INTERVIEW : ししやまざき / Shishi Yamazaki

Today, Atmosphere would like to feature the interview
with an artist, Shishi Yamazaki and her works.
今回、Atmosphereではアーティストであるししやまざきへの
インタヴューと作品に焦点をあてます。

portrait1

1 / ししやまざきとは? 自己紹介をお願いします。
1989年生まれ神奈川県出身。裸のアニメーション女子。
1 – Who is Shishi Yamazaki? Please introduce yourself.
Born in 1989, from Kanagawa JAPAN
A naked animation girl

YAMASUKI YAMAZAKI やますき、やまざき from Shishi Yamazaki on Vimeo.

2 / いつから創作活動を始めましたか?また、そのキッカケは?
物心ついた頃から。父や姉たちの真似をして。
2 / When did you start creating artworks? What made you start?
Since the day I began to understand things.
At first, I was imitating what my father and older sisters do.

3 / 今までにどのような媒体で、どのような作品を発表してきましたか?
一番多く見られているのはvimeoのアニメーション作品 (https://vimeo.com/shishi) です。
他は国内外のフェスティバルなどで上映。
一日一個ずつ顔の形をタンブラーに更新していくDaily Mask Project (http://shishimask.tumblr.com/) もやっています。
その中からピックアップして牛革でリメイクし、家系図のように壁に展示をした事 (http://shishiyamazaki.tumblr.com/post/8237414653/2011-printa-animizumo) もあります。
3 – Until now, what kind of medias have you used to show your works?
Vimeo is the most popular media which I show my animation(https://vimeo.com/shishi),
and I have run my animation at various festivals inside and outside of Japan.
I am currently working on a project called “Daily Mask Project” (http://shishimask.tumblr.com/)on tumblr,
which I update one face every day.
Once I chose some masks from the project and remade them using leather.
I showed them on the wall like a family tree.
(http://shishiyamazaki.tumblr.com/post/8237414653/2011-printa-animizumo)

Print
Masks

4 / 作品の制作過程、または作品そのものに於いて、最も気にかける部分を3点教えてください。
●制作プロセスに惑わされずに、取り掛かる直前の心持ちを維持するよう心がける。
●あざとい印象を与えるような表現に傾いてしまわないように細心の注意を払う。
●なるべく身近にいる専門外の人(お母さんとか)に、制作意図や考えを話して意見を聞く。
4 / What are the 3 things you take in consideration about your work, or during the creation process of your work?
■I try not to get misled by the process, and try to keep the feeling of when I started working on it.
■I pay close attention on how my expression gives impression to people.
I don’t want my works to look vicious.
■I share my thoughts and intentions to close people who aren’t specialists of art(for example; my mother) and ask their opinion.

YA-NE-SEN a Go Go from Shishi Yamazaki on Vimeo.

5 / 好きなアーティスト/デザイナーを3人と、その理由を教えてください。
・ハローキティ – 何にでもなれるのに、キティはキティのままで羨ましい。憧れのアイコン。
・木村拓哉 – 居るだけで十分良いのに、何かさせるとすごく良くこなすから、たまらない!
・竹内まりや – おそらく歌っている彼女自身も別に本気でそう思ってるわけではないような、様々な種類の女性の心情を、同じくそういったものにあまり共感できない私がなぜか定期的に何年間も聴き続けている、という事自体が面白おかしく思えてくる。そういった、彼女と、彼女の音楽と、私の間との関係性を楽しむことができて嬉しい。
5 / Please tell us your three favorite artists/designers and why.
■Hello Kitty – She can be anything but she is adorable being just the way she is. She is my yearning icon.
■Takuya Kimura (actor) – He is too good just being there, but when people make him do something, he manages to do it perfectly. He’s just too irresistible.
■Mariya Takeuchi – She sings all sorts of feelings of ladies in her songs, but it sounds as if she doesn’t really mean it to me. I also don’t really feel sympathy in those kind of feelings that are sang in songs but still I keep listening to her songs for years. I even feel strange of myself doing this.
I’m enjoying the relation between her/her music and myself.

6 / 10代の頃に熱中していたことを教えてください。
ポストペット

ホームページの更新
6 / Tell us some things you were really into when you were a teenager.
Post Pet
Drawing
Updating my own website.

7 / いま、お気に入りの曲を3曲、教えてください。
SMAP / がんばりましょう
大貫妙子 / 黒のクレール
Django Django / Love’s Dart
7 / Please tell us three favorite songs of yours.
SMAP / Ganbarimashou
Taeko Onuki / Kuro no kureru
Django Django / Love’s Dart

PARCO Part3 30th Anniversary “Paradigm Paradise” from Shishi Yamazaki on Vimeo.

