COLUMN: AllRightReserved in Hong Kong


最近は香港やシンガポールなどアジア諸国においてはグラフィックは人気があるようで、日本をテーマにした様々な展覧会やワークショップ、カンファレンスなどが開催されることが多い。同じようにグラフィック書籍は香港のAllRightsReservedや、cream、シンガポールのwerk、pageoneといった出版社などがハイクオリティのコンテンツ/印刷物を出版している。なかでも日本人デザイナー達はアジア諸国では人気があるようで、日本人デザイナー達を中心にした展覧会や作品集等が多いようだ。
なかでもSK Lamが主宰するAllRightsReservedは、デザインコンサルタント会社として、様々なアートディレクションなどの他、展覧会などの企画/ディレクション、カンファレンスのプロデュースなどの活動をしながらも、年間数冊の書籍の発行もしている。いつもその装丁は豪華というかこだわりの一冊になっていて、最近ではステッカーグラフィックスというステッカーを集めた書籍は、世界各地で活躍するデザイナー達がつくったステッカー、豪華なブックレット、そしてDVDまでが収録されていて、しかもパッケージはオリジナルの型をおこしたものを使用し、色は全部で4色という、かなりのこだわったものになっている。そして最近日本のBEAMS Tで開催されたKEVIN LYONSの展覧会に合わせて出版された一冊も、カバーがTシャツで使われるコットン素材でできているなど細部にわたってこだわりの一冊となっている。
もちろん日本人のクリエイターについても彼はとてもよく知っていて、ほとんどのデザイナーは彼の名前をどこかで聞いたことある、あるいはメールなどでコンタクトがあったりするのでないだろうか。もしかしたら、彼からメールがきたら、あなたも認められたということになるのかもしれない。次はまたどんなことをしてくれるのか、彼の動きはいつも目が離せない。
TEXT: 蜂賀 亨
Recently in Hong Kong and Singapore and other Asian countries, graphics seem to be what’s popular. Many exhibitions, workshops and conferences with Japan as the main theme are taking place in Asia and likewise, high quality contents and publications are being put out by publishers in Hong Kong like AllRightsReserved and cream, and Singapore’s werk and pageone.
Particularly, AllRightsReserved run by SK Lam publishes several books a year while doing various art direction work as a design consultant company and produce and direct exhibitions and conferences at the same time. The binding of their books are always extravagant with a special twist to it. Sticker Graphics published recently comes with collection of stickers by designers from around the world, a gorgeous booklet, and even a DVD. AND the package is made from an original shape using all 4 colors! Another book published to go with Kevin Lyons’ exhibition which took place at BEAMS T in Japan, came with a cotton cover used for the T-shirts.So you can see their obsession for details.
Of course he is very familiar of Japanese creators and vice versa, most designers have heard of his name at some point, or perhaps have gotten some kind of email from him. If so, you might be yet another one to be recognized by him. What will he do next..my eyes are always curious of his next move.
Text: Toru Hachiga

COLUMN: KENSEI YABUNO

yabuno.jpg
以前紹介した、BIG ACTIVEがアートディレクションをしたBECKのCDは、世界各国のアーティスト達のグラフィックステッカーがついていて、それを自由に貼って自分だけのオリジナルCDスリーブをつくるというもの。そのなかに日本人で唯一参加しているアーティストが薮野研盛である。
彼はこれまで『アイデア/IDEA』『SWITCH』『spectator』『VICE』(UK/JAPAN)『Dazed & Confused』(UK/JAPAN)『APE』(UK)『COMPOSITE』といった国内外の雑誌で作品を発表しながらも、ROCKET (Japan) GALLERY SPEAK FOR (Japan) NEW IMAGE ART GALLERY (L.A.)などで展覧会を開催するなど、世界各地から注目されているアーティストの一人である。彼の作品はホームページでみることができるので、ぜひ。
http://www.kenseiyabuno.com/
BECK’s CD, art directed by BIG ACTIVE which I wrote about before, comes with a graphic sticker designed by artists from around the world. These stickers can be used with creative freedom of the user to create their own original CD sleeves. Amongst the particiapting artists, the one and only Japanese artists was Kensei Yabuno.
He has done works for magazines in and out of Japan, such as IDEA, SWITCH, spectator, VICE (UK/JAPAN) Dazed & Confused (UK/JAPAN) APE (UK) and COMPOSITE as well as hold exhibitions at galleries like ROCKET (Japan), GALLERY SPEAK FOR (Japan), NEW IMAGE ART GALLERY (L.A), and is an artist with attention from around the world. You can check out his works at his web site.
http://www.kenseiyabuno.com/

