INFO: Stefan Marx Show at UTECHT

Stefan Marx from Hamburg is coming to Japan!!
He will have an exhibition at Utrecht / NOW IDeA.
He expresses his thoughts and views through drawing and painting and portraits the world with the unique interpretation. Please do not miss this show!!
ハンブルグからステファン・マルクスが来日します。
日本に居る間、ステファンはUtrecht / NOW IDeAでエキシビジョンを行います。
彼は、ドローイングや絵を通して彼の世界観、思想を表現して独自の目線で作品を表現します。
1. Opening Reception
13th 18:00-21:00 NOW IDea
オープニング・レセプション 
13日
2.Talk Session Benjamin x Takashi x Taro
17th Sat . 17:00-19:00(yen1000 w/1drink)
トーク・セッション ベンジャミン×たけし×たろう 
17日 土曜日
3.Stefan’s Portrait Drawing
18th Sun 13:00-18:00 (30 person / yen 3000 each)
ステファンのポートレート・ドローイング
18日 日曜日
stefan_show_2010.JPG

INFO:BONUS BEATS #6 『HIROSHI IGUCHI』

4月9日 金曜日(明日!!!)より、渋谷区東のレコードショップ「ターンテーブル・ラボ・トーキョー」の店内にて開催している企画展「ボーナス・ビーツ」の第6弾として井口弘史さんのポスター展が開催されます。是非遊びに来てください。
There will be a poster exhibition of Hiroshi Iguchi in the record shop placed in East Shibuya called “Turn Table Labo”. This event is 6th event since they opened the shop and the project name is called Bonus Beats. You can`t miss this event!!
****************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************************
Turntable Lab Toko presents
BONUS BEATS #6 『HIROSHI IGUCHI』
会期:4月9日(金)- 4月28日(水)
日曜定休
時間: 月曜~木曜 1PM – 9PM
   金曜~土曜 3PM – 11PM
会場:ターンテーブル・ラボ・トーキョー
〒150-0011 東京都渋谷区東1-13-14 渋谷松永ビル1F
http://www.moonwalkrecords.com/turntablelabtokyo/shopinfo
◆レセプション・パーティー:
reception party
日時:4月9日(金)
時間:20:00~23:00
◆クロージング・イベント『ライブ・プリンティング』
Closing Event
日時:4月28日(水)
時間:18:00~21:00
DJ: YOUNG CALVI(TOP GUN) / mascotboy
igucih_turn_2010.JPG

INFO: Abake Show in Shibuya – Creators in Residence: Tokyo Wonder Site 2009 – 2010

Atmosphere would like to announce the show which will be held in Tokyo Wonder Site- Shibuya branch from 7th of April till 23rd of May and from Hongo Branch at 1st of May till 23rd of May. This exhibition show 13 artist`s work including Abake. This show will be the last exhibition while their stay in Tokyo as an artist in residence this time. please don`t miss to see their final output of their art practice!
アトモスフィアではAbakeの日本での滞在における最後のエキシビションのご案内を致します。本展は、Abakeを含み13組みのアーティストが参加します。日程は4月7日~5月23日までが渋谷のトーキョーワンダーサイトの支店、5月1日~5月23日までが本郷でのショーになります。彼らの日本における作品の研究の最終形を是非見に来て下さい。
abake_in_tokyo_last.jpg
Deatail as below:
詳細:
コブラ …………………………………….. COBRA
佐々木加奈子 ……………. Kanako Sasaki
松原壮志朗 ………… Soshiro Matsubara
志村信裕 ……………. Nobuhiro Shimura
村上華子 ……………. Hanako Murakami
寺澤伸彦 ………….. Nobuhiko Terasawa
山本高之 …………… Takayuki Yamamoto
渡邉康太郎 …………… Kotaro Watanabe
アバケ ………………………………… Åbäke
ジュンホ・チョン ……………. Joonho Jeon
ラクウェル・オーメラ ….. Raquel Ormella
ニコラ・ルリーヴル ……. Nicolas Lelievre
ジョンハン・ヤオ ……….. Chung-Hao Yao
栗林隆 …………… Takashi Kuribayashi
TWS 本郷
2010年5月1日(土)→5月23日(日)
開館時間
TWS 渋谷 – 本郷 11:00→19:00
TWS 11:00→18:00
休館日◎月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
close on Monday (If it is holiday, Tuesday will be closed)
入場料◎無料
Free entranse
主催◎公益法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
協力◎アジアリンク / ガートルード・コンテンポラリー・アート・スペース (オーストラリア)
/ イアスピス(スウェーデン)
/シテ・デザール
/ サンキャトル
/ パリ市 (フランス)
/ 在日フランス大使館
/ アンガール(スペイン)台北国際芸術村(台湾)
/ SAMUSO:Space for Contemporary Art
/ (韓国)SCAI THE BATHHOUSE

