INTERVIEW: Carolin Loebbert / ARTIST, Illustrator

carolin_b.jpeg
Atmosphere would like to introduce Carolin Loebbert who is participating in ISETAN girl`s sweet project “yum yum art!”. “yum yum art!” is collaborative project between 6 world populat girl`s artists and sweet companies. Those sweets are currently shown and available at ISETAN Department Store.
アトモスフィアでは、世界各国で活躍する女性アーティスト6人が、スウィーツの世界で競演するという企画「yum yum art!」に参加頂いたカロリン・ロバートさんにインタビューを致しました。「yum yum art!」のスウィーツは、伊勢丹にて展示・販売されています。
carolin_portrait.jpg
Question 1: Please tell us about yourself.
カロリンの事を教えて!

I was born in 1981 in Haltern in Germany. I grew up on the country side. As a child I loved to draw the horses which trotted on the meadow in front of your house. That’s maybe why I started to study illustration in 2002. In 2008 I graduated at the University of Applied Sciences (Department Design) in Hamburg. In 2005 I passed an exchange semester at the »école supérieure des arts décoratifs de Strasbourg« (ESAD). I participated in several international groupexhibitions for example in Tokyo, Kyoto or Berlin. I love to do exhibitions and to get in contact with other people to talk about art, design, drawings etc. At the moment I am working for different magazines, anthologies or agencies. Currently I am working as artist, illustrator and graphic designer in Hamburg.
私は、ドイツのハルテルンというところで生まれ、田舎町で育ちました。子供の時に、家の前の牧草を走り抜ける馬の絵を描くのが大好きでした。その思い出があってか、2002年からイラストレーションの勉強を始めました。2008年にハンブルグ応用化学大学を卒業しました。学位の途中の2005年にストラスブルグのESADという大学に交換留学生として行きました。その後、ベルリンを初めとして東京、京都など世界各国にグループエキシビジョンで参加しました。展示をして色々な人と知り合い、アートやデザイン、ドローイングについて話をすることが大好きです。現在は異なる雑誌や、画集、エージェントに作品提供を行っており、アーティスト、イラストレーター、グラフィックデザイナーとしてハンブルグで活動しています。
Caroline`s latest work Porcelin Series
カロリンの最新の作品、ポルセリン・シリーズ
carolin_new_wor_porcelin.jpg
Question 2: When do you get inspiration when you work on projects
プロジェクトを行う際にどういった点にインスピレーションを受けますか?

carolin_new_work_history.jpg
Inspiration is a very absconding thing, you can not really summon it I think. Very often I get my inspiration when I am outside, going for a walk for example. Talking to people, listing to music, looking arround in a dusty, gloomy antique shop can summon inspiration too. I like old stuff that allready has got a history, old porcelain with little cracks, or antique frames with crumbling ornament battens. All these old things can evoke memories. Sometimes boredom is the start of inspiration. When you do nothing special, your mind can start auricularly to grub in buried memories and thoughts, to pic out some of them an bring them to the surface.
インスピレーションはとても手に入りにくいもので、簡単に呼び起こせるものではないと思っています。私の場合、インスピレーションは外にでて散歩などをしている時に得ます。人と話をしたり、音楽を聴いたり、埃っぽくて薄暗いアンティークショップにいる時にもインスピレーションが降りて来たりします。私は、そのもの自体に歴史があるものが好きです。例えば、ひびの入った古い陶器であったり、壊れかけのオーナメントが付いたアンティ―クのフレームだったり。こうゆうものは、記憶を引き起こします。時に、ボアダム=倦怠感はインスピレーションのきっかけになります。特に何も特別な事が無い時に限って、人の心や耳が奥に埋もれた記憶や考えを捉えて、表に露わにすることがあります。
Question 3: Why did you start to make porcelain series.
どうして、ポルセリン・シリーズを作ろうと考えたのですか?

CAROLIN_PORCELINE_SERIES_ASSORT.jpg
CAROLIN_MUSIC_PORCELIN.jpg
porceline_2_carolin.jpg
Each year in summer we realise a selfpublished magazine called »Spring«. The magazine always got one special subject, this year it was »family silver«. I immediately knew that I wanted to work with porcelain, because this material is connected to family for me. My mother collects porcelain plates with bird motifs. At home in the lobby there is an old wooden cupboard where my mother exposes all these porcelain plates. Porcelain is also connected to our everyday life. We eat from porcelain soup plates, drink from porcelain cups and serve our dinner in porcelain dishes, all these habits are connected with family traditions. That’s quite inspiring I think.
毎年、夏にSpringという雑誌を友人と出版しています。この雑誌は、毎号特別な主題を設けています。今年は家族のシルバーでした。瞬時に、私は陶器で作品を作りたいと思いました。何故なら、このマテリアルは私にとって家族とのつながりを意味するからです。私の母は、鳥のモチーフがついた陶器のお皿を集めています。家のロビーには古い木のカップボードがあって、そこには母が集めた陶器のお皿がずらっと並んでいます。陶器は、私たち家族の毎日の生活にもつながりがあります。スープを陶器のお皿で飲んだり、夜ごはんをトお皿で食べたり、家族の伝統とこれらの慣習は深くつながっています。そのこと自体が、私にとってインスピレーションとなりました。
carolin_new_work_ornament.jpg
Question 4: How do you think about the influence of technology in your work?
ご自身の作品にとって、テクノロジーはどう影響していると考えますか?

