INTERVIEW: with Taku Takemura, the author of “A Way of Life – Creator Journal of 28 Artists”

Atmosphere held an interview with Taku Takemura, the author of the book “A Way of Life – Creator Journal of 28 Artists” that was published last June.
アトモスフィアでは、09年6月に出版された『ア・ウェイ・オブ・ライフ 28人のクリエイタージャーナル』の著者、竹村卓氏へのインタビューを行いました。

atmosphere1%20%283%29.jpg takemura_pic.jpg
   
The book features 28 big-time artists that’s got the Indy spirit and speak the language of the skate culture. Mr. Takemura talked to us about the things that happened in making the book and what he got out through all of the interviews with the artists.
スケートカルチャー、インディペンデント精神を共通項に28人の錚々たる面々のインタビュー記事を集めた本書の著者である竹村卓氏が、本書の出版にあたっての出来事やインタビューを通して感じたことを語ってくれました。
Here is a peep of the deeper side of the book- the vibes and the temperature throughout the book spoken by the author himself.
今回のアトモスフィアでは『ア・ウェイ・オブ・ライフ 28人のクリエイタージャーナル』を読んだだけでは分からない実際の現場での雰囲気や、インタビュアー竹村氏の体温を感じられる言葉をお届けします。
WORKS:
atmosphere15.jpg
Neck Face / ネックフェイス wall painting
atmosphere16.jpga_way_of_3.jpg
Barry McGee / バリー・マギー Painting・bottle parts
atmosphere4%20%281%29.jpg
Brian Gaberman / ブライアン・ゲーバーマン
atmosphere3%20%282%29.jpg atmosphere2%20%282%29.jpg
LEFT: Bobby Puleo / ボビー・プーリオ
RIGHT: Raymond Pettibon / レイモンド・ペティボン

atmosphere1%20%282%29.jpg
Gabe Morford / ゲイブ・モーフォード
■Interview Q&A
■インタビュー回答
Q 1
-First, I want to ask you about the editing process for this book. When I first read this book, I wondered if I should read the interviews of the artists that I know first or read them in order. Was the order of the interviews intentional?
まず、本書の編集についてお伺いします。私はこの本を読む時に、自分の知っている人のインタビューをはじめに読んでいこうか、それとも掲載されている順序通りに読もうかと考えました。インタビューを載せいている順序には何かあなたの意図したものがありますか?

From the beginning, when I was thinking about the interview list, Aaron Rose was on the top of the list. I think this is the same for some of the artists in this book as well, but I feel that I am here now because of Aaron and that is the reason this book was made. He introduced me to very interesting artists and also taught me to “do things by yourself”. I also met with him and talked about the book before I started the actual process. So naturally, I interviewed him first and put him at the top. As for the following order, I first thought about doing it alphabetically since Aaron starts with an “A” but I decided to put them in the order of the actual interviews I did. There isn’t any deep meaning to it, but I thought it would be a good reflecting point of my journey as well. So, there’s no special meaning to the order except for having Aaron at the top. It’s really all up to the reader where to start, weather you’re just browsing through the book or looking for a particular artist.
この本のインタビューリストを考えている時からアーロン・ローズをトップにしたいと思っていました。本に登場してくる人の何人かもそうだと思うのですが、僕にとってもアーロンがいたからこそ今の自分がいると思うし、この本を作ることができたと思っているから。彼は興味深いアーティストや出来事を紹介してくれたし、『自分でやるぞ。』という事を僕に教えてくれました。本の為に動き出す前に彼に会って相談もしました。なので一番初めにアーロンにインタビューしたし、本もアーロンから始まっています。それ以降の人の順番に関しては、アーロンがAで始まるのでアルファベット順にしようかなー、とも考えたのですが、やはりインタビューした順にしました。特に意味はないのですが、インタビューの旅を振り返られるかなと思って。なのでアーロンが最初に登場している以外、登場順に意図したことはないです。それにこの本はパラパラめくって興味のある人や、作品を見て興味を持った人のページから読んでもらえるので、読む人任せ。です。

Q 2
-In the Foreword, you say, “My intentions are for you to get the general vibes of these artists, not to understand everything about them.” What was the vibes you felt through the interviews?
本書の始まりにある『Foreword』の中に“彼らのすべてを理解するのではなく、雰囲気を感じられれば良いと思う”とありますが、インタビューを行ったあなたはどんな雰囲気を彼らから感じましたか?

Work Space:
atmosphere6.jpg
Mat O’Brien  / マット・オブライアン
a_way_of_6.jpg
Thomas Campbell / トーマス・キャンベル
a_way_of_5.jpga_way_of_2.jpg
Raymond Pettibon / レイモンド・ペティボン
I was able to feel their everyday life vibes, very much. Painters and photographers had similarities but also differences in their views. What was impressive was the fact that they were all able to do the things they really wanted to do. It was a lot of fun to see the lives of such people, and I understood their personalities and the creative works that came out of these people as well. That was the reason I went to the studios, offices and homes of the artists.
彼らの普段の生活やその雰囲気をビンビンと感じる事ができました。同じ絵描き、同じフォトグラファーでも、それぞれ考え方が違っていたり、似ているところがあったり。でも、自分がやりたいと思っていることをちゃんとやれているのがとても印象的だった。そうした彼らの生活を垣間見られるのは取材をしていて楽しかったし、そんな中から生まれてくる作品や彼らのパーソナリティーに納得できた。この本を作るのに相手の作業場、仕事場、自宅に出向いてインタビューすることにこだわったのはそのためです。

Q 3
-What do you want the readers to “get” from your book?
あなたは本書の読者に何を読み取って欲しいと考えますか?

