NEWS: Renewal of Beci Orpin`s web site

Atmosphere would like to announce the updated web site of Merlborn based artist Beci Orpin.
Please visit her brand new web site. You will be able to grant at her full of creativity. Enjoy!!
アトモスフィアでは、メルボルンをベースに活躍するアーティストのBeci Orpinのウェブサイトがリニューアルされた事をお知らせ致します。彼女のサイトには、彼女のクリエイティビティーが満載です。お楽しみください。
beci.jpg
Her latest work
beci_new_work_3.jpg
beci_new_work_2.jpg
beci_new_work1.jpg
About Beci Orpin:
Beci Orpin is an artist/designer based in Melbourne, Australia. She is well known for her whimsical, intricate creations and feminine dreamscapes. After graduating from BA textile design at RMIT in 1997, Beci went on to work freelance, designing textiles and graphics for a wide range of clients including Burton Snowboards, Built by Wendy, Mercedes Benz, Bloom Cosmetics, Time Warner, Universal Music and Dark Horse comics. In 2001, Beci started women’s clothing line Princess Tina. Over the past 8 years Princess Tina has grown to somewhat of a cult status, and is sold across the globe in over 70 boutiques. Beci has recently decided to finish Princess Tina, in favour of her kids clothing line Tiny Mammoth (started in 2007). In 2009 she is launched a new accessories/homewares/stationary brand under her own name.
Beci also frequently creates and exhibits artwork in many different mediums. She has been involved in over 35 shows in galleries in Australia, UK, Japan, Spain and US. This includes 5 solo shows – “The Infinite Shape of Rainbows” at Lamington Drive in April 2010, “Outside Over There” at Outre gallery in August 2008, “Menagerie” Keith and Lottie (Perth) March 2008, “In the Shadows” at Monster Children Gallery (Sydney) in June 2007 and “Folklore” at X-Girl (New York) in May 2006.
Beci’s work is influenced by many things that change all the time, but re-occuring themes include nature, childhood memories, wooden toys, found objects, folk and domestic art, darkness and the unexpected.
オーストラリア・メルボルンを拠点に活動するアーティスト・デザイナー。ちょっと変わった複雑な作風とガーリーな妄想で知られている。1997 年にロイヤルメルボルン工科大学・テキスタイルデザイン科を卒業後、フリーランスとしてテキスタイルやグラフィックをデザインし、これまでにBurton Snowboards, Built by Wendy, Bloom Cosmetics, Time Warner, Universal music や Dark Horse comics に作品を提供。2001 年には自身のファッションブランドPrincess Tina を立ち上げ、現在世界60 店舗で取り扱われている。
様々なメディアを用いたアートワークも多数制作し、オーストラリア、UK、日本、スペイン、アメリカで35以上のエキシビションに参加。2006 年5 月、ニューヨークのX-Girl で「Folklore」展を、そして2007 年にはシドニーのMonster Children Gallery で「In the Shadows」展を開催。
自然、子供の頃の思い出、木のおもちゃ、偶然みつけたもの、フォークアート、暗闇、予想外の出来事など、かたちを変えながらも常に湧きあがってくるイメージやテーマから影響を受けている。

NEWS: T-shirts archive of Stefan Marx

Atmosphere would like to show you the grant of T-shirts archive done by Hamburg based artist Stefan Marx. His work has been shown world wide and his tremendous collection shows how popular he is.
Atmosphereでは、ハンブルグを拠点に活躍するアーティストStefan MarxのTシャツコレクションをお見せ致します。このおびただしい程の数のTシャツを見ればどんなにStefan Marxが人気なアーティストかがわかりますよね!!
5209311102_650b7645c6_b.jpg
5209311090_344bf8c302_b.jpg
His web site:
http://lousylivin.wordpress.com/
Some of his T-shirts:
http://www.hellogasshop.com/?pid=22352846

INTERVIEW: 河野未彩 / MIDORI KAWANO

Today, Atmosphere would like to feature the work of MIDORI KAWANO.
今回、Atmosphereでは河野 未彩の作品に焦点を当てます。


