SPECIAL FEATURE: 13artists at ISETAN

今回Atmosphereでは、伊勢丹新宿店で開催中のチャリティーキャンペーンに参加している
13人のアーティストをご紹介します。
このキャンペーンでは、「生物多様性がもたらす多くの恵みを守る」というメッセージを、
19種類の動物の造形を通して、13名のアーティストが思い思いに表現した作品を、
9月21日まで伊勢丹新宿店本館のウィンドウ及び館内で展示されています。
尚、展示されている作品は抽選で販売されます。
くわしくはこちらhttp://kiss-the-earth.jp/13artists/
Today, Atmosphere would like to introduce the 13 participating-artists on the charity campaign for life’s diversity at ISETAN department store, Tokyo. These artists are delivering message through their animal sculptural piece which will be presented in the window of ISETAN department store till 21st of Sep 2010. Number of animal sculpture will be 19 kinds.
  
 
編み師203gow
203gow-1_200.jpg
  
Born in Hokkaido in 1975. 203gow has been creating slightly weird knitting work. she creates things which she imagine by only using a crochet hook to create her art piece. She has been searchinng her own knitting style through this way.
1975年北海道生まれ、風変わりな編み物作品 「へんなあみもの」を作り続けている。
かぎ針1本でイメージしたモノを即興で 編み、独自の一筆編みを実戦中。
http://dailyvitamin.jp/tag/203gow/  
・デイリービタミンズWEB
http://dailyvitamin.jp/tag/203gow/
  
203gow_works.jpg
    
  
  
ayumi iguchi
ayumi-iguchi-portrait_200.jpg
  
2009.july -graduated as first class from BA(Hons) Textiles,Fashion and Fibre at Winchester School of Art, UK, working as a freelance textile designer in Tokyo at the moment.’I am working with printed textiles, knitting, fashion…and everything I find on my hand. I havebeen collecting fabrics most of my life—since my grandma taught me how to knit, I wasfascinated by the time-consuming process of making textiles. I employ the combination of organic and man-made elements to make original fabrics. It has always been my inspiration since I grew up in Tokyo that has both urban landscapes and Japanese traditional atmosphere based on nature. I am also interested in how low-tech and high-tech materials/methods communicate through my works as well as how traditional textiles integrate with new idea of creation. It is important for me to use marriage of these conflict elements (just in opposite directions), because I believe that this kind of contradiction gives much more ‘reality’ into the works.
2009年にイギリス・ウィンチェスター美術大学プリントテキスタイル学科を首席にて卒業。
帰国後、フリーランスにて活動中。プリントやニット、刺繍など、様々な制作方法を取り入れ
ファッションデザインからグラフィックデザイン、クラフトワークも手がける。
制作メディアやコンセプトは後からついてくるものであるという考えをベースに、
新旧問わない技法のコンビネーションによって、ひとつひとつ作品を形にしていきたいと願い制作を続ける。
http://aymgch.tumblr.com/
     
aym_works.jpg
   
 
 
 
磯崎道佳
isozaki_p_200.jpg
  
1968 Born Mito-city, Japan
2001-2002 P.S.1/MoMA International Studio Program on a fellowship grant from the Asian Cultural Council
lives and works in Hokkaido.
Major exhibitions and projects
2009 “ the other side of Sakura” at Sakura City Museum of Art , Chiba and Shihoro, Hokkaido
2008 “ BankART Life 2 – Landmark Project “ at BankART 1929, Yokohama
2007 “ All about Laughter: humor in contemporary art “ at Mori Art Museum, Tokyo
“ Sleeping Forest project “ at Museum of Contemporary Art, Tokyo
“ Zokin Zo project “ at ZOORASIA Yokohama Zoological Gardens, Yokohama
  
1968年水戸市生まれ、北海道在住。
2001年にAsian Cultural Council グラントによりP.S.1/MoMA インターナショナルスタジオプログラムに参加。
主な活動に2009年 むこうのさくら/佐倉市立美術館(千葉県)、北海道士幌町、
2008年 BankART Life 2 – 心ある機械たち/BankART1929(横浜)、
2007年 笑い展:現代アートにみる「おかしみ」の事情/森美術館(東京)、
眠りの森プロジェクト/東京都現代美術館(東京)、
「ぞうきんおかぴプロジェクト」/よこはま動物園ズーラシア(横浜)などがある。
http://www.isozakimichiyoshi.com/
  
isozaki_works.jpg
  
  
  