I think that each person who reads this book have different values and backgrounds and therefore will get different things out of the book, so there isn’t anything particular I want them to “get”. If they could be like, “wow, there’s so many kinds of people out there” I will be happy. Having said that, it would be nice if people could understand why I wanted to interview these artists and what I “got” from the interviews.
この本を読んでくれる人もまた、さまざまな価値観やバックグラウンドがあるので人によって感じたり思ったりする事は違うと思います。だから僕は特にこう読み取って欲しいとは思っていません。へー、いろいろな人がいるんだなー。って思ってもらえたらうれしいです。とは言いながらも、僕が実際に彼らにどうして取材をしようと思ったのか、取材をして感じた事を読んでくれた人に少しでも伝えられたらいいなと思います。
In my case, when I see an artwork that I like for the first time, I wonder why this artist made that work and that makes me want to meet the person in life. That’s because there is so much you can learn from their lifestyles and backgrounds. Actually meeting the person makes that person even more intriguing and I hope that the readers will get that, even if just a little.
僕の場合、作品を初めて目にしてその作品がいいなと思うと、その作者はどうしてこんな作品を作ったんだろう?と思う事が多く、そうすると本人に会いたくなる。それは、彼らの生活やそれまで育ってきた環境などを通していろいろ知ることができるからです。会って実際に話を聞くと作品もそうですが、その人自身に魅力を感じるようになるのです。読者にそれが少しでも伝わればいいなって思っています。

Q 4
-Were there any episodes that you remember from the interviews?
インタビュー中に起きたエピソードで何か思い出深いものがあれば聞かせて下さい。

There are a lot of memories –getting freezing cold or hot, car stopping on the freeway…getting an interview right before leaving. But the most memorable fact is how cooperative all the artists were. Many of them are very busy and sometimes quite loose, so it was often hard to contact them. But, they too are creators so they were all very understanding about this book that I was creating and also very cooperative. When I was interviewing, the publisher was still up in the air but because of everybody’s help I was very encouraged. I’m also very thankful to the people that made these connections with the artists for me, who gave me advice and who gave me a place to stay too.
思い出深いものはたくさんありました。寒かったり、暑かったり、フリーウェイでクルマが止まったり。帰るギリギリでインタビューできたり。
でも全体を通して一番思い出深かったのは、インタビューした人たちみんながとても協力的だった事です。忙しかったりみんな適当な人が多いので、連絡が取れにくいことが多かったんですが、彼ら自身もの作りをしている人なので、僕が作っている本に対しても理解してくれてとても協力的でした。 取材をしている段階では出版社も決まっていない状態の見きり発車だったのですが、みんながインタビューに協力してくれた、という事そのものがとても励みになりました。 もちろん、本に登場してくる人以外でも、連絡先を教えてくれた人や、アドバイスをくれた人、家に泊めてくれた人。みんなに感謝しています。
ARTISTS:
atmosphere10%20%281%29.jpg atmosphere14%20%281%29.jpg
LEFT: Shawn Mortensen / ショーン・モーテンセン
RIGHT: NeckFace / ネックフェイス
      
a_way_of_4.jpg
Steve Alva / スティーブ・アルバ

Q 5
-What was the biggest challenge for you throughout this entire project from the beginning to the end?
・ この本の発案から完成までで一番あなたが苦労したことは何でしたか?

Getting appointments for the interview. Everyone, in a good-sense, is very carefree so even if I did get in touch, I didn’t know if the interview was going to happen until it did. Sometimes, they’d be like, “yeah sure, come!” and then when I actually got there, be like “oh, you’re here.” I only had limited time to stay in the US so if I couldn’t see them during my stay, I had to start from the start, so that was very difficult -meeting people as planned. It might sound like a simple thing, but…Oh, and getting the artwork from them was really hard too. “yep, I’ll send it over” and then “oops! forgot!” kind of thing. No body means any harm by it, so it doesn’t make me mad or anything, but…
インタビューのアポ取りでした。みんな良い意味で適当な人たちばかりなので。連絡が取れても実際に会うまで何があるかわからないところです。「あっ、いいよ、いいよー」とか言って、実際に訪ねると「来てたんだ−」みたいな。アメリカでの滞在期間が限られているので、その間に会えないとまた一からになってしまうので。約束通りにちゃんと会う、というのが一番苦労したことです。あたりまえのように聞こえますが…。そのあとに送ってもらう作品集めの催促も大変でした。「あっ、送るよ、送るよー」、「ごめーん、送るの忘れてたー」って同じ。みんな全然悪気がないから、こっちも怒る気にもならないんですけれど。

Q 6
-I’m sure all 28 interviews in the book were very important to you, but were there any particular interviews, which were most impressive to you? What words and or actions moved you? What did you feel out of them?
・ もちろん本書に掲載されている28人のインタビュー全てがあなたにとって印象深いものであったと思います。ですがその中で特にあなたに影響を与えた人物を挙げるとすればそれは一体誰のどんな言葉や行動でしたか?また、そこからあなたはどんなことを感じましたか?

