NEWS: GASBOOK 29 KATSUYA KAMO 発売決定

Atmosphereは、ヘアデザイナー・加茂克也 作品集
「GASBOOK 29 KATSUYA KAMO “100 HEADPIECES”」の発売、
ならびにラフォーレミュージアム原宿にて開催される同アーティストによる個展
、
「加茂克也展 ‘100 HEADPIECES’ ~世界のランウェイで異彩を放つ、
日本人ヘアデザイナーの脳内世界。」の開催をお知らせ致します。

GASBOOK29_kamo_cover

100HEADPIECES_flyer

世界のランウェイを魅了したヘアデザイナー加茂克也氏の、これまでのヘッドピース作品の
集大成の中から本人により厳選された100点程を収録し、世界初公開となる加茂克也氏の
アイディア源が詰まった、制作過程を覗く事が出来る秘蔵ファイルの一部も収録。
カール・ラガーフェルドをはじめ、フェンディ、渡辺淳弥、高橋盾などの、
世界のトップデザイナーが加茂克也を指名する秘密がこの本で明らかになります。

kamo_pr_01

kamo_pr_02

GASBOOK 29 KATSUYA KAMO “100 HEADPIECES”
発 売 日 : 2013年11月2日(土)
定  価 : 3,500円(税抜) 3,675円(税込み)
頁  数 : 100ページ
版  型 : 横 23.2cm × 縦 30.2cm
協  力:mod‘s hair、株式会社ラップネット
デザイン:長嶋りかこ
※11月2日より‘加茂克也展’ラフォーレ原宿会場、HELLO GASSHOPにて先行販売

「加茂克也展 ‘100 HEADPIECES’
~世界のランウェイで異彩を放つ、日本人ヘアデザイナーの脳内世界。」
主  催:ラフォーレ原宿
企画制作:ラップネット、ガスアズインターフェイス
協  力:mod’s hair
会  場:ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)
会  期:2013年11月2日(土)~18日(月)
入 場 料:500円
※小学生以下およびラフォーレカード会員は無料
時  間:11:00~20:00
お問合せ:03-3475-0411(ラフォーレ原宿)
ウェブサイト:http://www.laforet.ne.jp
イベントサイト:http://www.lapnet.jp/event/event_l131102/

kamo_pr_10

会場では、ファッションショーやシューティングなどで使用された100点以上のヘッドピースを展示するほか、創作現場であるアトリエを再現した空間、創作過程を垣間見ることのできるポラロイドブック、ファッションショーの映像などを公開。さらには、プライベートな時間に制作している約70点の
オブジェや、蒐集したヴィジュアルのスクラップブックもあわせて展示いたします。

この貴重な機会に是非会場で作品をご覧下さい。

kamo_pr_p

 

::加茂克也 KATSUYA KAMO プロフィール::

1988年、モッズ・ヘア所属。1990~1992年、渡仏。
帰国後、ファッション雑誌を中心に広告やショー など幅広く活躍。
1996年からJUNYA WATANABE COMME des GARCONS、1997年からUNDERCOVERのパリコレクションを現在も手掛けている。2003年、毎日ファッション大賞グランプリを受賞。 2005年からは活動の場を海外に広げ、VOGUE ITALIA、VOGUE PARIS、THE NEW YORK TIMES MAGAZINE、DAZED&CONFUSEDなどの一流モード誌やWallpaper* Magazineなどのアート誌でも活躍。2008年以降はFENDIのミラノコレクション、CHANELのオートクチュールショーやFENDI、 CHANEL、KENZOなどのキャンペーンビジュアルを手掛ける。現在も東京、ニューヨーク、パリを中心にグローバルに活動。

VALERIE MALLORY GALLERY FIRST EXHIBITION IN JAPAN

Atmosphere is happy to announce the first exhibition of VALERIE MALLORY GALLERY. Exhibition will be held on 15th of Feb 2013 at COMMON GALLERY. Everyone, Please come along!

Atmosphereは、ヴァレリー・マロリー・ギャラリーの初の展示が行われる事をお知らせできることを大変嬉しく思います。当エキシビジョンは、2013年2月16日にCOMMON GALLERYで行われます。是非、皆様足をお運びください。

About Valerie Mallory Gallery
ヴァレリー・マロリー・ギャラリーについて

Originally founded in New York, October 1978 by Valerie Mallory. Valerie Mallory was a Critic, Mother and Muse to many. Due to her deportation, the gallery was forced to close it‘s doors in January 1979.Now, decades later, The Valerie Mallory Gallery doors are once again open. These doors have been reopened by her son Viktor Mallory  *There are no actual doors just yet, as we are an online gallery.

