INTERVIEW : ししやまざき / Shishi Yamazaki

Today, Atmosphere would like to feature the interview
with an artist, Shishi Yamazaki and her works.
今回、Atmosphereではアーティストであるししやまざきへの
インタヴューと作品に焦点をあてます。

portrait1

1 / ししやまざきとは? 自己紹介をお願いします。
1989年生まれ神奈川県出身。裸のアニメーション女子。
1 – Who is Shishi Yamazaki? Please introduce yourself.
Born in 1989, from Kanagawa JAPAN
A naked animation girl

YAMASUKI YAMAZAKI やますき、やまざき from Shishi Yamazaki on Vimeo.

2 / いつから創作活動を始めましたか?また、そのキッカケは?
物心ついた頃から。父や姉たちの真似をして。
2 / When did you start creating artworks? What made you start?
Since the day I began to understand things.
At first, I was imitating what my father and older sisters do.

3 / 今までにどのような媒体で、どのような作品を発表してきましたか?
一番多く見られているのはvimeoのアニメーション作品 (https://vimeo.com/shishi) です。
他は国内外のフェスティバルなどで上映。
一日一個ずつ顔の形をタンブラーに更新していくDaily Mask Project (http://shishimask.tumblr.com/) もやっています。
その中からピックアップして牛革でリメイクし、家系図のように壁に展示をした事 (http://shishiyamazaki.tumblr.com/post/8237414653/2011-printa-animizumo) もあります。
3 – Until now, what kind of medias have you used to show your works?
Vimeo is the most popular media which I show my animation(https://vimeo.com/shishi),
and I have run my animation at various festivals inside and outside of Japan.
I am currently working on a project called “Daily Mask Project” (http://shishimask.tumblr.com/)on tumblr,
which I update one face every day.
Once I chose some masks from the project and remade them using leather.
I showed them on the wall like a family tree.
(http://shishiyamazaki.tumblr.com/post/8237414653/2011-printa-animizumo)

Print
Masks

4 / 作品の制作過程、または作品そのものに於いて、最も気にかける部分を3点教えてください。
●制作プロセスに惑わされずに、取り掛かる直前の心持ちを維持するよう心がける。
●あざとい印象を与えるような表現に傾いてしまわないように細心の注意を払う。
●なるべく身近にいる専門外の人(お母さんとか)に、制作意図や考えを話して意見を聞く。
4 / What are the 3 things you take in consideration about your work, or during the creation process of your work?
■I try not to get misled by the process, and try to keep the feeling of when I started working on it.
■I pay close attention on how my expression gives impression to people.
I don’t want my works to look vicious.
■I share my thoughts and intentions to close people who aren’t specialists of art(for example; my mother) and ask their opinion.

YA-NE-SEN a Go Go from Shishi Yamazaki on Vimeo.

5 / 好きなアーティスト/デザイナーを3人と、その理由を教えてください。
・ハローキティ – 何にでもなれるのに、キティはキティのままで羨ましい。憧れのアイコン。
・木村拓哉 – 居るだけで十分良いのに、何かさせるとすごく良くこなすから、たまらない!
・竹内まりや – おそらく歌っている彼女自身も別に本気でそう思ってるわけではないような、様々な種類の女性の心情を、同じくそういったものにあまり共感できない私がなぜか定期的に何年間も聴き続けている、という事自体が面白おかしく思えてくる。そういった、彼女と、彼女の音楽と、私の間との関係性を楽しむことができて嬉しい。
5 / Please tell us your three favorite artists/designers and why.
■Hello Kitty – She can be anything but she is adorable being just the way she is. She is my yearning icon.
■Takuya Kimura (actor) – He is too good just being there, but when people make him do something, he manages to do it perfectly. He’s just too irresistible.
■Mariya Takeuchi – She sings all sorts of feelings of ladies in her songs, but it sounds as if she doesn’t really mean it to me. I also don’t really feel sympathy in those kind of feelings that are sang in songs but still I keep listening to her songs for years. I even feel strange of myself doing this.
I’m enjoying the relation between her/her music and myself.

6 / 10代の頃に熱中していたことを教えてください。
ポストペット

ホームページの更新
6 / Tell us some things you were really into when you were a teenager.
Post Pet
Drawing
Updating my own website.

7 / いま、お気に入りの曲を3曲、教えてください。
SMAP / がんばりましょう
大貫妙子 / 黒のクレール
Django Django / Love’s Dart
7 / Please tell us three favorite songs of yours.
SMAP / Ganbarimashou
Taeko Onuki / Kuro no kureru
Django Django / Love’s Dart

PARCO Part3 30th Anniversary “Paradigm Paradise” from Shishi Yamazaki on Vimeo.

8 / 休日はなにをするのが好きですか?
回転寿司を食べる
ネットサーフィン
8 / What do you like doing on your days off?
I like to go eat Kaiten Sushi (it is a sushi restaurant that sushi comes on a little plate and goes around on a conveyor belt)
and surf on the internet.

9 / この一週間で一番笑った瞬間は?
久しぶりに行った学校でポルノグラフィティの「アゲハ蝶」をボソボソ歌ってたら
どんどん面白くなってきた
9 / What made you laugh the most this week?
I went to school after a long time and I was singing(or maybe muttering would be a better word to explain) a song called “Agehacho” and that turned out to sound really silly and funny.

10 / ワークスペースを見せてください。
そのまま、今の状態を撮りました。個展準備で慌てふためいて、そのままです。
10 / Please show us your work place.
I’m pretty busy preparing my personal exhibition so this is how it looks like right now at this moment.

IMG_1899

INTERVIEW : 佐藤 拓人 / TACT SATO

Today, Atmosphere would like to feature the interview
with Japanese artist TACT SATO and his works.
今回、Atmosphereではアーティストである佐藤拓人への
インタヴューと作品に焦点をあてます。

1 / 佐藤拓人とは?自己紹介をお願い致します。
1983年、神奈川県横須賀市生まれ。
石脇 ユウキ君とCOLORGUNGという名義でインスタレーションユニット
パーティーやレイブ、ギャラリー等、様々な場所で空間演出等で活動しています。
横浜PAN PACIFIC PLAYAのLUVRAW君率いるプロダクションMAGNETIC LUVにも
参加していて4〜5人のメンバーで音楽製作、グラフィック製作等を
中心に活動しています。
河野未彩さんとWHITE WHOLEという万物創造ユニットも進行中です。
個人的には、絵画、立体、グラフィック等を製作してます。
1 / Who is Tact Sato? Please introduce yourself.
I was born in Yokosuka, Kanagawa in 1983.
My partner, Yuuki Ishiwaki and I run an installation unit called COLORGUNG. We do installations & etc for parties, raves, galleries and many other locations. I also participate in a production called MAGNETIC LUV production, run by LUVRAW from PAN PACIFIC PLAYA, mainly producing music and creating graphics as a team of 4-5 members. Other than that, I am currently working with a creative unit called WHITE WHOLE with Midori Kawano. On my own, I create graphics, build models, draw pictures and paint paintings. 続きを読む

INTERVIEW : ヤスダタカヒロ / Takahiro Yasuda

Today, Atmosphere would like to feature the interview with Takahiro Yasuda
who is a graphic designer,motion director and VJ and his works.
今回、Atmosphereではグラフィックデザイナーであり
映像ディレクター、VJでもあるヤスダタカヒロへのインタヴューと作品に焦点をあてます。

1 / ヤスダタカヒロとは?自己紹介をお願い致します。
1985年生まれ。名古屋出身(厳密には岐阜生まれ名古屋育ち)。

東京造形大学に入学、中退、多摩美術大学卒業。
ニートに近いフリーランスを経てデザイン会社にデザイナーとして入社。
グラフィックデザイン、モーションデザインなど、会社員デザイナーとして仕事をする傍ら、
個人でもグラフィックデザイナー、映像ディレクター、VJなど東京を拠点に活動しています。
1 / Who is Takahiro Yasuda? Please introduce yourself.
Born in 1985. From Nagoya (to be exact, born in Gifu and raised in Nagoya).

