに訪ねてみました!
Natsko is a London-based illustrator and animator who makes cityscapes and patterns using collage. Atmosphere_blog visited her London studio to find out what inspires her unique creations!

Tomotomoに登場したイラストレーション『neighbour』)
さて、制作の中心となる机まわりをまず拝見。整頓されながらもにぎやかな印象。目下個展のDMを制作中。
Let’s have a look around her desk—it’s functional, but fun!

作業デスクの前に張られたカード類。コラージュに使われるものも含め、年代もののコレクションはアンティークマーケットなどで見つけることが多いそう。
A large collection of old cards and prints. Most of them were bought at antique markets.
ロンドンの中心部ながら和やかな環境。窓の外には猫が遊びに来ます。Despite the fact that the studio is located in central London, it has an English village atmosphere.

さて、ここで最近のお仕事を拝見。クライアントもアメリカ、日本、イギリスとさまざま。この小さなスタジオスペースから、世界中になつこさんのワークが発信されていることを改めて感じさせます。
Work created in this relatively compact studio travels all over the world! To the US, Japan and the UK!
(画像をクリックするとポップアップで表示されます。)

アメリカのT+L Family magazine (American Express刊)に掲載されたイラスト。 空港のアナウンスが今にも聞こえてきそう! VOGUE NIPPON 3月号より プロパガンダポスター風の表現をテーマとして指定されたというロンドン消防署「事故をなくそう」キャンペーンのポスター。

ここで机からちょっと離れて、オブジェやコレクション、そしてアイデアがまとめられたスケッチブックをチェックしてみましょう。インスピレーションを引き出し、自分の作品へと編集していくプロセスのヒントがありそうです、、、。
Now, let’s look at some things found on her shelves and in her sketchbooks– they might give us clues as to where she gets her inspiration.
(画像をクリックするとポップアップで表示されます。)

コラージュの元となるたくさんの古雑誌類。 These vintage magazines turn into new illustrations!
出版社向けに提案したカレンダー案。残念ながら実現はしなかったそうですが、こんなカレンダーがあったら、毎日が楽しくなりそうです。 ディスプレイされた小物類にも、なつこさんのイラストの世界観に通づるものを感じませんか!?。

気になるgallery Rocketでの初の個展 Retro Perspective は4月8日から。
出品作は全て新作。コラージュ原画を目にできる貴重な機会をお見逃しなく!
せきなつこ 個展 「Retro Perspective (レトロ・パスペクティブ)」
2008年4月8日(火)〜4月26日(土) (※13(日)、20(日)は休み)
18:00 – 22:00
gallery ROCKET
〒107-0062 東京都港区南青山3-14-10 B1F (TEL 03-5412-1815)
Natsko Seki exhibition Retro Perspective
gallery ROCKET
8th – 26th April 2008 (Closed on Sunday the 13th and 20th)
6pm – 10 pm