INTERVIEW : 福山えみ / EMI FUKUYAMA

– Atmosphere interviewed Emi Fukuyama who is participating in a group exhibition featuring 5 female photographs in Japan, ‘POV FEMALE Tokyo‘ held at CALM & PUNK GALLERY.
– アトモスフィアでは今回、CALM & PUNK GALLERYにて開催されている、女性フォトグラファー5名によるグループ展’POV FEMALE Tokyo‘に参加している福山えみさんにインタヴューを行いました。

1 / 福山えみとは?自己紹介をお願い致します。
福山えみです。写真を撮って発表しています。
1 / Emi Fukuyama, please introduce yourself.
Hello, my name is Emi Fukuyama. I take photography and present them.


「しずまないうちに/Before Sunset Comes」

2 / いつから写真撮影を始めましたか? また、そのキッカケは?
8年前に写真専門学校へ通い始めてから今のような感じで写真を撮るようになりました。
2 / When did you start photography? What made you start?
I started taking photos like I do now, 8 years ago when I began to attend a photography school.


「しずまないうちに/Before Sunset Comes」

3 / 今までの活動で最も印象に残っている被写体や写真に収めた出来事、風景を三つ教えてください。
パッと思い浮かんだものを3つ。
(1)アパートの外廊下に干された布団を撮ろうとシャッターを押した瞬間、男の人が玄関のドアから出てきて写真に収まってしまったこと。

(2)父のふるさとの夏祭りで知らないおじさん達のポートレイトを撮って特に名前など聞かなかったけれど、祖母、伯父、叔母の地元ネットワークによってその方たちがどなたか判明しプリントを渡せたこと。

(3)初めて行ったヨーロッパのある住宅街を撮影しながら歩いていたら、昔、町田の住宅街で見た光景とそっくりな場所を見つけて、すごく不思議な感覚になりながら写真を撮ったこと。
3 / What were the 3 most impressionistic person or an incident or a scenery that you have ever photographed?
The first 3 things that come to mind.
1) The moment when I pressed down the shutter to take a picture of the futons being dried in the hallway outside of my apartment, a man walked out of his apartment door and got in the shot.

2)The fact that, after taking photos of the local men at a summer festival in my father’s home town, how although I did not get anybody’s name, through the network of my aunts and uncles and friends, we were able to figure out everybody’s name and hand each one a copy of the prints.

3)The time when I was walking and photographing a town in Europe and found a scenery that looked exactly like a residential place I know in Machida (a town in Japan outside of Tokyo) and feeling very strange while I photographed.

4 / 自身のフォトグラファーとしての活動の中で最も気持ちがいい瞬間を教えてください。
撮影で歩きまわって、あっと思う光景に出会ってシャッターを切る時です。
4 / What is the best feeling you get as a photographer.
The moment when I cut the shutter, when I find an incredible moment while I walk around to shoot.


「月がついてくる/The Moon, Following Me」

5 / 被写体や、その環境は日常の中から見つけ出しますか? もしくは特別に作り出す物でしょうか?
いつも知らない町を歩きながら撮影するので、私にとっての日常ではありませんが、その場所の日常を垣間見たいと思って撮影しています。
5 / Do you find your subjects for your photography in everyday life, or do you create something for it?
Since I always photograph while walking in a town I have never visited before, the subject is not a part of my everyday life, but I photograph with the wish to see a glimpse of the everyday life of the place I am photographing.


「月がついてくる/The Moon, Following Me」

6 / あなたにとって、写真とは?
世界(外の世界、内面の世界の両方)と自分とを繋いでくれるもの。
6 / What is photograph to you?
What connects me to the world (both the outer world and the inner world) .

7 / 写真家としての醍醐味は?
自分の写真に対して様々な反応をもらうこと。
7 / What is the best thing about being a photographer?
Getting various responses about my photos.


「A Trip to Europe」

8 / この1週間で一番笑った瞬間は?
小学生の頃の友人たちと4時間にわたって思い出話をし続けた時。
8 / What was the funniest moment for you this week?
When my old school mates and I talked about our memories for 4 hours.


「A Trip to Europe」

9 / 今回の’POV FEMALE Tokyo‘では、フランス人のアートディレクターがキュレーションし、グループ展が行われ、写真集も出版されましたが、この企画はあなたにとって、どのような挑戦となりましたか?
一度も会ったことのない方と一緒に本を作る、ということは挑戦だったと思います。言語の違いで言葉のやり取りが大変だった部分もありますが、写真を介してのやり取りでは始めから共通の考えを持つことができ、スムーズに進めることができたように思います。
9 / The POV Female project is curated by an French art director to create a photography book and hold a n exhibition. Were there any challenges that you faced?
It was a challenge to create a book with somebody that I had not met yet. It was a little difficult because of the language barrier, but there was a mutual understanding between us regarding the photography so I thought it went very smoothly.

10 / 今後、写真家としてどのような挑戦をされたいですか?
作品制作を通して新しい発見をするため、また様々な方に写真を見ていただくために活動の場をもっと広げていきたいです。
10 / What sort of challenges would you like to take on in the future as a photographer?
I want to expand my field so that I can present my work to more people and make new discoveries.

11 / あなたのワークスペースを見せて下さい!!
11 / Please show your workspace!!

INTERVIEW : Simona Costanzo


Atmosphere would like to introduce Simona Costanzo who is participating in ISETAN girl`s sweet project “yum yum art!”. “yum yum art!” is collaborative project between 6 world populat girl`s artists and sweet companies. Those sweets are currently shown and available at ISETAN Department Store.
アトモスフィアでは、世界各国で活躍する女性アーティスト6人が、スウィーツの世界で競演するという企画「yum yum art!」に参加頂いたSimona Costanzoさんにインタビューを致しました。「yum yum art!」のスウィーツは、伊勢丹にて展示・販売されています。

1 Please introduce yourself to us.
ご自身について教えてください。

My name is Simona Costanzo, I graduated from the Art Institute in Mantua, and then I went to Castello graphic art school in Milan founded by Bruno Munari. For several years I worked as a graphic designer for various theaters and theater companies in Italy. Then in 2001 I started my project esserini.
I have a 14-year-old son who is very adolescent and a 5-month orange tabby cat.
Now I live in Parma.
シモーナ・コスタンツォです。マントヴァにあるアート高等学校を卒業後、ミラノにあるCastelloアートスクールに通いました。Castelloアートスクールは世界的に著名なアーティスト、ブルーノ・ムナーリによって創設されたグラフィックの学校なんです。卒業後は様々な劇場や劇団でグラフィックアーティストとして数年間働いたのち、2001年にエッセリーニの活動を始めました。
家族は14歳になる超・思春期の息子と、5ヶ月になる茶トラのネコ。
いまはイタリアのパルマ在住。

N103 esserini to feel

2 Please tell us about your hand sawn doll Esserini.
あなたの作品である、手縫いの人形「エッセリーニ」について教えて下さい。

It was a clear choice of making esserini by hand not at a factory. Italian craftsmanship is beginning to disappear and many tailor’s shops were closed. Recently everything is produced in factories or in China or in Romania. Unfortunately people don’t recognize that we are losing the soul of our nation. Also I think esserini should bring serenity somehow to the people who purchase them. I’m sure that an object reflects a heart whose makes it. Therefore I believe that esserini made by tailor have very positive energy, which is much more positive than things made in factories where maybe people are suffering and exploited.
エッセリーニを完成させるにあたり、工場ではなく、イタリアで消えつつある職人に頼むことに迷いはありませんでした。工場で作るのが当たり前な世の中になり、多くのサルトリア(仕立て屋)はクローズを余儀なくされ、あらゆるものは中国やルーマニアで生産されています。残念ながら、多くのイタリア人が自分たちのスピリットを失っていることに気付いていないのです。エッセリーニを作る人たちの思いが強くこめられたものだからこそ、エッセリーニはそれを手にした人たちになんらかの方法で平穏をもたらすのでしょう。職人によってハンドメイドされたエッセリーニは、とてもポジティブなエネルギーを持ちます。工場で酷使や苦痛の中で作られたかもしれない物に比べ、ずっとポジティブなエネルギーを持っているのです。

Mrs.Buttons

3 When / Why did you start to make Esserini?
なぜ、いつから「エッセリーニ」を作り始めたのですか?

I began esserini while I’ve studied yet in the 90s. I gave them to my friends or to people who have asked me. At first it was just a search for myself. I wanted to learn a mode of drawing. I wanted to be able to draw like children, instinctively without thinking, for having a strong sign.
Then the puppets were born exactly same as I had drawn. They were enough strong but I wanted to make them even more vivid so I put a stone inside which gave more energy to esserini.
エッセリーニは90年代、私がまだ学生だった頃に始めました。最初は友だちに、またそれを希望した人たちにプレゼントとして作ってあげていたものです。当初エッセリー二は私自身の研究テーマの一環として始めたものでした。私は当時、子供たちのように、考えることなく直感で強いサインを有するデザインができるかどうかということをテーマにデザインを研究していたのです。
そのうち、自分のデザイン画から布製のぬいぐるみができたのですが、それは本当に私がデザインした通りのものを形にすることができました。それだけでもインパクトの強いものだったのですが、そのぬいぐるみがもっと生命力を放つものになるよう、中に石をいれてみました。