Hmmm…who would it be… I was very impressed with the fact that Giovanni Estevez understood his surroundings very well and was very responsible, more than I expected. Tommy Guerrero who gives a mellow impression from his music was still very punk and I could relate to him in a lot of ways. I’m a friend of Ari Marcopoulos, so I’ve seen his work many times and have had many conversations together, but because I knew him, I never got why I was so intrigued by his photography. But when he told me that “what’s important is not taking photos but why you are taking that photo” everything sort of made sense and that left a strong impression on me.
うーん、誰だろう。ジオヴァーニ・エステベスは、僕が思っていた以上に自分の周りの出来事をちゃんと理解していて、とてもしっかりしているところが印象的でした。音楽からくる印象で穏やかなイメージのゲレロも、相変わらずパンクなところも良くて共感できるところがたくさんあった。アリ・マルコポロスとは友人で、彼の事も作品も見て話も何度も聞いてきたけれど、僕は彼本人を知っているということも含めて、彼の撮る写真にどうして惹かれるのか?という事に明確な答えがわからなかった。今回のインタビューのなかで「写真を撮ることではなく、どうして写真を撮っているのかという事が大切」と話してくれた時に彼の状況を含めて、その全てが何となくメイク・センスしたのが印象的でした。
a_way_of_9.jpg ali_2.jpg
Left Giovanni Estevez / ジオヴァーニ・エステベス
Right Ari Marcopoulos / アリ・マルコポロス

ali_4.jpg

Q 7
-There is no Afterward in this book. Is there anything you would like to share in place of the Afterword?
本書には後書きがありませんね。後書きにかえて、何かやり終えた後にあなたが感じたことや話せることを聞かせて頂けますか?

There was so much that I thought about and felt through making this book and I don’t feel that there are any answers that I could give to those thoughts and feelings yet. This book is a “journal” for me and an ongoing thing, so I think that is the reason why there is no Afterword. I tried to avoid putting my opinion or point of view in the interviews, although there are some parts where I put my voice in. But, the rest of the story is told by the 28 artists.
この本を作るにあたっていろいろな事を考えたり感じたりしました。それに対して僕が語れるような答えはまだないような気がします。この本は“ジャーナル”として自分の中でもまだ続いていくものなので後書きはまだないんだと思います。インタビューもなるべく僕の言いたいことや意見を含ませないように質問しています。何カ所か話の流れでちょっと語っちゃっているところもありますが。他は28人の人が話してくれているんじゃないかなと思います。

Q 8
-Lastly, this is a question that was brought up time and time in the book as well. What is your future plan? Do you plan to publish this type of book again?
最後に、本書でも度々出てきていた質問です。あなたのこれからの予定を教えて下さい。またこのような本を出版される予定などはありますか?

I asked the same question to most of the artists as well and I thought it was interesting that many of them did not have a plan or a goal. Actually, when you asked me that question, I realized that I don’t have a particular plan either. I would like to make more books if possible though. My interview list goes on and on.
僕もこの質問をほとんどの人にしました。その多くの人たちがこれからの予定や、目標を立てている人がいなくて面白いな、って思った。僕もそう聞かれると特に考えていないなー、って。できれば本は作り続けたいと思っています。僕の中でインタビューのリストはまだまだ続いています。
Thank you very much Mr. Takemura. We truly appreciate your cooperation.
ありがとうございました。竹村さま、ご協力に大変感謝致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Taku Takemura
Born in Tokyo in1973. Writer/Editor/Coordinator.
Meet his first bicycle at 3, start BMX in elementary school and meet skate boarding in middle school at which he gets an infatuation with America. Move to America at 21.
Work as a coordinator for cultural magazines, fashion magazines and advertisement in LA. After returning to Japan, work as a writer and editor for numerous culture magazines as well as work in advertisement production.
These days, he is active as a Sunday skater. Living in Tokyo.
a.k.a San-yo.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
竹村 卓 Taku Takemura
1973生まれ。東京都出身。ライター、編集者、コーディネーター。
3歳で自転車と出会う。小学生でBMXに乗りはじめ、中学生でスケートボードに出会う。それと同時にアメリカに憧れ、21歳で渡米。
ロスアンゼルスで各カルチャー誌、ファッション誌、広告などのコーディネーターとして活動する。帰国後ライター、編集者として、数々のカルチャー誌で執筆、広告制作にも携わる。
最近は、サンデースケーターとして活動中。東京都在住。a.k.a三陽(San-yo)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
“A Way of Life. Creator Journal of 28 artists. LET’S DO EVERYTHING WRONG RIGHT?!!”
『ア・ウェイ・オブ・ライフ 28人のクリエイタージャーナル LET’S DO EVERYTHING WRONG RIGHT?!!』
インタビュイー / Interviewees
Aaron Rose、Ray Barbee、Rick Howard、Andy Jenkins、Raymond Pettibon、Steve Alva、Tobin Yelland、Cheryl Dunn、Giovanni Estevez、José Parlá、Bobby Puleo、Shawn Mortensen、Ed Templeton、Mark Whiteley、Dan Wolfe、Mat O’Brien、Gabe Morford、Ari Marcopoulos、Tommy Guerrero、Jai Tanju、Lance Mountain、Brian Gaberman、Barry McGee、Thomas Campbell、Coan Nichols and Rick Charnoski、Neck Face、Takao Niikura、Kami
First-run Print: June 19th, 2009
Author: Taku Takemura
Photograph: San-yo, Taro Hirano, Ken Goto
Publisher: blues interactions, inc.
初版発行 2009年6月19日
著者:竹村 卓
写真:三陽、平野太呂、Ken Goto
発行元:株式会社ブルース・インターアクションズ
ISBN978-4-86020-326-9
**********************************
Interviewer: Yuma Ookubo
Translator: Amy
**********************************

