INFO: Danny Sangra`s stylish video out now!!!

VANILOQUENCE from TEST on Vimeo.

A sci-fi fashion epic featuring creations by
East London designers, Fanny and Jessy.
Directed by Danny Sangra
Music by Rowdy Superst*r
www.testmag.co.uk
www.dannysangra.com
********************************
他のVIDEO:
http://gas.main.jp/atmosphere/2009/09/new_video.html
Danny Sangra exhibition info:
http://gas.main.jp/atmosphere/2009/06/info_danny_sangra_season_of_th_1.html
Danny Sangra T-shirts info:
http://blog.hellogasshop.com/?eid=626244
********************************

INTERVIEW: Editor in chief of HITSPAPER / Arata Sasaki

Today, Atmosphere would like to plug in the interview of the editor in chief, Arata Sasaki who runs the web magazine HITS PAPER. HITS PAPER is widly known becasue of it`s deep analysis of information and cutting edge yet attractive review of the creative field as well as wide range of things arouond our lifes. Please enjoy the interview!!! 
今回、アトモスフィアでは深い分析と魅力あるカッティング・エッジなクリエイティブ情報を発信するウェブマガジンHITS PAPERの編集長である佐々木 新氏にインタビューを行いました。彼独自の情報の分析は、デザインにとどまらず私達の身の周りの様々なジャンルに広がっており、今後も見逃せません。どうか、インタビューをお楽しみください。

1 HITSPAPERについて
About HITSPAPER

HITSPAPERは、クリエイティブという切り口で多角的に情報発信をするウェブマガジンです。現在は、各ジャンルのデザイナー・アーティストのインタビューやエキシビジョンの紹介・レポート、レビューなど情報発信をしています。
HITSPAPER is a web magazine that transmits information centering around creativity from multi-directional angles.Current contents include interviews of designers and artists from various genres and reports and reviews of exhibitions.
私たちが考えるクリエイティブは表層的なインターフェースにとどまらず、社会の成り立ちや、人の関わり合いといった広義的な活動表現を指しています。また、HITSPAPERを立ち上げてから3年が経過しましたが、現在から迎える3年は社会的にアクションを起こせるプロジェクトベースのシンクタンクのような活動を増やしていこうと考えています。
We conceive the creative world not only as the superficial interface, but as a much wider expression of activity such as the structure of the society and the relationship between people. It’s been 3 years since we launched HITSPAPER, and we plan to increase our activity for the next 3 years to function as a project-based think-tank that is able to do more socially oriented actions.
2. HITSPAPERを始めたきっかけは?
What was the reason why you started HITSPAPER?

色々しゃれた事を答えようと思いましたが、正直に告白すると自分の中で足りないものを埋めようとしたのがきっかけだったと思います。動機は高尚な理由では全くないですが、しかし、月日が経過する内に、そこに意味を見出すようになって来ました。
I thought about coming up with a sophisticated answer, but to be honest, the reason why I started was to fill something inside me that was lacking, I think my incentive was not very noble, but as the days went by, I began to find meanings to what I was doing.
多くの人間がHITSPAPERを見てくれたり、プロジェクトに参加してくれたりする事で、このコントロールを誤るとアジテーションのように多くの人間を巻き込んで大惨事になると直感的に感じるようになりました。
While witnessing how many people were looking at the HITSPAPER and participating in the projects, I began to instinctively feel that it could end up in a catastrophe that involved many people if I made a mistake in my control.
その時から、新しい考え方や今後進むべき道を照らすようなそんな存在になれたらと志すようになりました。
Since then, I began to aspire to become someone who is able to suggest new ways of thinking and new roads to take.
現在では、クリエイティブを考える上で、「人間性に還っていく」という概念を持って運営しています。
Today, I run my organization on the principal of “going back to humanity” when thinking about creativity.
3. HIGH5にて各国のクリエイターを招待して精力的に活動していますね。HIGH5で、日本のクリエイターにどんな事を伝えたいとお考えですか?
You are energetically inviting creators from around the world for HIGH5.
What do you want to communicate to Japanese creators?