New underwear

4 Please tell us the 3 most important points in the process of making your artwork.
自分の作品作りにおいて、もっとも大事にしている三つの事を教えてください。

The three most important things about my job, I’m sure these:
-Remove the mind and logic, and let instinct prevail.
-And then work on technique for realization.
-Continue to seek, always.
私が作品を作る上で最も大切にしていることは、やはりこれでしょう。
-知識やロジックといったものを切り離し、直感を優先してデザインすること
-その次に、デザインを具現化するための技術面について作業を重ねること
-常に模索し続けること

N42 esserini to change your ordinary life

5 What kind of things do you get inspirations from for your art making?
作品つくりの為に、どうゆうことにインスピレーションをうけますか?

I get inspiration everywhere, in my life, what I see, what I read, from the people whom I meet, from my cat, from my son, from everything.
インスピレーションはありとあらゆるところから得ます。人生において見たもの、読んだもの、出会った人、飼い猫、息子、ほんとうにすべてから。

6 Do you have any plans you would like to do in next decade?
これから先、やってみたいと思う事はありますか?

My next project will be to create ‘healing’ art because I think art has a great possibility of curing those who suffer.
So I decided that I would make objects only to order for people who need a help for making their own way. People are often suffering because they are stuck and they are living in a way that is not good for them, in a way that doesn’t fit them anymore.
Art can help to release people and to make them move forward. Art objects, which might be drawings, esserini or another, will be made exactly based on requests. Also I will create objects’ story.
私の次のプロジェクトは「癒し」のアートを実現することです。アートには、苦しみの中にある人を癒す力があると考えているからです。
なので、道を進むにあたり助けを必要としている人たちのために、完全オーダーメイドで作品を作ることにしました。苦しみの中にある人は、たいてい現実が自分の状態にそぐわず、身動きが取れなくなるからこそ苦しむのです。アートは人を開放し、前に進ませる力があります。作品は絵になるかも知れないし、エッセリーニになるかも知れません。別の何かになるかも知れませんが、いずれにせよ、オーダーする人の希望に基づいて実現されることになるでしょう。そして、その作品にまつわるストーリーも添える予定です。

birdcage

7 What is the funniest moment that made you laugh in the last 7 days?
ここ一週間で、ゲラゲラ笑ってしまった事を教えてください。

I don’t remember.
覚えていません

8 Please tell us if you have got favorite places to go in your vacation.
バケーションで行くのに好きな場所を教えてください。

I’ve been in Tuscany. It was a wonderful land.
トスカーナに行ったことがありますが、素晴らしいところでした。

9 If you are not artists, what will you do?
もし、アーティストじゃなかったら何になっていたと思いますか?

I do not know what the artist is. It is hard for me to consider myself an artist. I do what I can do. I can’t also define if nobody is artist or everyone is artist.
Anyway, if I won’t do what I do, I believe that I would do a manual work like a craftman, or perhaps would open a café’ where people eat and drink.
私はアーティストとは何かが分からないのです。自分がアーティストだと名乗ることは難しく、私は自分ができることをやっているだけで、アーティストと名乗ることはできません。それに、アーティストなんて誰もいないとも言えるし、みんながアーティストだとも思うのです。
とにかく、もし私がやっていることじゃない仕事をするとしたら、なにか手を使った職人的な仕事をしていると思います。あるいは、人々が食べたり飲んだりしにくるようなお店をやっていたかも知れません。

10 If you have any comments to Japanese audience!
これを見ているみんなにメッセージを送るとしたら?

I love you deeply. I love your culture, your land, the smells, your elegance, your soul which has an infant wonder and that at the same time has a great strength.
日本の皆さんのことを心の底から愛しています。文化、大地、香り、優美さ、そして、子供のように何に対しても新鮮な驚きをもつと同時に大いなる強さを持つその精神性を愛しています。

また、2月20日より南青山のGallery5610にてエッセリーニ展が行われます。
Simona Costanzo本人も来日し、子供向けワークショップも行われますので
気になった方はギャラリーに足を運ばれることをお薦めします。

Gallery5610 website / http://www.deska.jp/

INTERVIEW:Emily Forgot / illustrator

emily_b.jpeg
Atmosphere would like to introduce Emily Forgot who is participating in ISETAN girl`s sweet project “yum yum art!”. yum yum art!” is collaborative project between 6 world populat girl`s artists and sweet companies. Those sweets are currently shown and available at ISETAN Department Store.
アトモスフィアでは、世界各国で活躍する女性アーティスト6人が、スウィーツの世界で競演するという企画「yum yum art!」に参加頂いたEmily Forgotさんにインタビューを致しました。「yum yum art!」のスウィーツは、伊勢丹にて展示・販売されています
emily_forgot_portrait.JPG
1Please introduce yourself to us.
ご自身について教えてください。

My name is Emily Forgot, I am a graphic artist working and living in
london.
私の名前はEmily Forgot (エミリー・フォゴット)です。ロンドンでグラフィックアーティストとして働いています。
2 Please tell us about your latest activities.
最近の活動に関して教えて下さい。

I have been busy working commercially for clients both in London and further a field in Canada & Germany. I recently collaborated on a window display for the phone company Vertu in Harrods & I have also taken part in an exhibition called ‘Ghosts of gone birds’, a show with lots of interesting
practitioners involved that aims to heighten the plight of extinct birds.
ロンドン、そしてカナダ、ドイツのクライアントとコマーシャルワークをしています。最近では、電話会社のVertuのためにハロッズ・デパートのショーウィンドーの仕事をしました。また、 絶滅危機にある鳥たちを救おうと頑張っている人々とGhosts of gone birdsというタイトルのエキシビションに参加しました。
I like to keep a balance between commissioned work and personal work so I have also been working on new prints for my shop too, www.forgotshop.co.ukコミッション・ワークと個人の作品のバランスが大事なので、自分のショップである www.forgotshop.co.ukのためのプリント製作もしていました。
walrus_chief.jpg
Walrus Chief
3 When / Why did you start your creative activities?
クリエイティブな活動はいつそして、どういうきっかけで始めたのですか?

After I finished a degree in graphic arts at university I travelled a little round Europe and settled in london 7 years ago where I starting making images and graphics for clients.
大学でグラフィックアートの専攻を終了した後、ヨーロッパをしばらく旅し、7年前にロンドンで暮らし始めま、その頃からクライアントのためにグラフィックを作成すうようになりまし。
4 Please tell us the 3 most important points in the process of making
your artwork
自分の作品作りにおいて、もっとも大事にしている三つの事を教えてください。

Curiosity, a clear mind and enthusiasm.
好奇心、クリアなマインド、やる気。
image_cr_photo_cover.jpg
Magazine Cover Work: CR Photo
5 What kind of things do you get inspirations from for your art making?
作品つくりの為に、どうゆうことにインスピレーションをうけますか?

I love to go to fleas markets and junk shops, I do have a love for vintage items and the past seems to filter into my work in all sorts of ways..i think i may have been born in the wrong era!
ビンテージものがとても好きなので、フリー・マーケットに行くのが大好きです。自分の作品にも昔のフィルターがよくかかるので、生まれる時代を間違えたんじゃないかな?!
image_plates_2.jpg
Series of Plates
6 What is fashion for you?
自分にとって、ファッションとはなんですか?

comfort & style
着心地&スタイル
7 How does your life in LONDON effect in your art making
influences you as an Artists?
ロンドンという街は自分の作品つくりにおいて、どのような影響を与えていますか?

Well i work in london, but i do think living here in the thick of all the creativity inspires me, there are so many wonderful people making things and sharing them it would be difficult for it not to influence you.
そうですね、ロンドンに住んでいるとクリエイティビティの渦の中にいるので、インスパイアされますね。とても多くの人が素晴らしいものをクリエイトし、共有しているので、インスパイアされないほうが難しいです。
8 Do you have any plans you would like to do in next decade?
これから先、

I would like to work on more window displays and environmental graphics, I like the idea of changing spaces and working on more 3 dimensional forms, I would like to explore working on an Emily Forgot product line too, incorporating perhaps some pattern and textile design as well as more
ceramics onto my shop.
ショーウィンドーのディスプレイの仕事と、空間のグラフィックももっとやりたいです。空間を変幻させ、3Dでクリエイトできるのが良いですね。それから、Emily Forgot ラインももっと充実させたいです。パッターンやテキスタイル、陶芸なども入れていきたいと思っています。
selfridges_parade_4.jpg
Selfridges Parade
march_news_2.jpg
9 What is the funniest moment that made you laugh in the last 7 days?
ここ一週間で、おかしくてしょうがなかったことはありますか?

probably my boyfriend’s dad dancing in a cape!
たぶん、友達のお父さんがマントで踊ってたとき!
10 Please tell us if you have got favorite places to go in your vacation.
バケーションで行きたいお気に入りの場所はありますか?