EVENT: HIGH5 3 開催のお知らせ

2010年1月23日(月 – 祝日)にクリエイティブポータルサイト[HITSPAPER] が主催するデザインカンファレンス[HIGH5 3]が開催されます。
Design conference HIGH5 3 run by creative portal site HITS PAPER will be held on 23rd of January 2010.

high53_main.jpg
開催日時 : 2010 月1 月23 日( 土) 12:00~19:00 ( 予定)   
開催場所 : 横浜大さん橋ホール
定 員 : 400 名
入 場 料 : 4,000 円( 税込) HITS PAPERオンラインショップにて販売
主 催 : HITSPAPER (antenna7.com)
協 賛 : アドビ システムズ 株式会社
オフィシャルHP : http://www.high5.jp/
以下プレスリリースより:
今回のHIGH5 3 のテーマ「ガラパゴス」です。
テクノロジーの発達やグローバリズムによって、私たちの取り巻く環境が急速に変遷しています。世界規模で世界基準・規格が求められ、フラット化の波が様々な業界の淘汰を促します。日本で「ガラパゴス」というと世界規格から、はずれた携帯市場を指す言葉として、どちらかと言えばネガティブなワードとして使われていますが、自然界を鑑え見れば、多種多様な生態系ありきで、各々が存在する事が、摂理として整然とサイクルの美しさを形成しているように思います。私達、モノ作りをする業界の中でも、このような影響を多く見受けられる中で、独自の進化を遂げ、驚くべきクリエーションの光を放ち続けるクリエーターがいます。
今回のHIGH5 3 のテーマは、その独自の進化を遂げたプロセスやその独創性を読み解きます。
Briefing from press release :
The theme of HIGH5 3 is “Galapagos”.
The environment around us is changing rapidly by the globarism and the development of technology. The wave of flat pattern shakeout different market because of idea of the world standard or specification which caught us. When we talk about “Galapagos” in Japan, it may sound negative word because it implicate deviated mobile phone market. However, “Galapagos” in nature is ecological scheme of different creature. It is forming beautiful shape of cicle and living as providence of many different life together. In the market of creativity, this kind of bad effect has been seen around. But within this situation, there are creators who is accomplishing their own progress and show us astonishingly creative impact.
それぞれのスピーカーに関して:
About LAB Rockwellgroup
01.jpg
02.jpg
03.jpg
LAB は、N.Y. に本拠を置く建築デザインスタジオ「ロックウェル・グループ」が発足させ、250 人にも及ぶクリエーターの育成機関から生まれたインタラクション・デザインチーム。建築学をベースとしたインタラクションオブジェクト・環境構築や、ソフトウェア、テクノロジーソリューションプロバイダー構築を手掛ける。そのツールにはRFID、UPC スキャン、ビデオプロセッシング、ソナー、LED、ワイヤレスコミニケーションなど多岐に渡る。
The LAB is Rockwell Group’s digital interaction design team. The ambition of the LAB is to explore, experiment, and demonstrate interactive experience augmented with digital technology in objects, environments and stories. This activity includes: in house design and creation of interactive environments/objects, scripting software, science and technology consultation, and maintaining networks of technology solution providers. Their toolkit includes working with custom hardware and software for RFID, UPC scanning, video processing, sonar, capacitance, shape memory alloy, LED and lighting technologies, wireless communications, and screen based dynamically composited animation. The LAB embeds sensing and reactive technologies into things and places to create narratives that give people deeper and more valuable experiences.
lab.rockwellgroup.com
About Lieko Shiga
02_work_leikoshiga.jpg
1980 年愛知県生まれ。2004 年Chelsea College of Art and Design 卒業。現在ベルリン在住。写真家。自身の周りに実存する人物や環境を、自らが生み出す虚構を
織り交ぜ、記憶よりも確実な記録として残す。特定の地域や住民へフィールドワークを行い、写真撮影を構成していく手法を使う。2008 年に木村伊兵衛写真賞、
2009 年に国際写真センター第25回インフィニティアワード新人賞を受賞するなど、国内外で注目されている。
Lieko Shiga was born in Aichi in 1980. Graduated from Chelsea College of Art and Design, now she is living and working in Belrin as a photographer. She remain the certain record rather than memory by mixing the myth she creats and the people or circumstance surround her. She does fieldwork of the specific area and the citizen, and uses technique to makeup photo shoot. She start to garner attention after the awarded prize of Kimura Ihei Commemorative Photography Award Show in 2008 and Infinity Award / Young Photographer, International Center of Photography, NewYork in 2009.
www.liekoshiga.com
About Klein Dytham architecture:
klein_1.jpg
Alpha Tomamu Towers/ Daici Ano
klein_2.jpg
Ukishima Ai Cafe/ Daici Ano
アストリッド・クラインとマーク・ダイサムは1988 年に来日、1991 年にクライン ダイサムアーキテクツ(KDa)を設立しました。以来、建築、インテリア、イン
スタレーション、その他、幅広いデザインフィールドで活動し、西洋と東洋の文化・感性をうまく融合させながら、独自の視点で日常にありふれたものにも常に新た
