Interview to AKKO

今回のAtmosphereは、ドローイング、ペインティングを駆使しイラストレーションを中心に、雑誌、広告、舞台等の撮影用美術、ディスプレイ等も手掛けるAkko にインタビューを行いました。
消しゴムはんこ作りのワークショップやオリジナルはんこ、インクパッド、ハンカチなどのプロダクト開発を行うなど、幅広い活動の源を探りました。


Today, Atmosphere would like to feature the interview
with an artist, Akko and her numerous work, such as magazine
illustration, advertisement, set design
for theater and display designs,
workshops using her stamps made from rubber, and also her product
development.

1 /Akkoについて教えて下さい。
2004年横浜美術短期大学専攻科修了。
2006年多摩美術大学大学院グラフィックデザイン修了。
2009年よりイラストレーターとして独立。
2010年より消しゴムはんこワークショップをiiDでスタート。
大人には消しゴムはんこ作りを、子どもたちにはAkkoが制作したはんこを使った様々なアイテム作りを体験するワークショップを行っています。2012年8月からはステイショナリーブランド「Akko」をスタートしました。

趣味は
リラックス、植物観察、アロマ、朝ご飯、散歩、温泉、ストレッチ。

1/ About Akko.
After finishing Yokohama College ofArt and design in 2004, Akko did MA
graphic design course at Tama Art University.
She became freelancer in 2009 and from 2010, she started her rubber stamp workshop at iiD.
She encourage mature students to create their own rubber stamp and kids to use designed stamp she made.
From August 2012, she started her own stationary brand “Akko”.

Hobbies:
Being relaxed, observing plants,
aroma, breakfast, go for a walk,
hot spring and to do body stretch.

2 /Akkoさんは、いつから絵を書く様になりましたか?
物心ついた頃からです。
地面に木の棒で、アスファルトに石を使って、お絵かきしていました。
他にも、庭で花をすりつぶしたり、泥をこねたりして絵の具を作って、遊んでいました。
2 /When did you start to draw?
Since the day I began to understand things.
I used wood sticks for ground and stones for asphalt to draw.
I used to make my own paint using flower in the garden and mud by mashing or mixing them.

3 /Akkoさんにとって、大きな夢は何ですか?
ものすごく抽象的になりますが、
世界中の子供達と遊ぶように、ものづくりをして何かを教えてもらいながら活動していたいです。
あと、木のトンネルができるような庭が欲しい!
3 /What is your biggest dream?
It may sound abstract, but I would like to live and work as if I’m playing with kids
from all over the world. I believe that Kids can teach you a lot of things to you.
Also, one day, I want to have a garden that can make wooden tunnel.

 

4 /Akkoさんにとって、ワークショップやクリエイティブのアイデアを伝えて行くというのはどういう事ですか?
自分自身と相手を通じて、目醒めを体験したいのかなと。
毎回、感動があります。
私の作ったスタンプが他の人の手で使われる事で、思ってもみない作品が出来てくる。
それは相手の作品でもあるし、私自身の作品でもあってとても不思議で、
その偶然から生まれるストーリーを楽しみたい感覚です。
子供達のニコニコを充満させることも目標だけど、喜怒哀楽の何が成長に繋がるか分からないので
衝撃を加えられたらラッキー!そんな事を考えています。
もちろん大人にも!
4 /For you, what is workshop or meaning to
pass creative ideas to your audience?

Through my and the other’s creative process, I would like to experience the awareness.
Every workshop is very impressive. With the stamp I made, people make designs
I would never come up with.
It is their work as well as mine and that is the interesting point about
workshop. I would like to enjoy the coincidence that comes out of the
workshop. My goal is to make kids smile, but at the same time I believe
all factor such as delight, anger, sorrow and pleasure could be a trigger for kids
to grow up. I do think it’s lucky if I could bring their emotions out. And that is not
just for kids but for grown-ups too.

5 /Akkoさんにとって、一番記憶に残るワークショップは?
“えをかくえほん”「surpereditions 」 を使って、私のハンコとインクだけで自由に、スタンプして絵本を作っていくワークショップです。
スタンプはひとつも同じように押せません、そこが魅力です。
ストーリーの中の同じシーンでも、人によって同じものにならないのが、楽しい!
ストーリーに出てくるモチーフのハンコがない場合、様々なハンコを組み合わせて、表現してくれます。

例えば、ストーリーに出てくる”お城”のハンコがなかった時に、
街並みのハンコの上に、王冠のハンコをスタンプして、お城にみたてた子がいたり、
大きく口を開けるシーンでは、食パンのハンコを歯に見立てて口を表現したり。
とっても面白かったです。

5 /What is the most memorial workshop for you?
My most memorable workshop is to create your own picture book using
supereditions (picture book with out any picture on it) and stamps I made.
The great thing about stamp is that you can never make same picture out of
same stamp. Same scenes of the book turned out to be all different by the person who makes it
and it is such a fun.