INFO: Takuma Uematsu`s exhibition “complex”

Yumiko Chiba Associates がオーガナイズする、植松 琢麿個展「complex」の展覧会情報とドイツの画廊IMPULSE gallery Christian Löhrlにて開催されている展覧会についてお知らせ致します。
Atmosphere would like to announce the show organized by from Yumiko Chiba Associates. The featuring artist is Takuma Uematsu and is his solo-exhibition called “complex”. Also, there will be a show called “IMPULSE” exhibition which will be held at the Christian Löhrl gallery in Germany .
uematsu_c.jpg
©植松 琢麿
“mix-white fawn×coral”2008
植松 琢麿************
<個展> 『complex』
Takuma Uematsu
Exhibition 『complex』
植松琢麿は、生物がそれぞれの領域を越えて交わった新しい生命像やその関係性を立体、平面問わず、様々なメディアで表現している作家です。植松の世界では、まったく別の種が融合して生まれた新しい生物たちが共存し、関係を築いています。それはまるで、植松自身が地球上のあらゆる生命の関係性を探り、その起源と共通項を探しあてる旅の途中のようでもあります。
Takuma Uematsu expresses a new form of lifeline achieved by organisms crossing over the boundaries of species and the relationships, by using various medias from flat to 3-D space. In Matsuoka’s world, new organism that came to life by a union of two completely different species coexist and build a relationship with one another. It is as if Matsuoka himself is in search to find out the relationship between every organisms on Earth, on a journey to find their origins and commonalities.
uematsu_d.jpg
©植松 琢麿
Drawings 2010
今回の個展では、植松が近年集中して制作している白い動物の立体シリーズと、作家のイメージの源泉がつまったドローイング作品を中心に展示致します。
The works for this exhibition will feature steric series of white animals Matsuoka has been focusing on in recent years, and drawing works which is the fountain of his images.
uematsu_a.JPG
uematsu_b.JPG
自由に、のびやかに広がる植松琢麿イメージの世界をお愉しみください。
Please come and enjoy the bound-free world created by Matsuoka.
『complex 植松琢麿』
2010 年3 月25 日(木)-4 月5 日(月)
新宿髙島屋10 階美術画廊
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2
Tel:03-5361-1111(代表)
10:00-20:00 (最終日は16:00 閉会)
『complex Takuma Matsuoka』
2010 March 25th (Thurs) – April 5th (Mon) Shinjyuku Takashimaya 10F. Art Gallery
5-24-2 Sendagaya, Shibuya-ku Tokyo151-0051 Tel:03-5361-1111(Representative number) 10:00-20:00 (Last day until 16:00)
■ アーティスト・コメント
星雲、アンモナイト、鹿の角、頭髪に見られる渦状性、樹木、海岸線、結晶、人の血管に見られるフラクタル図形など、一見すると違う時間、空間の層に存在するように見えることも、実は類似した形態を共有し、さまざまな関係性が混在している。
それらが、何によってもたらされた結果なのか。それを探ることが、地球という複合体を知るてがかりになるのかもしれない。
植松 琢麿
■Artist Comment
Star nebulae, ammonites, stag horns, spiral on the top of the head, trees, sea coasts, crystals, fractal shapes seen in human blood vessels.. -these, seemingly un-related things existing in different dimensions of time and space actually share remarkably similar forms and are mixed in many relationships with one another. What brought these results?
Perhaps searching the answer to this question will lead to finding out about the composite body called the Earth.
Takuma Matuoka
<グループ展> 『IMPULSE 22』
ドイツの画廊IMPULSE gallery Christian Löhrlが
新進作家の紹介として企画している「IMPULSE」展に選ばれ
展示致しております。
German gallery, Christian Löhrl has chosen Takuma Matsuoka’s work for the “IMPULSE” show which features new and upcoming artist and is currently exhibiting his works.
『IMPULSE 22 Fabian Chiquet, Takuma Uematsu』
2010 年3 月13 日(土)–5 月12 日(水)
IMPULSE gallery Christian Löhrl
Kaiserstr. 67 41061 Mönchengladbach, Germany
http://www.galerieloehrl.de
http://www.impulsegalerie.de
Artist Management & Art Planning
Yumiko Chiba Associates
http://www.ycassociates.co.jp
Special Thanks to Amy for translation