I don’t think I have found my favourite yet!..I like the sunshine and the sea but i also like cities so places like Barcelona and Marseille are Both high up on the list.
1番の場所はまだ見つけてません…! でも、太陽と海が大好きなので、バルセロナやマルセイユは常に上位。
11 Please let us know 5 fashion brand who you admire recently.
あなたが尊敬するファッションブランドを五つ答えるとしたら?

I love the simplicity and quality of the clothes in
COS, http://www.cosstores.com/Store/Women/New/365246.1ICOS( http://www.cosstores.com/Store/Women/New/365246.1)の高品質でシンプルなとこが大好き。
I also like swedish brand Acne,
http://shop.acnestudios.com/shop/women.htmlスウェーデンの Acne (http://shop.acnestudios.com/shop/women.html )
French brand Sandro, Zara is great on price and on trend classic pieces and Monki has some lovely things to. I love scandanavian style at the moment!
フランスのSandroも好き。 Zara はトレンドやクラシックアイテムのプライスが最高だし、 Monki も素敵。 最近は北欧スタイルにハマってます!!
12Please show us your work space!
Emilyの作業場を見せて!

work_space.jpg
13 If you have any comments to the audience!
日本のオーディエンスに一言下さい!

Do what you love and love what you do! : )
大好きなことをやって、やってることを大好きになろう! : )
emily_p.jpeg

INTERVIEW:Beci Orpin, illustrator

beci_b.jpeg
Atmosphere would like to introduce Beci Orpin who is participating in ISETAN girl`s sweet project “yum yum art!”. “yum yum art!” is a collaborative project between 6 world populat girl`s artists and sweet companies. Those sweets are currently shown and available at ISETAN Department Store.
アトモスフィアでは、世界各国で活躍する女性アーティスト6人が、スウィーツの世界で競演するという企画「yum yum art!」に参加頂いたベッキ―・オーピンさんにインタビューを致しました。「yum yum art!」のスウィーツは、伊勢丹にて展示・販売されています
beci_orpin_portrait.jpg

1. Please introduce yourself to us.
ご自身について教えてください。

1. Please introduce yourself to us.
my name is beci orpin and i am in illustrator/designer based in melbourne australia. i live with my husband raph, 2 sons (tyke, 8, ari, 4) and 2 cats (miso and tomatillo)
Beci Orpinといいます。オーストラリアのメルボルン在住のイラストレーター/デザイナーです。現在、夫のラフと2人の息子(タイク8才、アリ4才)と2匹の猫(ミソとトマチロ)と住んでいます。

2. Please tell us about your latest activities.
最近の活動について教えて下さい。

so many! i just finished a co-lab with australian women’s store sportsgirl (http://www.sportsgirl.com.au/ – i made some gift items for them), and recently completed a small book titled “compendium of me” which will be launched 7th of december through erm books (http://www.ermbooks.com/), and designed wine label for new wine company called “cake wines – http://cakewines.com/. this will get launched next week. last weekend i took my kids camping and to see some of the jenolan caves (http://www.jenolancaves.org.au/). we saw lots of kangaroos too. that was most fun of all.
沢山あります!最近ではオーストラリアのショップsportsgirl (http://www.sportsgirl.com.au/とのコラボでギフトものをやりました。それと、 “compendium of me”(自分の概要)というタイトルの小さな本を完成させ、これは12月7日に erm books (http://www.ermbooks.com/)より出版されます。あとは、”cake wines – http://cakewines.comという新しいワイナリーのボトルのレーベルのデザインを手掛け、これも来週発売です。この前子供たちとキャンプをして、ジェノラン・ケーブズ (http://www.jenolancaves.org.au/)を見にいき、カンガルーも沢山見ました。これが最近では1番楽しかった…!!
sportsgirl_1.jpg
Above graphic: for sportsgirl
beci_orpin_new.jpg
cooler_all.jpg
Design for Water Cooler

3. When / Why did you start your creative activities?
いつ、そしてどういったきかっけでクリエイティブな活動をするようになりましたか?

maybe when i was 4? i cant remember exactly, but i always knew i wanted to draw from a very young age. there was nothing else i wanted to do.
4才くらいのときかな? ハッキリとは思い出せないけど、とても幼い頃から絵を描くのが大好きでした。他にはなにも興味がなかったの。
beci_orpin_space_and_time.jpg
Space and Time

4. Please tell us the 3 most important points in the process of making your artwork
あなたが、作品つくりにおいて最も大事にしている3つの事を教えてください。

1. researching and thinking
2. drawing and experimenting in my skecthbook with many different mediums – at the moment i like watercolour, crayons and cutpaper.
3. riding my bike (it makes me think better!)
1.リサーチ、そして考えること
2.色々な手法を使ってスケッチブックに描いたり、実験してみること。
今ハマっているのは、水彩画、クレヨンと切り絵です。
3.自転車に乗ること(頭がスッキリするから!)
DF_calender_final.jpg
Graphic work for calender

5. What kind of things do you get inspirations from for your art making?
どうゆう事に、作品つくりをするにあたってインスピレーションをうけますか?

many things that change all the time, but always nature and my family and friends. i also like things i find in flea markets a lot.
インスピレーション元はいつも変わるけど、自然と家族と友達は常に私にインスピレーションを与えてくれます。あと、フリーマーケットに行って見つけるものも好き。

6. We are aware about the fact that you are mother as well as working as a designer.Are you interested in doing work for children related matter?
あなたが、お母さんでありながらデザイナーとして活躍していることを良く知っています。子供にまつわるものや事の為にデザインをすることに興味はありますか?

designing for children is my favourite thing to do! but i have not done much of it so far. i really hope there will be more opportunities in the future – i want to make cool things for my kids!
子どもたちのためにデザインするのはなによりも大好き!でも、まだそんなにはやっていません。将来、そういう機会が増えるといいな、と思っています。自分の子供達のためにイケてるものが作りたい!!!
mobiles.jpg
colouredteeth.jpg
Paper Mobile Series
beci.orpin_happy.tooth.01.jpg
Happy Tooth Bag

7. Please tell us about your husband`s activity. Will you show us your taco car & Handburger shop?
ご主人の活動について教えて下さい。ご主人が運営されているタコス車とハンバーガーショップを是非見せてください!

yes – of course – please find some pictures attached
もちろん!写真を見てみてください。
truck.jpg

Please tell us about the story with your husband?
ご主人とのストーリーについても教えて!

Image001.jpg
i met my husband maybe 10 years ago, even before we were married he helped me with my business, then we married and we became business partners. he also did many other things – ran a mens clothing label too and did a photography book called “behind the beat” (his second book will come out next year). 2 years ago he decided he wanted to start a food business so he built a burger truck called “beatbox kitchen”, and then last year he built another truck called “taco truck”. he parks it in our neighborhood and people come and have dinner and lunch. its very popular, so now he is too busy to run my business! but its ok. he is happiest making food. maybe next year he will build some more trucks. i want him to build an ice-cream truck! i do all the graphics for his business’s (of course!)
夫とは10年くらい前に知り合いました。結婚する以前から私のビジネスのお手伝いをしてくれていてましたが、結婚してビジネスパートナーになりました。彼は他にも色々なことをしていて、メンズのアパレルブランドをやったり、Behind the Beatというタイトルで写真集も出しています(2冊目は来年出る予定!)また、2年前にフードビジネスをやりたいということで、”beatbox kitchen” というハンバーガー・トラック(屋台のよう)を始めたのと、去年からタコスを販売する、”taco truck”を始めました。自分たちが住んでいる 地域にトラックを停めて、みんなお昼や夜ご飯を食べにやってきます。大盛況で、私のビジネスのお手伝いをする暇がないみたいけど、大丈夫!彼は料理をしてるときが1番幸せだから。来年は更にトラックを増やすかもしれません。アイスクリーム・トラックがいいな!もちろん彼のビジネスに関するグラフィックは私がやってます。

8. Do you have any plans you would like to do in next decade?
これから先、やってみたいと思う事はありますか?

WOW – big question! work on lost more projects with GAS! and make more books and new products. more fun collaborations. more art shows. do lots of travel, especially with my kids. we want to renovate our house too. its a big job, but exciting!
WOW! スゴイ質問!GASともっともっと仕事をすること!それから新しい本とプロダクトをもっと作ること。楽しいコラボレーションをもっとやること。アートショーをもっとやること。それから沢山旅を、特に子供達とすること。あと、家を改装したいと思っています。とても大きなプロジェクトだけど、楽しみ!
beci_orpin_new_1.jpg

9. What is the funniest moment that made you laugh in the last 7 days?
ここ一週間で、ゲラゲラ笑ってしまった事を教えてください。

my youngest son ari makes me laugh many times a day, in fact all of my family do. but especially ari.
一日中、何度も次男のアリに笑わせれられてます。というか、家族全員に。でも1番面白いのはアリ!
end_papers_flat.jpg

10. Please tell us your favorite places to go on your vacation.
バケーションで行くのに好きな場所を教えてください。

tokyo is my favourite place to visit! also langkawi island (malaysia), my mum’s beach house in rye. i like to go to the mountains as well.
東京が1番好き!あとは、マレーシアのランカウイ島、ライ(rye)にあるお母さんのビーチハウス。それから山に行くのも好き。

