Interview: to Maya Wild

Atmosphere is really happy to feature the latest exhibition held in San Francisco by Maya Wild who is a London based Artist.
今回、アトモスフィアはロンドンをベースに活躍するアーティストMaya WildのSan Franciscoで行われたエキシビジョンの様子をご紹介します。
The exhibition entitled as “POWER-POWER” is featuring her archive of original drawing works she has been working on.Her drawing is achieving mastery of craft with sensitive touch of pencil drawing and beautiful coloring work.
“POWER-POWER(パワー・パワー)”と名付けられたエキシビジョンでは、彼女が最近まで手掛けてきたオリジナルのドローイングの数々が発表されました。彼女の作品の独特な色使いや鉛筆で描いた超人的な細かな手作業は見惚れてしまいます。
With her cultural back ground of being in the hottest place in London(Mecca of Culture = EAST LONDON), her works are gaining strong sense of London Street Culture. The style of her work is original and she bring out the subject matter in to beautiful art work.
Mayaは、ロンドンではカルチャーのメッカとも言えるイースト・ロンドンを拠点に活動しており、その場所の影響は作品に大きく取り入れられています。その為か、作品にはロンドンのストリート・カルチャーがふんだんに描かれています。何よりも、その切り出されたカルチャーの断片は、オリジナリティーに溢れており、Mayaの手にかかればどんな作品の主題もポップで美しいアート作品へと仕上がってしまいます。
Question 1:
Please tell us about yourself.
Mayaの事教えて!
I grew up in Leeds in the north of England and S.W Scotland. I’ve been living in London now for about 10 years and there’s no place I’d rather be. I am female but I only like to wear boys or men’s clothes and shoes.
私は、リーズという英国の北にある町と、スコットランドの南西の町で育ったの。今では、ロンドンに10年以上住んでいて、ここ以外はもうどこに住んだらいいかわからないっていう位気に入っているわ。私は、女性だけど、男の子や男性が着る洋服や靴を着るのが好き。
If I wasn’t an Illustrator I would have liked to have been a professional all night rave dancer.
もし、私がイラストレーターでなかったら、深夜中踊っているプロフェッショナルなレイブ・ダンサーになりたかったわ。
Maya_by_cat_1.jpg
Photos of Maya Wild by Cat Stevens
Question 2:
When do you get inspiration when you work on projects.
プロジェクトや仕事をする際に、どんな時にインスピレーションがわく?
My Power Power exhibition in San Francisco was all about music. I get a lot of ideas for colours, shapes and patterns when hearing beats and melodies. I also find London really visually exiting. I don’t think any other city in the world has such a fun, experimental attitude towards personal style, not just with young people but people of all ages. I recently went to Brazil and that was a big buzz too.
私がサンフランシスコで行った、“POWER-POWER”エキシビジョンは全てが音楽にまつわるものだった。私は、メロディーやビートをきいていると色や形、パターンに関するアイデアが沢山出てくるの。あと、ロンドンという街はとても視覚的に刺激的だわ。他のどこの国でも、こんなに個人のスタイルに対して実験的で楽しい姿勢をもっている国はないと思う。しかも、若い人だけでなく、どんな世代の人も楽しんでいる。最近、ブラジルに行ったんだけど、それも私にとってはスリリングな経験だったわ。
shhhh.png
power_pack_2T.jpg
powerbadgespowerc.jpg
Question 3:
When is your favorite era?
どの時代が一番好き?(50`s, 60`s, 70`s, 80`s)
A lot of people think the 80’s were a really naf and shallow time. But I think it was radically experimental both design wise and musically. I love loads of eighties Hip Hop like Public Enemy, De La Soul, Egyptian Lover
多くの人は、80年代が一番低迷していて浅い時代だと思っている。でも、私はデザインでも音楽の世界においても一番実験的な時代だったんじゃないかと思っている。私は、Public Enemyや De La Soul、Egyptian Loverの音楽が大好き。

and the Beastie Boys… I could go on forever! All the cover artwork and far out, big bold, high top fashion that went with the music was great too. I’m also totally into eighties industrial synthesizer music like the French band Ruth
Beastie Boys…なんて、ずっと聞いてられるわ。この時代のアルバムカバーや、この時代の音楽と共にあった大ぶりで、派手で、斬新なファッションも素晴らしいと思う。あと、この頃に台頭してきたフランスのシンセサイザーを使った音楽家で有名なRuthも素晴らしいわ。