な価値観を生み出しています。また、2003 年に始めたトークイベント「ぺちゃくちゃないと」は、今や世界各国の250 以上もの都市で、20 スライド×20 秒の共通
フォーマットで展開され、デザインカテゴリーや国境といった境界を越えて、多くの人々に親しまれています。
Klein Dytham architecture (KDa) is a multi-disciplinary design practice active in the design of architecture, interiors, and public spaces and installations. Established by Royal College of Art graduates Mark Dytham and Astrid Klein in Tokyo at the dawn of the 90s, KDa is today a multi-lingual office with an increasingly visible international profile and client list.
KDa`s base in Tokyo provides constant source of inspiration and creative energy. The Japanese thirst for the new, a sensitivity to material and detail in crafting, and an ever-changing urban environment nourish KDa`s ideas and production.KDa spans east and west, offering the freshness of vision that only an outside perspective can bring.
www.klein-dytham.com
About Toru Nagahama:
A%20round%20on%20the%20white%20paper.jpg
04_works_torunagahama.jpg
1980 年生まれ、2005 年大学院Royal College of Art Communication Art & Designs卒業。現在ロンドン在住。クリエイティブスタジオHi-reS! にて、デザイナーとして働きながら個人で写真を中心とした作品を制作、展示。日々の中のレイアウト。イメージ、アイデア、価値観の再配置。そして写真の遊戯性をテーマにプリン
ト、本、インスタレーションを制作。
Toru Nagahama is Born in 1980. He studied in Communication Art & Design at Royal College of Art, London. Now, he is living and working in London. After graduating the school, he has been carrying on his career at the creative agency Hi-Res!, while continuing his exploration of photographic media as an artist. The unique and witty installations he creates with sculptures, objects and prints are unlike to anybody else’s photographic practice. Nagahama also experiments with books as a form of presentation, and his handcrafted books attracted many people.
www.tnghm.com
About SHIMURABROS.
05_work_shimurabros.jpg
ユカ&ケンタロウによる姉弟ユニット。英国 セントラル・セント・マーチンズ 大学院 映画・舞台芸術学部卒業。株式会社ピクト撮影部勤務を経て独立。新たな映像装
置の発明によって既存の枠をこえたイメージの実体化を企てる。企業とのコラボレーション、パブリックアートなどその活動は多岐に渡る。カンヌ及びベルリン国際映
画祭での上映をはじめ、ロンドン、パリ、プラハ、ウィーンなど、国外にも作品発表の場を広げている。
A sister / brother artist duo , Yuka and Kentaro graduated from Central Saint Martins MA Scenography and enterd PICT. They became independent after a while and create works of motion images in formats such as media art, film and installation. A new expression of imagery through their new inventions. Their activity has variety from collaboration with companies to public art. They showed their work in international film festival include Canne and also in the other countries such as London, Paris, Plague, and Wein.
www.shimurabros.com
About Naoki Ito (W+K tokyo):
06_work_high53_naokiito.jpg
メディアにとらわれないキャンペーン戦略、TVCM、コピー、アートディレクション、インタラクティブ、 PR など、その活動領域を広げている。 ADK、GT を経て
2009 年11 月より、ワイデン+ケネディ トウキョウ代表。 2007 年から2009 年のカンヌ国際広告祭では、日本人最多の5 つの金賞(GOLD LION) を含む10 のライ
オンを獲得した。また、2009 年のカンヌ国際広告祭では、相模ゴム工業のLOVE DISTANCE で、日本として13 年ぶりに、TVCM 部門で金賞を獲得。アドフェス
ト( アジア広告祭) では、3 年連続でグランプリを獲得中。ここ3 年で、国内外の広告賞・デザイン賞で、85 の賞を受賞している。TCC 会員。NY ADC 会員。
ONE SHOW 会員。 9/17 に最新著作”「伝わる」のルール” を上梓した。
Naoki Ito is actively working on different media include, Strategic Campaign, TVCM, copy, art direction, interactive media, PR. He entered the third largest advertising agency in Japan, ADK, and worked as Sales Promotion Planner and Account Planner. In 2003, he became Creative Director. After receiving a number of awards, he joined GT, a leading Japanese creative boutique, in July 2006. Recent clients have included Nike, Microsoft and Coca-Cola. Since 2005 he has won Gold, Silver, Bronze at the Tokyo Interactive AD Awards, Asia Pacific AdFest Silver, a One Show Interactive Merit award, and was a Future Marketing Award Finalist at the LIAA. He has served on the jury of the 2006 Clios and is also a judge at the One Show Interactive 2007. Recent works include Nike NIKEiD, “NikeCosplay,” and Microsoft XBOX “Interactive Wall Big Shadow.”
www.wktokyo.jp
=================================================================