1 / 河野 未彩とは??簡単な自己紹介をお願い致します
82年横浜生まれ。06年多摩美術大学プロダクトデザイン専攻卒業の後フリーランスとして活動中。
堂本剛/DE DE MOUSE等のアートディレクション、デザインをはじめ、ポップや音楽/時代へのレスポンスとして、グラフィック/プロダクト/映像/写真など様々な分野でイメージを広げる。
2010年5月、初の単独作品集である「河野未彩 デジタル作品集」をiPhoneアプリでリリース。
1 / Who is MIDORI KAWANO?
Born in 1982 in Yokohama, Japan. Graduated from Tama Art University
Product Design program in 2006, and have been working as a freelance
designer since.
Starting from doing the art direction and design for the Japanese top
idol Tsuyoshi Doumoto, DE DE MOUSE and etc., Kawano expands her images
through a wide range of media such as graphic, product, video and
photography as a response to the pop culture, music and the age.
Released her first solo work anthology, “Midori Kawano digital
ARTBOOK” as an iPod application in May 2010.


‘V/N/C/S/P・C’ スタジオボイス 2009年02月号 / INFASパブリケーションズ

2 / いつから制作活動を始めましたか?また、そのキッカケは??
高校3年生頃。グラフィックデザインや音楽のアートワークに触発されて。
2 / When did you start to make your illustration and graphic?
Senior year in High school.
I was inspired by graphic design and artwork on music albums.


DJ KENSEI / LIVE ON WAX the (S)ound of (S)pace / sleeping bugz 2010


‘BING / Discoteca Mahamid’ SLEEPING BUGZ / A Night for Strangers 2010

3 / アーティスト、又はデザイナーとして、どのような媒体で作品を発表してきましたか?
また、今後新たに制作したいものはなんですか?

CD/DVDジャケット・MV・ミュージシャンのライブの背景映像・iappでデジタル作品集をリリース
雑誌の連載ページ・イラスト・VJ・アプリケーション技術解説・展示会、webなどでの自主制作作品の発表。
今後は立体のアーティストと絡んだ写真を使ってグラフィックをディレクションしてみたいと思っています。
あとは、絵の新作を制作していきたい。
3 / As an Airtist, What kind of media have you been making your work?
What kind of media do you want to explore with your art practice?

CD/DVD sleeves・music videos・background video for musician’s live
performance・release digital anthology of selected works on iApp.
Column on magazine・illustration・VJ・Lecture on application
technology・Exhibiting own work in gallery or web.
I am thinking about working with photographs and 3-D artist and do the
art direction.
Other than that, I want to create more pictures.


‘BUTTHEAD SUNGLASS / KROSS WORD [PV] ‘ MEAT BOX 2008

4 / 休日はなにをするのが好きですか?
山へ、海へ、ドライブ。水泳。友達と集まってパーティー
4 / What are your favorite things to do on your day off?
Going for a drive to the beach or the mountains.  Swimming.  Partying
with friends.


‘WAG IN G’ 2009

5 / 作品のインスピレーションはどこから得ますか?
音楽と色
5 / What kind of things do you get inspiration from?
Music and color.


’8 COLORS of ROUGE’ 2008


‘宇宙柄の女’ Numero TOKYO 2009年4月号 扶桑社

6 / この1週間で一番笑った瞬間は?
友達のマンパワー詰まったジャネットジャクソンのモノマネ
6 / What is the most funny moment made you laugh in last 7 days?
Impersonation of Janet Jackson by my friend, that is filled with man power.


‘LIFE_is_WATER’ 2008

7 / 楽器は弾きますか?
ウクレレ♪
7 / Do you play any instruments?
Ukulele♪


‘santosha’ santosha 2010

‘TIME ・ LOGIC’ 2009

8 / あなたのワークスペースを見せてください!!
8 / Please show us your working space!!

INTERVIEW: OMAR HRAIB

Today, Atmosphere would like to feature the work of OMAR HRAIB.
今回、AtmosphereではOMAR HRAIBの作品に焦点を当てます。

