NEWS: Haroshi exhibition “SKATE & DESTROY”

Atmosphere would like to announce the first exhibition of HARVEST, in other name “haroshi”, who has been caught up by BURTON, NINTENDO and FTC because of their original art work made by USED skate board. Their art work is more focusing on the aspect of fine art in this exhibition.
USEDスケートボードを素材に、BURTON、任天堂、FTC等とのコラボレーションで作品を発表し、注目を集めてきたHARVESTが、これまでのプロダクトでは表現出来なかったよりアート性を強調した別名義『haroshi』としての初のエキシビションのご案内!!
screaming%20foot.jpg DSC_0445.JPG
haroshi EXHIBITION
SKATE&DESTROY
The activity as “haroshi” have just started.
Till now, They have been making original products out of USED skate boards as key chains or necklesses as well as a collaborative works with BURTON, nintendo and FTC under the name of “HARVEST by haroshi”.
アーティスト「haroshi」としての活動が始まりました。
これまで「HARVEST by haroshi」として、使い終わったスケートボードのみを素材にキーチェーンやペンダント等のオリジナルプロダクトを作る活動を主にしBURTON、任天堂、FTC等と数々のコラボレーションを実現させてきました。
DSC_1112.JPG
This time, they are expressing what they couldn`t express through product lines they did in the past. In this exhibition, they are more focusing on thir artistic elements.
その「HARVEST by haroshi」が、この度は「haroshi」として、これまでプロダクトでは表現出来なかった、より作家性やアート性を強調した初のエキシビションを開催致します。
“haroshi” consists of two artists. One is HIROSHER and the other one is Harumaki. Thier works could be more conceptual than sculpture and it is hard to say that their work is just about the craftsman ship. They are showing amazingly beautiful transformation from the skate board to art piece. The imapct of their works and also the fine detail will definitely catch our breath in our throat. This project has originally started by HIROSHER`s enthusiasm towards skateboarding. He tried to make something out of things around him that he loves the most as active skater.
HIROSHERと春巻の二人からなるharoshiの生み出す作品は、彫刻よりもコンセプチュアルであり、単に造形とは言い得ない作品としてスケートボードからの見事な生まれ変わりを見せています。技術性や完成度の高さ、インパクトというものがアートワークとしての作品を通すことでより明確に伝わることとなるでしょう。熱心な現役スケーターであるHIROSHERが身の周りにあるものを使って何かを作ろうというところから出発したこのプロジェクトが、アーティストユニットharoshiとして新たな段階に達しました。
DSC_1150.JPG
en one tokyo presents
会場:PLSMIS
〒107-0062
東京都港区南青山4 -17-4-1F
会期:2/20(土)- 2/27(土) 
営業時間11:00 – 19:00
TEL 03-6459-2251
http://www. plsmis. com
Opening Reception
2/20(土) 19:00 – 22:00
Comment from haroshi:
haroshiのコメント:
“There are no single USED skateboard that it is bend or scrutched in the same way. As if it is a personality, skateboar has it`s own character. What I am doing is to focusing on each personality and use it`s element to create my work. So I am trying to show the out shoot of the bord beautifully as color of the skatebord looks beautiful when it`s pasted together.”
“ USEDのスケートボードは、乗っていたスケートボーダーによって削れ方やステッカーの張り方、折れかた、そのすべての要素をとっても同じ物は一つとしてありません。それは人間に個性があるように、スケートボードにも個性があるからです。使い終わったデッキの個性を大事にするように、デッキの傷やグラフィックは生かし、合板のカラーが綺麗なデッキはそれが綺麗に見える様に折れてささくれだったデッキは折れている事がより素敵に見える様に制作しています。”