HIGH5というクリエイティブ・カンファレンスでは、毎回、現状の日本に必要なテーマを掲げています。クリエーターのキュレーションも毎回そのテーマに沿ったクリエーターを選んでいます。
At our creative conference titled HIGH5, we put up a theme every time which is about what Japan needs right now.
We choose creators for the curation that match this theme.
毎回テーマは異なるのですが、大きなテーマとして自らの内外で感じる感受性のアンテナを常に磨いて吸収して自らの人間性の幅を拡げて欲しいという想いがあります。クリエイティブな人生に出逢えるようなそんなそんなきっかけを作れれば良いと思います。
The theme differs every time, but there is a big underlying theme which is our wish for people to constantly polish their individual antennas for sensitivity so that you are able to absorb constantly and broaden your humanity.
My wish is to create chances for people to meet creative lives.
4 佐々木さん自身は、どのような経緯で今の業界に入られて、活動していらっしゃるのですか?
What is your background? How did you get into this business?

大学に入学するまでは教育学部に属して先生になるのが夢でしたが、大学時代に出会った友人がアパレルブランドを始めたことで、大きく人生・社会に対する見方が変わりました。
Before I went to college, my dream was to become a teacher. My view towards life and society changed drastically when my friend from college started his own apparel brand.
幸いにも、その友人は、とてもモノ造りに真摯な人間で、プロダクトに宿る愛情や魂といった概念とプロフェッショナルな姿勢が当時、日本の学校教育制度に疑問を感じていた自分としては大きな衝撃を受けたのです。
Luckily, he took the creative process very seriously.
I took his professional attitude and the love and soul he put into his products as a huge shock, since I had many doubts about the Japanese educational system at the time.
そこから上京して、アパレルの専門学校へ進み、自らもアパレルブランドを立ち上げるまでに至りました。その後、販促として利用しようとしたウェブの世界に出会ったことでその可能性の大きさと、全く知らなかったアート・デザインの世界を知り、現在の業界へシフトして来た経緯があります。
Since then I moved to Tokyo, attended a specially school for apparel, and went onto launching my own apparel brand.
It was then that I encountered the scale of possibility of the web and the existence of the art and design world which I had never seen and shifted towards what I am doing today.
私を構成する文脈として教育者・ファッション・ウェブといった異なった領域をバックボーンとなっていることが解ると思います。しかし、この融解こそ新しい発想の源となっていると最近感じるようになっています。
This may explain that different realms, such as educator, fashion, web have become the backbone to who I am. Recently, I’ve come to feel that this melting is the source of my new ideas.
5. 今、一番興味があることは?好きな音楽は?
What are you most interested in today? What music do you like?

ソーシャルデザイン、オーガニゼーションデザイン、政治。
Social design, organization design, politics.
アート・デザインに興味を持ち始めた頃は、その作品単体で持つ造形の美しさに惹かれていました。ネクストステップとしてその作品がもっているバックグランド、しいては制作者のバックボーンに興味を持ちました。そして、最近では、上記で挙げた二つをより深めると同時に、アート・デザインでどれだけ世界が変わるのかという事に興味を抱いています。
When I first became interested in art design, I was intrigued by the beautiful structure of each individual art. As the next step, I became interested in the background and then the back bone of the creator of the artwork. Recently, on top of deepening the two points above, I am interested in how much the world can change with art/design.
ソーシャルデザインは言わずもがな人類社会がよりサスティナブルに構築する為の方法論です。これには、僕らの生活やマインドをどうデザインするかという事も含まれています。
Social design is a methodology on how human society can structure in a more sustainable manner. This includes how we design our own lives and minds as well.
オーガニゼーションデザインは、そうした社会を変える為のアイデアを構築する器(例えば会社など)のようなものをデザインする事です。このデザインはなかなか外部に出ない機密のものも多いので、ソーシャルメディアなどの浸透でより世界に知って欲しいと考えています。
Organization design, on the other hand, is designing the instruments (such as companies) used to structure these ideas, in order to change such societies.
A lot of this design is kept confidential, so it is my hope that through the saturation of the social media, these ideas will be more known to the world.
政治は、ソーシャルデザイン、オーガニゼーションデザインの成否の行方を左右するとても大事な機関です。例えば、南アフリカは植民地から解放されてから、ジンバブエからの移民をほぼ全員受け入れています。ジンバブエの労働力を安く使い国力をアップさせるという政策なのですが、世界的にも大きな問題として取り上げられています。経済格差によって産み出された不幸は、国力がない国へとシフトし続ける負の連鎖となります。世界を俯瞰的に見つめ直した時、こうした問題を解決する方法は簡単な事ではありませんが、実現した場合、システムやマインド、モラルも含めそれらは、構築といわれるデザインだと思います。
Politics is a very important in determining the success of social design and organization design.
For example, post-colonial South Africa has been accepting almost all refugees from Zimbabwe.
This is a government policies to strengthen national powers by using cheap labor from Zimbabwe, and it has been taken up globally as a big problem.
Sorrows brought from economic disparicies tends to decrease the national power due to the chain of negative actions and reactions.
These issues can not be easily resolved, but I think that this can be realized when we take a par anomic view of the world, as the structural design of system, the mind and the morals.
6. 情報発信と並行して、プロダクションとして多くのウェブのプロジェクトを手掛けていらっしゃいますね。事例を幾つかお教え下さい。それぞれのコンセプトとそれに対するアイデア。また、今後どのような仕事を手掛けていきたいですか?
You have produced many web project while transmitting information to the public.
Can we look at some examples and the concept and the idea behind them?