11. Please let us know 5 musicians (bands, djs & etc.) who you like recently.
ベッキ―が好きなミュージシャン5人を教えてください。

1. the weeknd
2. “mentalo” mix cd by dj dicci cici & roman cafe
3. best coast
4. luther vandross
5. eddy current supression ring
shrine.jpg
Shrine

12. Please show us your studio!
Beciのスタジオの写真を見せて!

studio_1.jpg

13. If you have any comments to the audience!
これを見ているみんなにメッセージを送るとしたら?

thanks for reading. hope you enjoy the sweets too!
私のインタビューを読んでくれて、ありがとう!
ISETAN YUM YUMスィーツも楽しんでね!
beci_p.jpeg

INTERVIEW: Esther Kim , Illustrator

esther_b.jpeg
Atmosphere would like to introduce Esther Kim who is participating in ISETAN girl`s sweet project “yum yum art!”. “yum yum art!” is a collaborative project between 6 world populat girl`s artists and sweet companies. Those sweets are currently shown and available at ISETAN Department Store.
アトモスフィアでは、世界各国で活躍する女性アーティスト6人が、スウィーツの世界で競演するという企画「yum yum art!」に参加頂いたエスタ・キムさんにインタビューを致しました。「yum yum art!」のスウィーツは、伊勢丹にて展示・販売されています
1Please introduce yourself to us.
あなたの事を教えてください。

Hello, my name is Esther Kim. I’m an illustrator and designer, living in Los Angeles, by way of Tokyo.
こんにちはエスターキムです。日本経由でLA在住のデザイナーとイラストレーターです。
2 Please tell us about your latest activities.
最近の活動について教えて!

I just worked on the cover of Nylon Japan, December issue and I’m currently working on digital art project for Sony Playstation, a photo app for Mr. Chiizu and I started blogging for Girl.houyhnhnm, a Japanese fashion and culture website!
先日NYLONジャパンの12月号の表紙を手掛けばかりなのと、Sony Play StatonのMr.チーズのフォトアプリ、それから日本のファッション&カルチャーサイト、Girl.houyhnhnmでブログ(http://girl.houyhnhnm.jp/blog/esther/)をスタートしました!
2_esther.jpg
3 When / Why did you start your creative activities?
いつ頃そひてどういったきかっけでクリエイティブな活動をするようになったのですか?

I started drawing a year before I was going to graduate from college.
I just bought a sketchbook and started drawing and never stopped. I guess it came from a desire to create something and to tell my story.
大学を卒業する1年前に絵を描き始めました。スケッチブックを買って以来、ずっと書き続けています。なにかをクリエイトすること、それから自分のストーリーを伝えることがきっかになったのかな。
4 Please tell us the 3 most important points in the process of making your artwork
自分の作品つくりにおいて、もっとも大事にしている三つの事を教えてください。

I like for my artwork to have a human touch so that you can see the pencil lines and brushstrokes of the paint. I enjoy little imperfections. I also try to draw personal things that come from my daily life. A lot of times friends will notice that I draw my own clothes and accessories or even my own hairstyle in my drawings. For the third thing I try to mix a little bit of Tokyo, K-pop, L.A. whatever I’m into at the time and make my own mix of everything.
自分の作品には、鉛筆の線や筆跡など、人間らしいタッチがあるのが好きです。それと、自分の日常のものを作品に取り入れるのも好きです。自分自身の服や、アクセサリー、髪型なんかもいれるので、よく友達にも気がつかれます。3つめに大事なのは、作品の中にTokyo,
Kポップ(Korean Pop)L.Aとその時ハマっているものをなんでもミックスようにしています。
1_esther.jpg
5 What kind of things do you get inspirations from for your art making?
自分の作品つくりにおいて、どういった事をインスピレーションの源としていますか?

A lot of times I get inspired as I work. You can’t start sweating until you start running, right? No, but really, I get so much inspiration from fashion and art. Culture is a good way to see change in society and I want to document that change. Those shifts in myself and around me are like a visual diary. For instance I’ve been drawing candy-colored hair and stacked sneakers which are trends from the 90‘s that have come back but in a new way. I also love seeing people that have a really unique personal style. They really inspire me.
よく仕事中にインスピレーションを受けます。走りはじめるまで、汗はかけないでしょ?っていうのは冗談だけど、ファッションとアートからは多大なインスピレーションを受けます。社会の変化を見るのにカルチャーはとても役に立つので、わたしはその変化をドキュメントしたいと思っています。自分の中の変化や、自分のまわりの変化はビジュアル/ダイアリーのようなもの。たとえば、最近私はキャンディーカラーのヘアと厚底スニーカーをよく描いているけれど、これは90年代トレンドのカムバックを記録しているということのように。それから、独特のスタイルを持った人を見るのも大好きで、とてもインスパイアされます。
6 What is fashion for you?
ずばり、あなたにとってファッションとは?

Fashion is excitement. It is an interest in aesthetics, culture and expression. It is also a daily vehicle to express yourself. If I’m tired I wear something loose and comfortable. If I wear something I bought in Japan it tells a story of where I used to live. Whether you like fashion or not it is a daily part of our lives and says something about you.
ファッションは興奮。美学、文化、表現に関する感心。自己表現のための日常的手段。私は、疲れているときはゆるくて心地良い服を着ます。また、日本で買った服を着れば、昔住んでいた場所のストーリーとなります。好きでもきらいでも、ファッションは私たちの日常の一部であり、自身の表現でもあります。
gasbook_pop_esther.jpg
7 How does your life in Japan and LA effect in your art making influences you as Korean Artists working / living oversea?
日本やLAでの生活は、韓国人のアーティストでありながら外国で活動していくということにどのような影響を与えていますか?

Living in Japan during the nineties as a teenager was so influential to me. I never thought that I would become an artist that would work with Japanese companies. It’s amazing to be able to contribute to a culture that I admire so much. The more I work I see the influence of Japan in my work such as the concept of wabi-sabi and finding the beauty in imperfection, Japanese Kawaii culture and just the ideas and standards set by the taste-makers of the 90’s.
As a Korean-American, I’ve also absorbed a lot of American and Korean influence. So even though I lived in Japan and love the culture there is something also very not Japanese about my work. But no matter where I live I find that I always end up living where there are a lot of asians. I’m definitely interested in K-pop and what is going on creatively in Korea. I’ve started to work with some Korean companies which is very exciting for me. It is wonderful to work with all these cultures that are so much a part of me.
90年代に日本に住んでいたことは私にとって大きな影響となりました。そのときは将来、日本の会社と仕事をすることになるなんて想像もしていませんでした。今は大好きな日本の文化に貢献できて、とても幸せです。
仕事をすればするほど、「侘び寂び」など、日本のコンセプトがわたしの作品に影響してきていて、不完全さに美しさを発見したりします。それに、ジャパニーズかわいいカルチャーと90年代のスタイルメーカーたちが作り上げたテイスト全体。コリアン・アメリカンとして、アメリカと韓国のテイストも沢山吸収してきました。私は日本に住んでいたし、日本のカルチャーが大好きだし、凄く影響されたけどたけど、 だけど作品はどこか日本っぽくありません。どこに住んでいてもいつも気がつけば多くのアジア人が集まるところに住んでいます。Kポップにとても感心があるし、韓国でクリエイティブはどうなっているのかもとても気になります。最近は韓国の会社とも仕事を始めたので、とても興奮しています。自分にとって大事なカルチャーの人々と仕事をするのはとても素敵なtことです。
8 Do you have any plans you would like to do in next decade?
これから、チャレンジしていきたいと考えている事はありますか?

Wow, that is a big but great question! I really would like to go back to Asia. I’ve never lived in Korea though I’ve visited often and also would love to go to Shanghai and Hong Kong. In terms of my work I would like to create more and more! Artshows, clothes, accessories!!
I’m open to it all.
ワオ!スケールが大きいけど最高の質問!アジアに戻りたいとすごく思います。韓国にはよく遊びに行くけど住んだ事はないし、上海や香港にも行きたいです。仕事に関していえば、もっともっとやりたい!アートショー、洋服、アクセサリー!!なんでもやってみたいです。
9 What is the funniest moment that made you laugh in the last 7 days?
ここ一週間で最も笑えたことは何ですか?

I find that I laugh at really random things. Like when someone’s voice and facial expression is funny more than a clever joke. When someone says something in a funny voice that I like it is magic trigger for me to laugh!
I was watching a youtube clip of Matsuyama Kenichi recently after watching Norwegian Wood and his sense of humor made me laugh, too.
いつも超ランダムなことで笑っています。たとえば誰かの表情がおかしいとき。気の利いたジョークよりも。わたしが好きなへんな声で誰かがなんか言ったら、もうおしまい。笑いのトリガーひっかかっちゃいます!あと、最近ノルウェーの森を見たから、youtubeで松山健一のビデオを見てたら彼の笑いのセンスで笑いました。
10 Please tell us if you have got favorite places to go in your vacation.
バケーションで行きたいお気に入りの場所はありますか?