  
加賀谷 潤
kagaya_jun_p_200.jpg
1967年横浜市生まれ、文化学院美術科卒業。
幼少の頃から絵画を中心に制作を続け、個展などを行なう。
2001年に滋賀に移住した頃から針仕事に目覚め、ぬいぐるみやバッグ、人形を、絵画と連行して制作。
滋賀をはじめ東京、長野、逗子、岐阜、京都など各地で精力的に展示を行なっている。
  
kagaya_works.jpg
  
  
  
  
Shinobu
shinobu_potrait_200.jpg
  
Born in Saitama, Japan.
Lived in France between 1998 and 2005 She happned to receive a huge pile of fabric sample while she was in France, and has started making toy animals since 2004.
She creates toys using vintage fabric and clothes which she always interested in as materials, seeking to create one of a kind, something that makes you happy and kept for long time.
December 2006 hold a solo exhibition in Izu Teddy Bear Museum
  
埼玉県出身。1998年渡仏。2006年12月に伊豆テディベアミュージアムで個展を開催。
在仏中、捨てられるはずだった大量の生地サンプルとの出会いをきっかけに、2004年からぬいぐるみを作り始める。
日頃から興味のあったビンテージ生地や古着を使用するなど、一点ものであること、
持ち主のちょっとした元気づけになるような、そしてずっと大切にしてもらえるような作品作りを心がけている。
http://shinobuparis.jugem.jp/
  
Shinobu_works.jpg
  
  
    
  
  
スサイタカコ
susai_potrait._200jpg.jpg
美學校 造形基礎卒業。クレヨン、水彩、アクリルなどで、絵、壁画を描く。
立体作品、インスタレーション、アニメーションなど、触って遊んで、体感して、ココロオドル世界を創りだす。
個展、イベントなどにて作品を発表。一緒にオモチャをつくったり、絵を描くワークショップを開催。
ディスプレイ、書籍の装丁など、国内、海外各地で活動している。
http://www13.ocn.ne.jp/~taarucci/
  
susai_works.jpg
  
  
  
  
外川大作
togawa_p_200.jpg
人形・ぬいぐるみ作家。山梨県出身。
1999年、独学で人形の製作を開始、2005年より本格的に作品の製作に取りかかる。
祐天寺「TRAMPOT」での販売開始を機に、その独創的な作風が認められ多くの人々から支持を得る。
スタイリスト長瀬哲朗の名古屋コレクションや中島美嘉のツアーパンフレットなどにも起用される。
2009年には「天童木工PLY」、「SHOP DETAIL 中目黒店」にて「外川大作展」を開催。
ファッションブランド「DRESS CAMP」の前デザイナー岩谷俊和のブランド「DRESS33」とのコラボDOLLも展開している。
http://www.togawa-doll.com/
  
togawa_works.jpg
  
  
  
  
丹地 香
tanji_photo_200.jpg
Kaori Tanji was born in Tokyo and graduated from Bunka Fashion College.
After having experiences as an assistant fashion stylist, she worked on planning at several clothing companies.
Kaori has been working as a freelance knitwear designer since 2002 and is also known as a doll designer.
Her crochetted dolls enjoy a high reputation and have been distributed since 1998.
  
東京都生まれ。文化服装学院卒業後、スタイリストアシスタント、アパレルでの企画勤務を経て
2002年よりフリーのニットデザイナーとして活動中。
1998年に編みぐるみの制作販売をしたことをきっかけに、人形制作を開始。
現在人形作家としても活動中。オンラインshop URESICAにて作品販売も行なっている。
http://www9.ocn.ne.jp/%7Ep.1711/KAORI/
  
tanji_works.jpg
  
  
  
  
nuico
nuico_potrait_200.jpg
人形作家。1984年福岡県生まれ。「縫い」の「ヌイ」に、コドモのような視点を持つ作家自身と
制作する人形をコドモのように思うことの「コ」を合わせて「nuico(ヌイコ)」という名前で活動。
ぬいぐるみの手法を使った彫刻的な立体作品や、物語性のある空間演出を手掛け、制作は全て手作り。
テーマやストーリー、人形の性格に合わせて素材を選び、その縫い目やカタチは時に不細工な事もあるが、
その「不完全さ」が個々の作品に個性と感情を与える。
http://www.nuico.info/
  
nuico_works.jpg
  
  
  