hp_nikon_01.jpghp_nikon_02.jpg
◯NIKON NEXT (http://www.nikonnext.com/)
NIKONさんの新時代を探求する為のプロジェクト。プロジェクト名がそのままコンセプトになっています。フォトグラファー・映像作家など、新しい時代を担うアーティストのキュレーション・コーディネーションを中心にNIKONプロダクトをプロモーションすることを考えました。
A project for the quest of the New Era for NIKON.
The project title is the concept itself.
The concept was to promote NIKON project through the curation of artist coordination, selecting photographers and video artsits that are the leaders of the new generations in art.
hp_namiko_kitaura_01.jpghp_namiko_kitaura_02.jpg
ABOUT:
◯NAMIKO KITAURA (http://www.namikokitaura.com/)
HIGH5にもゲストで出席して戴いた写真家の北浦凡子さんのポートフィリオサイト。彼女は人間的なある劣等感を背負って写真を撮り続ける女性で、現在まで生きる過程の中で多くの感情を抱き苦しみそして、爆発的な喜びを得てきました。そんな彼女自身の佇まい・姿勢がコンセプトです。彼女の作品は非常にコンセプチャルな写真だから、それを殺さないような「ウェブの中でのスタティック」を意識して余白を利用したデザインを行っています。
This is the portfolio site of Namiko Kitaura who appeared as the guest for HIGH5 as well.
She is a photographer who takes photos under the burden of human inferiority, bearing a lot of feeling and suffering through her life until now, and also experiencing explosive joy. Her presence and attitude is the concept of this site.
Since her works are highly conceptual, we concentrated on “static within the web” and utilized the margin space in the design.
What`s the next aim of HITS PAPER??
今後のHITS PAPER

また、今後は、HITSの特殊なポジションを活かした仕事を中心に手がけていきたいと考えています。僕らは、ウェブマガジンという媒体があり、プロダクションスタジオがあり、様々なイベントプロジェクトを持っています。これは、企業とカスタマーとあらゆるチャンネルで繋がっていることを意味します。そして時代は、この双方の歩み寄りがとても大きな鍵になると思います。
For the future, I want to do project that take advantage of the unique position of HITS.
We have the web-magazine as our medium and have a production studio and also hold various event projects.This shows that we are connected to businesses and customers through many different channels. The coming together of each side I think, is a big key for our time now.
そうした時、僕らのような活動をする人間が果たすべき役割は非常に増えるだろうと考えます。
When this time comes, there will be many tasks to carry out for people doing this type of activity.
7. 日本のクリエイティブのシーンをどのようにお考えですか?
What do you think of Creative scene in Japan?
8. 日本のクリエイティブのシーンに必要だと考える課題と良い点。What do you think is the needs and proposition of creative scene in Japan?