Well, I don’t really vacation. I just go to visit family and friends~!
Luckily they live in places I love to go to: Tokyo, Seoul, NYC~!
バケーションは行かない…友達や家族に会いに行くだけ~!ラッキーなことに、みん私が大好きなTokyo, ソウル、NYとかに住んでる~!
11 Please let us know 5 fashion brand who you admire recently.
あなたが尊敬している5つのファッションブランドを教えてください。

I love the Korean brand, Fleamaddona(Jei, I want some clothes~!). I think it’s really cute! Also Opening Ceremony, G.V.G.V., Givenchy(the cat helmet!!), Sretsis(so dreamy!) and so many more!!!
韓国のブランド、Fleamaddona (Jei, 洋服ちょうだ~い!).が大好き。すっごくカワイイと思います!それにOpening Ceremony, G.V.G.V., Givenchy (ネコのヘルメット!!), Sretsis
(とってもドリーミィ!)、プラス他にも沢山!!!
3_esther.jpg
12 If you have any comments to the audience!
Thank you so much for taking your time to read all the way down to here! I had so much fun creating sweets for the ISETAN YUM YUM SWEETS project~! Please eat them with tea or coffee while thinking positive thoughts and a big, big thank you to Isetan and Gas.
最後まで読んでくれてありがとうございます!ISETAN YUM YUM
スィーツの仕事はとっても楽しかったです!ぜひ、紅茶かコーヒーと一緒に食べながら、楽しくポジティブなことを思い描きながらお召し上がりください。それからIsetanとGasにbig big thank you.
esther_studio.jpeg
esther_p.jpeg

INTERVIEW: Carolin Loebbert / ARTIST, Illustrator

carolin_b.jpeg
Atmosphere would like to introduce Carolin Loebbert who is participating in ISETAN girl`s sweet project “yum yum art!”. “yum yum art!” is collaborative project between 6 world populat girl`s artists and sweet companies. Those sweets are currently shown and available at ISETAN Department Store.
アトモスフィアでは、世界各国で活躍する女性アーティスト6人が、スウィーツの世界で競演するという企画「yum yum art!」に参加頂いたカロリン・ロバートさんにインタビューを致しました。「yum yum art!」のスウィーツは、伊勢丹にて展示・販売されています。
carolin_portrait.jpg
Question 1: Please tell us about yourself.
カロリンの事を教えて!

I was born in 1981 in Haltern in Germany. I grew up on the country side. As a child I loved to draw the horses which trotted on the meadow in front of your house. That’s maybe why I started to study illustration in 2002. In 2008 I graduated at the University of Applied Sciences (Department Design) in Hamburg. In 2005 I passed an exchange semester at the »école supérieure des arts décoratifs de Strasbourg« (ESAD). I participated in several international groupexhibitions for example in Tokyo, Kyoto or Berlin. I love to do exhibitions and to get in contact with other people to talk about art, design, drawings etc. At the moment I am working for different magazines, anthologies or agencies. Currently I am working as artist, illustrator and graphic designer in Hamburg.
私は、ドイツのハルテルンというところで生まれ、田舎町で育ちました。子供の時に、家の前の牧草を走り抜ける馬の絵を描くのが大好きでした。その思い出があってか、2002年からイラストレーションの勉強を始めました。2008年にハンブルグ応用化学大学を卒業しました。学位の途中の2005年にストラスブルグのESADという大学に交換留学生として行きました。その後、ベルリンを初めとして東京、京都など世界各国にグループエキシビジョンで参加しました。展示をして色々な人と知り合い、アートやデザイン、ドローイングについて話をすることが大好きです。現在は異なる雑誌や、画集、エージェントに作品提供を行っており、アーティスト、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしてハンブルグで活動しています。
Caroline`s latest work Porcelin Series
カロリンの最新の作品、ポルセリン・シリーズ
carolin_new_wor_porcelin.jpg
Question 2: When do you get inspiration when you work on projects
プロジェクトを行う際にどういった点にインスピレーションを受けますか?

carolin_new_work_history.jpg
Inspiration is a very absconding thing, you can not really summon it I think. Very often I get my inspiration when I am outside, going for a walk for example. Talking to people, listing to music, looking arround in a dusty, gloomy antique shop can summon inspiration too. I like old stuff that allready has got a history, old porcelain with little cracks, or antique frames with crumbling ornament battens. All these old things can evoke memories. Sometimes boredom is the start of inspiration. When you do nothing special, your mind can start auricularly to grub in buried memories and thoughts, to pic out some of them an bring them to the surface.
インスピレーションはとても手に入りにくいもので、簡単に呼び起こせるものではないと思っています。私の場合、インスピレーションは外にでて散歩などをしている時に得ます。人と話をしたり、音楽を聴いたり、埃っぽくて薄暗いアンティークショップにいる時にもインスピレーションが降りて来たりします。私は、そのもの自体に歴史があるものが好きです。例えば、ひびの入った古い陶器であったり、壊れかけのオーナメントが付いたアンティ―クのフレームだったり。こうゆうものは、記憶を引き起こします。時に、ボアダム=倦怠感はインスピレーションのきっかけになります。特に何も特別な事が無い時に限って、人の心や耳が奥に埋もれた記憶や考えを捉えて、表に露わにすることがあります。
Question 3: Why did you start to make porcelain series.
どうして、ポルセリン・シリーズを作ろうと考えたのですか?

CAROLIN_PORCELINE_SERIES_ASSORT.jpg
CAROLIN_MUSIC_PORCELIN.jpg
porceline_2_carolin.jpg
Each year in summer we realise a selfpublished magazine called »Spring«. The magazine always got one special subject, this year it was »family silver«. I immediately knew that I wanted to work with porcelain, because this material is connected to family for me. My mother collects porcelain plates with bird motifs. At home in the lobby there is an old wooden cupboard where my mother exposes all these porcelain plates. Porcelain is also connected to our everyday life. We eat from porcelain soup plates, drink from porcelain cups and serve our dinner in porcelain dishes, all these habits are connected with family traditions. That’s quite inspiring I think.
毎年、夏にSpringという雑誌を友人と出版しています。この雑誌は、毎号特別な主題を設けています。今年は家族のシルバーでした。瞬時に、私は陶器で作品を作りたいと思いました。何故なら、このマテリアルは私にとって家族とのつながりを意味するからです。私の母は、鳥のモチーフがついた陶器のお皿を集めています。家のロビーには古い木のカップボードがあって、そこには母が集めた陶器のお皿がずらっと並んでいます。陶器は、私たち家族の毎日の生活にもつながりがあります。スープを陶器のお皿で飲んだり、夜ごはんをトお皿で食べたり、家族の伝統とこれらの慣習は深くつながっています。そのこと自体が、私にとってインスピレーションとなりました。
carolin_new_work_ornament.jpg
Question 4: How do you think about the influence of technology in your work?
ご自身の作品にとって、テクノロジーはどう影響していると考えますか?

I’ve got the feeling each second there is a new tool for photoshop, you could use. And rapidly new programms are launched on the market. This is quite impressing but of course you always have to measure what’s really reasonable and what’s a gadget.
Photoshopの新しいツールって、毎秒出てる気がします。それに、新しいプログラムも次々と出てきます。すごいことだと思いますが、本当に使えるものかただのおもちゃか判断することが大事だと思います。
Question 5: Do you have any episode that you want to tell us regarding to the memory of you in connection with nature?
自然との関わりに関するエピソードがあれば教えてください。

There are so many experiences with nature I made during my childhood. I do remember that in midsummer, by nightfall, my sister and me we threw acorns or small stones into the nightsky. Like that we attracted the interest of bats, which thought that these litte stones were booties like moth or insects. Sometimes the bats flew directls over our heads, it was so thrilling.
幼少期の自然での体験はいくつもあります。よく覚えているのは、真夏の夜の空に向かって姉妹で松ぼっくりか小さな石を投げていました。コウモリが私たちの投げたものを小さな虫と間違えて興味を持つと思っていたのです。時にコウモリたちは私たちの頭すれすれのところを飛んで、とても興奮していたのを覚えています。
Question 6: What is your Favorite tool to draw?
絵を描く際に最も好んで使う道具はなんですか?

I’ve got a favourite pencil which I use to draw with. It’s a very simpel pencil made from plastic, which has got a changeable lead. I love to use the 0.7 2B lead. I always use it, to do my sketches. I use this pencil since several years now, I hope it sustains some more years.
絵を描くときに使うえんびつで一番好きなのがあります。芯が取り替えられるプラスチックでできたとてもシンプルな鉛筆です。
0.7 2Bの芯が大好きで、スケッチを描くときにいつも使います。この鉛筆はすでに何年か使っているので、あと何年かもつといいなと思っています。
carolin_work_in_progress.jpg
Question 7: Where is your favorite place in Hamburg?
ハンブルグで一番好きな場所はどこですか?

I like the »Volkspark«. It’s a forest near the place where I live.
フォルクス・パーク(Volkspark)。住んでいる場所の近くにある森です。
Question 8: Who is the artist you admire?
尊敬しているアーティストはいますか?