profile%20picture.jpg
1 / Who is OMAR HRAIB?
Omar Hraib studied illustration at the arts institute in Bournemouth, graduating in 2007. He has since continued to explore his art practice and has exhibited in various group shows in the UK. Some of his clients to date include; Urban outfitters, Ray Ban, Fender Guitars, Warner Music, Transgressive Records and Blood Is The New Black.
1 / OMAR HRAIBとは誰ですか??
OMAR HRAIBはthe arts institute in Bournemouthにてイラストレーションを学び、2007年に卒業しました。それからも彼は、創作活動を探求し続け、イギリスで多くのグループ展に参加しています。
現在、彼のクライアントにはUrban outfitters, Ray Ban, Fender Guitars, Warner Music, Transgressive Records and Blood Is The New Black
などがいます。
leopard-blog.jpg
2 / When did you start to make your illustration and graphic?
I was always encouraged to paint from a young age by my parents. I loved recreating cartoon characters and I still have an oil painting i did of bugs bunny at about ten years old. I started Skateboarding in my early teens which opened up a whole new culture of graphics and music to me, all of which have been influential on my progression as an artist.
2 / あなたはいつ、イラストレーションやグラフィックデザインの創作を始めましたか?
僕は、小さい頃からいつも両親に絵を描く事を勧められてたんだ。
漫画のキャラクターを描き変えることが大好きで、10歳の頃に描いたバックスバニーの油絵をまだ持っているよ。
10代のはじめにスケートボードを始めて、それが僕にグラフィックや、音楽という新しいカルチャーへの扉を開いてくれたんだ。
それら全てが僕のアーティストとしての発展に影響しているんだ。
lion%20small-blog.jpg
3 / As an Airtist, What kind of media have you been making your work?
What kind of media do you want to explore with your art practice?
I have always loved drawing, and for a few years that was pretty much all i did. In recent years i have been moving towards working on a much larger scale with a natural progression to paint. I think for the forceable future i see myself pushing to create the largest most colourful work i can. One area i am very keen to explore deeper is sculpture. I think working three dimensionally is a great way for challenging your ideas.
3 / アーティストとして、どのような媒体で作品を制作してきましたか?また、今後はどのような媒体であなたのアートを広げていきたいですか?
僕はいつだってドローイングが大好きで、数年間はドローイングばかりしてきたよ。最近は、より大きな作品制作に絵画からの発展でチャレンジしてる。今後は出来るだけ大きくて、できるだけカラフルな作品を作ると思う。もう一つ、僕がチャレンジしてみたいのはスカルプチャーなんだ。立体の作品を作るっていうのは自分のアイデアを試すのにすごく良い方法だと思う。
4 / Have you ever worked in Japan?
Unfortunately not, but I would love to……although I hope that I would have a better time than Bill Murray did!
4 / 日本で仕事をしたことはありますか?
残念だけどないんだ、でもすごくやりたいよ、、、。でもビル・マレーよりは良い時間を過ごせたら良いなと思うよ!
5 / What are your favorite things to do on your day off?
Go skateboarding, or jam with friends.
5 / 休みの日はなにをするのが好きですか?
スケートボードしに行くか、友達とジャムるのかな。
prince%20small-blog.jpg
6 / What kind of things do you get inspiration from?
Music is a big inspiration to me. I recreate the nostalgia I get from music in my own work. I strive to use the emotions i experience through music and people as vehicle for my ideas.
6 / インスピレーションはどこから得ますか?
音楽は僕にとって大きなインスピレーションだね、僕の作品の中では、僕が音楽から得たノスタルジアを再創作しているんだ。僕は、僕が音楽や人々を通じて感じた感情を自分のアイデアのための原動力として使いたいんだ。
bowie-blog.jpg
7 / What is the most funny moment made you laugh in last 7 days?
The amazing noises that come out of my housemate.
7 / この7日間で一番笑った瞬間はなんですか?
僕のハウスメイトがだす素晴らしいノイズ。
8 / Do you play any instruments?
Drums and I also DJ to pay the rent.
8 / なにか楽器は弾きますか?
ドラムと、家賃を払う為にDJもやっているよ。
qtip-small-blog.jpg
9 / Please show us your working space!
Maybe next time….
9 / あたなのワークスペースを見せて下さい!
多分、今度ね!