Chris and Cosey and the band Human League.
あとChris and CoseyやHuman Leagueというバンドも好き。

power%20maya%20wild.jpg
Question 4:
How do you think about the influence of music in your work?
音楽が自分の作品にどんな影響を及ぼしていると思いますか?
It’s the best vibe for me to do artwork for a band or musician that I’m into and respect. If I can vibe off the sound and attitude of their music then it’s easy to think of ideas and imagery to draw. This applies to all my projects even when they are not music based I can listen to music and get onto a good vibe for a drawing.
私にとって、一番最高なのは自分が愛し尊敬するバンドの為にアート作品を作る事なの。もし、彼らの音楽や音楽への姿勢を感じて取り出す事ができるとしたら、私には簡単にどんなイメージを描いたらいいかやアイデアが思いつくの。この方法はどんなプロジェクトをやっていても有効よ。例えば、音楽と関係ない仕事だとしても、音楽を聴いて良い雰囲気のものが浮かんだら、それを絵に落とし込むわ。
die-antwoord-maya-wild.jpeg
M.I.A_Maya_Wild.jpg
Question 5:
Do you have any media that you want to work in the future such as sculpture, fashion or digital media.
今後、作品を作ってみたいメディアとかはありますか?例えば、彫刻やファッションであったりデジタル・メディアなど。
Right now I’m wanting to work with ceramics. I’m currently trying to see if I can make a ceramic kitchen set with bowls, plates, cups and tea pots, all with my pattern designs on.
今、私はセラミックに興味があるの。セラミックのキッチンセットを作れないか試してみているんだ。例えば、ボール、カップ、ティーポット。どれにも、私がデザインしたパターンがプリントされているイメージよ。
Question 6:
What is your Favorite Music?
Mayaが一番好きな音楽は?
I really do like all kinds of music.. old and new. I have a music blog called Lily Fruit. Check it out here
http://www.lilyfruit.blogspot.com/
私は、本当に新しいものから古いものまでどんな音楽も好き。音楽ブログのLily Fruitっていうのをやってる位ね。是非、見てみてね!
lilyfruit.jpg
Question 7:
Where is your favorite spot in LONDON?
ロンドンで一番好きな場所は?
My flat is quite high up on the top floor of a building. At the back is a tiny roof space, which I have made into a balcony. I’ve put loads of plants out there and a table and chairs too. It has the best view of gardens, rooftops, trees and a big open sky. In the distance you can see Spitalfields market and a million people running around shopping. It’s really private and quiet. When the sun is shining it makes me feel lucky and happy.
私のフラットは建物の上の方にあるのだけどれども、部屋の背面に小さな屋根のスペースがあって、そこを改造してバルコニーにしたの。沢山の植物とテーブルとイスを置いたわ。そこからは、庭や屋根の頭、木々、それに大きな空が一望できるの。あと、少し離れたところにあるスピタフィールド・マーケットでは走り回ってショッピングをしている人達が見えるわ。本当にプライベートが守られていて静かな場所。太陽が照っている時はとてもラッキーで幸せだと感じるわ。
NASTY_Maya_WIld.jpg
DizzeeRascal.jpg
Question 8:
Who is the artist you admire?
Mayaが一番尊敬するアーティストは?
Right now I’m mega into Dorothy Hafner 1980′s ceramic pattern design. They are so fresh and clean! I also love Keith Haring and always will because his art was all about having fun and living life to the full, which is totally the vibe I aspire to make for my own work.
今、一番私が好きなのは、Dorothy Hafner(ドロシー・ハフナー)というセラミックのパターンをデザインしているアーティストよ。彼らの作品は、とても斬新で器用なの。あと、キース・ヘリングはずーっと好きだしこれからも好きでいる。なぜなら、彼の作品は常に楽しんでいるというのがにじみ出ているし、人生を謳歌しているように思えるから。そんな生きざまは私が大事にしている感覚だし、私が作品の中で求めている事なの。
Question 9:
What is your 5 favorite things you do?
五つ自分が好きな事をあげるとしたら?
1- DRAWING
2- DANCING
3- LAUGHING
4- EARL GREY
5- PINEAPPLES
Maya_by_Cat_2.jpg
Photos of Maya Wild by Cat Stevens
power_power.jpg
Questions 10:
Please show us your working space!
あなたの仕事場を見せて!
Maya_by_Cat_3.jpg
Photos of Maya Wild by Cat Stevens
URL to Maya`s site:
http://mayawild.blogspot.com/
Interviewer: Risa Nakazawa