When there are no stamp motiff that are in the story then people have to use
different stamp to create the motif.
When there wasn’t any stamp of a castle, I saw a child who came out with an idea to
use a stamp of the city and put a crown stamp on it to make it look like a castle.
For the scene of opening mouth really big, kids used stamp of loaf bread as
a teeth.
It was simply fun.

6 /誰でもアーティストになれると思いますか?
なれると思います。
自分に素直に生きれたら、誰でももうアーティストだと思います。
私の母を例にすると、毎日ご飯を作る事が好きで食材を選んで、どう調理するか楽しみにしています。
それもアーティストの行動だなって思います。
しかも、ご飯を楽しみにしている家族がいるなんて更に素晴らしいです。尊敬!
6 /Do you think everyone can be an artist?
I believe so. If you could live as who you are, everyone is an artist.
My mother, for an example, she likes cooking and I am looking forward to
see what kind of material she choose and how she cooks out of it.
I do think that is also artistic activity.
The best part is that family is waiting for it. I resepect her very much!

7 /ずばり、オリジナリティーとは何だと思いますか?
誰かを喜ばせたい、何よりも自分が楽しみたい、子供のような発想を持った状態で物事を純粋に見れる事。
7 /What do you think originality is about?
To make someone happy, other than anything ones can enjoy with idea like
a child and who can see things with pure eyes.

8 /Akkoさんのお気に入りのものを3つ見せて下さい。
自転車、多肉植物、インクパッド
8 /Please show us 3 things that you love
the most.

Bicycle, succulent plants, and Inkpad.

9 /今後、手掛けていきたいプロジェクトは?
「Akko」というステイショナリーブランドで、新作を作ること。
今はヘアサロンのイメージづくりのプロジェクトをしています。
ママと子供がリラックスして遊べる空間になる予定で、
そこには、子供達がお絵描き出来る壁を作る予定で、その壁にペインティングをしに行きます。
9 /What kinds of project do you want to
work on in the future?

To make more products for stationary brand Akko.
At the moment, I am making images for hair salon. The space will be cosy place for mom and kids to be
comfortable and fun.
We are planning on making mural kids can draw. I’m going to painting on the wall.

他にも、石川県の九谷焼の窯元「上出長右衛門窯」とコラボレーションワークショップをします。
スタンプして絵付けして、九谷焼の体験です。あとは内緒です!

I’m going to do work shop with Kutani Choemon which is Kutani pottery from
Ishwikawa district in Japan.It is to experience Kutani Pottery using stamps and drawing.

 

10 /読者の皆様にメッセージを下さい。
あなたは誰ですか?もし私に興味を持ってくれたら嬉しいです!
10 /Please give audience a message.
Who are you? If you will be interested in me, I will be so happy! Thank you.

NEWS : ‘I Sing the Body Electric 歌おう、感電するほどの喜びを’

Atmosphereは4月20(土)~5月26日(日)に、山梨県のGALLERY TRAXにて開催される

企画展 20th anniversary Trax Collection「I Sing the Body Electric / 歌おう、感電するほどの喜びを」

の情報をお知らせ致します。

国内外で大活躍しているアーティストの作品をお楽しみいただける機会ですので皆様ご興味ありましたら是非ご来場下さい。

■参加アーティストプロフィール

【伊藤桂司】http://site-ufg.com/

1958年東京生まれ。
広告、書籍、音楽関係のアート・ディレクション、グラフィックワーク、映像等を中心に幅広く活動する。1999年ニューヨークADCゴールド・アワード。1998/2000年メリット・アワード。コンバース・キャンペーン広告のアートワークにより2001年度東京ADC賞を受賞。

ロッテルダム映画祭、「Active Wire」(ソウル:Haja Center)、「CLOSE UP of JAPAN展」(ブラジル:サンパウロ美術館)、「Buzz Club-News from Japan」(ニューヨーク:P.S.1 / MoMA)、「KITTY EX.展」(森美術館)、「AFTER311(hiromiyoshii roppongi)、 MBE(原宿Batsu Art Gallery、福岡Konya Galleryを巡回)をはじめ国内外のグループショウに多数参加。 続きを読む

NEWS: Carolin Loebbert!

Gasでもお馴染みのCarolin Loebbertがドイツで人気のポップシンガーMia Diekowの新曲PVのイラストレーションを手掛けました。
春らしい曲にぴったりなカロリンらしい可愛いイラストレーション、是非一度ご覧下さい。

Carolin Loebbert from Hamburg has worked on the music video of a brand new song of Mia Diekow, a very popular pop singer from Germany!
Check out Carolin’s cute illustration from the link below.
It will surely bring you fresh spring breeze!!!