INTERVIEW: STEVIE GEE

Today, Atmosphere would like to feature the work of STEVIE GEE.
今回、AtmosphereではSTEVIE GEEの作品に焦点を当てます。

1%20STEVIE%20GEE%20PORTRAIT.jpg
1 / Who is STEVIE GEE?
These are the facts: I am 30 years old, I’m married with two children. I live in North London, I support Tottenham Hotspur football club, I like to ride bikes and have recently started surfing. My work includes illustration, design and art direction. I am part of the DEAD CLAMS crew. My CLAM name is CHARGER. I am represented by STEM agency (stemagency.com) here in London.
1 / STEVIE GEEとは誰?
これが事実 : 僕は30歳。結婚してて、2人の子供がいます。北ロンドンに住んでて、Tottenham Hotspurのサッカーチームをサポートしています。自転車に乗るのが好きで、最近はサーフィンも始めました。僕はイラストレーション、デザイン、アートディレクションの仕事をしています。それに、DEAD CLAMSクルーの一員で、CLAMネームはCHARGERです。ここ、ロンドンではSTEM agency (stemagency.com)に代理人をやってもらっています。
DEATH%20SPRAY%20CUSTOM%20DESIGNS.jpgMAGIC%21.jpg
2 / When did you start to make your illustration and graphic?
I always did drawing as a kid, I never had video games and we didn’t watch much TV so reading and drawing took up alot of my time at home. As I got older I just continued being interested in drawing, reading comics and watching cartoons. I ended up studying Graphic Design at Central St Martins college of art in London, graduating from there in 2003, specialising in illustration. Ever since then I have gradually gotten more and more work.
2 / あなたはいつ、イラストレーションやグラフィックデザインの創作を始めましたか?
子供の頃は、いつも絵を描いてて、ビデオゲームを持っていた事もないし、テレビもそんなに観てなかったんだ。だから、家に居る時は読書とドローイングにたくさんの時間を使ってた。歳をとっても、ドローイングへの興味は続いてて、漫画を読んだりアニメを観るようになったんだ。そうこうしてる間にセントラルセントマーチンでグラフィックデザインの勉強をして、2003年に卒業したんだ。専攻はイラストレーションだったよ。それからは徐々に仕事も増えてる。
CATS%20ARE%20BETTER.jpgROSE.jpg
3 / As an Airtist, What kind of media have you been making your work?
Day to day, mainly ink, paint and Adobe photoshop. I like to use fine line pens and brush pen. For design work I often use Adobe illustrator and InDesign.
3 / アーティストとして、どのような媒体で作品を制作してきましたか?
毎日、主にインク、絵の具、それからAdobeのphotoshop。
細やかな線のペンと筆を使うのが好きだよ。デザイン仕事にはよくAdobeのillustratorとInDesignを使ってる。
VENGEANCE%20SHOW.jpg
4 / What kind of media do you want to explore with your art practice?
I’m very keen to move into animation and moving image.
4 / 今後はどのような媒体であなたのアート活動を広げていきたいですか?
アニメーションや動画をすごくやりたいんだ。
5 / Have you ever worked in Japan?
Not yet…. but I would definitely love to. Hopefully after this interview the offers to work in Japan will be many :-)
5 / 日本で仕事をしたことはありますか?
まだないんだ、、でも、すごくやりたい。このインタヴューの後にたくさんオファーがくるといいな:-)
PHARMACY%20TEE.jpgSTEVIE%20FLAGS.jpg
6 / What is your favorite things to do in day off?
I like to hang out with my wife and kids. I like to surf and party with the DEAD CLAMS crew. I like to ride my bike alongside friends. I like skating with The Duke. I like going out to see bands and drinking ale with my friends and family.
6 / 休みの日はなにをするのが好きですか?
僕は自分の妻や子供と遊ぶのが好きだよ。DEAD CLAMSクルーとサーフィンとかパーティするのも好きだし。友達と一緒に自転車に乗るのも好き。The Dukeとスケートボードをするのも好き。バンドを観に出かけるのも好きだし、友達や家族とエール・ビールを飲むのも好きだよ。
PHARMACY%20DECK.jpgSCIENCE%20SKATEBOARD.jpg
7 / What kind of things do you get inspiration from?
Reading books, watching films, taking photos, having late night conversations in pubs. Meeting new people and travelling. Being in the sea as the sun goes down is always inspiring as the water goes golden around you.
7 / インスピレーションはどこから得ますか?
本を読むこと、映画を観ること、写真を撮ること、パブで深夜のカンバセーションをすること、新しい人々に出会うことと旅行すること。太陽が沈む頃に海に入ると、自分の体の周りの水が黄金色になっていくんだ、それは僕にとってはいつもインスピレーションになるよ。
NATIVELOVE.jpgDEATH%20SPRAY%20EDITORIAL.jpg
8 / Who’s your favorite skater and why ?
Mark Gonzales is one of my favourites. He is a true original, a real innovator and doesn’t seem to care about conforming. Its inspiring. His style is fun to watch. Check out his section on the New York skating documentary Deathbowl to Downtown. He is like a wild wizard of trickery and creativity.
8 / あなたの好きなスケーターは誰ですか?また、なぜですか?
マークゴンザレスは僕のお気に入りの一人だよ。彼は本当にオリジナリティーがあるし、イノベーターで、周りに順応することなんか気にしてないようで、僕に影響してるよ。彼のスタイルは観るのも楽しい。ニューヨークのスケートのドキュメンタリーDeathbowl to Downtownの彼のセクションをチェックしてみてよ。彼はトリックとクリエイティビティのワイルドな魔術師みたいさ。