8 / 休日はなにをするのが好きですか?
回転寿司を食べる
ネットサーフィン
8 / What do you like doing on your days off?
I like to go eat Kaiten Sushi (it is a sushi restaurant that sushi comes on a little plate and goes around on a conveyor belt)
and surf on the internet.

9 / この一週間で一番笑った瞬間は?
久しぶりに行った学校でポルノグラフィティの「アゲハ蝶」をボソボソ歌ってたら
どんどん面白くなってきた
9 / What made you laugh the most this week?
I went to school after a long time and I was singing(or maybe muttering would be a better word to explain) a song called “Agehacho” and that turned out to sound really silly and funny.

10 / ワークスペースを見せてください。
そのまま、今の状態を撮りました。個展準備で慌てふためいて、そのままです。
10 / Please show us your work place.
I’m pretty busy preparing my personal exhibition so this is how it looks like right now at this moment.

IMG_1899

NEWS : ‘ししやまざきのおもしろ生ビデオ’

アトモスフィアは、ROCKETで行われている、ししやまざきによる
初個展’ししやまざきのおもしろ生ビデオ’のお知らせを致します。

メインビジュアル

会期: 2013年9月6日(金) 〜 9月17日(火)
場所: ROCKET
営業時間:12:00~20:00
会期中無休/入場無料

このたび、ROCKET にて、アニメーション作家ししやまざきによる初個展を開催致します。
自身をモチーフにしたアニメーションは、独特の世界感と、抜群のセンスで各界から注目を集め
東京藝術大学に在学中から、PRADAや資生堂、PARCOなどのプロモーション映像も手がける。
海外での映像作品の公開も数多く、2012年にROCKETにてグループ展に参加
今回は初個展の開催となります。
ししさんの映像制作の内側を覗ける本展。アニメーションになる前の
実写の秘蔵映像を初公開!過去の作品も一挙公開!
過去の作品はじっくりみられるスペシャル空間をご用意。
また、映像に加えて、2次元から3次元の作品まで展示。等身大フィギュアにも会える!
会期中は、生粋のごはん狂、平野紗季子とのトークイベント、料理家MOMOEによるししさんの
作品をイメージしたオリジナルフードや、ししさんの福笑いチャームが
つくれるワークショップ、クロージングパーティーでは人気ケータリングユニット
おかしい屋による食事も振る舞われます!
ししやまざきによる、映像の世界をぜひお楽しみ下さい!

YA-NE-SEN a Go Go from Shishi Yamazaki on Vimeo.

ししやまざき PROFILE
1989年生まれ。東京芸術大学デザイン科入学後、水彩画風の手描きロトスコープアニメーションを
作り始める。その傍ら、ライフワークとして 2010年5月11日より一日一個の顔(マスク)を毎日
作り続けるプロジェクトを行っている。
自らをモチーフにした、手描きによる瑞々しいアニメーションは、世界中のアートアニメーションや
クリエイティブイベントで上映され続けている他、PRADAや資生堂といった世界的な
ファッションブランドのプロモーションにも起用されている。

NEWS: Andrew Gilbert / Akiyoshi Mishima EXHIBITION

Atmosphere is pleased to announce an exhibition featuring works by Andrew Gilbert and Akiyoshi Mishima.
The exhibition will be an installation of paintings and mixed media works.

アトモスフィアより、渋谷NANZUKAで行われている、アンドリュー・ギルバート / 三嶋章義による
展示会のご紹介を致します。

main-1

Sat 31 Aug – Sat 28 Sep, 2013
NANZUKA
Shibuya Ibis bldg. #B1F
2-17-3 Shibuya Shibuya-ku Tokyo

Scottish born Andrew Gilbert (b. 1980), for whom this will be the first time exhibiting in Japan, studied Fine Arts at the University of Edinburgh and has since shown his works in numerous exhibitions in Europe in addition to participating in the MeetFactory Residency Program in Prague and delivering the lecture “Vezelay to Ulundi – from the First Crusade to the Anglo Zulu War” at the Camberwell College of Arts in London, as he continues to vigorously pursue his craft. Having shown an interest in the history of war since a young age, Gilbert studied primitivism and ethnic cultures while at the University of Edinburgh. By humorously replicating the tragic histories of past peoples as caricature and allegory in his paintings, he presents them to contemporary society, which to this day has seen no end to wars and revolts. For instance, he exhibited a series of works that satirize the tyranny and brutality of colonization, drawing from the real history of the defeat of the British army by the Zulu ethnic minority in Africa during the colonial era, and focusing on that reversible element. An array of characters, from British soldiers caricatured as birds to fictitious African aristocracy, westernized kimono-clad beauties, and mushroom-headed knights in armor, appear as icons within the paintings that will be on display in the exhibition.