まず、石油・レアメタルなど天然資源がなく、かつて日本を率いて来た自動車産業やテクノロジーなどの伸び代を考えると日本では、今後、文化という非常に強力なコンテンツをしっかり海外に発信するべきだと思います。その文化でクリエイティブシーンの力も当然、重要視されなければなりません。
Taking the fact that Japan does not have natural resources such as oil and rare metals, and the decrease in the growth of Automobile industry and technology which was the leading force in Japan, I think Japan need to transmit its own culture to the world, which is a very strong content. Obviously, the creative scene must take on a heavier weight and looked at more seriously as well.
課題は各ジャンルのボーダーがまだまだ溶解しきれていない事です。政治、科学、経済などこうした社会を動かす分野の方々と僕らの産業は結びついて、対等に新しい化学変化を起こしていかなければなりません。時代は、各業界独自のイノベーションから、各業界同士よるイノベーションを作る時代に来ています。
One big challenge is that the borders of all the different genres have not fully melted in yet.
Politics, science and economy which move societies have to connect with our industry to work equally in order to bring chemical reactions.
The time has shifted from making innovations from individual businesses to making innovations between different businesses.
こうする事で新しいジョブや発想、異なる分野のロールモデルをしっかりインテグレートすることが可能になるし、クリエイティブ・クラスに従事する人間が増えるだろうと思います。また、多様性を受容することで、世界で様々な文化・宗教・民族がいることその人間達と共生する為のアイデアなど、僕らのマインドが大きく変遷する可能性もある。
This will allow to create new jobs and ideas and integrate role models of different genres, as well as increase the populations of the creative class.
There is a possibility of drastically changing our mind through accepting diversity and sharing ideas between the different cultures, religions and people around the world in order to live together.
幸いな事に私の周りの若い人間は、とても賢いし、あらゆるジャンルのリテラシーが高いです。そんな、彼らを導く為にも、甘い汁を吸い旧来のボロボロのシステムや慣習に囚われたシステムを壊し、まだ誰も掛けたことのない新しい梯子を掛けるべきだと思います。
Luckily, I am surrounded by young people who are very wise and have a high literacy in multiple genres. To be able to lead them properly, I must destroy the old, corrupt system and make brides that no body has ever seen before.
多くの失敗の中に、必ず次の世代に渡せるイノベーションが産まれる筈ですし、そんな姿を今の若い人間は見ています。
Inside many mistakes, there is a lot of chances for innovations that can be passed onto the next generation, and I have seen such attitude in the young people today.
9. クラフトとテクノロジーについてのお考えをお教え下さい。
Please let us know what you think of the thoughts between cradt and technology.

A. 個人的にも、インタビューアとしてこの質問はよく行います。
I often ask this question myself as an interview as well.
時代の流れとしてこの両者が恰も対局に位置しているかのような錯覚に陥りやすいで
すが、広義的に捉えるのなら個人的にそのファンダメンタルな概念は同義だと捉え始めています。
People often have a false illusion that these two things are in direct opposite of each other, but I am beginning to personally perceive that the fundamental concept of these two things are the same in a broad sense.
例えばクラフトワークは職人が1mm単位でモノ造りをしています。そこには魂が宿っていて、プロダクトにその魂が受け継がれていく。対してテクノロジーの職人もまた、バーチャルな世界で誇りを持ってプログラムを書いている。確かにテクノロジーはコピーがし易い領域ですが、そこに魂を吹き込むことはなかなか難しく職人魂とも言える命を吹き込む段階が必要になります。
For example, in craftwork the craftsman is creating very precisely, down to the mille meter.
Soul is put into the product and it is continued on through the product.
Then there is your technical craftsman who is also writing programs with the same kind of pride.
It is true that technology can easily copied, but it is very hard to put one’s soul into it, and it is a necessary step to blow one’s craftsman’s soul.
今後、現在の資本主義の成功の尺度が多角的に変貌するようになると、クラフトやテクノロジーといったジャンルではなく、まして数ではなく、本質に評価が下されるようになると思います。この見解は希望的観測ですけど。その想いを伝えるのもHITSPAPERの役割ですしね。頑張ります!
From now on, when capitalism as we know it today will change from multiples of angles, I think the evaluation will be made on the essentiality and not on the genres such as craft or technology or numbers.
This is a wishful forecast, but. It is the job for HITSPAPER to transit these thought too, so I will work hard!