There are lots of recent and acient artists I admire. I like the work of Walton Ford for example, I saw it at the »Hamburger Bahnhof« in Berlin several month ago. I was overwhelmed. It’s such a brilliant mixture of using oldstyle technique composed with modern elements. I couldn’t stop to look at the pirctures, there are so many hidden details in his work, it’s amazing.
古今東西、尊敬しているアーティストは大勢います。例えばウォルトン・フォード(Walton Ford)。ベルリンのハンブルグ・バンホフ(Hamburger Bahnhof)で、何ヶ月か前に見たのですが、古来のテクニックと現代の要素を見事にミックスした素晴らしいスタイルで圧巻でした。隠されたディテールがいくつもあって、絵から目が離せませんでした。
Question 9: What are 5 favorite things you do?
大好きなことを5つあげてください。

Playing Basketball. Scrolling through books with old, acient drawings of animals, flowers, birds, uniforms, palms, fruits… Eating homemade pancakes. Watching soccer games of the german national football team on TV with my friends or my family, drinking Alsterwasser. Going to the Sauna. ( Sauna can be compared to Onsen in Japan.)
バスケットボールをすること。大昔の動物や花、鳥やヤシの木、フルーツの絵が描かれている本を見る事。自家製パンケーキを食べる事。ドイツのナショナルチームのサッカー・ゲームを家族や友達とアルスターバッサー(Alsterwasser – ビールをレモネードで割った飲料)を飲みながらテレビでみること。サウナに行く事 (ドイツでサウナは日本の温泉のようなものなのです。)
Questions 10: Please show us your working space!
創作の場所を見せてください!

I am sending you some photos of my recent working space. I hired a working space in a big hall together with two artists, an illustrator and two scenographers.
最近の創作場の写真です。イラストレーターとセットデザイナー2名で大きな場所を借りました。
carolin_studio.jpg
caro_p.jpeg

INTERVIEW: Mio Matsumoto / illustrator

mio_b.jpeg
Atmosphere would like to introduce Mio Matsumoto who is participating in ISETAN girl`s sweet project “yum yum art!”. yum yum art!” is collaborative project between 6 world populat girl`s artists and sweet companies. Those sweets are currently shown and available at ISETAN Department Store.
アトモスフィアでは、世界各国で活躍する女性アーティスト6人が、スウィーツの世界で競演するという企画「yum yum art!」に参加頂いた松本美緒さんにインタビューを致しました。「yum yum art!」のスウィーツは、伊勢丹にて展示・販売されています
1 Please introduce yourself to us.
松本美緒さんについて教えて下さい。

Hello, I am Mio matsumoto. An illustrator, studied in London and currently working and living in Tokyo.
こんにちは、松本美緒です。ロンドンで勉強して、今は東京でイラストレーターとして活動しています。
mio_DMOarts.jpg
“Miss Tea Pot” A set of edition print Illustrations for DMO ARTS (2011 Japan)
DMO ARTS用エディションプリントイラストレーション「Miss Tea Pot」
2 Please tell us about your latest activity.
最近の活動について教えてください。

Work wise, I just completed a set of packaging designs for a series of fragrances. It will come up around Xmas time in Japan so I’m very looking forward to it.
仕事的には、最近フレグランスのパッケージデザインを手がけました。クリスマス時期に日本で発売が始まる予定で、今からとても楽しみにしています。
Past Package works:
過去のパッケージワークス:
mio_spaceNK_3.jpg
LifeNK packaging illustrations for SpaceNK (2009~ UK)
LifeNKパッケージ用イラストレーション、SpaceNKより発売中
Illustration for Magazine:
雑誌向けのイラストレーション:
mio_stella_2.jpg
Illustrations for “Closet thinker” Stella magazine (2006~ UK)
Stella magazine内、コラム「Closet thinker」用挿絵イラスト
Personal wise, just visiting London for a month and visiting my favorite places and new places with friends. The other day, we walked from St.Paul to Tate modern to see Tacita Dean’s film work then walk up to Barbican centre to see OMA’s show. It was chilly day but we had a nice walk!
私的には、今ロンドンに一ヶ月ほど来ていて、お気に入りの場所や新しいスポットに友達と出かけたりしています。
先週末は友達とセントポールからテイトモダンまで歩いてTacita Deanのフィルムを見て、そこからバービカンセンターまでOMA展示を見に行きました。寒かったけど気持ちよかったです。
mio_my_diary_2.jpg
“my diary” published by Jonathan Cape (2008 UK)
著書 「my diary」 、英国Jonathan Capeより発売中
mio_DMOarts_2.jpg
An image for Marc by Marc Jacobs (2006-2007 World wide)
Marc by Marc Jacobs Tシャツ用イラストレーション
3 When / Why did you start your illustration. Did the place “LONDON” or education at Royal college of art influenced your art work making?
いつ、そしてどんなきっかけでイラストレーションを始めたのですか?また、ロンドンという場所やロイヤル・カレッジ・オブ・アートで勉強されたことは松本さんの作品作りに影響をもたらせていますか?

I don’t know when I started illustration… I was drawing since 3 years old… as a subject to study, I decided to go to a high school which had an art course at the age of 15.
The reason why I started illustration was I just simply I loved drawings, preferred using my hands rather computers.
Study in London, or coming to Europe changed my life completely, of course include my artwork!
イラストを始めた時期はよくわかりませんが。。お絵描きは3歳のときからずっとしていて、美術を専門に学びたくて15歳のときに美術科のある高校を選択しました。
イラストレーションを選んだ理由は、単純に絵を描くことが大好きで、コンピューターを使うよりも手で描く方が好きだったからです。
ロンドンでの勉強、基、ヨーロッパに来たことで、私の人生はずいぶんと変わりました。もしちろん私の描く絵も!
Before RCA, I went to Kingston University where I learned lots about illustration and other things which are relate to art and design. It was my frist international environment to study art so it was a challenge and had to pushed myself a lot. It was a hard work but I loved the course very much. And as the result, I built up my drawing style.
RCAの前にキングストン大学でアートやデザイン全般について習ったのですが、初めてインターナショナルな環境での勉強だったので毎日が挑戦で必死でした。素晴らしいコースで正直毎日しんどくても楽しかったです。その結果、今のドローイングスタイルが確立できました。
RCA is a very special place to meet interesting people rather educational place. People there are so so self motivated and very independent which was so exciting and so inspiring!
RCAは勉強の場所というよりは興味深い人たちに沢山出会えるとてもスペシャルな場所ですね。ここに来る人たちはモチベーションも高く、個々に自立しているのでとても刺激的です。
mio_valentine2011_2.jpg
Personal drawing for Valentine (2001)
ヴァレンタイン用パーソナルドローイング
4 Please tell us the 3 most important points in the process of making your artwork
松本さんの作品作りで最も大事な三つの事を教えてください。

-simplicity
-balance
-narrativity
-シンプルさ
-バランス
-物語性
5 What kind of things do you get inspirations from for your art making?
どういった事が作品つくるにあたって、インスピレーション源となっていますか?

Lots of things are from my everyday life. When I come to London, my observation mood gets stronger. I love the life here, people here and the mood in the city, so I gets inspirations from such things. And recently I get lots of inspirations from nature such as flowers and plants and also animals.
多くは日々の生活からですが、大好きなロンドンに来ると観察力は高まります。
この町の生活や人や感覚が好きなのでそういったものからインスピレーションを受けます。
最近は自然に興味があって、草木や花、動物からインスピレーションを強く受けます。
6 Do you have any plans you would like to do in next decade?
これから先、やってみたい事やプランはありますか?

No particular plans… work wise, I am up for anything!!
Personally, I am interested in working on ceramics, products and scarves. Also my own show!
特にプランはありません。仕事的にはなんでもやってみたいです!
個人的には陶器やプロダクトの制作、スカーフにも興味があります。また個展などを企画したいです。
7 What is the funniest moment that made you laugh in the last 7 days?
ここ最近の一週間で一番笑えたことは何ですか?

My Italian friend was telling me about an (little) argument with her husband, she was saying whatever then at the end, she suddenly said that she would like to become a nun to spend her life quietly, making jams and honey…
Knowing her, it’s just impossible and I laughed that she says such an Italian Joke!
イタリア人の友達が喧嘩中の旦那さんの話をさんざんした最後に、もう尼になってジャムや蜂蜜を作って静かに暮らしたい!言い出した時です。
彼女を知る限りあり得ない話なんですが、そんなイタリアンジョークを言うので笑ってしまいました。
8 Please tell us if you have got favorite places to go in your vacation.
バケーションで行きたいと思う所はどこですか?

Lake side of Switzerland!!!
But to be honest, if I could go with my great friends, anywhere could be my favorite vacation place :)
スイスの湖畔!!
でも正直なところ、仲良しの友達と一緒ならどこでもお気に入りのバケーションスポットになります。
9 If you are not artists, what will you do??
もし、アーティストじゃなかったら何になっていたと思いますか?