1978年、ヴァレリー・マロリーによってニューヨークで創立されたギャラリー。批評家として活動していたヴァレリーは多くの人々から母、ミューズとして慕われていたが、彼女の国外追放によってギャラリーは1979年に強制閉鎖を余儀なくされた。数十年たった現在、ヴァレリー・マロリーギャラリーは再び、彼女の息子であるヴィクター・マロリーによって再び開館した。 *現在はオンラインギャラリーとして開放中。

http://www.thevaleriemallorygallery.com/

 

 

VALERIE MALLORY GALLERY FIRST GROUP EXHIBITION

AT COMMON GALLERY TOKYO

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-11-1 2F TEL 03 – 6427 – 5834

http://www.gallerycommon.com/

(会期)START FROM FEB 16th-18th , FEB 20th – 24th

2月16日~2月18日と2月20日~2月24日

* They are closed on 19th. (19日はエキシビジョンはお休みです。ご注意ください。)

* Openingは2月15日 20:00 – 22:00です。

2013 OEPNING PARTY on FEB 15th

JR 原宿駅 徒歩7分 東京メトロ 明治神宮前駅 徒歩5分 東京メトロ 表参道駅 徒歩7分

Exhibition organizer GAS AS INTERFACE CO., LTD TEL 03-5775-0825

http://www.hellogas.com

 

今回、初の展示には以下のアーティストが参加します。

1: Andrew De Francesco
アンドリュー・デ・フランシスコ
2: Veronica von nelson
ベロニカ・ボン・ネルソン
3: Anne Margolis
アン・マーゴーリス
4: Jay Griffin
ジェイ・グリフィン
5: N.A.N
エヌ・エー・エヌ
6: Lousie Ingalls Sturges
ルイース・インギャルス・スタージェス
7: Chrissie Abbott
クリッシー・アボット
8: Danny Sangra
ダニー・サングラ
9: Sarianne Plaisant
サリアン・プレザント
10: Robert McNally
ロバート・マクナリー

********************************
ARTIST

1: Andrew De Francesco
New York based Photofrapher Andrew De Francesco
His work is a mixture of fashion and the traveles of young man with a keen
eye.

アンドリュー・デ・フランシスコ
ニューヨークを拠点に活躍するフォトグラファー。鋭い視線で若者のファッションと旅の融合を捉える。

2: Veronica von nelson
Veronica paints pictures of new wave film stars.
Brigitte Bardot fighting a shark. Jean Luc Godard skate boarding are just few examples.
ベロニカ・ボン・ネルソン
サメと戦うブリジット・バルドー、スケボーをするジーン=ルーク・ゴダールなど主にニューウェーブの映画スターの絵を描く。

3: Anne Margolis
A newcomer to the art world,Anne Margolis has spent most of her life developing her talents and only perfoming her unusual and modernistic pieces for small groups.
アン・マーゴーリス
アート界の新星であるアン。自身の才能を育てる為に人生を捧げており、非日常的で現代的な日々の一瞬一瞬を切り取ったようなパフォーマンスをごく限られた人たち向けに行っている。

4: Jay Griffin
Jay Griffin, a one time animator now self proclaimed “ Visual Athlete” after changing his name and using constant alter ego. He photographs and paints self portraits. As his is ‘invisible’ often these portraits look like landscapes.
ジェイ・グリフィン
自身の名とずっともちあわせていたエゴをかき捨て、かつてアニメーターであったジェイ・グリフィンは自身を「ビジュアルアスリート」と語るようになった。彼は「見えない」自身のセルフポートレートを撮影したりペインティングする。その作品はしばしば風景さながらである。

5: N.A.N

N.A.N uses pre existing footage and splices them into chaotic atmospheres,
His work has been described as an ‘Audio Assault and ‘ GBH to the eyeballs’.
日常の場面をつぎはぎして混沌とした世界を生み出す彼の作品は「音の攻撃、目の障害」とまで表現されている。

6: Lousie Ingalls Sturges
New York based artist.Louise is lead by an understanding of American iconography. She documents her friends, family and surrounding social landscape in an effort to preserve the now.
ルイース・インギャルス・スタージェス
ニューヨークを拠点としたアーティスト、ルイースはアメリカ人像の良き理解者として、“現在”の友人、家族、社会などの日常風景をきりとっている。

7: Chrissie Abbott
Illustrator, Designer U.K
Chrissie studied illustration at the London College of Communication before a three year stint designing record sleeves,but now works as a freelance illustrator. Her drawings are vividly technicolor, utilising pattern work and found images and often touching on themes of nature. Chrissy is obsessed with typography, 70s poster art and old photographs and would one day like to live by the sea.