  
野口 祐輔
CJC_logo_200.jpg
1978年生まれ。
(株)マキヒロシゲアトリエ「gomme」ディビジョンチーフを6年間歴任後、2006年CRAM JAM CHEST設立。
国内展示会4シーズン後、イタリア・ミラノにて展示会を開催する。
また、(株)ヨウジヤマモト「Y’s Red Label」デビューコレクションへメンバーとして参加。
2009年パリにて展示会を開催。
現在、伊勢丹(日本)、MAX FIELD(アメリカ)、CLUB21(シンガポール)などに作品を展開している。
http://www.cramjamchest.com/
    
noguchi_works.jpg
  
  
  
  
POTTO
potto_p_200.jpg
EversincePOTTO’s debut collection in 2002 the brand has worked under the philosophy of ”being free,living comfortably,and doing things D.I.Y. “ POTTO’s collections feature unique ideas and techniques like apparel made using the faces of people and animals or in shapes resembling aerial images of animals or flowers when laid flat,as well as items made of pattern paper for stuffed toys and Zen-themed garments cmposed of a single rectangle.2008 saw the brand release a “picture wear” series that resemble wearable portions of paintings and can be displayed like them when not in use.Through this sort of original patterning, POTTO continues to produce mirthful apparel.
  
1974年兵庫県生まれ。文化服装学院卒業。
舞台衣装やミュージシャン等の衣装製作を経て2001年にPOTTOの活動を始める。
2002年のデビューコレクション以来、“自由であること。心地よく暮らせること。D.I.Y.であること。”を考え活動を続けている。
人や動物の顔が服になったり、平面に置くと地上絵のように動物や花の形になる服や、
ぬいぐるみの型紙で作った服、禅をテーマに一枚の長方形で作った服など、独自の発想と手法でコレクションを発表。
08年は、着ない時は飾っておける“絵になる服”を発表。独特でユーモアのある服を作り続けている。
http://www.potto-web.com/
  
potto_works.jpg
  
  
  
  
山縣良和
yamagata_p_200.jpg
2005年セントラルセントマーチンズ美術学校ウィメンズウェア学科を首席にて卒業。
ジョンガリアーノのデザインアシスタントを務めた後、パリ、ロンドンを拠点に活動後、帰国。
2007年にリトゥンアフターワーズ設立。2008年9月より東京コレクション参加。
2009年オランダアーネムモードビエンナーレにてオープニングファッションショーを行なう。
http://www.writtenafterwards.com/
  
  
  
  
ヨシエ
%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%88-yoshie_200.jpg
‘yoshie’ is an illustrator who’s making her picturebooks and illustrations with colourful pieces of fabric, acrylic, stitch and collage.
  
絵本作家/イラストレーター。
色とりどりの布ハギレとミシンステッチ、アクリル絵具、コラージュを自由にミックスした絵で、
絵本や広告、ワークショップ等で活動中。
著書に「ヨシエフォンデュ」「ポンポルトンタン」「ツキミモザ」「ロンドンのおさんぽ」「ギイドロとマレンカレン」などがある。
www.yoshiemilk.com
  
yoshie_work.jpg

INTERVIEW: Inka Järvinen

atomos_inka_top.jpg
  
Today, Atmosphere would like to feature the work of Inka Järvinen.
今回のAtmosphereではInka Järvinenの作品を紹介いたします。
   
  
  
・Who is Inka?
Inkaさんについて教えて下さい。
  
  
inka_portrait.jpg
  
I’m a Helsinki based graphic designer and Illustrator. I was born in 1981 in the city next to Helsinki. I’m blessed with amazing friends, family and imagination. Combining those 3 makes me who I am.
ヘルシンキを拠点にしているグラフィックデザイナー、イラストレーターです。
1981年にヘルシンキの隣町で生まれました。
素晴しい友人、家族、そしてイマジネーションの3つに恵まれて、私という人間が出来上がっています。
  
  
・When did you start to make your illustration and graphic?
イラストやグラフィックを始めたのはいつ頃ですか?