プロフィール
佐々木 新
アパレルデザイナーを経て、2006年より独立し、2007年にデザインスタジオ「KOTENHITS」を河田孝志と共に立ち上げ、同時にクリエイティブウェブマガジン「HITSPAPER」を創刊させる。また、同年クリエイティブカンファレンス「HIGH5」も
主催。
2008年にウェブ媒体及びイベントオーガナイズ・アーティストキュレーションに特化したクリエイティブスタジオ「HITSME」を立ち上げ、現在では、HITSME代表/KOTENHITS取締役/HITSPAPER編集長を務め、広告企画・クリエイティブディレクションやイベントオーガナイズ、アーティストキュレーションを行っている。また、エディケーションイベント「NIT」やカンファレンス「HIGH5」などオリジナルイベントも企画・主催する。
Profile:
After working as a designer for an apparell compan, Sasaki went independent in 2006 and then went on to launch KOTENHITS design studio with Takashi Kawada in 2007. At the same time they launched HITPAPER, a creative web magazine as well as host HIGH5, which is a creative conference.
In 2008, he launched a creative studio specializing in web medium and even organizing , art and artist curation. He also produces and hosts education event, NIT and original events at HIGH5 conference.

kotenhits:www.kotenhits.com
hitsme: www.hitsme.info
hitspaper:www.antenna7.com
high5:www.high5.jp
Atmosphere Interview: Risa Nakazawa
Translation: Amy Yamamura

INTERVIEW: ANTTI UOTILA

atomos_anti_top.jpg
 
  
Today, Atmosphere would like to feature the work of Antti Uotila.
今回、AtmosphereではAntti Uotilaの作品をフューチャーします。
  
  
・Who is Antti?
Anttiさんについて教えて下さい。

  
antti.jpg
  
I’m a 31 year old freelance graphic designer and illustrator from Helsinki, Finland. I share a studio with ten other people in the Punavuori district in Helsinki. I’ve worked for clients such as Levi’s, Burton Snowboards, Nixon, Escalator Records, WAD Magazine, Dwell Magazine, Varoom Magazine and so on.
  
フィンランドのヘルシンキでフリーランスのグラフィックデザイナー、イラストレーターをしています。31歳です。
HelsinkiのPunavuoriという所にあるスタジオを10人位でシェアしています。
過去のクライアントには、Levi’s、Burton Snowboards、Nixon、Escalator Records、WAD Magazin、Dwell Magazine、Varoom Magazinなどがあります。
  
  
・When did you start to make your illustration and graphic?
イラストやグラフィックを始めたのはいつ頃ですか?

  
antti_work_palette.jpg
Palette. 70cm x 50cm poster.
  
I was into graffiti since I was a kid. I didn’t know anything about graphic design or illustration before I turned 21 or 22. I did my first illustration for a Finnish Skateboarding magazine when I was 22. That’s when I learned what illustration meant and that it was something you could make for your living. Although the skateboard mag didn’t pay me anything. After that I applied to study graphic design to the University of art and design in Helsinki and got in. This was in 2003. I spent seven months in Tokyo between 2005-2006 as an exchange student in Tama Art University. I have been working freelance since 2007.
  
子供のころから落書きに夢中でした。21~22歳位の頃までグラフィックデザインやイラストレーションの事は何も知りませんでした。
最初にイラストの仕事をしたのは22歳の時で、フィニッシュスケードボーディングマガジンです。
その時に、イラストレーションは生活のためになる何かだと感じました。
でも、実際その雑誌は僕にフィーを払ってくれていたわけではないのだけれど。
その後、2003年にヘルシンキのUniversity of art and designに入学をして、2005~2006年に交換留学生として7ヶ月間、東京の多摩美術大学に通っていました。
そして2007年から、フリーランスで活動をしています。
  
  
・As an Airtist, What kind of media have you been making your work?
アーティストとして、どのようなメディアに作品づくりをしてきましたか?

  
antti_work02.jpg
Blackhawk Over and Out. 100cm x 70cm poster.
  