Entered Tokyo Zoukei (sculpture) University, dropped out and graduated from Tama Art University.
After freelancing, which was more like being a N.E.E.T (Not in Education, Employment or Training),
joined a design firm as a designer.
Works on graphic design and motion designer as a company employee while working as a independent graphic designer, motion director, VJ. Based in Tokyo

2 / いつから創作活動を始めましたか?また、そのキッカケは??
どこまでの範囲のことを言うのか難しいところなんだけど、
デザイナーになるのを決めたのは小学生の頃ですね。
AirMAX95がバカ売れしたり、NBAではジョンストックトンがアシストしまくってて、シカゴブルズがハンパ無かった頃。
若野桂さんのNIKEのCMや、タナカノリユキさんのNIKEの広告が色々出た頃で、多分W+K TOKYOが出来たくらいの頃。
NIKEのシューズやグラフィック、広告に衝撃を受けて、ずっと勝手に考えたシューズデザインの落書きをしたり、
NIKEが好きでバスケットボールを始めたりしてました。ずっと絵を描いてました。
中2くらいから学校のパソコンでアドビは触っていて、イラレとかでステッカーとかなんか変なのいっぱい作ってました。
2 / When did you start creating artworks? What made you start?
It’s hard to say when and to what extent you are talking about,
but I decided I was going to become a designer when I was in elementary school. Back in the days when the AirMAX95 were flying off the shelves and John Stockton was assisting like crazy in the NBA and the Chicago Bulls were ripping it. When Kastura Wakano-san and Noriyuki Tanaka-san’s NIKE commercials came out, and I think right about the time when the W+K TOKYO office just opened.

The NIKE shoes and the graphics and the ads had such a huge impact on me, and I would just doodle shoes design that I would come up with. I started playing ball in middle school because I like NIKE so much, and I was always drawing too.
I started playing with Adobe since 8th grade and made lots of weird things, like stickers.

3 / 今までにどのような媒体で、どのような作品を発表してきましたか?
地元にいた頃はイラストレーションでみちみちフライヤーなどを作っていました。
ずっとグラフィックのブログをやっていて、ノークライアントのグラフィックを1500個くらい作ったり、B0のポスター刷りまくって個展したり、フライヤーつくったり。学生時代はブログがきっかけで、スイスのバンドのCDジャケット作ったり、Mdnなどの雑誌の記事書いたり、HowToの本を書いて出版したりなど仕事に繋がる事もありました。
MUSIC VIDEOの仕事もさせてもらっていて、
快速東京、MYSS、大沢伸一、Spangle Call lili Line、Wiennersなどのアーティストの方々のMVを作ったりしています。
卒業してから、グラフィックと映像をより一緒に考えるようになって、グラフィックベースの映像もやっています。

VJは2005年とかから。映像作るきっかけになりました。
セーラーチェンソーの村上さんと出会ってからは、brix video
syndicateとしてプレーさせてもらう事も多く、本当にお世話になっています。あの人はやはりヤバいカオスパッド使い。
クラブでのプレー以外にも、COUNTDOWN JAPAN、ROCK’IN JAPAN FESTIVAL、FUJI ROCK
FESTIVAL、SUMMER SONIC、SONIC
MANIAなどでプレーさせてもらったり、三年くらい前からはWIREに映像提供という形で参加させてもらったりしています。
3 / What sort of work have you been publishing on what sort of media?
I used to make fliers with illustrations back home.
I’ve been doing a graphic blog for a long time and I’ve made over 1500 non-client graphics, printed tons of by-order posters and did an exhibition with it, and made fliers too. When I was a student, I did the CD sleeve for a Sweden band which came to be through my blog. I also wrote articles for Mdn and published how-to books which would sometimes lead to other works.

I make music videos as well, for artists like Kaisoku Tokyo, MYSS, Shinichi Oosawa, Spangle Call lili Line and Wienners.
After I graduated from university, I started thinking of graphics and motion graphics as the same thing and have been making some graphic-based videos too.

I began VJ-ing in 2005 when I had an opportunity to make some videos.
Since I’ve met Murakami-san from Sailor Chainsaw I’ve been lucky to play quite a lot as brix video syndicate. I’m so grateful.
He is crazy on the chaos pad. Other than VJ-ing at clubs, I play at festivals like COUNTDOWN JAPAN、ROCK’IN JAPAN FESTIVAL、FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC and SONIC MANIA, and have been participating at WIRE, creating videos for them as well.

4 / これまでの活動の中で一番嬉しかった瞬間はなんですか?
*新しいオファーが来たとき。

*快速東京のMVの再生回数が爆発した日(二日で200万回)

*大型フェスでのVJでフェーダーを倒す瞬間は震える。去年のSONICMANIAの808STATEのときのVJはちょうど誕生日になる瞬間で、かなりグッと来た。

*WIREで自分の映像が流れた瞬間。
(上京した大学1年の2005年に初めてWIREに行って、卒業の夏に自分の映像が出るなんて思ってもいなかった。

*国際ポスタートリエンナーレトヤマ2009に入選したとき。今年の国際ポスタートリエンナーレトヤマ2012に入選したとき。


快速東京 / COPY

4 / What was the happiest moment for you in your creative career?
-When I get a new offer.

-The day when Tokyo Kaisoku’s music video view time exploded (200 million in two days).

-When I am cuingt the fader at a massive festival, it always gives me chills. I was VJ-ing for 808STATE when it turned to my birthday at the last SONICMANIA, and that was great.

-The moment when my video started playing at WIRE.
(When I first went to WIRE in 2005 during my first year of college in Tokyo, I never dreamed that my video would be playing the summer of my graduation.)

-The time I made the International Poster Award Toyama in 2009 and 2012.


Spangle call Lilli line / seventeen

5 / 作品の制作過程、または作品そのものも於いて、最も気にかける部分を3点教えて下さい。
1、難しい事はしない。
2、誰でも出来る手法ですすめる。
3、それでも新しいものが出来ているか。
5 / What are the 3 things you take in consideration about your work, or during the creation process of your work?
1. Don’t do anything too complicated.
2. Use methods anyone can use.
3. I still creating something new?

6 / 好きなデザイナー3人と、その理由を教えてください。
佐藤晃一
大学時代の一番の恩師で、
僕が勝手に思う世界一のグラフィックアーティスト。
作品の凄みというか、瞬発性と深さというか。とにかくヤバいです。
サイケデリックとは絵に対する見解じゃなくて、生き方の話であるという事、
無意識にグラフィカルな眼で生活をする事を学びました。

Wim Crouwel
これも勝手な見解ですが、タイポグラフィーを変えた人かなと。
グラフィックのベースには絶対この人がいるなと。
40年くらい先を行ってしまっていた人だなと思います。
とにかくかっこ良いグラフィックをしている。

Alex Troucht
純粋にかっこいいと思う。
大きくものを作っていて、見る度日本のデザインの窮屈さを感じる。
6 / Tell us 3 of your favorite designers and the reasons.
Kouichi Satou
He was my mentor in university, and in my opinion, the world’s greatest graphic artist.
The intensity of his work, the depth and the instant-ness of his works is crazy.
I learned that psychedelic is not your perception of art but how you live life.
To live with an unconsciously graphical eyes.

Wim Crouwel
This too is my completely independent opinion as well, but I think he is responsible for changing typography.
At the base of graphics he is definitely there.
He was like, 40 years too early for his time.
His graphics are just too cool.

Alex Trouce
He is super cool.
He makes things big, and every time I see his work I feel claustrophobic about Japanese design.

7 / 好きなフォルムとカラーを思いつくだけ教えてください。
幾何学形態、正七角形、円、直線。円弧。ヘアピン線、丸点線、角丸、不可能立体、180度、270度、90度、45度、30度、
スムーズなテクスチャー、とにかくストレスの無い形。正義感強い形。優しい形。
やっぱたまに悪そうなものに惹かれたりもするんだけど、最初から破綻しているものは嫌い。

色は特にこの色が好きというものはない。というかどの色も好き。
ニュートラルなライトグレーは好きというより無くてはならない色。
7 / Tell us as many forms and colors that you like.
Different forms of geometric shapes, heptagon, circle, straight line. Hairpin lines, dotted lines, rounded corners, impossible solids, 180°, 270°,90°,45°, 30°, smooth textures, stress-free shapes. Shapes with a strong sense of justice. Soft shapes.
I do like bad-ass things once in a while too, but I don’t like things that are destroyed to begin with.

There is not any particular color that I like. I actually like all colors.
Neutral, light gray is more like a must have color rather than a favorite color.