NEWS : ‘YELLO’ ISSUE 2

今回、Atmosphereではアートブック’YELLO‘のリリースについてお知らせします。
Today, Atmosphere would like to announce about the release of the art book ‘YELLO‘.
YELLO%20ISSUE%202%20CURATED%20BY%20POPYOIL.gif
「アーティスト発の、決して閉鎖的にならないメディア」をコンセプトに始まります。
3ヶ月に一度リリースされるこの『YELLO』というアート・ブックは、毎号キュレーターが変わっていきます。
キュレーターのセレクトによって、登場する作家はもちろん、コンセプトも様々に変化してゆくでしょう。
そして何よりも大事なことの一つは、「アーティスト発信」ということです。
作家が、自分の作品をリリースすることを、自分自身で演出するのです。
そして、このアート・ブックのコンセプトが、この日本から発信されるということも忘れてはなりません。
YELLO is a new kind of media: made by artists, but open to all. YELLO is an art book that will be published once every three months,
with a different artist curating every issue. The content and concept of each issue will depend on the curator.
The most important feature of the book is that it originates with the artists.
The artists themselves manage how they release their own work.
We also must not forget that the concept of this book originates here in Japan.
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
「YELLO / ィエロゥ」(YELLOW + HELLO)
アート・ブック・フォー・エブリワン
2号目 発売日:2011年7月
価格 1,500yen(without tax) / edition 200 / 148 x 210
本文44p
*参加アーティストによるステッカー封入
*売上金の一部を東北地方太平洋沖地震の被災者への義援金とさせていただきます。
『YELLO 2』curated by POPYOIL
SATO
www.jetlaglounge.blogspot.com
Kleptomaniac
www.kleptomaniac.jp
POPYOIL
www.popyoil.com
Jelly Flash
Ameblo.jp/85fellowsgraphics
YOSHI47
www.yoshi47.com
Yohey from mocrock
www.yoheyfrommocrock.com
KILLER BONG
www.blacksmoker.net
ライナー・ノーツ
飯田 昭雄 / AKIO IIDA (Producer / Art Buyer Wieden+Kennedy Tokyo)
Official web site
http://www.yellomag.com
Contact
info@yellomag.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
”芸術をどういっていいのかわからないけど
子供の頃に一番なりたくて一番始めに嫌いになった大人みたいなモノだし
その過程で気づかせてくれた幸運みたいなモノを
大胆巧妙に実践してみるだけのモノだと思う

試行錯誤はしてみても、モノは過程でしかないから
同じとこをボーっとしなければイイし
見えるくらいに振動の塊みたいなヒトには勝てないでも
ヤッてみるカチがある”

POPYOIL 2011.05.31
”I do not know how to describe Art.
It’s something I admired the most as a child, then hated when I first
became an adult.
But in the process, luckily something sparked and Art is what allows me to
find those lucky moments.

I can try many things at once, but everything is about the process.
It’s alright as long as you don’t stay in the same place, in a daze.
Even if you can’t win over those with vibrant souls,
It is always worth trying.”

POPYOIL May 31, 2011