クリッシー・アボット
イギリスのイラストレーター、デザイナー。
London College of Communicationでイラストを学んだ後3年間レコードジャケットをデザインし、現在はフリーランスイラストレーターとして活動。鮮やかなテクニカラーな彼女の作品は自然をテーマとしてパターンワークやイメージ画像として用いられる。
タイポグラフィー、70年代のポスター画や古い写真に魅了された彼女の夢は海のそばで暮らすことである。

8: Danny Sangra
Graphic Artist, Film Maker London
Danny Sangra is a multidiscipline artist who has had success both commercially and in the art world.
Sangra’s truly original pieces incorporate design, film, illustration and video/art direction, often with an iconoclastic approach. After studying graphic design at Central St Martins he went on to have solo exhibitions in London, Europe, Tokyo and New York.
Sangra has worked and collaborated with clients such as Sony BMG , Atlantic NY, Samsung, BBC, Miu Miu, Louis Vuitton, Marc by Jacobs, Showstudio

ダニー・サングラ
ロンドンのグラフィックアーティスト、フィルムメーカー。
コマーシャル、アートの両方の世界で活躍するマルチなアーティスト。独自の目線からデザイン、映像、イラスト、アートを融合させて発信している。セントラルセイントマーティン大学でグラフィックデザインを学んだ後、ロンドン、ヨーロッパ各地、東京、そしてニューヨーク等で個展を行っている。過去に、Sony BMG 、 Atlantic NY、Samsung、 BBC、 Miu Miu,、Louis Vuitton、Marc by Jacobs、Showstudioなどコラボレーションを行っている。

9: Sarianne Plaisant
London based set designer, prop stylist, installation artist

Sarianne Plaisant studied fine art and Chelsea College of art in London.
She has since gone on to work with high end commercial clients alongside independent creative personal projects.
Plaisant creates installations, large and small. Intriguing the viewer with detail and a delicate balance of composition.

サリアン・プレザント
ロンドンを拠点としたデザイナー、プロップスタイリスト、インスタレーションアーティスト。ロンドンのChelsea College of artでファインアートを学び、
コマーシャルなプロジェクトを手がけながら、自身のプロジェクトも行う。小規模なものから大規模なものまで取り組む彼女のその作品は、繊細で優美なバランスで人々を魅了している。

10: Robert McNally

Robert McNally is a 29-year-old Newcastle born, Berlin-based artist.
He is blessed with a highly imaginative mind and original style.
He creates huge hyper detailed pencil drawings.

ロバート・マクナリー
ニューキャッスル出身で、ベルリンを拠点に活動する29歳のアーティスト。
彼が生み出す、鉛筆による超-細密で独自性に溢れている鉛筆のドローイング作品は定評がある。