9 / Please show us your working space!
This is where I work at night and at weekends from home.
9 / あたなのワークスペースを見せて下さい!
夜や週末に僕が家で仕事をしてる場所。
STEVIE%20GEE%20WORKSPACE.jpg

REPORT: Exhibition of Ryuta Iida – “verbalizes -because I can’t see you-”

Atmosphere would like to report everyone about the solo-show of Ryuta Iida which is currently shown at Takuro Someya Contemporary Art. Please take a breath and look into his beautiful works with special care to the details and his sensitivity. His commitment towards the craftsmanship is just amazing.
Atmosphereでは、現在Takuro Someya Contemporary Artにて展示中の飯田 竜太の個展のレポートを御報告致します。息を大きく吸って、彼が作り出す繊細で細かな所にも配慮がなされた作品を是非ご覧ください。彼の作品におけるクラフトへの力の入れようは本当に素晴らしいものとなっています。
web-01.jpgIMG_1310.jpg
「verbalizes –出会えないから言葉で–」
Ryuta Iida
“verbalizes -because I can’t see you-”
Nov 6 (Sat) – Dec 4 (Sat), 2010
Venue : Takuro Someya Contemporary Art, Tokyo
Opening reception : Saturday, 6th November, 6-8PM
飯田竜太
“verbalizes -出会えないから、言葉で-”
2010年11月6日(土)〜 2010年12月4日(土)
会場 : Takuro Someya Contemporary Art, Tokyo
オープニングレセプション : 2010年11月6日(土) 6-8PM
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
IMG_1307.jpg
Ryuta Iida was born in 1981 in Shizuoka. He is now living and working in Aomori. After graduating from sculptor course at Nihon Univerity College of Art, Iida started to collect old and valuable books. He has been creating his work by curving them.
飯田竜太は1981年静岡生まれ、青森在住の彫刻家。2004年に日本大学芸術学部美術科彫刻コース卒業。作家自身で古書や貴重本の収集を行い、それらを”彫る”事で作品を現してきました。
Iida took grand prize at graphic Hitotsubo competition in 2004. Since then he has been involved in numerous projects aroud the world. His work wich was used for the invite for the collaborative work between Comme des Garson and Ai Weiwei is still fresh in our minds.
飯田氏は、2004年にグラフィック一坪展グランプリを受賞しその後も世界各国で作品を展示してきました。Comme des GarsonとAi WeiweiのDMシリーズの一つに作品が採用されたことは、私たちの記憶に新しい作品の1つです。
Also, the collaborative work as “NERHOL” which is the unit with designer Yoshihisa Tanaka has been catching the collective eye as his another approach in his art activity.
またデザイナーの田中義久とのユニットNERHOLとしての活動も飯田氏の作品作りにおける1つのアプローチとして注目を集めています。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
Exhibition contained latest work of his series of works he has been working on called “ornament of book”.
今回の展覧会では、飯田竜太の作品を象徴するシリーズともなっている「ornament of book」の新作も発表されます。
IMG_1287.jpgIMG_1285.jpg
IMG_1292.jpg
The book might have been in someone`s shelf. The passage of time the book experienced and the time author took to write cross over. Then, Iida crosses different time over it by curving the book to create un-readable sclupture and to put new meaning on it.
とある場所の本棚に並ぶ、時を重ねた書物が作家の重ねた時間とクロスし、読む事のできない彫刻となって新たな意味を持ってまた別の方向へ時間を刻みはじめます。
IMG_1294.jpgIMG_1296.jpg
IMG_1299.jpg
iida has been trying to search / achive his work making under the subject of “Creation” and “Distruction”. This subject became his energy and he is continuously serching for the meaning within his art practice by this activity. The number of book he curved is countless. He told us that it might be not the number of books he curved but is the content of book or mening of the book he curves. But then, the meaning of book it self is not so importnat for him either. There are continuous questioning he has through his activity.
飯田氏は、創造と破壊という動作を繰り返しすることによって、作品の意味をさがしてきました。この主題は、彼の作品のエネルギーとなっています。彼が今までに彫ってきた本の数は数え切れません。彼にとって、彫った本の数よりも本の中身の方が重要であると飯田は言います。しかし、本の中身自体も作品においては大事ではないとも言います。彼の作品つくりにおいて、これは永続的な探求となっております。
IMG_1282.jpgIMG_1281.jpg
Latest work with post card. It is sentimental and delicate piece.
最新作となるポストカードの作品は、センチメンタルでデリケートな作品となっている。
IMG_1300.jpgIMG_1302.jpg
Another new work which are Iida`s new media that he started to curve. It is a text book for the calligraphy.
もう一つの最新作となるのは、飯田氏にとって新しいメディアとなる、習字の見習い張です。  
IMG_1312.jpgIMG_1276.jpg
++++++++++++++++++++++++++++++++
Past show of Nerhol from below link:
Nerholとしての過去の発表作品:

http://gas.main.jp/atmosphere/2008/08/event_nerhol_exhibition_at_cal.html

++++++++++++++++++++++++++++++++

NEWS:THE AMSTERDAM SHOW Parra TOKYO 2010

Atmosphere would like to announce the first solo show of Parra which will be held at Common gallery. Having great popularity in the leading London based creative consultancy “Big Active”, he became more and more popular among the world.
ロンドンの主力クリエイティブ・エージェンシーのBIG ACTIVEでも注目株で、今や世界中で人気者となったアーティスト、Parra ( パラ) の日本初エキシビションがCommonにて開催されます!
parra_3.jpg
Bird-humanbeing? Man / Woman? Parra has been creating humorous characters with soft lines and pop / colorful paints. He became famous through his own fashion label Rockwell Clothing especially among young people. Since now, he showed his works in major cities around the world such as London, Paris, NY, LA, Berlin and Milano. His long-awaited show in Tokyo will be soon open and the most wonderful news is that he is visiting Japan while his show is on!
鳥人間?男女?ユーモラスで力の抜けたキャラクターを、やわらかい線とポップな色使いで描き、日本でも自身のファッションレーベルであるRockwell Clothing を通して若者の間で知名度を上げ続けているParra。これまでにロンドン、パリ、NY、LA、ベルリン、ミラノと世界の主要都市でエキシビションを開催してきました。最も喜ばしいニュースとしては、彼が来日し待望の東京エキシビションを開催することです!
parra_9.jpgparra_7.jpg
parra_4.jpgparra_2.jpg
The show will beheld in the COMMON gallery which was brand new opened at the cat street in Harajuku. There will be his latest art work he especially made for this show.
原宿キャットストリートにオープンしたばかりのギャラリーCOMMON にて開催される本展では、今回の為にParra が描き下ろした新作が会場を埋め尽くし、エクスクルーシブなアートショーを展開致します。
parra_5.jpg
parra.jpg
About Parra
parra_portrait.jpg
parra by dave marshal – sturm
An underground star in Amsterdam where kids search the streets to tear down his club posters, Parra’s work is treasured by a generation of design fanatics.
アムステルダムのアンダーグラウンドのスターであるParraの作品は、街の若い人達の中でも人気で、クラブのポスターやフライヤーはすぐになくなってしまいます。
Living with his painter/sculptor father, Parra grew up surrounded by colours, oil paint, wood, weird looking pictures & Rubenesque paintings. Almost entirely self taught, his minimal colour palette, beautiful hand-drawn typography & esoteric character creation are reminiscent of screen printed poster designs of the 1960s & 70s.
ペインターであり彫刻家である父を持ち、Parraは常にオイル・ペイントや、木、変てこあるいはル―べネスク(ふくよかな女性像)な絵を見て育ちました。ほぼ自分で学んだといっても良い彼の絵は、まるで60年代や70年代のスクリーンプリントやポスターを彷彿とさせるようなスタイルです。あまり余計な色を使わず、手描きの美しいラインで描くタイポグラフィーや神秘的なキャラクターは、非常に特徴的です。
Parra`s work has been shown not only in museum but also succesfully used for the advertisement campaign for Nike, Ben & Jaerry`s, Volks Wagen, MTV, Heineken.
Parra の作品は美術館のみならず、広告デザイナーとしても成功を収め、Nike、Ben & Jerry’s、フォルクスワーゲン、MTV、コカコーラ、ハイネケンといっ
たさまざまな企業の広告デザインも手がけております。
Parra also co-runs Rockwell, his own skate wear clothing label, has his own hotly tipped electro band called LeLe and regularly exhibits his works around the globe.
Parraは、スケート・ウェアに特化したRockwellという洋服のブランドも設立しており、LeLeという自身のエレクトロ・バンドでも精力的に活動しており、世界中でエキシビションを展開しています。
【展覧会詳細】
展覧会タイトル(Title of the show):AMSTERDAM
アーティスト:Parra
会場:COMMON
   東京都渋谷区神宮前5-11-1 2F (cafe d ining HOME 2F)
会期:2010 年11 月6 日( 土)~11 月14 日( 日)
   11:00 – 19:00
オープニングパーティー : 2010 年11 月6 日( 土) 18 : 00 – 21 : 00
Opening Party!!!
http://red1press.com/