  
Silk_scarves_textile.jpg
Silk scarfs for Minna Parikka, 2010
1_parikka2b3.jpg
Silk scarfs for Minna Parikka, 2010
  
I started while studying Graphic Design at the University of Art and Design Helsinki back in the beginning of 2000. Slowly my style started to develop and now I’ve been working as an illustrator and graphic designer for 4 years.
2000年の初頭に、ヘルシンキのUniversity of art and designというところでグラフィックデザインの勉強をしている時に始めました。
少しずつ自分の作品のスタイルが確立されてきて、
ここ4年はイラストレーターやグラフィックデザイナーとして仕事をするようになりました。
  
  
・As an Airtist, What kind of media have you been making your work?
アーティストとして、どのようなメディアに作品づくりをしてきましたか?

    
illust_dossier.jpg
Illustration, Dossier Journal, 2008
  
I work with mixed media, mainly with collage when talking about illustration.
様々なメディアでの仕事をしています。
イラストに関して言うとすれば、大体はコラージュで作っています。
  
  
・What kind of media do you want to explore with your art practice?
今後どのようなメディアに挑戦していきたいですか?

  
club_yeye.jpg
Club Yé Yé, 2010
  
I think it’s important to renew the way of working every now and then. Maybe try some different approach to the style that you have.
I enjoy doing commercial work but I hope that I would have more time to focus on more artsy stuff too, like doing silkscreen printings out of my illustrations.
  
仕事をするのに、その時々で方法を新しくすることは、大切な事だと思います。
おそらくそれは、自分の持っているスタイルとは異なるアプローチをする事。
商業的な仕事も楽しんでしているけれど、より芸術家らしいものにも、
もっと集中できる時間を持つことが出来たらと思います。
例えば私のイラストで、シルクスクリーンプリントをするような事だったり。
  
  
・Have you ever worked in Japan?
日本で仕事をした事はありますか?

  
disco_ensemble.jpg
Disco Ensemble, 2008 (Fullsteam Records)
1_viisi3.jpg
Viisi, 2006 / ep-cover
  
No, but I would really much like to because I find the culture and the visual world really inspiring.
  
ありません。でもすごく魅力を感じます。
日本は文化も視覚的にも、面白い世界観があると思います。
  
  
・What is your favorite things to do in your day off?
休みの日は何をして過ごすのがお好きですか?

  
illust.jpg
illust_02.jpg
Selection of illustrations, 2007-2010
  
  
To see my dear friends. Music, friends, love and some time to myself always sets up a good mode for next days work.
  
大切な友達に会う事。音楽、友達、愛、時には自分自身が、次の日の仕事への良い雰囲気をいつも作ってくれます。
  
  
・What kind of things do you get inspiration from?
どのような事柄からインスピレーションを受けますか?

  
science_poems_book.jpg
Illustration, Science Poems Book, Ok Do, 2010
  
I really enjoy sci-fi movies, especially the old ones. I also love technology and internet.
  
SF映画が凄く好きです。特に古いもの。科学技術やインターネットも大好きです。
  
  
・Please show us your working space!
Inkaさんの仕事場を見せて下さい!

  
desktop_inkaj.jpg
  
At the moment I have my studio at home and my home is undergoing some renovating after last winters water damage. Here’s my tiny working desk though!
  
今、自宅にスタジオがあるのだけれど去年の浸水のダメージを受けて、修理をしているの。
ひとまずこれが私のデスクです!
  
  
Thankyou very much!!
どうもありがとうございます!
  
  
::Inka Järvinen web site::
www.inkajarvinen.com

  
  
  
Interviewer: Haruhi Ise

Interview: of the most tasteful artist Cookie Boy

Today, Atmosphere would like to feature the work of an artist called Cookie Boy. Please enjoy!!
今回、AtmosphereではCookie Boyというアーティストのご紹介をご紹介いたします。
皆さま、お楽しみ下さい。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
_DSC0247.jpg
Question:
質問事項:
1. Who is Cookie Boy?
Cookie Boyさんについて教えて下さい。

1984年京都生まれ。2007年京都精華大学芸術学部テキスタイルデザインコース卒。高校時代よりテキスタイルデザイン、大学でシルクスクリーンを学び、上京。京都で開催したグループ展”La Pomme”にて期間限定のファッションブランドを立ち上げ企画、制作販売する。2008年靴ブランド「VEROTWIQO」、ネクタイ屋「giraffe」のエキシビションやパーティー会場にて、cookieboyとしての活動を始める。2009年恵比寿の天然酵母を主体としたパン屋での修行、酵母に関する研究を重ねる。
現在、様々な企画とコラボレーションを続けながら活動中。
Born in Kyoto, 1984. Graduated from textile design course at the Kyoto Seika University in 2007. Started textile design in high school and went on to learn silk screen in University. Launched a fashion brand for the group exhibition titled “La Pomme” in Kyoto.
Started working as cookieboy in 2008 at exhibitions and parties for the shoes brand “VEROTWIQO” and necktie brand “giraffe”. Began studying the science of yeast while training at a bakery using natural yeast in Ebisu.
Today, cookieboy is staying busy collaborating with various projects.
_MG_7416.JPG
2. I am so intrigued with the concept of edible art.
Why did you start making art with cookies in the first place?
何にもまして、食べられる作品という所に本当に興味津々です。
元々、何故クッキーを使って作品を作ろうと考えられたのですか?