NEWS:THE AMSTERDAM SHOW Parra TOKYO 2010

Atmosphere would like to announce the first solo show of Parra which will be held at Common gallery. Having great popularity in the leading London based creative consultancy “Big Active”, he became more and more popular among the world.
ロンドンの主力クリエイティブ・エージェンシーのBIG ACTIVEでも注目株で、今や世界中で人気者となったアーティスト、Parra ( パラ) の日本初エキシビションがCommonにて開催されます!
parra_3.jpg
Bird-humanbeing? Man / Woman? Parra has been creating humorous characters with soft lines and pop / colorful paints. He became famous through his own fashion label Rockwell Clothing especially among young people. Since now, he showed his works in major cities around the world such as London, Paris, NY, LA, Berlin and Milano. His long-awaited show in Tokyo will be soon open and the most wonderful news is that he is visiting Japan while his show is on!
鳥人間?男女?ユーモラスで力の抜けたキャラクターを、やわらかい線とポップな色使いで描き、日本でも自身のファッションレーベルであるRockwell Clothing を通して若者の間で知名度を上げ続けているParra。これまでにロンドン、パリ、NY、LA、ベルリン、ミラノと世界の主要都市でエキシビションを開催してきました。最も喜ばしいニュースとしては、彼が来日し待望の東京エキシビションを開催することです!
parra_9.jpgparra_7.jpg
parra_4.jpgparra_2.jpg
The show will beheld in the COMMON gallery which was brand new opened at the cat street in Harajuku. There will be his latest art work he especially made for this show.
原宿キャットストリートにオープンしたばかりのギャラリーCOMMON にて開催される本展では、今回の為にParra が描き下ろした新作が会場を埋め尽くし、エクスクルーシブなアートショーを展開致します。
parra_5.jpg
parra.jpg
About Parra
parra_portrait.jpg
parra by dave marshal – sturm
An underground star in Amsterdam where kids search the streets to tear down his club posters, Parra’s work is treasured by a generation of design fanatics.
アムステルダムのアンダーグラウンドのスターであるParraの作品は、街の若い人達の中でも人気で、クラブのポスターやフライヤーはすぐになくなってしまいます。
Living with his painter/sculptor father, Parra grew up surrounded by colours, oil paint, wood, weird looking pictures & Rubenesque paintings. Almost entirely self taught, his minimal colour palette, beautiful hand-drawn typography & esoteric character creation are reminiscent of screen printed poster designs of the 1960s & 70s.
ペインターであり彫刻家である父を持ち、Parraは常にオイル・ペイントや、木、変てこあるいはル―べネスク(ふくよかな女性像)な絵を見て育ちました。ほぼ自分で学んだといっても良い彼の絵は、まるで60年代や70年代のスクリーンプリントやポスターを彷彿とさせるようなスタイルです。あまり余計な色を使わず、手描きの美しいラインで描くタイポグラフィーや神秘的なキャラクターは、非常に特徴的です。
Parra`s work has been shown not only in museum but also succesfully used for the advertisement campaign for Nike, Ben & Jaerry`s, Volks Wagen, MTV, Heineken.
Parra の作品は美術館のみならず、広告デザイナーとしても成功を収め、Nike、Ben & Jerry’s、フォルクスワーゲン、MTV、コカコーラ、ハイネケンといっ
たさまざまな企業の広告デザインも手がけております。
Parra also co-runs Rockwell, his own skate wear clothing label, has his own hotly tipped electro band called LeLe and regularly exhibits his works around the globe.
Parraは、スケート・ウェアに特化したRockwellという洋服のブランドも設立しており、LeLeという自身のエレクトロ・バンドでも精力的に活動しており、世界中でエキシビションを展開しています。
【展覧会詳細】
展覧会タイトル(Title of the show):AMSTERDAM
アーティスト:Parra
会場:COMMON
   東京都渋谷区神宮前5-11-1 2F (cafe d ining HOME 2F)
会期:2010 年11 月6 日( 土)~11 月14 日( 日)
   11:00 – 19:00
オープニングパーティー : 2010 年11 月6 日( 土) 18 : 00 – 21 : 00
Opening Party!!!
http://red1press.com/

INFO: latest exhibition of Deanne Cheuck “MANGO CHERRY COCO RAINBOW”

