INTERVIEW : IPPI

Today, Atmosphere would like to feature the works and interview of Japanese artist/graphic designer ‘IPPI
今回、Atmosphereではアーティスト/グラフィックデザイナーである’IPPI‘の作品とインタヴューに焦点をあてます。


1 / IPPIとは??簡単な自己紹介をお願い致します
本名:松谷一飛 京都出身/東京在住のアーティスト/グラフィックデザイナーです。
1 / Who is IPPI?
Real Name: Ippi Matsutani. Artist / Graphic designer, born in Kyoto/ based in Tokyo


“FLOWER OF LIFE”
Flyer artwork

2 / いつから創作活動を始めましたか?また、そのキッカケは??
物心がついた頃には毎晩のように自作した衣装をまとい歌って踊る”ファッソンショー”を開催していました。創作活動はその頃から続けています。両親ともにアーティストの家庭に生まれ、父親が大学のデザイン学部の教員でもあったために子供の頃からアートやデザインについての教育を受けていましたが、次第にそのプレッシャーに押しつぶされ、また親の七光りを嫌い、その反抗心から独学で現在に至りました。今はもう父親は退職し良い関係を持っています。一時期は自分を探すために、そしてまるで自分から逃げるように音楽活動に専念していることがありました。そしてその延長で手にしたレコードジャケットやフライヤーをきっかけにグラフィックアートの道へ進みました。ずっと孤独でいた僕が音楽とグラフィックの力で自分らしくオープンマインドになれたことが大きなキッカケだったと思っています。僕は自分が美術大学の出身でないことにコンプレックスに似た複雑な感情を持っていたり、音楽のグラフィック作品についてある種の徹底した完璧主義者でいるのはこういった経緯があるからかもしれません。面白いことにそんな自分がグラフィックの教師の仕事をしていたこともあります。現在はキャリアも10年を越え、自然に自分のルーツを辿り、新しい世界を見つめる場所へ来ています。
2 / When/Why did you start your creative activities?
From when I can remember, I used to put on “fashion shows” every night, singing and dancing and wearing the clothes that I designed. I’ve been working creatively ever since then. My parents were both artists and my Father was a teacher for the design department in an Art University. I despised the special treatment that I got because of who my parents were and eventually was crushed by expections. Rebelling against these things, I studied independently and ended up where I stand today. My Father has retired and we have a good relationship now. At one point, I worked only on music to find out who I was and to escape from who I really was. The record jackets and the flyers I came across during that time led me to the path of graphic art. I believe that it was the power of graphics and music which was able open my mind, after being so lonely for a really long time, that really led me to the world of graphics. Maybe the reason why I have a feeling similar to a complex against the fact that I did not study at an Art University or the fact that I am a crude perfectionist when it comes to graphic work for music related project is due to these experiences from the past. Interestingly though, I worked as a teacher of graphics myself. It’s been more than 10 years since I started my career as a teacher. I’ve come back to my roots in a very natural way and stand in a place today where I gaze out to the new world.

“DJ HARVEY JAPAN TOUR”
SPROUT@RAISE
Flyer artwork

3 / デザイナー、又はアーティストとして、どのような媒体で作品を発表してきましたか?
デザイナーとしては様々なことに関わってきましたが、主にフライヤー、音楽のパッケージ、雑誌のアートワーク、ファッション、プロダクト、広告の制作をしてきました。アーティストとしてはアートワーク制作、展覧会、自身のグラフィックブランドVISIONSでの作品発表を行っています。FLOWER OF LIFEBOREDOMS井上薫氏is-ness、VISIONSが僕の制作にとって大切なキーワードになっています。現在、ホームページと連動して日々の制作を綴ったブログippi one dayの更新も行っています。
3 / As a designer or an artist, what type of media have you been presenting your work through?
As a designer, I have been involved in many different medias, but mainly I work on flyers, packages for music, artworks for magazine, fashion, product and advertisement. As an artist, I create artworks, hold exhibitions and put out works through my own graphic brand, VISIONS. Important keywords for my works are FLOWER OF LIFE, BOREDOMS, Kaoru Inoue (Chari Chari), is-ness, VISIONS. I run a blog on my home page titled ippi one day as well.

is-ness×IPPI “VERY MENTAL”
Skate Deck

4 / 今後新たに制作を行いたい媒体はなんですか?
未来については最も気にかけているところです。これまでと同様に制作媒体に拘りは持っておらず、チャンスがあれば様々なことにトライしたいと思っています。そしてできるだけ多くの人が集まる、大きな夢のあることに関わりたいと思っています。僕自身については作品や活動の幅を広げる段階にあると思い、現在は作品集の制作や海外での個展、コラボレーション制作といった展開をイメージしています。これまでは自分の未熟さやタイミングもあり、グラフィック業界やメディアと深い関わりを持たず、主にアンダーグラウンドやインディペンデントなシーンでの作品発表を続けてきたのですが、今後はそこで得たかけがえの無い素晴らしい体験を元に、気持ちを新たに様々なアーティストや識者、そして色々な方達と協力して新しい世界を作っていきたいと思っています。そしていつかグラフィックの枠を超えたオリジナリティー溢れるもっとスケールの大きな作品を制作したいと思っています。夢を実現する環境や経済力も必要としています。
4 / What kind of media do you want to explore with your art practice in the future?
The future is what I think about the most. I never felt bound to the creative medium and would like to challenge many different things if there is an opportunity for it. Something that involves many people that has a big dream. As for myself, I feel that I am at a point where I am expanding my work and activities, and currently am thinking about making an art book, holding an exhibition overseas and doing collaborative work. Up until now, due to my lack of ability and timing, I did not make any deep connections with the graphic market or the media and have been putting out my work mainly through the underground and independent scenes. But from now, with those magnificent experiences I gained and with a new attitude, I am hoping to create a new world with various artists and people. Someday, I hope to create a very big work of art that is beyond the boundaries of graphics and full of originality. I am in need of the environment and the money to fulfill my dreams though.