DSC_0399.JPG
He is focusing on his activity in over sea as next step.
今後は展覧会を中心に国際的な活躍が期待出来る。 
http://haroshi.com/
2003年 HARVEST by haroshi を立ち上げる
2004年 ART of skatebosrd みんなのスケートボード1000枚展をPTGと共同開催
西麻布 Theseにて個展
2005年 object by gallery deuxpoissonsにて個展
HARVEST exhibition @ CAFE NICO
2006年 ALM FASHION SHOW @Hollywood LA に参加
HANDSHAPED SKATEBOARD at NO12gallery
NO12galleryと共同主催
DESIGN TIDE TOKYO 出展
2007年 FTC TOKYO openに合わせ看板とコラボレーションitemの制作
New York – Tokyo Music Festival に出品
BURTON[ak] PROJECT にて snowboard100枚を使用したSkull Helicopter object を制作
Skate & Create@新大久保 The Ghettoに参加
Sadistic Skatepark & HARVEST by haroshi EXHIBITION!!! @ STITCH TOKYO!!!
2008年 SKATEDOORS FIRST EXHIBITION @ 新大久保 The Ghetto
SKATE COFFINをステンドグラスアーティストPUCCIと共同制作
Rody cafe @ TOWERCAFE SKATEBOARD RODYを制作
UGLYCON TOKYO @ stitch tokyo に参加
2009年 DEPTH NY-TOKYO sports @ Brooklyn NYにてGoldieの音に合わせながら
Skull Helicopterの組み立てlive performance
HARVEST by haroshi X SUPER MARIO BROS @ Revelations
GREEN ROOM FESTIVAL にアーティストとして参加
www.red1press.com
☆アート情報サイトRED ONE PRESSがオープン☆

INFO: Exhibition of ENLIGHTENMENT “AD 2010″

Atmosphere is happy to announce the exhibition of ENLIGHTENMENT at Hiromi Yoshii gallery from 20th of Feb, Saturday. It has been two years and half since they had a show in Japan last time. There will be opening from 18:00, it should be too good to miss.
国内では、2年半振りとなるエンライトメントの個展が、ヒロミヨシイギャラリーにて、2月20日(土)より開催されます。初日18時 からは、オープニングレセプションが開催されます。
エンライトメント個展
AD 2010
50251596_73.jpg
2010年2月20日(土)ー3月27日(土)
午後12時ー午後7時
月曜、日曜、祝日は休廊
(Closed on Monay, Sunday and public holidays)
In this exhibition, ENLIGHTENMENT is searching the border line between ART and DESIGN. They are focusing on their new expression. There will be cafe as part of their installation called “LAST CAFE”.
アートとデザインの境界線とは何かを追求し、エンライトメントの新しい世界観を表現した作品展となっている模様。会期中はギャラリー内にインスタレーションとしてのカフェ LAST CAFE も、オープンするようです。
exhibition_enlightenment.png
エキシビジョンに関する 問い合わせ
Inquiry about the exhibition:
hiromi yoshii Gallery
〒135-0024
東京都江東区清澄1-3-2、6F
tel: 03-5620-0555
About ENLIGHTENMENT:
ELM%20Artist%20Photo.jpg
ENLIGHTENMENT is an artist unit consisted of Hiro Sugiyama, Kaname Tamaguchi, Fumitaka Tanaka and Shigeru Suzuki. While they make fine art works and show them in exhibitions, they also create unique graphic works for free paper, art book publishier, advertising, magazines and CD jackets. Moreover, their PV work and VJ are also evaluated because of it`s quality. Recently, not only 2 dimensional works, but they also create 3 and 4 dimensional pieces as well has been expanding their activity in various field.
ヒロ杉山、鈴木シゲル、山口要、田中文貴からなるアーティストユニット。ファインアートの世界で国内外の展覧会で作品を発表する一方、フリーペーパーやアートブックの出版、広告や雑誌、CD ジャケットなどでも独創的なグラフィックを発表し続けている。さらにPV 制作やVJ などの映像分野での評価も非常に高く、近年では平面だけではなく立体作品から空間演出も手掛け、ジャンルにとらわられず幅広い創作活動を展開している。