Atmosphere would like to announce the latest exhibition of NY based artist Deanne Cheuck called MANGO CHERRY COCO RAINBOW which was held @ Monster Children Gallery.
Atmosphereでは、NYを拠点に活動するアーティストであるディアン・チュークの最新展覧会MANGO CHERRY COCO RAINBOWの情報をお知らせ致します。当エキシビジョンは、シドニーのモンスター・チルドレン・ギャラリーにて発表されます。
deanne_dm_show.JPG
About the Show:
Mango Cherry Coco Rainbow is an exhibition of charcoal drawings and screenprints on paper by New York based designer and artist Deanne Cheuk. Her artwork touches on nature, utopia, space and being, often distorting realistic representation into fantasy.
Mango Cherry Coco Rainbowという名のもとに、ディアンは、木炭のドローイング、紙にスクリーン・プリントされた作品、などが展示されています。ディアン・チュークの作品は、自然、ユートピア、宇宙、存在することなどのテーマに触れており、しばしばリアリスティックな表現を崩して、ファンタジーへと変えてしまいます。
Duration(期間):
8th October through 30th October 2010
Address(住所):
20 Burton St, Darlinghurst
Sydney NSW.
Phone Number(電話):
(02) 9332 2040 for more information
OPENING HOURS(オープンの時間):
Wed: 12pm – 6pm
Thur: 12pm – 7pm
Fri: 12pm – 6pm
Sat: 12pm – 5pm
Sun: Closed
Mon: Closed
Tues: Closed
OPENING:
dc1-19.jpgdc1-26.jpg
WORKS:
dc1-12.jpg
dc1-14.jpgdc1-13.jpg
dc1-8.jpg
dc1-9.jpg
dc1-10.jpg
About Deanne Chueck:
DEANNE CHEUK has art directed and designed many magazines including Tokion and has been commissioned by such companies as Nike, Converse, Target, MTV and The New York Times. She is renowned for her graphic ‘zine, ‘Neomu’ — which she funds and donates the proceeds from to charities worldwide.. 2005 saw the release of her first book, ‘Mushroom Girls Virus’. Cheuk’s work has been exhibited around the world.
ディアン・チュークは、NYを拠点にアートワーク、グラフィックデザインを作りだす女性クリエイターとして活躍している。女性的なかわいらしさ、繊細で美しいアートワークと、シャープで斬新なデザインの両方を併せ持ち、「Tokion NY(現在はデザインを手がけていない)」をはじめ多くの雑誌のアートディレクションとデザインを手掛けてきた。そのクライアントにはナイキ、コンバース、MTV、ターゲット、そしてニューヨークタイムズ紙などが挙げられる。また,彼女自身が発行してきた1コインで買えるグラフィック・ ジン「Neomu」は広く知られ、その売り上げは世界のチャリティーへと寄付している。2005 年には作品集 『Mushroom Girls Virus Cheuk』がリリースされ,チュークの作品は世界各国で展示されている。
www.deannecheuk.com
MC Gallery supported by Asahi and Resolution.
モンスター・チルドレン・ギャラリーは、アサヒとレゾルーションによってサポートされています。

INFO: 「HOME SWEET HOME」by INVADER

Atmosphere would like to announce the show which will be held at GALLERY TARGET between 29th of Oct 2010 till 19th of Nov 2010. The show is called “「HOME SWEET HOME」by INVADER”.
Atmosphereでは2010年10月29日(金)―11月19日(金)の期間にGALLERY TARGETに開催される、「HOME SWEET HOME」by INVADER の展示をお知らせ致します。
selfportrait_2006.jpg
Self Portrait of INVADER
ny_073.jpgNY_76.jpgny_roof.jpg
INVADER @ NY
pa_676.jpg
INVADER @ Paris
CAZ_10.jpg
INVADER @ CA
INVADER has been actively showing his work through out the world although he is based in Paris. This show in Japan is the second show of him after the one he had in 2001. He is going to create installation with Alias of Invader which he has been pasting in the city all over the world. Also he is going to show his best work within 10 years of time which includes his work made with Rubik Cube called Rubikcubism. Along side with the original work of his show, there will be prints, book which comes with his art work will be possible to purchase. Each work has edition / numbering. Please come and visit the gallery!!!
パリを拠点とし、現在でも精力的に世界各国を侵略??し続けるINVADER。
日本国内では今回の展示は、2001年以来となります。INVADERが世界各都市にペーストしたInvaderのエリアスから成るインスタレーション、ルービックキューブでつくる作品(Rubikcubism)、立体作品などこれまで10年間の作家活動のベスト版が披露される模様。これらオリジナル作品の他にも「Invader kit」、プリント、作品付き書籍などのエディション作品の販売も予定。皆さま、是非この機会に足をお運びください。
Rubik_towers.jpg
Rublic Tower
rainbow%20rubik.jpg
Rainbow Rubic
Invader is game originally made in Japan. INVEDOR has been using the Invador as subject matter for his art work. In the title of 「HOME SWEET HOME」, he waned to put message of “I`m home!!” by showing his retrospective of 10 years work.
Invaderは日本で作られたゲーム。それを元に作家活動を続けるINVEDERの「HOME SWEET HOME」展は、ただいま!という意味をこめ、いままで知られざる彼のこの10年活動を一挙に体感できる展覧会となっています。
Process of work making
making_of.jpgmaking_of_screamII.jpg
Studio of INVADER
invader_studio.jpg
【開催会場概要】
GALLERY TARGET
2011年10月29日(金)~ 11月19日(金)
レセプション:2010年10月29日(金)19:00 ~ 21:00
東京都渋谷区神宮前2-32-10
2-32-10 Jingumae, Shibuya-Ku
Tokyo 150-0001
T/F: 03.3403.4574
12:00 ~ 19:00 (祝日/日曜日休廊 Closed on Sunday and national holidays)
www.gallery-target.com
www.space-invaders.com