8 / VJをしていて気持ちがいい瞬間はどんな時ですか?
映像のタイムラインに制御されるのが大嫌いで、あとディティールを持って映像が主張しすぎる事が嫌いで。
ついつい見入る映像=踊れないっていう定義が自分にあって。
今は自分がフェーダーを切り続けないと映像が出ない、ただの白天と黒天の繰り返しから生ものみたいに映像を触る手法をとっているんだけど、自分の行為がきちんとVJに変わってお客さんとシンクロした時かなと。映像鳴らしてるみたいな感じになる時がたまにあって、その瞬間はたまらなく楽しいです。

あとやっぱり大型フェスのVJは気持ちよい。とくにFUJIのレッドマーキー。
PAブース、要するにお客さんのど真ん中でプレーするのはあんまり味わえない不思議な感覚がある。
周りからはよく意外だって言われるけど、個人的には都内のクラブではageHaが一番。
お客さんの開放感が違うっていうか、純粋に楽しもうとしてるんだよね。惰性で遊びにきていない感じ。
お客さんのリアクションも生々しいし。

開放感があるクラブが基本的に好きです。
8 / When is the best moment when you are VJ-ing, as well as the venue where you feel the best playing and the reason.
I hate being restricted by the timeline of the video and also for the video to make too much statement using details, because I have this rule of ” video you want to watch = can’t dance”. Right now I use a method where I have to keep cutting the fader for the video to show, just using black and white to create graphics. When my action synchronizes with the audience, it is the best. It becomes like I’m making sounds with the video and that moment is incredibly fun.

Plus of course, VJ-ing at the big festivals is so much fun. Especially the Red Marqui PA booth at FUJI ROCK FESTIVAL.
There is a rare and mysterious feeling playing right in the middle of the audience.

As for clubs in the city, people normally is surprised by this, but I think ageHa is the best.
The audience seems to be more free, like they are there to purely have fun. Not there out of habit.
Their reaction seems more raw too.

I like clubs that seem more free.

9 / この1週間で一番笑った瞬間は?
この前のクソ晴れた週末。
9 / What was the funniest thing for you this week?
This fucking blue sky weekend.

10 / あなたのワークスペースを見せて下さい。
10 / Please show us your work place.

————————————————————————————————-

ヤスダタカヒロ website
http://yasudatakahiro.com/
facebookページ
https://www.facebook.com/pages/yasudatakahiro/301181896619731

INTERVIEW : オノツトム / Tsutomu Ono

Today, Atmosphere would like to feature the interview
with Japanese photographer Tsutomu Ono.
今回、Atmosphereではフォトグラファーであるオノツトムへの
インタヴューと作品に焦点をあてます。

1 – オノツトムとは?自己紹介をお願い致します。
写真の大学を卒業後スタジオで2年くらい働きました。
それからフリーランスでフォトグラファーをやってます。
展示とか作品の発表もしつつ
って感じです。

そして
2012年5月からマネージメント事務所に所属しました。

http://am-tokyo.jp/artist/tsutomu_ono/

普段は真面目!きっとね。
でもお酒飲んじゃうとすぐ下衆になっちゃう!w
1 – Who is Tsutomu Ono? Please introduce yourself.
I worked at a studio after studying photography for 2 years in college.
Since then I’ve worked as a free-lance photographer.
Doing exhibition and putting out works.
Basically.

I joined a management office this May.
http://am-tokyo.jp/artist/tsutomu_ono/

I’m a good boy, I think.
But when I drink, I become vulgar. w.


Private Work

2 – 今までにどのような媒体で、どのような作品を発表してきましたか?
ウェブ、雑誌、展示など。

参考リンク
http://www.tokyo-ga.org/photographers/onotsutomu/
http://trynome.com/photographers/tsutomu-ono/

基本的には日常的な写真。写真を通して自分を再確認する感じ。
2 – What sort of media have you used to put your works out and what sort of works have you done?
Web, magazines, exhibitions and stuff.

Some links for examples
http://www.tokyo-ga.org/photographers/onotsutomu/
http://trynome.com/photographers/tsutomu-ono/

Mostly photography from everyday life. Like re-recognizing myself through photography.


no title

3 – 今後、新たに被写体にしてみたい人や物はありますか?
女の子!! (モデル募集ですw)
あとはダフトパンク!!

幾何学っぽいモチーフとか光
ドキュメント

何でもチャレンジしたいですね。

仕事としての写真もライフワークとしての写真もわりと近いラインにあるので
そこをうまく融合させてみたいですね。
3 – Are there any subjects in particular you would like to shoot?
Girls!! (looking for models. w )

And DAFT PUNK too!!

Geometric patterns and light.
Documenting.

I want to challenge everything.

My photography for work and photography as my life work are on similar plains
so I’d like to integrate them.


no title

4 / カメラは常に持ち歩いていますか?
また、どんな瞬間にシャッターをきりたくなりますか?

持ち歩いたり、しなかったり。
お酒飲んだり、仕事の合間だったり、 これは!!っていう時に
直感的かもしれないです。

4 / Do you carry around your camera all the time? What sort of moments makes you want to push the shutter?
Sometimes I do, sometimes I don’t.
When I’m having some drinks or during work, when there’s a moment that’s like, “this is it!!”

Inspirational, maybe.


CYDERHOUSE 2012-2013 A/W

5 – 自身の撮影時、または作品そのものに於いて、最も気にかける部分を3点教えて下さい。

被写体のテンション
現場のテンション
自分のテンション
あとは事後報告のようにプリントするだけですね。

5 / Please tell us 3 things that you pay most attention to, when you are shooting or for about the work itself.
The mood of the subject
The mood of the location
The mood of myself

All it is after that is printing, like office work.


JUVENILE HALL ROLLCALL 2011-2012 A/W

6 – 自身の写真に何を写したいですか?
現実かな。自分の道しるべ。
6 – What do you want to photograph on your photoraghy?
Reality maybe. A guide for myself.
7 – 被写体が人の場合、被写体との関係は親密なほうがいいですか?
もしくはその逆でしょうか?

特に意識したことはないけど、、
親密さによって写真の善し悪しが左右されることはないけど
親密だから撮れる写真もあるし、その逆もあるよね。
だからあまり重要な事ではないかもしれない。
7 – When the subject is a person, is it better when you are more intimate with that person? Or is it the opposite?
I’ve never really thought about that,,
How good or bad the photograph turns out is not affected by the intimacy, but
there are some photos that you can take because you are intimate with that person and vice versa.

So maybe it’s not that important.


no title

8 – フォトグラファーでなかったら、何をしていたと思いますか?
んーーあんまり考えたことないけど、、、

っというか考えないようにがむしゃらにここまできたからなー。w

こわくて考えられません!!
8 – What would you want to do if you were not a photographer?
Umm, I haven’t really though about that either,,,
I came all the way here without thinking about that. w

I’m too scared to think about it, so I can’t!!!!


no title

9 / この1週間で一番笑った瞬間は?
街ゲリラで全裸の写真撮ったことですかね。
でもこれって捕まっちゃうかな??w
9 / What made you laugh the most this week?
Taking guerrilla photography in the city butt naked.
But is that illegal?? w

10 – あなたのワークスペースを見せて下さい!!
10 – Please show us your workspace!!

INTERVIEW : 梅川良満 / Yoshimitsu Umekawa

Atmosphere interviewed Yoshimitsu Umekawa who is a Japanese photographer
and has released his 1st collection of photographs ‘LEAVE ME ALONE’.
アトモスフィアでは今回、日本人写真家であり、自身にとって初となる
写真作品集’LEAVE ME ALONE‘を発表した梅川良満さんにインタヴューを行いました。


photo by MARUI ‘motty’ MOTOKO

1 – 梅川良満とは?自己紹介をお願い致します。
1976年、東京生まれ。
フォトグラファーとして国内外の雑誌や広告、音楽、ファッションなどの分野の
クライアントワークを行いながら、自身の制作活動も行っています。
それから、最近は映像監督も行っています。
1 – Please introduce yourself.
Born in 1976 in Tokyo.
I do client work for magazines, advertisement, music and fashion photography
as well as work on personal works. Recently I am directing videography too.