Oh…. may be some kind of designer? But I will definitely be related to creative world.
なにかしらのデザイナー。。かな。とりあえず、クリエイティブに関わっていることは確かです。
10 If you have any comments to audience!
Hope this is a chance to let people know about me&my drawing!
Hello, I am Mio :)
これが皆さんに私や私の絵を知ってもらう機会になればと思います。ハロー、ミオです!w
mio_p.jpeg

INTERVIEW : UAMOU

Today, Atmosphere would like to feature the works and interview of an artist ‘UAMOU‘.
今回、Atmosphereではアーティストである’UAMOU‘の作品とインタヴューに焦点をあてます。

1 / 簡単な自己紹介をお願い致します

アーティスト。
代表作は「Uamou From Another Planet – 遠い星からやってきたウアモウ -」。
絵本、フィギュア、アニメーションを通して表現。
アートとデザインを軸にキャラクターの可能性を追求。
2010年12月ウアモウのアトリエショップ「STUDIO UAMOU」を
JR御徒町-秋葉原高架下「2k540 AKI-OKA ARTISAN」にオープン。

1 / Please tell us about yourself.

I am an artist. My major work is a picture book entitled “Uamou From
Another Planet”.
I pursues the possibility of a character centered on art and design,
and express my creativity through picture books, figures and
animation.
In December of 2010, I opened “STUDIO UAMOU”, an atelier shop for
UAMOU in Tokyo located at 2k540 AKI-OKA ARTISAN at the JR Okachimachi
- Akihabara station.


2 / いつから制作活動を始めましたか?また、そのキッカケは??

両親がジュエリー職人ということもあり、ものづくりがとても身近な環境で育ちました。
そのせいか物心つくころから絵を描いたり、ゴミ捨て場からおもちゃを拾ってきて
解体しては組み合わせたりしてオブジェを作ったりしていました。
子供の頃から動物やロボット、宇宙人などのモチーフが好きで描いていたのですが
ウアモウを描き始めたのは14歳くらいのころですね。

2 / Since when did you start your creative work? Was there a specific reason?

My parents’ are jewelry artisans so I grew up in a creative
environment. Maybe because of that, since I can remember I was
drawing all the time and used to take toys from the garbagm
disassemble them and made objects.
I was drawing motifs of animals and robots and aliens since childhood,
but I began to draw UAMOU when I was around 14.

3 / アーティスト、又はデザイナーとして、どのような媒体で作品を発表してきましたか?
また、今後新たに制作したいものはなんですか?

個展では油絵やドローイング、一点モノの立体作品などを発表しています。
プロダクト展開ではフィギュアを中心に活動しているんですが
大学2年生の時に工場で量産フィギュアの生産を開始しました。
当初はロット数のこともあり、レジン製(樹脂)のものからスタートしましたが
帰国後の2007年からは工場を中国から日本に切り替えて本格的に
日本製ソフビ(ソフトビニール製の玩具)の制作を開始しました。
今後はキャラクターの背景にある物語りを絵本やアニメーションなどで表現していきたいと考えています。

3 / What mediums have you used as an artist and designer to published your work?
What sort of work would you like to publish in the future?

At personal exhibitions, I present oil paintings, drawings and one of
a kind, three-dimensional objects. As for product deployment, I’ve
been mainly creating figures, which I began to mass produce in a
factory in China since my second year in college. In the beginning I
was manufacturing the figures with resin due to the small lots but in
2007 I switched a factory in Japan and started manufacturing genuine
Sofbi (soft toys made of plastic) made in Japan.
In the future, I would like to put out more works that tell stories
behind the characters, through picture books and animations.


4 / 休日はなにをするのが好きですか?

特に「休日」というものを決めていないので、仕事もプライベートも同じライン上にある感じです。
展示会を見に出かけたり、映画を見たりというのも作品のヒントになったりしますし。
仕事中に思い立ってふらっと出かけることもあります。

4 / What do you like to do on your day offs?

I don’t really have specific holidays, so it feels like my work and
private time are on the same plain.
I like going to see exhibits, and movies always gives me hints for my work.
Sometimes I get up and go out in the middle of work.


5 / 作品のインスピレーションはどこから得ますか?

動物や食べ物や人など身近なものから、音や映像から刺激を受けることも多いです。

5 / What is your source of inspiration?

Things that are close to me -like animals and food. I also get a lot
of inspiration from sounds and motions graphics.

6 / 最近幸せを感じた瞬間は?

チョコレートアイス。モンブランケーキ。ジントニック。

6 / When did you feel happy most recently?

Chocolate ice cream. Mont Blanc cake. Gin & tonic.

7 / 大好きな本、オススメの映画は?

漫画が好きなんです。
特に井上雄彦先生、浦沢直樹先生のものは学生の頃から何度も読み返しています。
最近は「宇宙兄弟」にハマっています!
映画はサイエンスフィクションが好きです。未来都市や宇宙人、ロボットがやっぱり好きなんです。
なんででしょう、なんだか落ち着くんですよね。「2001年宇宙の旅」は大好きな映画です。

7 / What is your favorite book? Recommended movie?

I love Manga. I’ve read works by Takehiko Inoe and Naoki Urasawa over
and over since I was a student. My recent favorite is “Uchu Kyoudai
“(Space brothers)!
As for movies, I love science fiction. I can’t help but the future
metropolis, aliens and robots.
I wonder why…they are soothing to me. 2001 Space Odyssey is my favorite movie.

8 / ワークスペースを見せてください!!!!
8 / Please show us your work space!!!!

Translation by Amy Yamamura.

Interview: to Maya Wild

Atmosphere is really happy to feature the latest exhibition held in San Francisco by Maya Wild who is a London based Artist.
今回、アトモスフィアはロンドンをベースに活躍するアーティストMaya WildのSan Franciscoで行われたエキシビジョンの様子をご紹介します。
The exhibition entitled as “POWER-POWER” is featuring her archive of original drawing works she has been working on.Her drawing is achieving mastery of craft with sensitive touch of pencil drawing and beautiful coloring work.
“POWER-POWER(パワー・パワー)”と名付けられたエキシビジョンでは、彼女が最近まで手掛けてきたオリジナルのドローイングの数々が発表されました。彼女の作品の独特な色使いや鉛筆で描いた超人的な細かな手作業は見惚れてしまいます。
With her cultural back ground of being in the hottest place in London(Mecca of Culture = EAST LONDON), her works are gaining strong sense of London Street Culture. The style of her work is original and she bring out the subject matter in to beautiful art work.
Mayaは、ロンドンではカルチャーのメッカとも言えるイースト・ロンドンを拠点に活動しており、その場所の影響は作品に大きく取り入れられています。その為か、作品にはロンドンのストリート・カルチャーがふんだんに描かれています。何よりも、その切り出されたカルチャーの断片は、オリジナリティーに溢れており、Mayaの手にかかればどんな作品の主題もポップで美しいアート作品へと仕上がってしまいます。
Question 1:
Please tell us about yourself.
Mayaの事教えて!
I grew up in Leeds in the north of England and S.W Scotland. I’ve been living in London now for about 10 years and there’s no place I’d rather be. I am female but I only like to wear boys or men’s clothes and shoes.
私は、リーズという英国の北にある町と、スコットランドの南西の町で育ったの。今では、ロンドンに10年以上住んでいて、ここ以外はもうどこに住んだらいいかわからないっていう位気に入っているわ。私は、女性だけど、男の子や男性が着る洋服や靴を着るのが好き。
If I wasn’t an Illustrator I would have liked to have been a professional all night rave dancer.
もし、私がイラストレーターでなかったら、深夜中踊っているプロフェッショナルなレイブ・ダンサーになりたかったわ。
Maya_by_cat_1.jpg
Photos of Maya Wild by Cat Stevens
Question 2:
When do you get inspiration when you work on projects.
プロジェクトや仕事をする際に、どんな時にインスピレーションがわく?
My Power Power exhibition in San Francisco was all about music. I get a lot of ideas for colours, shapes and patterns when hearing beats and melodies. I also find London really visually exiting. I don’t think any other city in the world has such a fun, experimental attitude towards personal style, not just with young people but people of all ages. I recently went to Brazil and that was a big buzz too.
私がサンフランシスコで行った、“POWER-POWER”エキシビジョンは全てが音楽にまつわるものだった。私は、メロディーやビートをきいていると色や形、パターンに関するアイデアが沢山出てくるの。あと、ロンドンという街はとても視覚的に刺激的だわ。他のどこの国でも、こんなに個人のスタイルに対して実験的で楽しい姿勢をもっている国はないと思う。しかも、若い人だけでなく、どんな世代の人も楽しんでいる。最近、ブラジルに行ったんだけど、それも私にとってはスリリングな経験だったわ。
shhhh.png
power_pack_2T.jpg
powerbadgespowerc.jpg
Question 3:
When is your favorite era?
どの時代が一番好き?(50`s, 60`s, 70`s, 80`s)
A lot of people think the 80’s were a really naf and shallow time. But I think it was radically experimental both design wise and musically. I love loads of eighties Hip Hop like Public Enemy, De La Soul, Egyptian Lover
多くの人は、80年代が一番低迷していて浅い時代だと思っている。でも、私はデザインでも音楽の世界においても一番実験的な時代だったんじゃないかと思っている。私は、Public Enemyや De La Soul、Egyptian Loverの音楽が大好き。

and the Beastie Boys… I could go on forever! All the cover artwork and far out, big bold, high top fashion that went with the music was great too. I’m also totally into eighties industrial synthesizer music like the French band Ruth
Beastie Boys…なんて、ずっと聞いてられるわ。この時代のアルバムカバーや、この時代の音楽と共にあった大ぶりで、派手で、斬新なファッションも素晴らしいと思う。あと、この頃に台頭してきたフランスのシンセサイザーを使った音楽家で有名なRuthも素晴らしいわ。