REPORT: Jonathan Zawada Latest Show at Scion Installation L.A

Atmosphere would like to report the group exhibition which Jonathan Zawada took part in.
Please enjoy his beautiful new work only shown in LA!
LAでJonathan Zawadaが参加したグループエキシビジョンのご紹介を致します。
LAでしか見れなかった彼の美しい作品の数々をお楽しみ下さい!
jonathan_LA_cut.jpg
Atmosphere have asked couple of question to jonathan in regards to this show.
Here’s the Questions and Answers;
アトモスフィアでは、このショーに関して、幾つかの質問をJonathanにしました。こちらが、Q&Aになります。
Q1. What is the name of your show?
ショーのタイトルは何ですか?
The exhibition was titled ‘It Was On Earth That I Knew Joy’, I titled my group of works ‘Can the Drummer Give Some Back’ which is also the title of a zine that Sixpack will be printing of works associated with the show.
エキシビションのタイトルは”It Was On Earth That I Knew Joy” (訳:「喜びを知っていた地球でのことだった」)。作品群のタイトルは”Can the Drummer Give Some Back”にし、これはSixpackがプリントをするエキシビションと関係がある作品を集めたジンと同じタイトルなんだ。
EP291677.jpg
EP291681.jpg
EP291680.jpg
Q2. What is the concept of your new work?
新作のコンセプトはなんですか?
The concept of the new work is something I have been calling ‘Cultural Entropy’ – it explores the idea that arts and culture are – like the thermodynamic universe – forever heading towards total disorder. With each generation of artists, their points of inspiration become more diluted, varied and fractured and the work the artists generate is in turn, more diluted, less pure and less capable of doing useful work for society.
作のコンセプトは、ボクが”Cultural Entropy”(訳「文化的無秩序化・衰退」)と呼んでいるもので、アートとカルチャーは、熱力学的宇宙と同様、完全な無秩序へ永遠に向かっている、という意味なんだ。各世代のアーティストのインスピレーション・ポイントはどんどん希釈されていき、変化し、破砕されていく。だから、そのアーティストが生み出す作品も同じように希釈さていて、ピュアさにも欠けるし、社会にとって意義ある仕事をする可能性どんどん低くなっている、ということ。
james-brown.jpg
making-silicon.jpg
maxwells_demon-flat.jpg
I absolutely loved the exhibition, Lionel of Sixpack, who created the show managed to bring together a really wide variety of people who, to my eyes were creating really interesting and surprisingly deep and thoughtful work. It was really exciting to be able to participate in an exhibition on the other side of the world from my home city and it almost felt like I was having an exhibition for the first time again. The crowd seemed really positive and interested and, because I didn’t know anybody in LA, I felt like I could really just relax and enjoy myself and experience it all without being at all self conscious.
エキシビジョンは本当に最高だった。Sixpackのライオネルがショーをプロデュースしたんだけど、彼はとてもおもしろく、驚きのある、深い作品をクリエイトしている幅広いジャンルの人を集めることに成功していた。地元のある場所から地球の反対側でのエキシビジョンに参加できたのはボクにとってもスゴくエキサイティングだったし、まるで始めてショーをやっているような気分だった。お客さんもみんなとてもポジティブで、興味を持っているようだったし、LAに知り合いがいないので、人を意識せずに本当にリラックスしてエキシビジョンを楽しむ事ができたんだ。
Q3 What was the most exciting things about being LA?
LAに行って一番面白かったのは?
To be honest, for me, the most exciting part of being in LA was actually after the exhibition when we got to go on a road trip and drive around California, Utah, Nevada and Arizona. We explored so many national parks and experienced the sorts of vast and dramatic areas of nature that only seem to exist in America. We climbed down into the Grand Canyon, wandered into the middle of the Mojave desert and saw coyotes hunting in fresh snow on a Yosemite meadow – all of that was so completely amazing, beautiful and humbling that it has really changed my life I think!
正直言って、LAに行って一番面白かったのはエキシビジョンの後にみんなでロードトリップに行ってカリフォルニア、ユタ、ネバダとアリゾナを旅した事だった。本当に沢山のナショナル・パークを訪れて、アメリカでしか見れないような、広大でドラマチックな自然を体験することができたんだ。グランド・キャニオンを下っていったり、モハーベ砂漠のど真ん中をさまよったり、ヨセミテの草地でカヨーテが新雪の中を狩りしているのも見たりした。それらは全て、完璧に美しくて、素晴らしくて、人を謙虚にさせるもので本当に人生変わった、と思う。たぶん!
Q4 Please tell us about your future plan!
今後の予定を教えて下さい!