2 – いつから写真撮影を始めましたか?また、そのキッカケは?
フリーランスになったのは、もう、13年前だね。
でも、写真自体を始めたのはもっと前だね。

フォトグラファーになった1番大きなキッカケは
IRINA IONESCOっていうフォトグラファーとの出会いかな。

97年くらいに神田の須田町にあったギャラリーに出入りするようになってさ。
そこで出会った人にIRINAを紹介してもらって
東京でやってたIRINAのワークショップを手伝ったりして。
そのとき、19くらいだったかな。
で、そのあとフランスに二ヶ月くらいとかそんなもんだけど行って。
IRINAがいたからさ。
そしたら、まだJeanloup Sieffが生きてるときで
写真みてもらったりして、褒めてもらえてさ。
実はその時は俺、モノクロしか撮ってなかったんだけどね。

で、日本帰ってきて、会社勤めもしたんだけど、速攻でやめちゃって。
そっからフリーだね。

16から18歳くらいまでの間はさ、DJになりたかったり、デザイナーに
なりたかったりしたんだけどね、色々やってきてさ
結局残ったのが写真だったんだよね。
「写真が1番好きで!」っていうよりか、写真が一番自分に合ってたんだろうね。
2 – When did you start photography? What made you start?
I started freelancing 13 years ago. But I started photography earlier.

The biggest reason I started doing photos was because of a photographer named IRINA IONESCO.

I started going to a small gallery in Sudacho in Kanda Tokyo, and was introduced to her by someone at the gallery.
I was helping IRINA’s workshops in Tokyo. I was like 19 then.

I was in France for like 2 months because IRINA was there. At the time, Jeanloup Sieff was still alive. He looked at my photos and gave me compliments. I was doing only black and white photos back then, but.

I came back to Japan, joined a company for a while and quite like right away, and I’ve been working as a freelancer since.

When I was between16-18 I wanted to become a DJ or a designer, but after doing all kinds of things, what remained was photography. It was more like photography suited me most over other things, rather than like, “I love photography!”.


LEAVE ME ALONE – OOPARTS ©Yoshimitsu Umekawa

3 – 発表したばかりの、初の作品集 ‘LEAVE ME ALONE’ について
説明して頂けるでしょうか?

まず、本ではなくステッカーとポスターというかたちで発表したんだけど
それには色々な理由があって。
もともと、デザイナーからの提案だったんだけど、作品展数も9点しかないし
写真自体はなるべく大きく見せたかったから。
それに、ポスターなら買ってすぐに飾ることができるし、ステッカーは糊がついてるだけでみんな欲しがるものっていう不思議なとこがいいなと思って。
あと、ポスターは昔から前衛芸術家に好まれる媒体っていうところと、ステッカーは現在のHIP HOP史からみても非常に重要な媒体で、もはやアイコンとして欠かせない物として興味がありました。

内容に関しては、すごく、人間の内的な問題なんだけど。
ざっくり言うと陶酔、酩酊の中から見いだす、3大宗教。
古代の呪術や宗教から現代HIPHOP史やクラブカルチャーなどいわゆる
ユースカルチャーにまで脈々と繋がる自己の内的な陶酔/酩酊状態から導きだされる象徴としての9つのアイコンとしての写真。
そこに13年かけて撮影した私的なドキュメンタリズムをMEGA MIXしました。
3 – Can you tell us about your 1st collection of photographs, ‘LEAVE ME ALONE’?
First of all, I decided to put my work on posters and stickers instead of a book, for a number of reasons.The ideas came from the designer -I only had a total of 9 pieces and I wanted to show my works on a large canvas.Plus, you can put up a poster up right away and stickers are cool cuz people want it just because there’s glue on it.
Also, I like the fact that posters have always been favoured by avant-guard artist and stickers are a very important medium if you look at the history of HIP HOP -it has become a solid icon for its culture.

In terms of the contents, it deals with the internal issues of human beings. Basically it is an exploration of the 3 major religions brought forth by euphoria and intoxication. There are 9 iconic photographs that serves as symbols of the euphoria and intoxication of the inner self, that transcends continuously from ancient shamanism and religion to today’s youth culture like hip hop and club culture.

It’s a MEGA MIX with 13 years of my personal “documentarism”


LEAVE ME ALONE – eXistenZ ©Yoshimitsu Umekawa

4 – 写真撮影や、いわゆる「アート」や「デザイン」以外に関心や興味を抱いていることはありますか?
生物だね。それと遺伝子工学とか生物学とかの化け学。
4 – Is there anything else you are interested in, other than photography, art and design stuffs?
Organisms. Plus chemistry like biology and genetic engineering.


LEAVE ME ALONE – Cold Mosque ©Yoshimitsu Umekawa

5 – 子供の頃に興味があったことはなんですか?
子供の頃は昆虫とか妖怪とか、そういうのが好きだったね。
子供のとき好きだったことをやってる感じがする、最近。
でも、それが真実だから。
子供の時に好きだったものをやるのが正解だと思う、表現に於いては。
小学校の帰りにアリジゴクとか捕まえるのすごい好きでさ、まず名前が好きで笑
あと、ヤスデの節々とか、写真に撮ったら超楽しいと思うよ。
飼いたくないけど笑

で、なんで小さい男の子って、昆虫とか小さい生物とかに惹かれるかっていうと
少年期に一番最初に出会うエロスなんだよね。
ああいう、間接の節々とかさエロいじゃん。かたちが。
男の子が昆虫を追うのは、エロスなんだと思う。
フォルムとか、曲線が女性に近かったりすんだよ。

若いときに好きだったものとかは重要なんだよ。
だんだん大人になっていくと忘れていくからさ。
周りをみててそうだもん、同じ歳くらいのやつとかさ
バランスをとりたがるんだと思う。
すごく、その社会とか、経済とかの面とね。
でも、そうなってくると、クリエイティヴの能力は落ちてくる側面があると思う。
5 – What were you interested in when you were a child?
I used to be into stuff like monsters and insects.
I think I’m doing stuff now that I used to like as a kid. Because there is truth in that.
I think people should do the things they liked as a child when it comes to expression.

I used to really like catching ant hills (“ant hell” in Japanese). I loved the name, haha, and like millipede joints. I think they would be so fun to photograph. I don’t want them as pets though, Lol.

The reason why young boys like insects and small creatures is because it’s the first experience of eros you encounter in your adolescence. Their joints look erotic, don’t they? I think that’s why boys get obsessed about insects. Their forms and lines are very feminine.

I think things we liked when we were young is very important. Cuz you forget them as you grow up.
I feel that when I look around at people my age, they want balance with the society or the economy they are in. But I think that brings down creative abilities.

6 – 音楽が好きになったのはいつ頃ですか?
14とか15歳とか、それくらいかな?
HIP HOPで、ちょうどpublic enemyとかさNWAとか。
でも、最初に好きだなーと思ったのは、お袋が持ってたショーケンだね。
当時の時の人だよね。めちゃくちゃ怖いけど、スターだし、ファッションリーダー。
で、誰も敵わない存在。ショーケンは撮影もさせてもらったよ!

あ、でも今はHIP HOPと言えばNIPPSだね、俺は。
2001年に撮影で一緒にNY行ってからで、もう11年くらいの付き合いだし。
NIPPSからの影響は強いよ。
6 – When did you start to like music?
14 or 15? HIP HOP like, Public Enemy and NWA.
But the first music I really liked was Sho-Ken, which my Mom had.
He was the man of his time. He was scary as hell but he was a star and a fashion icon. And he had no competition.
I once did a shoot with him!

For me right now, HIP HOP equals NIPPS.
I’ve known him for about 11 years since we went to NY for his shoot. His influence is very big.


LEAVE ME ALONE – DAEMON HOWLING ©Yoshimitsu Umekawa

7 – こどものころ、絵を描くのは好きでしたか?
もちろん好きだったよ。
うちの親父はもともと、絵描きになろうとしてたし
叔父貴は音楽の編集の会社やってたし
音楽と絵っていうのは、もともと周りにあったんだろうね、意識はしてなかったけど
気づいたらそうだったね。
7 – Did you like to draw when you were a child?
Of course I did.
My Dad originally wanted to be an artist and my uncle had a music editing company so art and music was always around me I guess, even though I wasn’t conscious of it.