Chris and Cosey and the band Human League.
あとChris and CoseyやHuman Leagueというバンドも好き。

power%20maya%20wild.jpg
Question 4:
How do you think about the influence of music in your work?
音楽が自分の作品にどんな影響を及ぼしていると思いますか?
It’s the best vibe for me to do artwork for a band or musician that I’m into and respect. If I can vibe off the sound and attitude of their music then it’s easy to think of ideas and imagery to draw. This applies to all my projects even when they are not music based I can listen to music and get onto a good vibe for a drawing.
私にとって、一番最高なのは自分が愛し尊敬するバンドの為にアート作品を作る事なの。もし、彼らの音楽や音楽への姿勢を感じて取り出す事ができるとしたら、私には簡単にどんなイメージを描いたらいいかやアイデアが思いつくの。この方法はどんなプロジェクトをやっていても有効よ。例えば、音楽と関係ない仕事だとしても、音楽を聴いて良い雰囲気のものが浮かんだら、それを絵に落とし込むわ。
die-antwoord-maya-wild.jpeg
M.I.A_Maya_Wild.jpg
Question 5:
Do you have any media that you want to work in the future such as sculpture, fashion or digital media.
今後、作品を作ってみたいメディアとかはありますか?例えば、彫刻やファッションであったりデジタル・メディアなど。
Right now I’m wanting to work with ceramics. I’m currently trying to see if I can make a ceramic kitchen set with bowls, plates, cups and tea pots, all with my pattern designs on.
今、私はセラミックに興味があるの。セラミックのキッチンセットを作れないか試してみているんだ。例えば、ボール、カップ、ティーポット。どれにも、私がデザインしたパターンがプリントされているイメージよ。
Question 6:
What is your Favorite Music?
Mayaが一番好きな音楽は?
I really do like all kinds of music.. old and new. I have a music blog called Lily Fruit. Check it out here
http://www.lilyfruit.blogspot.com/
私は、本当に新しいものから古いものまでどんな音楽も好き。音楽ブログのLily Fruitっていうのをやってる位ね。是非、見てみてね!
lilyfruit.jpg
Question 7:
Where is your favorite spot in LONDON?
ロンドンで一番好きな場所は?
My flat is quite high up on the top floor of a building. At the back is a tiny roof space, which I have made into a balcony. I’ve put loads of plants out there and a table and chairs too. It has the best view of gardens, rooftops, trees and a big open sky. In the distance you can see Spitalfields market and a million people running around shopping. It’s really private and quiet. When the sun is shining it makes me feel lucky and happy.
私のフラットは建物の上の方にあるのだけどれども、部屋の背面に小さな屋根のスペースがあって、そこを改造してバルコニーにしたの。沢山の植物とテーブルとイスを置いたわ。そこからは、庭や屋根の頭、木々、それに大きな空が一望できるの。あと、少し離れたところにあるスピタフィールド・マーケットでは走り回ってショッピングをしている人達が見えるわ。本当にプライベートが守られていて静かな場所。太陽が照っている時はとてもラッキーで幸せだと感じるわ。
NASTY_Maya_WIld.jpg
DizzeeRascal.jpg
Question 8:
Who is the artist you admire?
Mayaが一番尊敬するアーティストは?
Right now I’m mega into Dorothy Hafner 1980′s ceramic pattern design. They are so fresh and clean! I also love Keith Haring and always will because his art was all about having fun and living life to the full, which is totally the vibe I aspire to make for my own work.
今、一番私が好きなのは、Dorothy Hafner(ドロシー・ハフナー)というセラミックのパターンをデザインしているアーティストよ。彼らの作品は、とても斬新で器用なの。あと、キース・ヘリングはずーっと好きだしこれからも好きでいる。なぜなら、彼の作品は常に楽しんでいるというのがにじみ出ているし、人生を謳歌しているように思えるから。そんな生きざまは私が大事にしている感覚だし、私が作品の中で求めている事なの。
Question 9:
What is your 5 favorite things you do?
五つ自分が好きな事をあげるとしたら?
1- DRAWING
2- DANCING
3- LAUGHING
4- EARL GREY
5- PINEAPPLES
Maya_by_Cat_2.jpg
Photos of Maya Wild by Cat Stevens
power_power.jpg
Questions 10:
Please show us your working space!
あなたの仕事場を見せて!
Maya_by_Cat_3.jpg
Photos of Maya Wild by Cat Stevens
URL to Maya`s site:
http://mayawild.blogspot.com/
Interviewer: Risa Nakazawa

INTERVIEW : HIRO KURATA

Today, Atmosphere would like to feature the interview with Japanese artist Hiro Kurata.
今回、Atmosphereではアーティストである’Hiro Kurata’へのインタヴューに焦点をあてます。
Hiro_Kurta_PtRG.jpg
1 / 自己紹介をお願い致します。
倉田裕也(くらたひろ)と申します。現在はNYで作家活動をしています。
1 / Who is Hiro Kurata?
I am a 31 year old Japanese male, living and working in New York.
2 / 最近の活動について教えて頂きますか?
東京の新しい画廊、COMMONにて3年ぶりの個展を7/22から7/31まで開催させて頂いています。
新作絵画11点とプリント作品を展示しています。その他の活動としては、降神の志人さんの
新たなグループ、Triune Gods(トライウンゴッズ)のCDジャケットを描かせて頂いたり、
震災にまつわるアート作品を掲載しているサイト、Awake After Quakeの運営などを行っています。
2 / Please tell us about your latest activity?
Currently, I am back in Tokyo for a solo exhibition at the COMMON, which runs from the 22nd of July to the 31st.
I am showing 11 of my new paintings and new prints, so please swing by if you are around.
Other than that, I had an opportunity to do a CD cover for the Triune Gods, which is a Rap Group based in Tokyo and Montreal.
I also started to run a website called Awake After Quake, which is a web based artist showcase site related to the Japan Quake on March 11th.
3 / 大阪、シカゴ、東京、NY、パリ、ベルリン、と様々な都市での生活を体験した中で場所が創作活動に与える影響は感じたことがあるでしょうか?
もちろんあります。その街が持っている特有の雰囲気や人達によって作風は大きく変化します。
3 / Through experiences you’ve got in your life in various cities such as Osaka, Chicago, Tokyo, NY, Paris & Berlin,
Have you ever felt particular influences that a place gives to creative activities?

I feel like I am influenced a lot by each and every city and people.
4 / どの都市があたなに一番の影響を与えたでしょうか?
どの街も好きですが、1つ挙げるとしたらニューヨークでしょうか?
10年以上住んでいますし、これからも生活していきたいと思っています。
日本人に限らず外人が海外で生活また、創作活動をするにあたって
とても刺激的な街だと思います。
4 / Which city has given you the biggest influence?
Every city has it`s own character, but for me, I would have to say New York has been giving me the biggest influence.
I have lived there since 1999, and still don`t want to move back, yet. New York is definitely an exciting city to live in for an emerging artist.
5 / あなたの描く、野球選手にはチームメイトがいないようにみえますが
彼らはいつも一人で闘っているのでしょうか?

どうでしょうか?難しい質問ですね。野球選手を描いてはいるのですが従来の野球というルールというよりは
スラッガー(強打者)だったり英雄像の象徴の様な形で野球選手というテーマを展開していこうと思っています。
5 / It looks that the baseball players you draw have no team mate.
Do they always fight alone?

It’s a difficult question to answer. I have never really thought about the teammates.
I guess my concept of baseball is more about the figure, rather than the actual rules and the game of baseball.
It doesn’t really matter to me if their alone or not.
6 / いま、この瞬間、何色が好きですか?
青/緑
6 / Now, in this moment, what is your favorite colour?
Blue/ Green
7 / 最近、気に入っているミュージシャンを5組教えて下さい。
Ray Barbee / Do Make Say Think / 2 Pac / Bron-K / Phoenix
7 / Who are your recent top 5 musicians?
Ray Barbee / Do Make Say Think / 2 Pac / Bron-K / Phoenix
8 / この7日間で一番笑った瞬間はなんですか?
思い出し笑いでした。お風呂の中で。
8 / What is the funniest moment that made you laugh in the last 7 days?
It was in the shower thinking about some funny moments.
9 / 休日の日はなにをするのが好きですか?
何もしないのが好きです。
9 / What is your favorite things to do in day off?
To do nothing.
10 / 読者にメッセージをお願いします。
読んでくれてありがとう、良い一日を!
10 / If you have got any comment to the audience?
Thanks for reading! Hope you have a good day!