INFO: Opening of Brand New Gallery COMMON by en-one TOKYO

Atmosphere would like to announce the launch of brand new gallery space run by young and up-coming creative crew en-one tokyo.
Atmosphereでは、若手で今注目のクリエイティブ集団であるen-one tokyoが近日オープンするギャラリースペースのご案内を致します。
common_withtext.jpg
common_100913_006.jpg
To celebrate their lauch, several artists will show their print work. Artists who are listed in this exhibition are actively showing their art work in the scene of street culture and most of them has been featured in the web site called RED one PRESS which is also run by en-one tokyo. Each artists are printing their work in different method such as silk screen, off-set print, ink-jet print etc… The aim of en one Tokyo is to exhibit and sell art work that is easy for young people to access and buy.
 日本で唯一のストリートカルチャーに軸を置いたアート情報サイトRED one PRESS で紹介されているアーティストたちによるプリントショー。シルクスクリーン、インクジェット、オフセットなど様々な手法で出来たプリント作品を、アートをより身近にすべく、若者でも購入しやすい価格帯で展示・販売します。
Along side with the show, RED one PRESS will open web store which is focusing on the artist`s goods as well as art work by artists.
 またそれに伴いRED one PRESS では、これまでになかったアーティストグッズを豊富に取り揃えたウェブショップもオープン!ギャラリーでのプリントショー開催と同時に、ウェブ上でもアート作品が販売されます!
common_red.jpg
会期:2010 年10 月1 日( 金)~10 月3 日( 日) 
オープニングパーティー:10 月1 日( 金)18:00 ̃ 21:00
時間:11:00~19:00
主催:RED one PRESS
協賛:サンタフェ ナチュラルタバコ ジャパン株式会社
■ RED one PRESS プリントショー
BAKIBAKI (DOPPEL) / BENE / BUNA / CHO-CHAN / DISKAH a.k.a. DEE / dragon76 / FANTASISTA UTAMARO / FATE / Gravityfree / HIRO KURATA / imaone /
JON JON GREEN / Jun Inoue / 金子 潤 / 赤池 完介 / KEN NAGAHARA / KLEPTOMANIAC / 高木耕一郎 / 松岡亮 / MHAK / かざまなおみ / Mon(DOPPEL) /
NOVOL / 大山エンリコイサム / originalstyle / PH IL / POPY OIL / SAL / Shizentomotel /SHOHEI TAKASAKI / 川上 俊 / Su i ko / SYUNOVEN / Takahiro Hida /
わしお ともゆき / Two One / USUGROW / 渋谷 忠臣 / TENGA and more!!
**********************************

NEWS: Ahonen & Lamberg “It belongs to nature, not to me.” exhibition

Atmosphere would like to announce the exhibition of finnish design duo Ahonen & Lamberg which will be held at Public / Image .3D. The name of exhibition is called “It belongs to nature, not to me.”. This exhibition will start from 1st of Oct and both Anna and Katrina will be in Japan for this show.
Atmosphereでは、パリを拠点に様々な雑誌のアートディレクションや、ファッションブランドへの作品提供で活躍中のフィンランド出身のデザインデュオAhonen & Lambergの初来日と、2010年10月1日(金)より開催される個展の情報をご案内致します。
ahonen_exhibition.JPG
Public / Image. 3D is planning to have workshop with Ahonen & Lamberg on 2nd of October.
They are planning to create traditional ornament from Finland.
また、10月2日(土)には、彼女達自らがフィンランドの伝統的なオーナメントを手作りする参加型のワークショップも行う予定です。
al_003.jpg
AL_02.jpg
al_002.jpg
Event Information
Ahonen & Lamberg “It belongs to nature, not to me.” exhibition
開催日時 : 2010年10月1日(金)~ 11日(祝月)
営業時間:12:00 〜 19:00
定休日:月曜日 ※月曜日が祝日の場合は、翌日定休。
Closes on Monday
作家:Ahonen & Lamberg
オープニングレセプション
Opening Reception
2010年10月1日(金)19:00-22:00
会場:PUBLIC/IMAGE.3D
ワークショップ
Work Shop
2010年10月2日(土) 予定
会場:PUBLIC/IMAGE.3D
イベントURL:http://public-image.org/3d/?p=2398
About Ahonen & Lamberg:
AL_n-b.jpg
After experienced in working for design company “Work in Progress” (Now they are called Petronio Associates) and selfservice magazine, they have provided their art work for Charles AnastaseやUTE PLOIER, NICOLAS ANDREAS TARALIS, CERRUTI, THE SULLIVANS (JOHN LAWRENCE SULLIVAN), AKIRA NAKA. Also did editorial design for Wallpaper, LOVE MAGAZINE also they have been in charge of art direction for visual magazine called DOSSIER from NY.
彼女たちはデザイン会社Work in Progress(現在はPetronio Associates)や、雑誌selfservice等のもとで経験を活かし、これまでにCharles AnastaseやUTE PLOIER、NICOLAS ANDREAS TARALIS、CERRUTI、THE SULLIVANS (JOHN LAWRENCE SULLIVAN)、AKIRA NAKAなどのコレクションブランドへのデザイン提供、Wallpaper、LOVE MAGAZINEのエディトリアルデザインや、NYのビジュアルマガジンDOSSIERのアートディレクションを手掛けています。