LEAVE ME ALONE – GNOME ©Yoshimitsu Umekawa

8 – 今までの人生で一番「ヒヤッ」とした瞬間を教えてください。
しっぱなしだね、いっつもだよ、ヒヤっとしたことなんて思い出したくないよ笑
でも、まあ今となっては大したことじゃないし、どうでもいいことだよ。
戦場カメラマンと比べたら、東京で活動しててヒヤっとすることなんかないよ。
8 – What made you freak out the most in your life?
I’m always freaking out. I don’t want to think about it, haha.
You know though, looking back nothing’s a big deal.
Compared to being a war photographer, there’s nothing scary working in Tokyo.

9 – この1週間で一番笑った瞬間は?
あんま笑ってないなあ、、って言っていま笑ってるね、ハハハ。
なんだろうね、なんかおかしいことあった気がしたんだけどね。
9 – What was the funniest thing this week?
I haven’t been laughing much,,,oh I guess I’m laughing right now, haha.
Hmmm…I wonder. I thought there was something funny..

10 – 今後の活動について教えてください。
まだ、詳しく言えないのですが年内に2冊出すつもりで進めています。
次回は、いわゆる写真集の形態をとります。
10 – Please tell us about your future plans.
I can’t say too much but I’m working on two books right now to be published this year.
The next one will be a more standard photo collection book.


photo by MARUI ‘motty’ MOTOKO

—————————————————————–

梅川良満ウェブサイト
http://www.umekawayoshimitsu.com/
http://www.facebook.com/YoshimitsuUmekawa

下記リンク先より梅川良満、初作品集’LEAVE ME ALONE’の購入が可能です。
HELLO!!GASSHOP

INTERVIEW : スズキユウリ / YURI SUZUKI

Today, Atmosphere would like to feature the interview with YURI SUZUKI
who is a sound artist, designer and electronic musician and his works.
今回、Atmosphereではサウンドアーティスト、デザイナーであり
電子音楽家でもあるスズキユウリへのインタヴューと作品に焦点をあてます。


Portrait by Kitsune, Abake

1 / スズキユウリとは?自己紹介をお願い致します。
自分でもわかりません。音と具象性に興味があります。
1 / Who is Yuuri Suzuki? Please introduce yourself.
I don’t know myself. I have interest in sound and embodiment of things.

2 / 今までにどのような媒体で、どのような作品を発表してきましたか?
レコードをリリースした事もありますし、美術館や企業のコミッションで
インスタレーションを作成したり、フィルムを録ったり
プロダクトを考案したり様々です。
2 / What sort of work do you releas, on what type of media?
I do various things, like installation for museums and corporations as commission work, make films, design products and I’ve released records as well.

3 / 今までに発表した作品及びそのコンセプトを数点、説明して頂けるでしょうか?
3 / Cold you please show us some example of your work from the past?

-Amateur Music production
これはベルリンのプロダクトデザイナーJerszy Seymourとのコラボレーションのプロジェクトです。
彼が作品を作る際良く使うScum plasticと名付けられた60度の低温で溶けるプラスティックを
つかっています。
このプロジェクトはそのプラスティックを使いアマチュアである人でも手作りでレコードを
プレスして作る事を目的としています。
カッティングマシンでマスターディスクを作成し、そこからシリコンで型をとり
そのシリコン型に溶けたプラスチックを流し込み簡易なレコードを作ります。

This was a collaboration project with Berlin based product designer, Jerszy Seymour. We used something called the Scum Plastic, which is a type of plastic he often uses for his works, that melts in low temperature at 60℃.

The purpose of this project was for amateurs in music by to create and press their own records using this plastic. We made a master disk with a cutting machine, then made a mould for it with silicone, and poured the melted plastic into this mould to make a very simple record.


Amateur Music production : in collaboration with Jerszy Seymour Design Workshop

-White Noise Machine
このプロジェクトは、ニューデリーのKhoj Artist Assosiationという所でレジデンシーを
行った際に制作したものです。
ニューデリーは今まで訪れた都市のなかで一番騒音の激しい場所でした。
私にとって普段騒音は心地よいものなのですが、この時ばかりは耐えられなかった。
そこで、ホワイトノイズというテレビの砂嵐のような音が音をかき消す事を思い出し
騒音と同じ量のノイズを発生させる機械を作りました。

This was a project I did during my residency at Khoj Artist Association in New Delhi.
Out of all the cities that I’ve visited in my life, New Delhi was was the worst place in terms of noise pollution. I normally really like noise, this I could not stand.
I remembered that white noise, which is similar to the static sound on TV, cancels out noises, so I created a machine that produces the same amount of white noise as the noise outside.


White Noise Machine : photo by Yoriko Yamamura

-Colour Chaser
カラーチェイサーは難読症の人の為にデザインされたプロジェクトです。
楽譜というフォーマットではなく、色やコンポジションから音楽を
創造するというコンセプトの下制作しました。
白い箱の車が黒い線の上を走り、黒い線に横切るように塗られた色を読み取り音楽を奏でます。

The Colour Chaser was a project for people with Dyslexia. We chose a concept to create music, not with a musical score, but with colour and composition.
A car in a white box runs over the black line on the paper and reads and plays the different colours drawn over the line.


Colour Chaser : photo by Hitomi Kai Yoda

4 / 現在最もフォーカスしている作品やプロジェクトに関して教えてください。
夏にロンドンのデザインミュージアムでインスタレーションを発表予定です。
それからAbakeのデザインによる自分の初めての作品集も今年中に出版予定です。
あと3年越しで作っている球型のレコードプレイヤーがもうすぐ完成すると思います。
4 / Please tell us about a current project or work which you are most focused on.
I’m scheduled to present an installations at the Design Museum in London this summer.
My first book will be published this year as well, which is going to be designed by Abake. I think my sphere shaped record player which I have been working on for the past 3 years in soon going to be completed too.


24hour – sphere shaped record player

5 / ストックホルムで行われた、’Door Bell Kit’を使用したワークショップの内容や感想を教えていただけるでしょうか?
Door Bell KitはRe-Design Sound Scapeというコンセプトの下制作されたドアベルを
力学的に作るキットです。
Re-Design Sound Scapeは身の回りにある様々な音を考え直し
もう一度デザインし直すという一連のプロジェクトです。
このワークショップではアーティスト、デザイナー、ミュージシャンを招待し
人が訪れたことを知らせるドアベルの音をデザインし直す事をテーマにワークショップを行いました。

午前中はこのテーマに沿ったディスカッション、ケーススタディ。
午後のセッションでは実際にキットを使いドアベルを作成しました。

プリミティヴな機構を使った分、誰でもレゴを組み立てるようにドアベルを作る事ができたようです。
ワークショップではコンセプトメイキングに偏りがちなのですがフィジカルなオブジェクトを
作る事で実際に体験し、そこからアイデアが生まれる事も考えられます。
http://www.designboom.com/weblog/cat/8/view/13306/yuri-suzuki-soundscape-workshop.html


Door Bell Kit

5 / Could you tell us about the workshop that was held in Stockholm using the Door Bell Kit?
The Door Bell Kit is literally a kit to make door bells using mechanics, created under the concept of Re-Design Sound Scape. This is a project about re-thinking the various sounds in our environment and re-designing these sounds. Artists, designers and musicians were invited for this workshop to re-design the sound of the door bell used as signal to let you know that someone has arrived at the door.

We had discussions about the theme of the workshop and looked at some case studies in the morning and in the afternoon we did hands on work to create the door bells using the kit.

We used a primitive mechanism for the kit so it seemed like it was easy for everyone to make the doorbell, like building Lego blocks.
Workshops are prone to lean more towards the concept, but the experience of making a physical object can bring new ideas as well.
http://www.designboom.com/weblog/cat/8/view/13306/yuri-suzuki-soundscape-workshop.html



Door Bell Kit

6 / 子供の頃に熱中していたことはなんでしょうか?
両親が共働きだったため、あまり外で遊ばない子供でした。
ビデオを見るのが好きでD.C.キャブでニューヨークタクシーが好きになり
グレンミラー物語でトロンボーンに憧れMTVでエレクトロニックミュージックや
スクラッチに興味をもちました
6 / Was there anything you were really into when you were growing up?
I didn’t play much outside, as both my parents were working. I liked watching videos at home and got into NY taxis through D.C. CABS, fell in love with the trombone through the Glen Miller Stories, and got interested in electronic music and scratching through MTV.

