INFO: KYOTARO solo exhibition – 「I SAW A LOT OF FAIRIES 2004-2010」

Atmosphereでは、4月21日よりミヅマ・アクションで、2年ぶりとなるKYOTAROさんの個展「妖精たちの行く道-I SAW A LOT OF FAIRIES 2004-2010」が開催されることをお知らせ致します。
Atmosphere would like to announce that Mizuma Action will be holding a KYOTARO exhibition for the first time in 2 years, entitled “I SAW A LOT OF FERRIES 2004-2010” .
%E3%80%8C%E5%86%8D%E4%BC%9A%E3%81%AE%E6%97%A5%E3%80%8D%5B1%5D.jpg
「再会の日」2004
鉛筆、水彩絵の具、色鉛筆、アクリル絵の具
55cm×39.5cm
(“Saikai no Hi” (“Day of Reunion”) 2004.
Pencil, Watercolor, Color Pencil, Acrylic paint)
展覧会概要
<展覧会名> 
KYOTARO展 「妖精たちの行く道-I SAW A LOT OF FAIRIES 2004-2010」
KYOTARO Exhibition ” I SAW A LOT OF FAIRIES 2004-2010″
<会期> 
2010年4月21(水)-5月22日(土) 11:00-19:00 (日・月・祝日休廊)
Dates: April 21st – May 22nd (Sat) 2010.
Time : 11:00 – 19:00 (Closed on Sun・Mon・National Holidays)
<会場> 
ミヅマ・アクション
Place: Mizuma Action
〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-3-9 藤屋ビル2F
TEL: 03-3793-7931 / FAX: 03-3793-7887
2F Fujiya Bldg. 1-3-9 Kami Meguro, Meguroku, Tokyo 153-0051
*東急東横線・日比谷線中目黒駅より徒歩3分
東急東横線代官山駅より徒歩6分 JR線・日比谷線恵比寿駅より徒歩12分
Access: 3 min walk from “Nakameguro” station on the Tokyu-Toyoko Line/Hibiya Line OR 6 min walk from “Daikanyama” station on the Tokyu-Toyoko line OR 12 min walk from “Ebisu” station on the Hibiya line.
<問合せ先>
展覧会担当:原田雄

http://mizuma-art.co.jp  
KYOTAROさんは雑誌のアートワーク、イラスト、広告、アニメーション、漫画といった幅広い分野の活動によりその名を知られています。
KYOTARO is known for her broad spectrum of work from artwork for magazines, illustrations, advertisement and animations.
前回KYOTAROさんは、全て鉛筆によるモノトーンの凛とした静かなたたずみの中に、絶対的な存在感を持つ「神様」たちを描き出しました。一方今回は、2004年から彼女が描き続けてきた妖精たちの物語です。これまで使われることが少なかった色彩を用いて描かれた連作「妖精たちの行く道-I SAW A LOT OF FAIRIES 2004-2010」を中心とした構成となる模様。妖精たちが織り成す誕生と再生、そしてその営みを、表情豊かに描き出した世界は必見です。生き生きと描き出された表情の中に、喜びや悲しみ、切なさが溢れ出し、私たち鑑賞者が実際に妖精の国にいるような錯覚さえ覚えます。
For her last exhibition, KYOTARO created “Gods” with absolute presence, standing admist a dignified silence in a monotone world drawn using only pencils.
This exhibition on the other hand is about ferries, which she has been drawing since 2004. The exhibition features around the series “I SAW A LOT OF FERRIES 2004-2019” in which KYOTARO uses colors she doesn’t normally use. She has created the birth, the re-birth and the life of the ferries with expressions full of life. Viewers are lead to an illusion that they themselves are visiting the ferry land when seeing the happiness and the sorrows in the expressions of the lively ferries.
妖精たちは、柔らかく繊細な色鉛筆、水彩、アクリル絵の具を用い、色彩豊かに描き出されています。今までに無い柔和な線、全体的に淡く彩られた中に、彼女のほとばしる情熱を体感していただけることでしょう。そして、その「妖精たち」を眺めるかのように大きなキャンバスに天界の住人「シルル神」と「プレアデスの7人の姫」など、妖精の世界と共に天界の神々も展示予定です。
The ferries are very colorful, drawn using soft and delicate color pencils, watercolor and acrylic paint. The viewers will feel the passion of KYOTARO through the soft lines and faintly stained colors, unusual for the artist. Heavenly residents as Silurian God and Pleiades Princesses drawn on a great big canvas “gazing” down at these ferries will be exhibited as well.
2008年は神様を、そして今回は妖精といった目に見えないものを題材にするKYOTAROさん。彼女はこう言います。
KYOTARO who chose invisible subjects as “Gods” in 2008 and “Ferries” for 2010 says,
「神界と妖精界はまったく別次元なのですが、同じ場所に同時に存在しています。この地球にはきっとたくさんの次元が混在しているのだろうと感じてなりません。人間だけの世界ではない気がしています。この星が本当にとてつもないかたまりだということ、全ては繋がっているということ、そしてそれを忘れないためにもたくさんの人に思い出して欲しいと願い、この絵を完成させなければなりませんでした。そして、常に新しい未来に毎秒突入し続けている私たちを認識することが出来れば良いなと願います。」
“God and Ferries are on completely different dimensions but exist in the same place at the same time. I can’t help but feel that this world exists together with many different dimensions. We humans are not the only one’s here. I had to complete these works because I wanted many people to remember that everything is connected, that this planet is awesome and for all of us to not forget that. I also hope that we people will be able to recognize the fact that we enter a new future every second. “
「神様たちが、力強くそこにいたのに対し、妖精たちは実に表情豊かにいきいきと暮らしています。今回の24枚の連作は、最後の作品が、最初の場面に戻る構成となります。しかし、同じところに戻るのではなく、その物語の進行と共に少しだけ時間が経過しています。まるで螺旋を描くかのように。妖精たちは肉体を越えて更に新たな次元へ進化し、浄化され、そして、天界へ繋がってゆくのです。その先は、あなた自身の物語として、ストーリーを紡いでいただければと思います。」
In contrast to the mighty presence of the Gods, the Ferries live a lively life full of expressions. This 24 piece series is constructed so that the last piece goes back to the same scene in the first piece. Instead of going back to the exact same place though, the time is forwarded just a little, in line with the progression of the story. Like drawing a spiral. The Ferries go beyond their flesh and evolve into a new dimension, are purified and connected to the heavenly world. If you could continue on the story from there, how wonderful that would be…
※シルル神:天界の住人で水に関連のある女神
Silurian God – Resident of the Heavens, a Goddess related to water.
※プレアデスの姫達:プレアデス星団 (Pleiades) は、おうし座 の散開星団。KYOTAROさんはその星に女性性を感じ、姫として描いたそうです。
Pleiades Princesses- Pleiades is open cluster of the Taurus. KYOTARO felt feminine powers to these stars and drew them as princesses.
Translation: with many thanks to Amy