NEWS: New Zine by Jonahan Zawada released!

Atmosphere would like to announce the lauch of Jonathan Zawada`s zine “Fashematics”!
jonathan_zine1.jpgjonathan_zine2.jpg
To commemorate Jonathan Zawada`s 50th fashematics equation created for his fashematics.com blog, with the help of IzRock Pressings I created FASHEMATICAL, a zine of his favourite looks from the Spring/Summer 2010 runway shows, reinterpreting the models as part of either a horde of zombies or an army of robots.
Jonathan Zawadaが手掛けるFashematics.comというブログサイトの50個目のデザインが出来たことを記念して、FASHEMATICALというZINEがIzRock Pressingより発行された事をお知らせ致します。Fashematicsとは、Jonathan Zawadaが2010年のSSシーズンのランウェイよりインスピレーションを受けたデザインを彼なりの方程式にて落とし込んだデザインになっています。
jonathan_zine2_430.jpg
Featuring clothes by Prada, Bernhard Willhelm, Balenciaga, Alexander McQueen, John Galliano, Chanel and more…
モデルを大勢のゾンビやロボットの軍曹として見立て、プラダ、ベルンハルト・ウィルヘルム、バレンシアガ、アレクサンダー・マックイーン、ジョン・ガリアーノ、シャネルなどのブランドの服をフィーチャーしています。
IzRock Pressing is releasing a total of 200 editions around the world, with 10 of them out of 50 from Jonathan`s own collection available in HELLOGASONLINE SHOP / Japan. Almost all books are sold out in NY!
全ての本にはエディションがついており、全世界で200冊しか刊行されておりません。
NYではほぼ完売しました。今回、Jonathanの手元にあった50冊のうち10冊がオリジナルステッカーとのセットでHELLOGAS ONLINE SHOPにて販売されます。
Sticker / ステッカー:
jonathan_sticker2_430.jpg
About Jonathan Zawada:
ジョナサンザワダについて:

jonathan_zawada_W210_j.jpg
Born in Perth, Australia in 1981, Jonathan Zawada works as a graphic designer from his home in Sydney for many music, art and fashion clients such as Ksubi, Modular Records, The Presets, Surface to Air (France), Sixpack (France), RVCA, Nylon (USA), Lodown (Germany), Gas (Japan), Coca Cola and Fanta using a diverse range of mediums from website design to illustration. Jonathan was awarded an Australian Recording Industry Award for best album art in 2008 with The Presets, ‘Apocalypso’ artwork and has participated on several design award judging panels (including AWARD and the Melbourne Art Directors Club) and presented at numerous conferences for design in Australia (Including AGDA and Semi Permanent).
1981年オーストラリア、パース生まれ。シドニーの自宅でデザイナーとして音楽、アート、ファッションを中心としたクライアントの仕事を手掛けている。ウェブサイトのデザインからイラストまで幅広い表現の手法を使い、顧客リストにはKsubi、Modular Records、The Presets, Surface to Air (フランス), Sixpack (フランス)、RVCA, Nylon (アメリカ), Lodown (ドイツ)、Gas As Interface (日本)、コカ・コーラ、ファンタなど多数。
2008年のARIA Awards (Australian Recording Industry Association Awards)では、The Presetsの「Apocalypso」のアートワークでベスト・アルバム・アートを受賞した。その他にも多数のデザインアワード(AWARDやMelbourne Art Directors Clubなど)の審査員として参加する他、オーストラリアで開催されるデザイン・コンファレンス(AGDA やSemi Permanentなど)で作品を発表している。
Jonathan is also one third of TRU$T FUN! makers of the backstage fashion comic, Petit Mal! and their self-titled accessory range which is sold worldwide in stores such as Liberty of London and Poepke in Sydney. TRU$T FUN!s list of clients include BMW, V Magazine (New York), The British Fashion Council and Topshop.
ジョナサンはバックステージ・ファッション・コミックのPetit Mal!のクリエイター
であるTRU$T FUN! の3人のメンバーのひとりでもあり、彼らのアクセサリーは
Liberty of London やシドニーのPoekpeなどワールドワイドで販売されている。
TRU$ST FUN!のクライアントには、BMW, V Magazine (NY) The British Fashion Council, そしてTopshopなどがある。
Parallel to his professional design work, Jonathan is also a practicing visual artist. He has had solo shows at Monster Children Gallery in Sydney, including ‘Semantic Webs’ in 2005 and ‘Boolean Values’ in 2008 and with collective TRU$T FUN! for the ‘Glory Holes’
exhibition in 2009. He has been a participant in many group exhibitions both within Australia and internationally.
また、デザインの仕事と平行して、ビジュアル・アーティストとしても活動してい
る。シドニーのMonster Children ギャラリーでは2005年にSematic Webs 、2008
年にBoolean Values 2008 Gloryといった個展を、TRU$T FUN!コレクティブとしては
2009年にGlory Holes展を開いている他、オーストラリア国内外での多数のグループ
展にも参加している。