I’ve got the feeling each second there is a new tool for photoshop, you could use. And rapidly new programms are launched on the market. This is quite impressing but of course you always have to measure what’s really reasonable and what’s a gadget.
Photoshopの新しいツールって、毎秒出てる気がします。それに、新しいプログラムも次々と出てきます。すごいことだと思いますが、本当に使えるものかただのおもちゃか判断することが大事だと思います。
Question 5: Do you have any episode that you want to tell us regarding to the memory of you in connection with nature?
自然との関わりに関するエピソードがあれば教えてください。

There are so many experiences with nature I made during my childhood. I do remember that in midsummer, by nightfall, my sister and me we threw acorns or small stones into the nightsky. Like that we attracted the interest of bats, which thought that these litte stones were booties like moth or insects. Sometimes the bats flew directls over our heads, it was so thrilling.
幼少期の自然での体験はいくつもあります。よく覚えているのは、真夏の夜の空に向かって姉妹で松ぼっくりか小さな石を投げていました。コウモリが私たちの投げたものを小さな虫と間違えて興味を持つと思っていたのです。時にコウモリたちは私たちの頭すれすれのところを飛んで、とても興奮していたのを覚えています。
Question 6: What is your Favorite tool to draw?
絵を描く際に最も好んで使う道具はなんですか?

I’ve got a favourite pencil which I use to draw with. It’s a very simpel pencil made from plastic, which has got a changeable lead. I love to use the 0.7 2B lead. I always use it, to do my sketches. I use this pencil since several years now, I hope it sustains some more years.
絵を描くときに使うえんびつで一番好きなのがあります。芯が取り替えられるプラスチックでできたとてもシンプルな鉛筆です。
0.7 2Bの芯が大好きで、スケッチを描くときにいつも使います。この鉛筆はすでに何年か使っているので、あと何年かもつといいなと思っています。
carolin_work_in_progress.jpg
Question 7: Where is your favorite place in Hamburg?
ハンブルグで一番好きな場所はどこですか?

I like the »Volkspark«. It’s a forest near the place where I live.
フォルクス・パーク(Volkspark)。住んでいる場所の近くにある森です。
Question 8: Who is the artist you admire?
尊敬しているアーティストはいますか?

There are lots of recent and acient artists I admire. I like the work of Walton Ford for example, I saw it at the »Hamburger Bahnhof« in Berlin several month ago. I was overwhelmed. It’s such a brilliant mixture of using oldstyle technique composed with modern elements. I couldn’t stop to look at the pirctures, there are so many hidden details in his work, it’s amazing.
古今東西、尊敬しているアーティストは大勢います。例えばウォルトン・フォード(Walton Ford)。ベルリンのハンブルグ・バンホフ(Hamburger Bahnhof)で、何ヶ月か前に見たのですが、古来のテクニックと現代の要素を見事にミックスした素晴らしいスタイルで圧巻でした。隠されたディテールがいくつもあって、絵から目が離せませんでした。
Question 9: What are 5 favorite things you do?
大好きなことを5つあげてください。

Playing Basketball. Scrolling through books with old, acient drawings of animals, flowers, birds, uniforms, palms, fruits… Eating homemade pancakes. Watching soccer games of the german national football team on TV with my friends or my family, drinking Alsterwasser. Going to the Sauna. ( Sauna can be compared to Onsen in Japan.)
バスケットボールをすること。大昔の動物や花、鳥やヤシの木、フルーツの絵が描かれている本を見る事。自家製パンケーキを食べる事。ドイツのナショナルチームのサッカー・ゲームを家族や友達とアルスターバッサー(Alsterwasser – ビールをレモネードで割った飲料)を飲みながらテレビでみること。サウナに行く事 (ドイツでサウナは日本の温泉のようなものなのです。)
Questions 10: Please show us your working space!
創作の場所を見せてください!

I am sending you some photos of my recent working space. I hired a working space in a big hall together with two artists, an illustrator and two scenographers.
最近の創作場の写真です。イラストレーターとセットデザイナー2名で大きな場所を借りました。
carolin_studio.jpg
caro_p.jpeg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>