I’ve just started working on a big group of new work that will be shown in another gallery in LA, Prism Gallery, later this year. The work goes back to concepts of self similarity that I was exploring in my Boolean Values show but in what I feel are more personal and pure ways. I will also be contributing work to a large group show here in Australia called Disorder Disorder which will be at the Penrith Regional Gallery and is curated by Joseph Allen of IzRock. I am also working on a number of other commercial projects which are all quite varied and exciting but I can’t say too much about just yet! A lot of it is international work which is very exciting, I really love working with people from different countries and it is really exciting that we live in a time when I can work with people in Switzerland, London, LA and Tokyo all while I am in Sydney!
新しい作品群にとりかかり始めたばかりで、これはLAのPrism Galleryというところで今年の後半に見せる予定。この作品は、ボクが以前Boolean Valuesというショーで探求していた、自己相似性のコンセプトにさかのぼるんだけど、それよりはボクにとって個人的で純粋なものを対象としている。ここオーストラリでも、Penrith Regional Galleryで開催される”Disorder Disorder”という、IzRockのジョセフ・アレンがキュレーションを勤めるショーにも参加している。それ以外にも様々な商業的なプロジェクトに参加していて、どれも面白いんだけど、今のところはあんまり話せない!多くはインターナショナルな仕事でとても楽しい。違う国の人と仕事をするのが大好きなボクにとって、シドニーに住んでいながら、スウェーデン、ロンドン、LAそして東京の人と仕事ができる時代に生きているなんて、最高だね!
Process of work making:
Jonathan Zawada
jonathan_on_process.JPG
About Jonathan Zawada:
PROFILE/BIO
Born in Perth, Australia in 1981, Jonathan Zawada works as a graphic designer from his home in Sydney for many music, art and fashion clients such as Ksubi, Modular Records, The Presets, Surface to Air (France), Sixpack (France), RVCA, Nylon (USA), Lodown (Germany), Gas (Japan), Coca Cola and Fanta using a diverse range of mediums from website design to illustration. Jonathan was awarded an Australian Recording Industry Award for best album art in 2008 with The Presets, ‘Apocalypso’ artwork and has participated on several design award judging panels (including AWARD and the Melbourne Art Directors Club) and presented at numerous conferences for design in Australia (Including AGDA and Semi Permanent).
Jonathan is also one third of TRU$T FUN! makers of the backstage fashion comic, Petit Mal! and their self-titled accessory range which is sold worldwide in stores such as Liberty of London and Poepke in Sydney. TRU$T FUN!s list of clients include BMW, V Magazine (New York), The British Fashion Council and Topshop.
Parallel to his professional design work, Jonathan is also a practicing visual artist. He has had solo shows at Monster Children Gallery in Sydney, including ‘Semantic Webs’ in 2005 and ‘Boolean Values’ in 2008 and with collective TRU$T FUN! for the ‘Glory Holes’
exhibition in 2009. He has been a participant in many group exhibitions both within Australia and internationally.
1981年オーストラリア、パース生まれ。
シドニーでデザイナーとして音楽、アート、ファッションを中心としたクライアントの仕事を手掛けている。ウェブサイトのデザインからイラストまで幅広い表現の手法を使い、クライアントにはKsubi、Modular Records、The Presets、Surface to Air、Sixpack、RVCA、Nylon、Lodown、Gas As Interface、コカ・コーラ、ファンタなど多数いる。2008年のAustralian Recording Industry Association Awardsでは、The Presetsの「Apocalypso」のアートワークでベスト・アルバム・アートを受賞。その他にもMelbourne Art Directors Clubの審査員として参加する他、オーストラリアで開催されるAGDA やSemi Permanentなどのデザイン・コンファレンスで作品を発表している。またジョナサンは、バックステージ・ファッション・コミックのPetit Mal!のクリエイターであるTRU$T FUN! の3人のメンバーの1人でもあり、彼らのアクセサリーはロンドンのLibertyやシドニーのPoekpeなど世界中で販売されている。TRU$ST FUN!のクライアントには、BMW、V Magazine、The British Fashion Council、そしてTopshopなどがある。また、デザインの仕事と平行して、ビジュアル・アーティストとしても活動しており、オーストラリア国内外で多数のグループ展および展示会を行っている。
GASONLINE SHOP
Jonathan`s T-shirts:
ジョナサンのTシャツはこちら:
http://www.hellogasshop.com/?pid=16131038
TRU$ST FUN! ZINE available from here:
TRU$ST FUN!のジンがこちらから:
http://www.hellogasshop.com/?pid=16650992