NEWS: KAPOK OPENED NEW SHOP

Atmosphere would like to announce the lauch of NEW SHOP of KAPOK.
アトモスフィアでは、香港をベースに世界中の雑貨を集めて販売しているKAPOKの新しいショップがオープンした事をお知らせ致します。
KAPOK is a distributor of MOLESKIN in Asia and also gather numerous design goods from teh world. It makes us really exciting to just come and look around what they gathered in their shop. So, please come and visit their shop!
KAPOKは、MOLESKINのアジアでのデストリビューターであり、世界中のデザイン商品を販売しています。行って、彼らがどんなものを集めているのか見回るだけでもとっても楽しいので、是非皆さま足をお運びください!
kapok_open_2.jpg
R1004127.JPGR1004124.JPG
R1004125.JPGR1004126.JPG
R1004119.JPGR1004120.JPG
R1004122.JPG
R1004115.JPGR1004117.JPG
The address:
kapok on sun street
3, sun street. wanchai
t: (852) 2529 1163
w: www.ka-pok.com
R1004128.JPG
***************************
The Past interview of KAPOK:
過去のKAPOKのアトモスフィア・インタビュー:
http://gas.main.jp/atmosphere/2007/08/interview_kapok_1.html
***************************

NEWS: Stefan Marx Show “Pleeease” at Hamburg

Atmosphere would like to announce the latest show of Hamburg based artist Stefan Marx. He just did huge mural installation in Kunstverein Hamburg. Stefan Marx has been very popular in both Europe and Japan and have done numerous project in the past. Please enjoy his latest work!!!
Atmosphereでは、ハンブルグを拠点に活動するStefan Marxの巨大な壁画のインスタレーションの作品をご紹介いたします。Stefan Marxはヨーロッパを始めとして日本でも非常に人気です。彼の巨大な壁画を是非お楽しみください。
stefan_marx_latest_flyer.JPG
Stefan Marx, Pleeease, 2009
Installation view Kunstverein Hamburg
Fotos: Fred Dott / Kunstverein
www.kunstverein.de
www.galerie-karin-guenther.de
stefan_marx_latest_hamburg.JPG
stefan_marx_hamburg.JPGstefan_marx_latest_show.JPG
Pleeease
Stefan Marx
19. Dezember 2009 – 28. November 2010
The Past Exhibition Stefan Marx did in Melbourne:
過去にSteanがMelbournで行ったインスタレーションの様子:
Pryor_Drop_sml.jpg
SMarx_Melbourne_02.jpg
SMarx_Melbourne_01.jpg
SMarx_Melbourne_04.jpg
SMarx_Melbourne_03.jpg
About Stefan Marx:
Born in 1979. Based in Hamburg, Germany, Stefan works as an artist and drawer. Turning ‘what he loves’ (drawing, skateboarding, books, sketchbooks) into the source of his creative disciplines, he explores his interests and talent by publishing small zines, exhibiting his artworks, or designing CD cover. He expresses his thoughts and views through drawing and painting and portraits the world with the unique interpretation. He founded an independent T- shirt label, THE LOUSY LIVINCOMPANY and designs small edition but high quality T-shirts. The number of his books have been published, and in 2007, the book of his work, ‘I Wait Here For You Forever as Long as It Takes’, was published from Swiss art publisher, Nieves.
1979年生まれ。ドイツ・ハンブルグを拠点にアーティスト・イラストレーターとして活躍する。ドローイング、スケートボード、本、スケッチブックなど、彼が「愛するもの」を活動源とし、作品集の出版、アートエキシビション、CDカバーのデザインなど幅広い分野で才能を発揮する。ドローイングや絵を通して彼の世界観、思想、スケートボーダーとしてのインディー精神を表現し、独自の目線で世界を描き出す。インディペンデントTシャツレーベル『THE LOUSY LIVINCOMPANY』を立ち上げ、少数生産ながらクオリティー・クリエイティビティの高いTシャツをデザインする。これまでに数々の作品集が出版され、2007年には最新作品集「I Wait Here For You Forever as Long as It Takes」がスイスのアート出版社Nievesから発売。
http://www.livincompany.de/
http://www.nieves.ch/catalogue/stefan3.html
http://www.hellogasshop.com/?mode=f57