My work is mixed media. Most of it is done by computer, but I have a lot of handmade elements in there. I used to cut almost all the shapes in my work from paper by hand, but now I’ve moved on. My work has appeared on magazines, exhibitions, snowboards, music video, various kind of textiles and websites.
  
私の作品はマルチメディアで、大体はコンピューターで仕上げます。
しかし、手作りの要素を多く含んでおり、僕が作る作品のほとんどは、紙を手で切って作っていました。今はそういった手法は使っておりません。
僕の作品は雑誌や展覧会、スノーボード、ミュージックビデオ、様々なテキスタイルやウェブサイトなどにも展開されています。
  
  
・What kind of media do you want to explore with your art practice?
今後どのようなメディアに挑戦していきたいですか?

  
antti_nixon.jpg
  
T-Shirt print for Nixon.
  
I’d be really interested co-operating with some talented people who know their way with moving image.
I like print the most, but I want to be open to the Internet as well.
  
僕は、映像作品の手法を熟知している、才能に溢れた方とコラボレーションをする事に興味があります。
僕が一番好きなのは印刷物ですが、今後はインターネットも受け入れていきたいです。
  
  
・Have you ever worked in Japan?
日本で仕事をした事はありますか?

  
antti_work04.jpg
Graphics for a Burton Lipstick snowboard. To be released in August 2010.
  
I did some stuff for Escalator Records a couple of years ago. Recently I made a couple of t-shirt prints for Toy Tokyo ?/!.
  
2年前にエスカレーターレコードにいくつかの作品を提供しました。
最近では、Toy Tokyo(?)で展開されるTシャツのグラフィックも手掛けました。
  
  
・What is your favorite things to do in day off?
休みの日は何をして過ごすのがお好きですか?

  
antti_work05.jpg
Cover illustration for a limited edition of Creative Review’s Creative Handbook.
  
I like hanging out with my son who is about two years old. Other interest include playing and watching football.
  
2歳の息子と遊びに出かけたりすること。あとはサッカーをしたり、観戦したりすること。
  
  
・What kind of things do you get inspiration from?
どのような事柄からインスピレーションを受けますか?

  
antti_levis%2616.jpg
  
L//Textile print for Levi’s. R//Sweet Sixteen. 100cm x 70cm poster.
  
I have a few favourite blogs that post interesting pictures.
  
僕には、幾つかお気に入りのブログがあって、そこに投稿されている画像から。
  
  
・ Please show us your working space!
是非、仕事場の写真を見せて下さい!

  
anttioffice.jpg
   
Thankyou very much!
ありがとうございます!
   
  
::Antti Uotila web site::
www.anttiuotila.com

  
  
  
Interviewer: Haruhi Ise

INFO: ”VITRINE” by Maurice Scheltens & Liesbeth Abbene

Atmosphere would like to announce the opening of the exhibition of Maurice Scheltens & Liesbeth Abbene at Martin van Zomeren & Salon/1 .
Atmosphereでは、Maurice Scheltens & Liesbeth Abbeneのエキシビジョンのオープニングがあることをお知らせ致します。
The name of exhibition:
展覧会名:VITRINE
maurice_exhibition.bmp
a project by Maurice Scheltens & Liesbeth Abbenes
Opening Tuesday july 13th, 17.00 – 20.00 hrs
Additional preview for Salon/1, july 14th, 10.00 hrs – 14.00 hrs
Exhibition through Saturday, july 17th, 13.00 hrs – 17.00 hrs
Galerie Martin van Zomeren
Prinsengracht 276 hs
1016 HJ Amsterdam
t/f: + 31 20 420 8129
During the exhibition the works will be available as poster
(175 cm x 118 cm), signed and dated, for €50,00 each
Please visit www.salon1.nl for more information
Picture of the show:
maurice_show7.JPG
maurice_show6.JPG
maurice_show3.JPG
maurice_show4.JPG
***********************************
Interview of Maurice Scheltens:
http://gas.main.jp/atmosphere/2009/05/interview_maurice_scheltens_1.html
***********************************