is-ness×DESCENTE “REVOLUTION”
art by IPPI
DOWN jacket

5 / 作品のインスピレーションはどこから得ますか?
直感です。宇宙の引き出しから取り出します。閃きのメモをとりアイデアをストックしています。コンピュータでの制作段階では頭で思考したものになることが多いため、踊ったり、自転車に乗ったり、日常にできるだけ身体的なバランスを取入れようとしています。精神世界や瞑想に興味を持った時期もあったのですが、今は旅やジョギングで頭と身体を繋げています。
5 / What kind of things do you get inspirations from?
Inspiration. I take them out from the drawers up in cosmic space. I take a memo of the inspiration and stock these ideas. Most of the time I work on the computer, my mind is at work, so I try to bring balance in my daily life by doing physical activities like dancing and cycling. There was a time when I was interested in spiritual word and meditation, but now I connect my body and mind through traveling and jogging.

“hanehone”
VISIONS artwork

6 / 出身地である京都。そして現在、住んでいる東京。
この2つの都市はあなたの創作活動に影響を与えましたか?

同じものを違う角度から見ることができるために、この2つの都市を行き来しています。常に京都の街や自然、伝統のように、在る/残るということを意識しています。そして間合いの取り方やプライドの高さにはらしさがあると思います。ただしそれらは自分で作ったものではなく、与えられているものだということと、僕らは常に新しいものを作ることを必要とされていることを忘れずにいたいと思っています。東京はそうやって作られたものを発表する場所だという見方もしています。この感覚を基本に東京で作り、尚かつ発表することができれば効率良いサイクルが生まれると思っています。
6 / Your hometown ‘Kyoto’ and ‘Tokyo’ where you live in now.
Have these 2 cities influenced to your creative activities?

I go back and forth between the two cities, because it allows me to look at the same thing from two different angles. I always keep in mind the state of “being”/”remaining” –like Kyoto’s city, nature and tradition. I also like the very distinct pause, moment as well as the characteristic high pride of the people from Kyoto. However, we have to remember that they are not what comes from the self and they are given. Also our hope is to always remember that we are expected to keep on creating something new. I see Tokyo as a place where these new creations are put out. If I am able to create in Tokyo with this sensibility and put the works out in Tokyo as well, it will be a very efficient cycle.


KAORU INOUE “Sacred Days”
CD jacket

7 / 作品の制作過程、または作品そのものも於いて、最も気にかける部分を3点教えて下さい。
自然なこと。宇宙なこと。そして自分らしいことです。
7 / Please tell us the 3 most important points in the process of making your artwork or about your artwork themselves.
That it is natural. That it is cosmic. And that it is true to myself.

BOREDOMS “77 BOA DRUM”
CD + DVD jacket / Photo Book

8 / この7日間で一番笑った瞬間はなんですか?
リトルモア地下でスタッフの方々と話していた時です。重鎮デザイナーの宮川さんが南国で過ごした幼い頃に食べたサトウキビのお話をされている時に、その口元が甘いものを食べている時のように見えたのが面白かったです。
8 / What is the funniest moment that made you laugh in the last 7 days?
When I was talking to the staff at the basement of Little More. Mr. Miyagawa, who is a high profile designer was talking about the sugar cane he used to eat when he was a child. His mouth looked like he was eating something sweet and that was funny.

“火の鳥×IPPI”
手塚治虫生誕50周年記念展覧会/GAS AS INTERFACE/UNIQLO/UT
artwork

9 / 今までに見た、最もイケてるレコードスリーヴはなんですか?
一般的にはマニアックな作品ですが、ふと頭に浮かんだのがLIBRA “LIBRA”です。友人のDJ HIROAKIくんがこのレコードをプレイしている時にフロアからブースに飛んで行って手にしました。エアブラシで描かれたサイケデリックなアートワークが好みなのですが、この真ん中にこぼれ落ちている金色の液体は一体何なのだろう?熱いのか冷たいのか、さらさらしているのかねばねばしているのかという謎で頭の中で一杯になります。レコードスリーブについては、偶然に出会った全く見ず知らずの人が作った作品に惹かれます。ジャケ買いという行為はその内容や作者を知っている状態ではできない非常に純粋な出会いだと思います。制作の際にもこの感覚を大切にシュミレーションしています。
9 / What is coolest vinyl sleeve you have ever seen?
It’s a pretty far from mainstream, but what came to my mind is LIBRA “LIBRA”. When my fiend DJ HIROAKI was playing this record, I ran into the dj booth from the floor and got it in my hands. The airbrushed psychedelic artwork is to my taste, but it fills my mind up with thoughts like, “what is this golden liquid dripping to the middle? Is it hot or cold, is it sticky or not?” As for record sleeves, I am intrigued to the works of unknown artists that I come across as a coincident. I think “Jacket-buying” (Japanese term for buying a record based on the sleeve) is a very pure encounter that is not possible when you know the content or the author of the work. I simulate this important feeling when creating my work.

LIBRA / LIBRA
10 / 今までで一番楽しかったパーティはなんですか?
現在進行形でベストを楽しんでいます。パーティーを超えたとんでもない体験がしたいです。
10 / What is the best party you have been to?
I am enjoying the best party as I go. I would like to experience something magnificent that is beyond a party.

EXHI-VISIONS “NEW BORN NEW LIFE”
IPPI Solo Exhibition

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>