GREETING: MERRY CHRISTMAS from Kyotaro Aoki

Greeting from Tokyo based Artist Kyotaro Aoki
東京をベースに活躍するアーティストKyotaro Aokiよりカード頂きました!
TORA2010clo.jpg
About Kyotaro Aoki:
1978年京都生まれ。 
1998年京都嵯峨美術短期大学グラフィックデザインコース卒業。ルーツは漫画、メルヘンからインスピレーションを得ており、幼い頃から漫画や絵本の挿し絵、サイケデリックな絵に興味をもつ。
KYOTARO, Born in 1978, Kyoto, Japan.
1998 Graduate Graphic Design of KYOTO SAGA UNIVERCITY OF ARTS, Kyoto.
Her works are inspired by Comic and fairy tale. From very young age, she got interests in the illustration on the book and psychedelic paintings.
http://www.kyotaro.biz/index.html

GREETING: MERRY CHRISTMAS from Kimiko Mitani Woo

Greeting from independent curator Kimiko Mitani Woo
インディペンデント・キュレーターであるKimiko Mitani Wooよりクリスマスカード頂きました!
kimiko.JPG
about Kimiko Mitani Woo / MW Company:
インディペンデントアートキュレーター、アートプロデューサー。
Wieden + Kennedy Tokyoにてナイキの営業担当として勤務した後、2008年5月に独立。 Akasaka Art Flower 08、Nam June Paik Art Center Opening出品作家のマネジメントなどに携わり、2009年2月にMW Companyを設立、東京と上海を拠点に本格的なアートプロデュース活動を開始。既存のアートシーンの枠組みを超えた新鋭アーティストの発掘及びユニークな幅広い分野での作品発表の場をプロデュースし、東アジアのアートシーンの発展に努める。
主な仕事は、DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAでのアート展やGYREアートウィンドウの年間を通じたキュレーション、CCC(静岡市クリエーター支援センター)にてJENKINS展のゲストキュレーションやCREAMヨコハマ国際映像祭のPRなど。また来年に向けた上海でのプロジェクトなど勢力的に活動中。
Independent Art Curator / Art Producer.
After a career at Wieden + Kennedy Tokyo as an account executive of Nike, Kimiko Mitani Woo follows her dreams working with “Asian art and design”. Having worked on a few art projects such as Akasaka Art Flower 08, the artist management for Nam June Paik Art Center Opening, she established MW Company in February 2009 and started working in art producing in Tokyo and Shanghai. The main role of the company is to expose young and upcoming artists who represent a unique and non-traditional perspective of the world. By doing so, MW Company provides and encourages opportunities and development of the East Asian art scene.
The projects for 2009 are: the curation for DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA and GYRE ART WINDOW throughout the year, guest curation of JENKINS at CCC in Shizuoka, PR for CREAM YOKOHAMA International Festival for Arts and Media 2009. Currently, she has been preparing for upcoming Shanghai project in 2010.
www.mw-company.com

GREETING: MERRY CHRISTMAS from writtenafterawards

Greeting from Tokyo based Fashion Designer writtenafterawards
東京をベースに活躍するWritten Afterawardsよりカード頂きました!
coconogacco_mail.jpg
The concept of writtenafterawards:
writtenafterawardsが掲げるコンセプトは
『個人一人一人の心と心の対話の中で、人とファッションの新たな関係性を構築し、
持続的でエモーショナルな作品、環境を提供すること。』
『ファッションデザインを衣服のデザインと捉えるのではなく、「人間の様相、流行のデザイン」と捉え、教育、社会、文化、環境的観点を持ったコミュニケーションツールとしてファッションの役割を提案すること。』
Concept of writtenafterawards is as below
For heart-to-heart communication, we provide new relationship between human and fashion, and also emotional, sustainable work.
We do not regard fashion design as design of clothes, but “human aspect or design of mode”, and are suggesting fashion as the communication tool which has point of views of education, society, culture and environment.
http://www.writtenafterwards.com/

GREETING: MERRY CHRISTMAS from Katrin Weins

Greeting from ZOZO TOWN
ZOZO TOWNよりカード頂きました!
zozotown_new_yearcard2.JPG
zozotown_new_yearcard.JPG
About ZOZO TOWN:
ZOZO TOWN は日本で最大のオンラインファッションショップです。2004年12月15日、インターネット上に新しい「街」を誕生させ、その名前は想像(SOZO)と創造(SOZO)、この二つの単語のZOの字を抜き出して「ZOZOTOWN」。ZOZOTOWNは、ファッション・音楽・家具・雑貨など、ライフスタイルを豊かに彩る為の旬な商品を提案販売するショッピングタウンです。
ZOZO TOWN is biggest online life style shop established in 15th of Dec 2004. They have created the town on the internet. Name ZOZO is words taken out from word SOZO (imagination in Japanese) + SOZO(creation in Japanese). They suggest the most tendy style of this time through internet. Not just fashion but also daily goods and furniture is available in their shop.
http://zozo.jp/