INFO: Exhibition of knitting artists Jung Jung

Today, Atmosphere would like to feature the knitting artist called Jung Jung who is having her solo show at gallery deux poissons in Ebisu from today.
今回、Atmosphereでは恵比寿にあるgallery deux poissonsというギャラリーにて開かれるニットアーティストのJung Jungに注目しています。

1.Who is Jung Jung?
Jung Jungについてお聞かせください。

1970年生。子供の頃から、画を描いたり、針や布で遊び11歳の頃、かぎ針編みと出会う。武蔵野美術大学短期大学部卒業後、様々な職を経て
2002年頃よりchico,motherのデザイナーeriさんからの依頼で、クロッシェレースのアクセサリー製作に携わる。
2006年、フクシマミキさんと編み物チーム「knot」結成。
2008年、「糸編みプランツ」主婦の友社より出版。数回の展覧会、展示会、イベント等に参加後、
2009年12月に「knot」解散。
2010年、再びjungjungとして活動開始。同年、8月恵比寿0bject by gallery deux poissonsにてjungjungとして初めての展覧会、「vege」発表。
Jung Jung was born in 1970. She loved drawing and painting as a child. When she was at the age of 11, she started to play around with needle and cloths, then she met with knitting using hook. After graduated from Musashino University of Art College, She experienced different jobs and she started to take part in making accessory made by Crocheted lace in 2002. This was requested by the designer of chico, mother “Eri”.
Jung Jung established kntting duo called knot with Miki Fukushima in 2006.
In 2008, “Knitted plants (Ito ami plants)” was published through Shufu no tomo publishing company. She participated in several exhibition, show room, event.
In 2009, Dec, Knot decided to take different road to each other.
In the same year , Jung Jung started to work on her own work. Currently, she is hosting her first solo-exhibition called “vege” at 0bject by gallery deux poissons.
jung_jung_dm_ten.jpg
2. Jung Jungは、何故レース編みというメディアを選ばれたのですか?
Why did you chose the race knitting as a media for you?

自分から選んだという訳ではなく、chico,motherでの仕事を通して、
eri さんをはじめ、周囲の方々からの反応のおかげ。
いたって、「受け身」な始まりでした。
I wouldn`t say I chose it but through the work at chico, mother and because of the help of “Eri” and people`s reaction, I started it in a passive way.
3.レース編みは、クラフトのイメージが強いですが、今回のブロッコリーの作品はまるで彫刻のようですね。レース編みとしての作品の中で新しい見え方を意識されていたのか、それとも手法ではなく、表現としてレース編みを選ばれたのですか?作品を作る際、どちらの考えが先に先行していますか?
Race knitting has a strong image of craftsmanship. Your latest work , broccoli, is beyond craftsmanship but is like a sculpture. When you make race knitting, have you thought about finding new way to see the race knitting or you chose race knitting not as a technique but the way of expression? When you make your work, which comes first for you?

どちらもyesです。いわゆる「レース」の持つエレガントで繊細、儚げなイメージにあこがれはあるものの、一方で、その中にある甘さがどうも自分のなかにすんなりと受け入れられない...なんともあまのじゃくな感情がないまぜになり、もっと不気味だったり、毅然としたレース作品を作りたいと試行錯誤している途中です。
Both are YES for me. I have been longing for the elegance, sensitivity or the fragile image of the race. But, on the other hand, I couldn`t accept the sweetness of it inside me… this kind of paradoxical feeling makes me feel like I want to create more odd and assured race work.
jung_jung_cover.JPG

今回は「野菜」がテーマ。自分の気に入る色を染めた糸を使って、デッサンするような気持ちで編んでみました。
the theme of my exhibition this time is “vegetable”. I have knitted the work as if doing a drawing using the strink which I died to the color I love.