INFO:SHOHEI TAKASAKI, HANDMADE ZINE“This is message, Now”

Atmosphere would like to announce the release of SHOHEI TAKASAKI`s handmade Zin “This is message, Now”. These Zine were sold out from the first minute of the sales launch on his own web site.
Atmosphereでは、SHOHEI TAKASAKIの手作りZine “This is message, Now”がリリースされたことをお知らせ致します。このZineは、自身のウェブサイトで先行販売されたのですが、わずか数日で即完売しました。
2_MG_0249.jpg
For the cover of the Zine, SHOHEI used the actual art work on canvas which he live painted in Sapporo and Shibuya. You can take out the cover and use as poster!!!!!!
SHOHEIは、Zineの表紙に札幌と渋谷でのライブペイントで使用した手描きキャンバスをカバーとして使用しており、表紙は取り外すとポスターになるという細工が施されています!!!!!!!
Sign and edition are written in the back.
SHOHEIのサインとエディションが裏に記載されています。
zine1_ltd.jpgzine-silk_print.jpg
詳細:
Detail:
contents:Art Works (24 Pages)
     “ぶん殴っているとき。原風景” (24 pages mini book)
     2 postcards
     hand made canvas cover (hand paint & silk screen print)
     Edition 30 (限定30冊)
     signed by artist
size:25.5 x 14.8 cm
price:3,000yen (tax in)
取り扱い:
Stockist:
SHOHEI TAKASAKI web site (sold out)
TOWER BOOKS (タワーレコード渋谷店7F)
ZINE’S MATE SHOP at 原宿Vacant
Worth Checking out!!
I run up to VACANT to book two for myself and company!
皆さん、要チェックです。私自身も、会社分と自分用と二冊VACANTで予約しました!
http://www.shoheitakasaki.net/
http://red1press.com/

NEWS: GASBOOK for iPad app Granimator!

granimator_ad.JPG
Atmosphere would like to announce the “JAPANESE ARTISTS SHOWCASE TALENT
ON THE GRANIMATOR™ iPad APP”.
Atmosphereでは、日本人アーティストによるiPadアプリがGranimator™よりリリースされることをお知らせ致します。

The eagerly anticipated Granimator™ iPad application is now available to download from Apple’s App Store. On July 2010, a special edition of artist packs showcasing the very best Japanese creative talent will be available to download.
当iPadアプリGranimator™は App Store及びhttp://www.itunes.com/appstore/”www.itunes.com/appstore/より無料でダウンロードできます。
Developed in the UK by digital UX studio ustwo™ – Granimator™ is a sound based wallpaper creator that gives iPad users a fully immersive sound and touch experience.
本アプリケーションは ロンドンのデジタルデザインスタジオ ustwo™ (アストゥ)により開発されたGranimator™は、音を奏でながら壁紙を作成するアプリで、iPadユーザは音にどっぷりつかりながら、触れる楽しみを得られます。
The Granimator™ offers an exquisite collection of creative packs allowing users access to a broad selection of graphical elements (styles, shapes and backgrounds) which they can tap, pinch and drag across the screen to create stunning compositions and soundscapes.
Granimator™は、世界中のアーティストのパックをセレクションしており、ユーザーは
アーティストが作り出すエレメント(背景、形、スタイル)をタップして選んで、ひねっったり、置いたりして、自分だけのオリジナルの壁がみとサウンドスケープを作成できます。
Once a wallpaper has been created, users can save the artwork to their iPad, send to any iPhone or show it off to friends via Flickr, Twitter, Facebook, Tumblr and Granimator.com. Collaborators are also encouraged to share their creations so other users can download the best-designed wallpapers for their iPad.
ユーザーは自分の気に入った壁紙が作成できたら保存してiPadの壁紙として使用できるほか、Flickr、 Twitter、 Facebook、 Tumblr、そて http://Granimator.com/”Granimator.com上にアップロードしてシェアすることが可能です。また、Granimator™サイト上にアップロードされている他のユーザーが作った壁紙をダウンロードして使うことも可能です。
Japanese iPad users will have access to a variety of packs from local Tokyo graffiti artist Houxo Que, world renowned design studios Groovisions, Devil Robot, Power Graphixx and a capsule collection of six GASBOOK artists including; Shinou Hidehito, Ohara Daijiro, ten_do_ten, Hiroshi Iguchi, Shinpei Onishi and Yuko Kanatani.Other artist packs from other world-renowned designers are available to download including work from Airside, Pete Fowler, Rexbox, Buro Destruct, James Joyce, and Moving Brands.
日本で発売される予定のアーティストパックには、GASBOOKよりShinou Hidehito, Ohara Daijiro, ten_do_ten, Hiroshi Iguchi, Shinpei Onishi and Yuko Kanataniがおり、Houxo Que、 Groovisions、 Devil Robot、Power Graphixx、Airside、 Pete Fowler、 Buro Destruct、 James Joyce、 Rexbox、 Moving Brandsなど、世界的に有名なデザイナーによってクリエートされたデザインパックがダウンロードで入手可能です。
下記、GASBOOKアーティストパックの参加アーティストからの作品のみどころ紹介です。
Below is the comment from artists participating in GASBOOK series which will be out this month.
Ver: Shinou hidehito:
I hope you will savor the feeling of building your own original story and not just making a piece of picture.
Enjoy!
一枚の絵ではなく、一つの物語が出来上がっていく感覚を
味わってもらえたらうれしいです。 あなただけの「オリジナル」を楽しんで下さい!