7 / dj活動やヴァイナルのリリースなどの音楽活動をされていますが
こういった活動は他のデザイン活動と並行して常に行っているのでしょうか?

DJは展示のオープニングや、ホームパーティーで頼まれることが多いのでやる機会が多いです。
音楽は友達のプロデューサーDMX Krewの家に行ってジャムセッションをしてるうちに
良い曲ができてリリースすることが多いです。
7 / You are involved in music, such as releasing your own vinyl.
Are they in parallel to your design work?

I’m get asked to DJ at exhibition openings and home parties, so I DJ a lot. My friend, DMX Krew and I have jam sessions at his house and when a good tune comes out of it I often release them.

8 / 音楽とデザインの活動、共通する点はあるでしょうか?
また異なった点もあれば教えてください。

あくまでも音楽は趣味ですが、DJのプロセスはデザインのプロセスと良く似てると思います。
(お客さんを自分の引いた演出、ストーリーで満足してもらうとい意味で)
あと印象的だったのがRCAの卒業式の日に当時教授であったロンアラッドさんに
Playしろと言われたのも印象的でした。
Designという動詞ではなくPlayであると。
8 / Do you find similarities in your music and art?
Please tell us the difference.

Music is just a hobby for me but I do find similarities in the process of DJ-ing and designing. (as both aims at satisfying your audience with your presentation and the story.).
At my graduation from RCA, Ron Allard who was a professor at the time told me to “play” instead of to design, which left me with an impression.

9 / 最も好きなdjを3人とその理由を教えてください。
4人ですけどいいですか?
-DMX Krew
彼は本当のDJだと思います、誰しも見向きもしなかったレコードを発掘してPlayすることでそのレコードに生命を与えています。
-DJ Tasaka
レコードというもので踊るという感覚が高校生の頃は理解出来なかったのですが
DJ TASAKAさんのDJを聞いてレコードでただ音楽をかけるのではなく
演奏しているのだという認識にかわりました。
毎月今は無きYellowでDJをされていてDJブースが見える階段の隙間からテクニックを
覗いていたものでした。
-Jeff Mills
音楽をマテリアルとして、リアルタイムで音楽を構築するということを3台のレコードプレイヤー
1台のリズムマシンを使い素早く行うという人間離れしたアーティストです。
激しい音楽とは裏腹に静かなプレイスタイルは本当にかっこいいと思います。
-Christian Marclay
DJではないですが、初めてレコードプレイヤーというものを楽器として扱った最初のアーティスト、
ミュージシャンだと思います。僕にとってのヒーローです。
9 / Please list 3 of your favorite DJ’s and the reason.
I have 4, is that OK?
-DMX Krew
He is a true DJ. He discovers records that no body paid attention to and gives life to it by paling them.
-DJ Tasaka
I didn’t understand the concept of dancing to a record when I was still in high school, but when I heard DJ Tasaka’s play I changed my view. DJ’s do not simply play the records but are playing them like an instrument.
I used to watch his techniques from the stairs where you could peak into the DJ booth every month at the old club Yellow in Tokyo, which is no longer there (now club Eleven).
-Jeff Mills
An extraordinary artist who handles music as material and builds music in realtime using 3 record players and a rhythm machine. His quieter play style that is very different from the aggressive tunes are truly awesome.
-Christian Marclay
He is not a DJ, but I think he is the first musician / artist who used the record player as a musical instrument. My hero.


Turntable1 : photo by Bahbak Hashemi Nezhad

10 / あなたのワークスペースを見せて下さい!!
仕事の都合で一カ所に留まる事ができず常に移動をしているので決まったワークスペースはもっていません。
MacBook Pro, モレスキンのノート,Uniball Signoがあればどこでも仕事ができます。

今はローザンヌにあるL HOTELでこのインタビューを書いています。
10 / Please show us your work space!

I travel a lot for my work and don’t get to stay in one place for a long time, so I don’t have a stationary workspace. I can work from anywhere if I have my MacBook Pro, Moleskin notebook, and Uniball Signo.

Right now I am answering the questions to this interview at the L Hotel in Lausanne.

INTERVIEW : オオクボリュウ / RYU OOKUBO

Today, Atmosphere would like to feature the interview with Japanese illustrator/artist Ryu Ookubo.
今回、Atmosphereではイラストレーター/アーティストであるオオクボリュウへの
インタヴューに焦点をあてます。

1 / オオクボリュウとは?自己紹介をお願い致します。
絵とか、グラフィックとか映像を作りながら
毎日過ごしています。オオクボリュウは本名です。
23才。
1 / Please introduce yourself.
I spend every day making graphics and videos. Ryu Ookubo is my real name.
I’m 23 years old.

2 / いつから創作活動を始めましたか?また、そのキッカケは??
小さいころから寄り道しないで絵を描いてきた気がするから、
大きなキッカケっていうのは特にないんだと思う。。
自分はずっと芸術を肯定するような環境にいたから。
2 / When did you start your creative activity? How did you start?
I’ve been drawing all the time since I was little kid and just never detoured since then, so I don’t think there was anything significant that made me start…. I was always in an environment that was for art.

3 / 今までにどのような媒体で、どのような作品を発表してきましたか?
PSGの「寝れない!!!」、快速東京「かいじゅう」のビデオ。
あとTシャツのグラフィックとか。
基本は家で絵を描いて、気がむいたらtumblrに載せるくらい。

3 / What type of work have you released and through what kind of media?
I did the NERENAI!!! PV for PSG and Kaisoku Tokyo’s Kaijyu PV.
Plus I do graphics for T-shirts.
Basically, I draw at home and if I feel like it, I put it up on tumblr.

4 / これまでの活動の中で一番嬉しかった瞬間はなんですか?
客観性を失いながら作品をつくってる瞬間は、いつでも嬉しいっていうか楽しい。
むかし女の子にお前の絵はワックだ!って言われまくって落ち込んでからは
だいたいのことは自己完結的に喜んだり楽しんだりするようになったような。
うそかも。
4 / What was the happiest moment in your creative career?
I’m aways happy or I should say it’s always fun when I’m creating something and I am not being objective.
Since a girl told me that my work was wack so many times and made me feel really down, I pretty much complete my joy and happiness on my own. Maybe I’m lying though.

5 / 作品のインスピレーションはどこから得ますか?
自分に近いと思う人から弱々しい哲学を感じてしまったとき。
あと最近はSlick RickとE.T。
5 / Where do the inspirations come from?
When I sense weak philosophy from someone who I think is close to me.
Also, recently from Slick Rick and E.T.

6 / 作品の制作過程、または作品そのものも於いて、最も気にかける部分を3点教えて下さい。
当たり前だけど、他の人と同じようにならないようにとか。
権威的にならないようにとか。
あとは、発想の豊かさで遊んでるような場所にはなるべく近づかないように。
6 / What are 3 things that is most important to you, either during your creative process or for your creative work.
This might be a little obvious, but something like creating something that is not the same as others. And, not to be too authoritative.
Also, I try not to go near places that seems to be toying with abundance of ideas.

7 / いまオススメの映画を3作と、その理由を教えてください。
「E.T.」
E.T.は最近見て、やっぱりスピルバーグすごいんだなって。ああいうリビングにしたい。

「ゴーストバスターズ2」
内容がパート1の栄光に寄りかかりすぎてるのが可愛いと思う。いま3作ってるらしい。

「秋刀魚の味」
小津安二郎の映画はすごく面白いから永遠に残ってほしい。秋刀魚の味は下ネタばっかり。
7 / Tell us 3 films you recommend right now and the reason.
E.T
I saw E.T recently and realized once again the Spielberg is amazing. I want a living room like that.

Ghost Busters 2
It’s so cute that Part 2 totally relies on the glory of Part 1. I hear they’re making Part 3 now.

An Autumn Afternoon (Sanma no Aji)
Ozu films are so good so I hope they stay for ever. An Autumn Afternoon is all about dirty jokes.

8 / 好きな食べ物を3つと、その理由を教えてください。
味付け玉子、出し巻き玉子、タマゴサンド
卵はポテンシャルが高いからそこにいるだけで美味しい。
8 / What are your 3 favourite food and the reason behind it.
Flavored egg), Rolled egg and Egg Sandwich.
Eggs have such high potential, its delicious just to have it there.