I liked baking to start with and used to make pound cakes and cookies for friends as gifts. I made a very realistic shoes cookie for a shoes designer friend of mine for his exhibition. People liked it so much and started asking me to make them for them. I was studying textile design in the beginning, but I think I am able to express my creativity through cookies as well and not only fabric. Besides that, I really like baked goodies.
昔からお菓子などを作るのが好きでパウンドケーキやクッキーなどを作って友達にあげたりしていました。そしてたまたま靴デザイナーの友達の個展のお祝いに、そっくりの靴を作ってプレゼントしたら評判がよく、そこから作ってほしいという依頼が増えてきました。もともとテキスタイルデザインを勉強していたのですが、自分のしたい事が布じゃなくてもクッキーで表現出来るんじゃないかと思って制作しています。
それよりも焼きお菓子が好きと言うのもあります。
_MG_6225.JPG
_MG_9045.JPG
_MG_8909.JPG
3. Do you mind your work being eaten?
Taking a photo of your work before someone eats it must be important for you. What are your thoughts on that?
作品は、食べられちゃってもいいと思っていますか?その場合、写真で作品を残すことは、Cookie Boyさんに置いてはとても大事な要素かと思いますが、どうお考えですか?

I don’t mind that the cookies get eaten. They’re cookies.
Because they are eaten and are gone, it makes me want to make more and more new cookies with new designs.
I’ve photographed all the cookies I’ve made so far, but only the ones I am satisfied with. I enjoy taking the pictures, like its my own collection.
全然食べて頂いても結構です。クッキーなので。
食べてなくなるからこそ、どんどん新しいデザインでクッキーを作って行こうと思ってます。一応、今まで作ったクッキーは写真におさめています。
けれど、出来が納得いかないクッキーは撮ってないです。なにか自分のコレクションとして楽しみながら撮ってます。
_MG_8894.JPG
4.クッキー以外で、使ってみたいと思う素材はありますか?それとも、クッキーを焼く過程が大事なのでしょうか?
Are there any other materials other than cookies you would like to try? Or is the process of baking an important process?
Like the smell from the oven?

Because of the fact that my family does Nishijin Broacade and since I was studying textile, I love fabric. Even if its not edible, I would like to use it to make products in the future.
When the cookies are nicely baked, when the icing on the cookies go on smoothly with a matt texture, and when the finished cookies are all in a row I get very happy and excited. That why I make each cookies very carefully.
オーブンから出てくるときの匂いとか。
実家が西陣織をしていた事や、テキスタイルを学んでいたのも影響して、布は好きなので何かしら食べれ無くても将来プロダクトとして使って行きたいです。
クッキーがうまく焼けた時、クッキーの上に塗るアイシングが綺麗でマットな質感に仕上がった時、仕上がったクッキーが何個も並んでいる時はテンションがあがります。なのでいっこいっこ丁寧に作っています。
_MG_1379.JPG_MG_1523.JPG
5. What sort of works would you like to challenge as an artist?
作家として、今後どのような作品に挑戦したいですか?

Fun. Surprising. Those are the things that I think about when I am creating.
There are a lot of things I would like to make, like a very very big cookie, lots and lots of cookies and 3-D cookies. I’m also very interested in doing an installation as well.
楽しい。驚き。などをいつも考えながら作っています。
すごく大きなクッキーやたくさんのクッキー、立体的なクッキーなど作りたい物はいっぱいあります。見せるインスタレーションにもすごく興味があります。
6. Are there any artists that you admire?
尊敬するアーティストはいますか?

No.
いないです。
7. What music do you like?
好きな音楽はありますか?