今回日本での展覧会初参加となるスコットランド出身のアンドリュー・ギルバート(b.1980)はエディンバラ大学で美術を専攻した後、欧米を中心に数々の展覧会に出展するほか、プラハのアーティスト・イン・レジデンス「Meet Factory」への参加、ロンドンのキャンバウェル大学でのレクチャー「ヴェズレーからウルンディ〜十字軍初遠征からズールー戦争まで〜」を行うなど、精力的に活動を続けております。幼い頃より戦争史に興味があったというギルバートは、エディンバラ大学在学中に原始主義、民族文化について学び、過去の人類の悲惨な歴史を戯画や寓話としてユーモラスに絵画の中に再現する事で、未だ戦争や反乱が止まない現代社会に提示しています。例えば、過去の作品では、植民地時代にアフリカ少数民族であるズールー族が英国軍に勝利したことがあるという史実からこれらの可逆性に着目し、植民者の横暴や残忍さを風刺したシリーズを発表しています。本展に出展される絵画の中には、鳥を英国軍人に戯画したものや、架空のアフリカ貴族、欧米化した着物美人やキノコ頭の鎧武者など、様々なキャラクターが偶像として登場します。

mishima_

Akiyoshi Mishima (b.1978) has exhibited works based on the universality of endurance through being subjected to the recurring cycles of glory and catastrophe via solo exhibitions “QUARTER”, in which he explores the transition of status and role across three post-war generations (2006), and “FAMILY”, which re-examines the fundamental linkage amongst mankind (2009). For his solo exhibition “AWAKENING HYPNOSIS”, held at the Galerie Lena Brüning in Germany during the summer of last year, he presented a series of works that, in dealing with the Great East Japan Earthquake, represented mankind’s fundamental energy force to move forward, focusing on the primitive disposition of carrying with one the ambiguity between a former glory that at a certain point in time became but a phantom, and the noble essence remaining in the contrastingly decadent reality. “Indigo Children”, a piece symbolic of his recent work within the series, depicts a gigantic tower, wrapped in a black fog, looming in the center of the image, and although the work bears an ominously tense feeling evocative of the Fall of the Tower of Babel, the title, as quoted from American parapsychologist Nancy Ann Tappe, suggests instead a deeply held positive belief in the new generation of children to rise above and live through whatever disasters and revolutions may occur in the future. For the upcoming exhibition, Mishima will be showing new pieces in search of a global aesthetic based on traditional Japanese arts in continuation of his series “SHOGON”, which he presented in April of this year at the project space Galarie Nagel Draxier in Germany.

三嶋章義(b.1978)は、これまでに戦後3世代における立場や役割の移行を表した個展「QUARTER」(2006)、人類の根源的な繋がりを見つめ直した「FAMILY」(2009)を通し、栄華とカタストロフィーの反復に晒されても持続する普遍性をテーマとした作品を発表してきました。昨年夏にドイツのギャラリーGalerie Lena Brüningにて開催された個展「AWAKING HYPNOSIS(催眠覚醒)」では、東北大震災に対応して、ある時点をきっかけに幻と化したかつての栄光、それとは反対に退廃的現実の中に残る崇高性、その両義を持つものとしての原始的性質に着目し、人間の前進する根源的なエネルギーを表したシリーズを発表しました。その中でも彼の近作を象徴する作品「Indigo Children」は、画面中央には黒い霧に包まれた巨大な塔がそびえ立ち、バベルの塔崩壊を連想させるような不吉な緊張感を孕みますが、アメリカの超心理学者ナンシー・アン・タッペから引用したタイトルの通り、未来に起こりうる災難、変革を乗り越えて生きていく新しい子供達という前向きな思いが込められています。本展では、今年の4月にドイツのGalerie Nagel Draxler のプロジェクトスペースにて発表したシリーズ「SHOGON」に引き続き、日本の伝統美をベースにグローバルな美学を追求した新作を発表致します。

view4

This exhibition focuses on approaching the fictional ethnic cultures, histories, and mythologies present within both Andrew Gilbert’s and Akiyoshi Mishima’s works despite their completely different cultural language, and aims to pose afresh the questions of the significance of human existence and the possibilities of the future.

本展覧会は、まったく異なる文化言語を持つアンドリュー・ギルバートと三嶋章義の作品に共通して含まれるフィクショナルな民族文化、歴史、神話へのアプローチに着目し、改めて人間の存在意義、未来への可能性を問う事を目的としています。

view7

Open: 11:00-19:00 *Closed on Sun, Mon and National holiday
Venue: NANZUKA