COLUMN: RAY GUN /DAVID CARSON


最近デザインの面白い雑誌をあまりみかけなくなってきたような気がする。以前と比べたら、大手、インディーズ関係なく、どの雑誌もレイアウトが美しく、読みやすくなってきているし、全体としてはデザインクオリティが高くなってきてはいる。しかし、その一方でどの雑誌も同じようにみえてしまうのが残念だ。そんな雑誌のデザインについて考えると、やはり92年創刊された「RAY GUN」はとても衝撃的だった。DAVID CARSONのデザインは、大胆で、刺激的で、そして雑誌デザインに対する挑戦でもあった。1994年のRAY GUN 21号のブライアン・フェリーのページでは、全てのフォントをZapf Dingbatにしてしまったというのはとても有名な話である。(ちなみに見開きのZapf Dingbatで表記されているのをアルファベットにおきかえると、タイトルは大文字でBRYAN FERRY 本文はTwenty-two years after the first of my many——となっている。これはちょっとした暗号で、なれないとアルファベットにおきかえるまでかなり時間がかかる作業である) 
DAVID CARSONについて語りだすと、とても文章が長くなってしまうので、ここではあまり紹介できないのが残念だけど、RAY GUNのように毎号毎号がとても楽しみな雑誌はいまでは少なくなってしまった。彼の作品集も何冊か出ているので、もし興味のある人はぜひ参考に。
(写真左手前:THE END OF PRINT/ 左奥:DAVID CARSON:2nd sight 両方ともPub;laurence King Publishing 右前:RAY GUN 21号 見開き 右奥:RAY GUN 24号
この頃のRAY GUNが一番面白かった気がする。THE END OF PRINTというタイトルもとてもかっこいいし、DAVID CARSON らしいとてもいいタイトルだ)
TEXT : 蜂賀 亨
I feel like there aren’t many interesting design magazines out there these days. Compared to the old days, major or indies, most magazines have beautiful layouts and are easy to read, and generally the design quality is higher. But–unfortunately, they all look the same. Thinking about design magazine in this way, RAY GUN first published in ’92 came with a big shock. DAVID CARSON’s designs was bold and stimulating and was a challenge towards magazine design itself. It’s a famous story that the entire font used for Bryan Ferry’s feature on issue 24 of RAY GUN published in ’94 was Zapf Dingbat. (If you convert the Zapf Dingbat in the opening page to alphabet, the title says, in capitol letters–BRYAN FERRY, and the sentence reads – “Twenty-two years after the first of many…”. This is a bit of a code, and if you are not used to converting, the process takes some time to replace the font to alphabets.)
If I start talking about DAVID CARSON this will end being really long, so unfortunately I won’t be able to go into depth here, but it’s too bad that there aren’t many magazines anymore that you can’t wait for the next issue to come, like how you felt with RAY GUN. There are several books of his works out too, so if you are interested take a look at them.
(Left photo: THE END OF PRINT / Left back : DAVID CARSON : 2nd sight. Both published by Laurence King Publishing. / Right front : RAY GUN issue 21 Spread page. / Right back : RAY GUN issue 24. I think this was the best time of RAY GUN. The title, THE END OF PRINT is super cool and is a very good DAVID CARSON-like title.)
TEXT : TORU HACHIGA

Nieves


スイスのチューリッヒで2001年に設立されたNievesはインディペンデントなヴィジュアル出版社である。これまでにもKim Gordon、Mike Mills、Takashi Homma、Geoff McFetridgeといったアーティスト達の作品集やカタログの他、毎回世界のアーティスト達がコントリビュートするモノクロ月刊誌のZINEシリーズなどを発行している。インディペンデントということもあり、作品集はいずれもサイズが小さく、ページ数も24ページや32ページといったものが多いようだが、どの作品集からもアーティストをとても大切にしているに違いないNievesらしさが伝わってくるのがNievesの魅力でもある。写真はMike MillsとTakashi Hommaの作品集だが、最新刊としてはP.A.Mの「They’re Already Here」が最近発行されたばかり。日本では東京の「No.12 Gallery」で10月19日から28日までNieves展が開催されるようなので、気になる人は行ってみてはどうだろうか? TEXT:蜂賀亨
NIEVES
NO12 Gallery
Nieves is an independent visual publication company established in Zurich in 2001. They have published catalogues and art books of such artists as Kim Gordon, Mike Mills, Takashi Homma and Geoff McFetridge as well as a monthly publication of black and white ZINE series with contributions by artists from around the world. Due to its independent nature, all of their art books are small and have only 24-pages or 32-pages, but in every book you can feel that they really care about each of the artists in their own special way and that is the allure of Nieves. The photo is of Mike Mills and Takashi Homma’s art book, but the newest release is P.A.M’s “They’re Already Here”, which was published just recently. In Japan, No.12 Gallery is holding a Nives exhibition from October 19th ~ 28th so how about checking it out?
NIEVES
NO12 Gallery