Nothing especially.
I like cheery music.
特にないです。
明るい曲が好きです。
8. Scenery from exhibition:
エキシビジョンの風景

_DSC03710526.JPG
_DSC03790528.JPG
_DSC03850532.JPG
_DSC03870534.JPG
_DSC03900536.JPG
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
url : http://cookieboy.net
Interviewer: Risa
Translator: Amy

NEWS: Chris Rubino`s 10 years of screen-printing film

Atmoshere would like to show you the video work of Chris Rubino which is made out of his 10 years of screen prints. When you see, you will realize what cathces your heart the most.
アトモスフィアでは、NYをベースに活躍するChris Rubinoの10年間のスクリーンプリント作品でつくられたビデオ作品を紹介します。見れば、あっという間に心を奪われると思います。
Enjoy!!!

Artist/Designer Chris Rubino reviews 10 years of screen-printing films.
Still Photography by Davi Russo
Music by Big Blood
M.V.P.A Sante Ferrante
Sound Mix by Dan Flosdorf
Color by Tim Ziegler
Apparel by Amoskeag XX
Directed by Jim Helton

NEWS: Most amazig moving image by Teppei Maki

Have you seen anything like this?
Atmosphere would like to announce the launch of new music video by Teppei Maki!!!
こんな凄い映像を見たことありますか?
マキテッペイ氏の新作映像のお知らせです。

plum song / omodaka (far east recording)
downloadable in iTunes Store,Hear Japan and Amazon U.S.. search with “omodaka” as the artist’s name plz.
animation dir.:teppei maki
iTunes Store から、もうすぐダウンロード可能の予定です。
アーティスト名を「omodaka」で検索して下さい。

http://fareastrecording.com

INFO: Exhibition of knitting artists Jung Jung

Today, Atmosphere would like to feature the knitting artist called Jung Jung who is having her solo show at gallery deux poissons in Ebisu from today.
今回、Atmosphereでは恵比寿にあるgallery deux poissonsというギャラリーにて開かれるニットアーティストのJung Jungに注目しています。

1.Who is Jung Jung?
Jung Jungについてお聞かせください。

1970年生。子供の頃から、画を描いたり、針や布で遊び11歳の頃、かぎ針編みと出会う。武蔵野美術大学短期大学部卒業後、様々な職を経て
2002年頃よりchico,motherのデザイナーeriさんからの依頼で、クロッシェレースのアクセサリー製作に携わる。
2006年、フクシマミキさんと編み物チーム「knot」結成。
2008年、「糸編みプランツ」主婦の友社より出版。数回の展覧会、展示会、イベント等に参加後、
2009年12月に「knot」解散。
2010年、再びjungjungとして活動開始。同年、8月恵比寿0bject by gallery deux poissonsにてjungjungとして初めての展覧会、「vege」発表。
Jung Jung was born in 1970. She loved drawing and painting as a child. When she was at the age of 11, she started to play around with needle and cloths, then she met with knitting using hook. After graduated from Musashino University of Art College, She experienced different jobs and she started to take part in making accessory made by Crocheted lace in 2002. This was requested by the designer of chico, mother “Eri”.
Jung Jung established kntting duo called knot with Miki Fukushima in 2006.
In 2008, “Knitted plants (Ito ami plants)” was published through Shufu no tomo publishing company. She participated in several exhibition, show room, event.
In 2009, Dec, Knot decided to take different road to each other.
In the same year , Jung Jung started to work on her own work. Currently, she is hosting her first solo-exhibition called “vege” at 0bject by gallery deux poissons.
jung_jung_dm_ten.jpg
2. Jung Jungは、何故レース編みというメディアを選ばれたのですか?
Why did you chose the race knitting as a media for you?

自分から選んだという訳ではなく、chico,motherでの仕事を通して、
eri さんをはじめ、周囲の方々からの反応のおかげ。
いたって、「受け身」な始まりでした。
I wouldn`t say I chose it but through the work at chico, mother and because of the help of “Eri” and people`s reaction, I started it in a passive way.
3.レース編みは、クラフトのイメージが強いですが、今回のブロッコリーの作品はまるで彫刻のようですね。レース編みとしての作品の中で新しい見え方を意識されていたのか、それとも手法ではなく、表現としてレース編みを選ばれたのですか?作品を作る際、どちらの考えが先に先行していますか?
Race knitting has a strong image of craftsmanship. Your latest work , broccoli, is beyond craftsmanship but is like a sculpture. When you make race knitting, have you thought about finding new way to see the race knitting or you chose race knitting not as a technique but the way of expression? When you make your work, which comes first for you?