ブロッコリーを彫刻のようとおっしゃって頂きましが、まさに、私の中では、1mmに満たないブロックを積み上げているような感覚があり、編み物というよりも、彫刻作品を作っている気分が大きいと思います。
You said to me that broccoli is like a sculpture. And that is exactly what I am thinking of. When I make this work, I had feeling as if I am putting block that is less than 1 mm.
4.レース編みは、選んだサブジェクト(主題)に対して長い時間のコミットメント
を必要としており、一個の作品を作成するにあたって、時間を使って作品を作るというのはJung Jungにとっては大事な要素ですか?
Race kniiting requires long time to commit to the subjcet. When you make a work, is it importnat factor to take time to create your work?

本当は、自分にあと二組くらいの両腕があれば...と思う時も多々ありますが、
たぶん私は、繰り返しの地味な作業に向いている方だと思う。
Some time, I wish to have at least two more hands to make my work…
But, I think I am good at work that requires humble doggedness.
それに、私は編み図を描きません。自分の頭と手が直結しているような作業なので誰かに代わりに編んでもらう訳にもいかないし、またそうしたいとも思っていません。仕方が無いので、こつこつやっています。という訳で、「大事」というよりは「必然」という要素です。でも作品を作っている時はとても楽しい。締め切りが目前でなければなお!
Also, I never draw figure for the knitting. Idea comes out from my head and is connected to my hand directly therefore I can not ask anyone to make for me. I never thought about it either. Therefore, I have to work on it little by little. What I wanted to tell you is that this is it is not importnat point for me but is just ten out of ten for me. But most importnatlly, the time I make my work is most enjoyable time for me. Not when I have deadline though!!!!
5.
刺繍するサブジェクトに関してお聞きします。
Jung Jungが、新しい作品を見せるにあたって選んだサブジェクトを教えて下さい。また、何故それらを選んだのですか?
I would like to ask you about the subject.
Please let us know the reason why you chose the subject of vege this time when you show your new work? Could you tell us why?

今回お世話になるギャラリー「object」の森さんはとてもお料理がお上手で、
お話しているといつも食べ物の話になってしまい、テーマを決めるミーティングでも結局脱線して美味しいものの話に...そこで、だったら思い切って「お野菜にしましょう!」と2人ですっきりしました!
The owner of gallery deux poissons Mr Mori is really good at cooking. And, when I speak to him, it is always about food and when I had a meeting with him about my exhibition, we were just talking about food!!!! Then we thought, “Why don`t we make vegetable!!!” that was the reason.
6. 今後取り組んでみたい事はありますか?
Do you have anything that you want to try?

雨にまつわる事。太陽系。遺伝子。その他色々。今はただ漠然と。
Things about rain, Solar System, gene and other thinigs. I am just thinking about it vaguely.
7. スタジオや、Jung Jungさんの仕事道具を是非見せて下さい。
Please show us your tools and the studio.

スタジオとは間違っても言えないような、自宅のコタツの上が私の仕事場。使う道具は主に、14号のレース糸用かぎ針、0.45mmおよび、0.4mmのかぎ針。糸切り鋏。竹指し。DMCの80番レース糸。ピンセットくらいかな...
The place where I work is on the kotatsu(small table with an electric heater underneath and covered by a quilt). You can`t say that is studio. The tool I use is hook for race knitting in size 14. Race needle 0.45mm an 0.4mm. scissors to cut string, bamboo ruler, race string 80th by DMC, pin set…. I guess
jungjung_tool.jpg

INFO: Danny Sangra`s stylish video out now!!!

VANILOQUENCE from TEST on Vimeo.

A sci-fi fashion epic featuring creations by
East London designers, Fanny and Jessy.
Directed by Danny Sangra
Music by Rowdy Superst*r
www.testmag.co.uk
www.dannysangra.com
********************************
他のVIDEO:
http://gas.main.jp/atmosphere/2009/09/new_video.html
Danny Sangra exhibition info:
http://gas.main.jp/atmosphere/2009/06/info_danny_sangra_season_of_th_1.html
Danny Sangra T-shirts info:
http://blog.hellogasshop.com/?eid=626244
********************************