info: SUZUKI ÅFFICE an exhibition by Yuri Suzuki & Åbäke*

Atmosphereでは、ロンドンを拠点として活動しているスズキユウリ/Åbäke(アバケ)によるイベントが開催されることをお知らせ致します。
Atmosphere would like to announce the event which will be held by Suzuki Yuri and Åbäke.
この二組が新たなプロジェクトとして設立した架空の企業”SUZUKI ÅFFICE”が主催する社内バーを1週間のみCLEAR EDITIONのスペースで公開されます。
This two artists will open the bar inside fictional company called “SUZUKI AFFICE” for a week. This comany was established as a new project.
SuzukiAfficeNameCard.jpgSuzukiOffice2.jpg
様々な視点でデザイン/音楽/出版/料理などの要素を再構築するÅbäkeと、アート/デザイン/音を素材として取り込み作品発表を続けているスズキ ユウリのコラボレーションプロジェクトは見逃せません。
Åbäke reconstruct the design, music, publication and cooking using there diverse ideas. yuri Suzuki has been taking in the element of art, design and sound as material for her art practice. this such an interesting collaboration of two different artists are too good to miss.
SUZUKI ÅFFICE official company web-site : suzukiaffice.jp
※なお、「バー」としての営業のため、営業時間が通常とは異なりますのでご注意くださいませ。
Please be aware that this event is opened as bar therefore opening time is different to usual time.
スズキ ユウリ—————————————–
1980年東京生まれ。デザイナー、サウンドアーティスト。
明和電機のアシスタントワークの後、英国、ロイヤル・カレッ ジ・オブ・アートのデザイン・プロダクト学科を卒業。現在、ロンドンを拠点にヨーロッパ、アメリカ、メキシコ、インド等活動の場を広げボーダーレスなデザイン、アートプロジェクトを行っている。同時に世界最古の電子楽器「テルミン」奏者、DJとしても活躍中。2009年には先端芸術の祭典ARS electronicaにて栄誉賞を受賞。
作家HP:www.yurisuzuki.com
About Yuri Suzuki:
Born in 1980. Designer / Sound Artist
After working as an assistant for Meiwa Denki, she studied at Product Design Course at Royal College of Art. Now, she is based in london and has been working on numerous borderless design / art project in places such as Europe, USA, Mexico, India etc… At the same time, she is known as Theremin player and DJ. In 2009, she got honor award in the leading art ceremony ARD electronica.
HP:www.yurisuzuki.com
————————————————————
Åbäke(アバケ)—————————–
ロンドンを拠点に活動する4人組のアート/デザイン集団。
作品の大部分がデザインが持つ社会的意義やコラボレーションによって生み出される強みが関係するプロジェクトを世界各地で行っております。全ての作品やオブジェクトは真実の(もしくは限りなくリアルな)物語を伝えるためだけに制作されます。
またアバケは12もの仮の名で活動をしており、その代表的なものがKitsuné、 Social Pasta、Trattoria & Dent De Leoneになります。
メンバーは Patrick Lacey (英国)、Kajsa Stahl(スウェーデン)、Benjamin ReichenとMaki Suzuki(フランス)
www.myspace.com/abakespace , www.kitsune.fr
※abake : supported by Tokyo Wonder Site : www.tokyo-ws.org
Åbäke is a creative group consists of 4 artists who is living and working in LONDON. Their work is cross over work between art and design. Most of their design has a lot of meaning in the social significance and has been working on numerous projects all over the world. All of their work and objects are made to show the truth or realistic narrative. Åbäke is working on their activity in 12 different names and the Kitsuné, Social Pasta, Trattoria & Dent De Leone is the distinctive ones.
————————————————————
SUZUKI ÅFFICE
an exhibition by Yuri Suzuki & Åbäke*
Saturday 13 February —Saturday 20 February 2010
Reception: Saturday 13 February, 18:30—21:30
at
Clear Edition & Gallery
Place Aoyama, 4—2—5 Shibuya, Shibuya-ku
Tokyo 150——2 , Japan
Thursday—Friday 17:00—21:00
Saturday—Sunday 12:00—20:00
Monday—Wednesday: Closed
*Supported by Tokyo Wonder Site