Hidehito.jpg
Ver: ten_do_ten:
This is a pixel wall paper painter using the red/black minimal pixel characters that concisely fit the grit.
赤黒のミニマム・ピクセル・キャラクターが、ピッタリ・グリットにフィットする、ピクセル・ウォール・ペイパー・ペインターです。

tenDoTen.jpg
Ver: Shinpei Onishi:
With this pack, you can make pop and venomous graphics of the Devear world, and create original typography to make messages.
「Devear」のポップで毒のある世界観でグラフィックが作れたり、オリジナルタイポでメッセージも加えたりと楽しめます。

Shipei.jpg
Ver: Yuko Kanatani:
A fun and colorful pack with analogue parts made by drawing and paintings, cut-outs of old books!
ドローイングやペインティングで作ったパーツや、古い本からの切り抜きなど、アナログな質感とカラフルな色彩が楽しいパックです!

yuko.jpg

mills, co-founder of ustwo™ says: “Design in Japan is where it`s at and what we witnessed out there was mind-blowing. The collaborators we`re working with in Japan have exactly the vision we needed to take the Granimator™ to another level. We can`t wait to show the world what true creativity is all about.
ustwo™ の共同設立者であるMills氏によると日本に行った時に、僕らは日本のデザインを目の当たりにしたし、それは驚きの連続だった。僕達が、コラボをしている各アーティストは、僕らが考えていたようなレベルにGranimator™ を引き上げてくれたし、世界に早くこれを見せて、真のクリエイティブとはどんなことか、伝えたいと思う。 』
“The Japanese designer packs we have bring a completely unique style to the Granimator™, each pack tells its story and will touch a chord with the design community. We will be continuing to add diverse creators from around the world so that the output is always fresh and caters for all tastes.”
『僕達にとって、日本のデザイナーのパックは、本当にユニークで、どのパックをとってみてもそれぞれにちゃんとストーリーがあるしデザインコミュニティーとちゃんと通じている。今後も、世界中の異なったクリエイターのパックを加えていって、常に新鮮なクリエイターを届けていきたい。』

www.ustwo.co.uk
www.iphone.ustwo.co.uk

INFO: Phunk Studio is Coming to Japan

Atmosphere would like to announce the latest information of Phunk Studio.
They are coming to Japan to have a show are Diesel Gallery. Please don`t miss this!!
Phunk Studioが日本にやってきます。今回の目的は、Diesel Galleryでの個展!
皆さま、お見逃しなく!
DDG-ElectrictyFlyer.jpg
Opening Reception
22nd July 2010
18:00-21:00PM
Open to public(誰でも入れます!)
23rd July – 11th Oct 2010
Address: 6-3-3 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo
Tel: 03-6418-5323
Open: 1F Store 11:00-20:00, 2F Gallery 13:00-20:00
**************************************