9 / この1週間で一番笑った瞬間は?
わかんない、でもみんなのおかげで毎日楽しいです。
9 / What was the funniest moment for you this week?
I don’t know but I have fun everyday thanks to everybody.

10 / ワークスペースを見せて下さい。
10 / Please show your workspace.

INTERVIEW : 小嶋 真理 / MARI KOJIMA

– Atmosphere interviewed Mari Kojima who is participating in a group exhibition featuring 5 female photographs in Japan, ‘POV FEMALE Tokyo‘ held at CALM & PUNK GALLERY.
– アトモスフィアでは今回、CALM & PUNK GALLERYにて開催されている、女性フォトグラファー5名によるグループ展’POV FEMALE Tokyo‘に参加している小嶋 真理さんにインタヴューを行いました。

1 / 小嶋 真理とは?自己紹介をお願い致します。
小嶋真理と申します。出身は島根です。写真を取ったり、普通の会社員だったりします。
1 / Mari Kojima, please introduce yourself.
My name is Mari Kojima. I come from Shimane prefecture. I take photos and am employed in a company too.

2 / いつから写真撮影を始めましたか? また、そのキッカケは?
シカゴにある美大に通っていて、その時必須科目だった白黒写真の授業を取った際に
一眼レフカメラを初めて買ったのが写真を撮り始める最初のきっかけとなりました。
授業では基本的な写真撮影のノウハウ、現像方法などを学びました。
でも、その授業は1学期間のみで、その後卒業するまではずっと洋服作りに
没頭していたので写真のことはすっかり忘れてしまってました。
卒業後、就職したけど仕事を辞めたり両親が癌になったりと色々あって日本に
帰国し、2008年に友人のパトリック・ツァイという写真家からオリンパスのMju-IIを
もらったのがきっかけとなり、また写真を撮り始めるようになりました。
コンセプトを決めて時間をかけ細かくチマチマとモノを造り上げていくという
服作りの作業に慣れてしまっていたので、コンパクトカメラを使って感情や刹那を
一瞬でツルンとフィルムに落とし込むという動作は、すごく新鮮に感じました。
2 / When did you start photography? What made you start?
When I was attending an art school in Chicago, one of the requirement courses was black and white photography. I bought a single ref camera for it and that was when I started photography. I learned the basics of photography and how to develop prints in this class but it was only a semester long, plus I concentrated on fashion design until graduation so I completely forgot about photography. After graduation I stared working but quit and one of my parent got cancer so I returned to Japan, and in 2008, I was given a Mju-II, an Olympus camera from a photographer friend of mine named Patric Tzai and started to take photos again. Since I was so used to the long, meticulous work involved in clothes making, where you first decide on a concept and then create the pieces carefully with your hands, the instant, emotional way a photograph is taken was very refreshing to me.


「SEA SICK」 published by oodee

3 / 今までの活動で最も印象に残っている被写体や写真に収めた出来事、風景を三つ教えてください。
藤沢に行った時、鳥の大群が駅の周りを飛んでいたところを収めた時でしょうか。
大量の鳥が群れをなして駅の周りをグルグル飛び回っていて、ヒッチコックの映画
『鳥』のようでした。私一人の力では到底かなわない大群のエネルギーというのには
恐怖を感じてしまいました。他にも印象的な場面は色々あるけれど上手く面白く説明
できないので割愛させていただきます、、、、大変申し訳ないです、、、、
3 / What were the 3 most impressionistic person or an incident or a scenery that you have ever photographed?
Perhaps the time when I went to Fujisawa and shot these birds circling around the station. A massive flock of birds were circling around and around the station, reminding me of a scene from Alfred Hitchcock’s film The Bird. I event felt fear under the massive energy of the birds.
There are many other interesting scenarios but I can’t explain them in a creative fun way so please excuse me…..I’m very sorry…..

4 / 自身のフォトグラファーとしての活動の中で最も気持ちがいい瞬間を教えてください。
自分の目で見たもの、自分の感じたことと、フィルターを通して写したものが
ブレなく捕えれた時はすごく気持ちがいいです。
4 / What is the best feeling you get as a photographer.
When I precisely capture what I saw and felt onto the film through the filter.


「SEA SICK」 published by oodee

5 / 被写体や、その環境は日常の中から見つけ出しますか? もしくは特別に作り出す物でしょうか?
日常の中から見つけ出します。コンセプトのある作品も作ってみたいけれど
日々のおバカな発見や閃きのほうが、私のオバカな頭の中で
考えて考えて苦し紛れに出てきたコンセプトより面白い気がします。
5 / Do you find your subjects for your photography in everyday life, or do you create something for it?
I find my subjects in my everyday life. I would like to create works with concepts as well, but I think the silly little discoveries and inspirations I get from my daily life are more interesting than a concept I squeeze out of my silly little head.

6 / あなたにとって、写真とは?
私にとって、写真とは感情だと思います。
6 / What is photograph to you?
I think photography to me is, emotion.


「SEA SICK」 published by oodee

7 / 写真家としての醍醐味は?
友達に、ちょっとここで写真取りたいから上半身裸になってみてよと言ったら本当に
脱いでくれるようになったことでしょうか。
7 / What is the best thing about being a photographer?
Maybe the fact that I can ask a friend to disrobe a little so that I can photograph them and they really do now that I am photographer.

8 / この1週間で一番笑った瞬間は?
この一週間で笑えたのは、ラーテルの生体のドキュメンタリーを
見たときでしょうか。
コブラを食べて猛毒を喰らい意識を失うけど数時間後にはビンビンに
蘇る奇跡の生き物です。
8 / What was the funniest moment for you this week?
I laughed the most this week when I watched this documentary film about the biology of Ratels. It’s about this miraculous animal who eat cobras and get poisoned and passes out but wakes up in few hours and is completely fine and vibrant again.

9 / 今回の’POV FEMALE Tokyo‘では、フランス人のアートディレクターがキュレーションし、グループ展が行われ、写真集も出版されましたが、この企画はあなたにとって、どのような挑戦となりましたか?
今まで撮ったものの流れをもう一度見直して、何を考え、何を感じ、何を写した
かったのかをきちんと自己分析する機会を与えてくれるものとなりました。
そして流石やり手のアートディレクターのoodee代表者ダミアン、レイアウトや写真の順番を決めるにあたり写真の意図を汲み取るのがとても上手でした。
9 / The POV Female project is curated by an French art director to create a photography book and hold a n exhibition. Were there any challenges that you faced?
This project give me the opportunity to go through all the photos I have taken to do a self-analysis about what I was thinking, feeling and what it was that I wanted to shoot.
Super talented Damien, the representative art director of oodee, was excellent in reading the intentions and the feel of my photos when creating the layout and deciding the order of the photos for our book.


「SEA SICK」 published by oodee

10 / 今後、写真家としてどのような挑戦をされたいですか?
現在、私の友達を巻き込んで、エゴとブレがあぶり出されるようなプロジェクトを
稼働中です。それと、イケてないファッション系の撮影をしてみたいです。
10 / What sort of challenges would you like to take on in the future as a photographer?
I am working with my friend on a project that is going to be all about ego and misunde
I also want to do a shooting session of super un-cool fashion.

11 / あなたのワークスペースを見せて下さい!!
実は写真がなくて、、、申し訳ないです!!ワークスペースは私の部屋で
デスク一つとローテーブルで編集などの作業、そしてベッドの上に白い布を敷いて
プリントにホコリがつかないように作業というのが主流でございます。
11 / Please show your workspace!!
Actually I don’t have any pictures…..sorry!! My workspace is in my room. I work mainly on my desk and a low tabel and lay a white cloth on my bed so that the dust does not go on the prints.

INTERVIEW : はらみらい / Mirai Hara

– Atmosphere interviewed Mirai Hara who is participating in a group exhibition featuring 5 female photographs in Japan, ‘POV FEMALE Tokyo‘ held at CALM & PUNK GALLERY.
– アトモスフィアでは今回、CALM & PUNK GALLERYにて開催されている、女性フォトグラファー5名によるグループ展’POV FEMALE Tokyo‘に参加しているはらみらいさんにインタヴューを行いました。

1 / はらみらいとは?自己紹介をお願い致します。
はらみらいです。
1 / Mirai Hara, please introduce yourself.
My name is Mirai Hara.