Fons Hickman “Touch Me There”

fons_book.jpg
Fons Hickmanのことを知っている人は日本にはあまりいないと思うが、ドイツ、ベルリンの出版社dgvから昨年出版されたこの作品集を残念ながら知っている人が少ないようなので、改めてここで紹介したいと思う。Fons HickmanはベルリンにFons Hickman m23というスタジオを構えながらも、オーストリアなどの大学で教鞭もとっているデザイナー。8色刷り、全472ページにも及ぶ豪華な一冊のなかには、グラフィックデザイン、写真、イラスト、アート、テキストなど彼の世界感を感じることができるようになっている。まさにグラフィックの宝庫といってもいいイメージ溢れる一冊。ぜひ書店などでチェックしてみてほしい。 (蜂賀亨)
http://www.fonshickmann.com/
Unfortunately, Fons Hickman and his collection book published by dvg from Berlin last year is not very well known here in Japan. So, would like to take this opportunity to introduce it. Fons Hickman is a designer who, while running the Fons Hickman m23 studio in Berlin, is also a professor lecturing in a university. In this gorgeous 8 color print, 472 page book, the reader is able to experience Hickman’s world-view through his graphic design, photos, illustration, art and text. Truly a treasure box of design, I highly recommend that you check this book out. (Toru Hachiga)
http://www.fonshickmann.com/

Jop van Bennekom

fan_re_butt.jpg
Atmosphere03でも紹介しているアムステルダム在住のアートディレクター、Jop van Bennekom が発行人、編集人、アートディレクションを手掛けている雑誌「FANTASTIC MAN」はいま最も注目されている雑誌である。個人的には世界で一番クールなファッション雑誌だと思っている。レイアウトや編集内容などデザイナーばかりではなく、ファッション関係者などの業界の人たちから人気が高いのもうなずける。彼のショートインタビューは「STUDIO VOICE MAN」やVIER5が編集している「FT」最新号などで読むことができるので気になる人は読んでみてほしい。彼は同時にゲイマガジン「BUTT」の編集やアートディレクションもやっているが、こちらはすでに17号まで発行されている。法律的な問題で日本では入手することができないようだけど、海外に行く機会がある人は本屋でぜひチェックしてみたらどうだろうか。THE DOVER STREET MARKETにはロンドン、東京店でもコラボレーションTシャツとして「BUTT」とピンクでプリントされたティーシャツを見かけたが、ノーマルな人にはなかなか着にくいかもしれない。でもとてもかっこいい一枚だ。(蜂賀亨)
http://www.fantasticmanmagazine.com/
http://www.buttmagazine.com/
FANTASTIC MAN, the magazine published, edited and art directed by Amsterdam art director Jop van Bennekom who was also introduced in Atmosphere03, is a magazine getting all the attraction.  I personally think it is the coolest fashion magazine in the world. It’s understandable that the magazine is so popular not only to layout and editorial designers but to fashion people as well. You can read Bennokom’s short interview in STUDIO VOICE MAN and in FT edited by VIER5, so if you’re curios, take a look. He is also the editor and the art director of the gay magazine BUTT, which already has 17 issues published. Apparently we can’t get it here in Japan because of law restrictions, but if you have a chance to go overseas, you should check it out. I saw a T-shirt with BUTT printed in pink as a collaboration T-shirt with the DOVER STREET MARKET in London and Tokyo. It was a very nice T-shirt, but maybe a bit difficult to wear for normal people.. (Toru Hachiga)
http://www.fantasticmanmagazine.com/
http://www.buttmagazine.com/

M/M (paris) “ginventory/inventaire” catalogue

mm.jpg
M/M(paris)のファンにとって貴重なカタログがこれ。昨年の秋ロンドンのギャラリー
「haunch of venison」で開催された時に制作されたM/M(paris)展覧会カタログ”ginventory/inventaire”。コンパクトなサイズに224ページにわたってM/M(paris)の代表作品が収録されていてとても見やすく、美しい一冊。アートディレクションを手掛けたのは彼等本人ではなくロンドンのデザインチームspinが担当している。値段が10£(約2100円)というのもファンにとっては嬉しい。日本ではまだ入手できないようだが、http://www.haunchofvenison.com/で購入が可能。text:toru hachiga
The M/M (paris) “ginventory/inventaire” catalogue
This is a valuable catalogue for the fans of M/M(paris). This is the catalogue that was made for the even held at London’s gallery “haunch of venison” last fall, “ginventory/inventaire”. A beautiful and compact book of 224 pages showing the representative works of M/M(paris), delightful to the eyes. Art direction was done by London’s design team, spin and not by M/M(paris) themselves. The reasonable price, 10£ (about 2100yen) will also make fans smile. It is not available in Japan yet, but you can buy the catalogue at http://www.haunchofvenison.com/