どちらもyesです。いわゆる「レース」の持つエレガントで繊細、儚げなイメージにあこがれはあるものの、一方で、その中にある甘さがどうも自分のなかにすんなりと受け入れられない...なんともあまのじゃくな感情がないまぜになり、もっと不気味だったり、毅然としたレース作品を作りたいと試行錯誤している途中です。
Both are YES for me. I have been longing for the elegance, sensitivity or the fragile image of the race. But, on the other hand, I couldn`t accept the sweetness of it inside me… this kind of paradoxical feeling makes me feel like I want to create more odd and assured race work.
jung_jung_cover.JPG

今回は「野菜」がテーマ。自分の気に入る色を染めた糸を使って、デッサンするような気持ちで編んでみました。
the theme of my exhibition this time is “vegetable”. I have knitted the work as if doing a drawing using the strink which I died to the color I love.

ブロッコリーを彫刻のようとおっしゃって頂きましが、まさに、私の中では、1mmに満たないブロックを積み上げているような感覚があり、編み物というよりも、彫刻作品を作っている気分が大きいと思います。
You said to me that broccoli is like a sculpture. And that is exactly what I am thinking of. When I make this work, I had feeling as if I am putting block that is less than 1 mm.
4.レース編みは、選んだサブジェクト(主題)に対して長い時間のコミットメント
を必要としており、一個の作品を作成するにあたって、時間を使って作品を作るというのはJung Jungにとっては大事な要素ですか?
Race kniiting requires long time to commit to the subjcet. When you make a work, is it importnat factor to take time to create your work?

本当は、自分にあと二組くらいの両腕があれば...と思う時も多々ありますが、
たぶん私は、繰り返しの地味な作業に向いている方だと思う。
Some time, I wish to have at least two more hands to make my work…
But, I think I am good at work that requires humble doggedness.
それに、私は編み図を描きません。自分の頭と手が直結しているような作業なので誰かに代わりに編んでもらう訳にもいかないし、またそうしたいとも思っていません。仕方が無いので、こつこつやっています。という訳で、「大事」というよりは「必然」という要素です。でも作品を作っている時はとても楽しい。締め切りが目前でなければなお!
Also, I never draw figure for the knitting. Idea comes out from my head and is connected to my hand directly therefore I can not ask anyone to make for me. I never thought about it either. Therefore, I have to work on it little by little. What I wanted to tell you is that this is it is not importnat point for me but is just ten out of ten for me. But most importnatlly, the time I make my work is most enjoyable time for me. Not when I have deadline though!!!!
5.
刺繍するサブジェクトに関してお聞きします。
Jung Jungが、新しい作品を見せるにあたって選んだサブジェクトを教えて下さい。また、何故それらを選んだのですか?
I would like to ask you about the subject.
Please let us know the reason why you chose the subject of vege this time when you show your new work? Could you tell us why?

今回お世話になるギャラリー「object」の森さんはとてもお料理がお上手で、
お話しているといつも食べ物の話になってしまい、テーマを決めるミーティングでも結局脱線して美味しいものの話に...そこで、だったら思い切って「お野菜にしましょう!」と2人ですっきりしました!
The owner of gallery deux poissons Mr Mori is really good at cooking. And, when I speak to him, it is always about food and when I had a meeting with him about my exhibition, we were just talking about food!!!! Then we thought, “Why don`t we make vegetable!!!” that was the reason.
6. 今後取り組んでみたい事はありますか?
Do you have anything that you want to try?

雨にまつわる事。太陽系。遺伝子。その他色々。今はただ漠然と。
Things about rain, Solar System, gene and other thinigs. I am just thinking about it vaguely.
7. スタジオや、Jung Jungさんの仕事道具を是非見せて下さい。
Please show us your tools and the studio.

スタジオとは間違っても言えないような、自宅のコタツの上が私の仕事場。使う道具は主に、14号のレース糸用かぎ針、0.45mmおよび、0.4mmのかぎ針。糸切り鋏。竹指し。DMCの80番レース糸。ピンセットくらいかな...
The place where I work is on the kotatsu(small table with an electric heater underneath and covered by a quilt). You can`t say that is studio. The tool I use is hook for race knitting in size 14. Race needle 0.45mm an 0.4mm. scissors to cut string, bamboo ruler, race string 80th by DMC, pin set…. I guess
jungjung_tool.jpg