2 / いつから写真撮影を始めましたか? また、そのキッカケは?
デザイナーの両親の影響もあり、ウチに一眼カメラがあったので 14歳くらいから写真を撮り始めました。
そのころに写真家になることを決意して、LAで3年間写真を学びました。
2 / When did you start photography? What made you start?
I was influenced by my parents who were designers. We had a singe ref camera at home and I started taking photos with it when I was around 14. I decided that I wanted to become a photographer then, and went to study photography for 3 years in LA.

3 / 自身のフォトグラファーとしての活動の中で最も気持ちがいい瞬間を教えてください。
シャッターをきる瞬間
3 / What is the best feeling you get as a photographer.
The moment when I hit the shutter.

4 / 被写体や、その環境は日常の中から見つけ出しますか? もしくは特別に作り出す物でしょうか?
無意識ではなく、意識的に。コンセプトを決めて撮影します。
4 / Do you find your subjects for your photography in everyday life, or do you create something for it?
I take photos with a concept. With a conscience, not unconsciously.

5 / あなたにとって、写真とは?
なくてはならないもの。でも ありすぎてもこまるもの。
5 / What is photograph to you?
Something I can’t live without. But can’t have too much of, either.

6 / 写真家としての醍醐味は?
他者と共感しあえた時
6 / What is the best thing about being a photographer?
When others and I are able to relate to one another.

7 / 今回の’POV FEMALE Tokyo‘では、フランス人のアートディレクターがキュレーションし、グループ展が行われ、写真集も出版されましたが、この企画はあなたにとって、どのような挑戦となりましたか?
お会いしたこともない方とメールのみでのやり取りで、なかなか意思疎通が難しかったのですが、
根気よく 丁寧にしてくださったおかげで、とっても素敵な作品が出来上がったと思います。Damien(POV FEMALE キュレーター)に感謝の気持ちでいっぱいです。
7 / The POV Female project is curated by an French art director to create a photography book and hold a n exhibition. Were there any challenges that you faced?
It was not easy to communicate out thoughts just emailing each other when we had never met before, but Damien (curator fot POV Female) was very patient with me and as a result I feel that we have created something very nice. I am filled with gratitude towards him.

8 / 今後、写真家としてどのような挑戦をされたいですか?
今後は自分だけでなく、もっと人をたくさん幸せな気持ちにさせてあげられるような作品づくりをしたいと思います。
8 / What sort of challenges would you like to take on in the future as a photographer?
I would like to create work that will make other people happy and not just me.

INTERVIEW : 細倉 真弓 / MAYUMI HOSOKURA

– Atmosphere interviewed Mayumi Hosokura who is participating in a group exhibition featuring 5 female photographs in Japan, ‘POV FEMALE Tokyo‘ held at CALM & PUNK GALLERY.
– アトモスフィアでは今回、CALM & PUNK GALLERYにて開催されている、女性フォトグラファー5名によるグループ展’POV FEMALE Tokyo‘に参加している細倉真弓さんにインタヴューを行いました。


「KAZAN」published by artbeat publisher

1 / 細倉真弓とは?自己紹介をお願い致します。
細倉真弓です。1979年、京都生まれ。最近artbeat publisherから「KAZAN」という写真集が出ました。
1 / Mayumi Hosokura, please introduce yourself.
My name is Mayu Hosokawa.  I was born in 1979 in Kyoto.  My photo book titled KAZAN was recently released from artbeat publisher.


「KAZAN」published by artbeat publisher

2 / いつから写真撮影を始めましたか? また、そのキッカケは?
高校生くらいの時にちょうどガーリー写真ブームがあって、なんだか写真ってかっこいいらしいよみたいなミーハーなノリではじめました。
2 / When did you start photography? What made you start?
There was this girly photograph trend that was going on when I was in high school, and I though photos are cool and started just for that.


「KAZAN」published by artbeat publisher

3 / 今までの活動で最も印象に残っている被写体や写真に収めた出来事、風景を三つ教えてください。
撮影しているときは平凡な出来事でも、写真になってみるととても良い時があって、そのギャップが大きいほど個人的には印象に残っています。
500円で買った黄鉄鉱 という鉱物や、急いで撮って何も覚えていなかった友人の友人や、旅行の途中のパーキングエリアにあった木とか。そんな感じなので人に話してもあまり同意は得られません。
3 / What were the 3 most impressionistic person or an incident or a scenery that you have ever photographed?
It always leaves me an impression when I find something really good after developing a photo, which at the time of the shoot was just felt ordinary. They are things like the mineral that I bought for 500 yen, the friend of a friend I took in a hurry and didn’t remember about and a parking lot I found during my travels, and so people don’t relate to it too much.


「KAZAN」published by artbeat publisher

4 / 自身のフォトグラファーとしての活動の中で最も気持ちがいい瞬間を教えてください。
昔はフィルムがあがってきてはじめてイメージを見る瞬間でしたが、今はまだ作っていない作品のイメージを思い描いているときが一番わくわくして気持ちがいいです。
実際に動き出すのはなかなか億劫なのでいつもぐずぐずしてしまうんですが、動き出して勢いに乗って自動的に撮影しているみたいな状態になった時も、気持ちいいですね。撮影マシーンみたいな。
4 / What is the best feeling you get as a photographer.
I used to love that moment of looking at the developed photo for the first time, but now I feel most excited when I am imagining the piece I’ve yet to create. I’m lazy and it takes time for me to start things, but I love it when things start to roll and it becomes like I’m taking photos automatically, like a photographer machine or something.

5 / 被写体や、その環境は日常の中から見つけ出しますか? もしくは特別に作り出す物でしょうか?
日常のなかからアイデアは見つけますが、撮影することは日常ではなくて非日常的なものなんじゃないかと思っています。
5 / Do you find your subjects for your photography in everyday life, or do you create something for it?
I find ideas from everyday life, but I feel like I shoot unordinary things rather than everyday things.


「UNKNOWN SIGNALS」 published by oodee

6 / あなたにとって、写真とは?
写真は純粋に楽しみとしてです。
6 / What is photograph to you?
Photos are pure pleasure for me.

7 / 写真家としての醍醐味は?
写真をやっていなければ会えなかった人に会えるし、行けない所に行ける。
でもそれ以上に写真のことを考えて一生過ごせるかと思うと死ぬまでヒマしないこと。
7 / What is the best thing about being a photographer?
Meeting people you would never meet if you were not a photographer and getting to go places. But more than that, to have so much thought about photography that I think I might never ever be bored in my life.

8 / この1週間で一番笑った瞬間は?
昨日10年ぶりにパルプフィクションを見たら、おもしろすぎてずっと笑ってました。
8 / What was the funniest moment for you this week?
I watched Pulp Fiction for the first time in 10 years and laughed so much.


「UNKNOWN SIGNALS」 published by oodee

9 / 今回の’POV FEMALE Tokyo‘では、フランス人のアートディレクターがキュレーションし、グループ展が行われ、写真集も出版されましたが、この企画はあなたにとって、どのような挑戦となりましたか?
お話を頂いたとき既に自分の写真集一冊と別のzineの発行と同時並行で作業していてちょっとお腹いっぱいなかんじだったんです。でもせっかくだからやりたいなと思いました。
それにいつも撮っているシリーズでまた出しても面白くないし、どうせならいままでやっていないシリーズでやろうと思いました。時間も2ヶ月くらいしかなかったのでバタバタしてしまいましたが個人的には気に入っています。
9 / The POV Female project is curated by an French art director to create a photography book and hold a n exhibition. Were there any challenges that you faced?
When I got the offer for this collaboration, I was already working on my own photo book and a zine at the same time and felt that it was a bit too much.  But it was an opportunity which I wanted to take.  Plus I thought that it would not be fun to do what I normally do, so I decided to do a new series.  We only had about two months so it was quite hectic, but I personally like the outcome.


「UNKNOWN SIGNALS」 published by oodee

10 / 今後、写真家としてどのような挑戦をされたいですか?
海外で個展やりたいです!あとは2年に一回くらい写真集を出せていけたら素敵だなーとおもっています。
10 / What sort of challenges would you like to take on in the future as a photographer?
I want to do a exhibitions overseas!  And if I can put out a book once every two years or so, that would be so nice too.

11 / あなたのワークスペースを見せて下さい!!
仲間でマンションの一室を暗室にしています。
11 / Please show your workspace!!
I’m using apartment room as a darkroom with my friends.