INFO: latest exhibition of Deanne Cheuck “MANGO CHERRY COCO RAINBOW”

Atmosphere would like to announce the latest exhibition of NY based artist Deanne Cheuck called MANGO CHERRY COCO RAINBOW which was held @ Monster Children Gallery.
Atmosphereでは、NYを拠点に活動するアーティストであるディアン・チュークの最新展覧会MANGO CHERRY COCO RAINBOWの情報をお知らせ致します。当エキシビジョンは、シドニーのモンスター・チルドレン・ギャラリーにて発表されます。
deanne_dm_show.JPG
About the Show:
Mango Cherry Coco Rainbow is an exhibition of charcoal drawings and screenprints on paper by New York based designer and artist Deanne Cheuk. Her artwork touches on nature, utopia, space and being, often distorting realistic representation into fantasy.
Mango Cherry Coco Rainbowという名のもとに、ディアンは、木炭のドローイング、紙にスクリーン・プリントされた作品、などが展示されています。ディアン・チュークの作品は、自然、ユートピア、宇宙、存在することなどのテーマに触れており、しばしばリアリスティックな表現を崩して、ファンタジーへと変えてしまいます。
Duration(期間):
8th October through 30th October 2010
Address(住所):
20 Burton St, Darlinghurst
Sydney NSW.
Phone Number(電話):
(02) 9332 2040 for more information
OPENING HOURS(オープンの時間):
Wed: 12pm – 6pm
Thur: 12pm – 7pm
Fri: 12pm – 6pm
Sat: 12pm – 5pm
Sun: Closed
Mon: Closed
Tues: Closed
OPENING:
dc1-19.jpgdc1-26.jpg
WORKS:
dc1-12.jpg
dc1-14.jpgdc1-13.jpg
dc1-8.jpg
dc1-9.jpg
dc1-10.jpg
About Deanne Chueck:
DEANNE CHEUK has art directed and designed many magazines including Tokion and has been commissioned by such companies as Nike, Converse, Target, MTV and The New York Times. She is renowned for her graphic ‘zine, ‘Neomu’ — which she funds and donates the proceeds from to charities worldwide.. 2005 saw the release of her first book, ‘Mushroom Girls Virus’. Cheuk’s work has been exhibited around the world.
ディアン・チュークは、NYを拠点にアートワーク、グラフィックデザインを作りだす女性クリエイターとして活躍している。女性的なかわいらしさ、繊細で美しいアートワークと、シャープで斬新なデザインの両方を併せ持ち、「Tokion NY(現在はデザインを手がけていない)」をはじめ多くの雑誌のアートディレクションとデザインを手掛けてきた。そのクライアントにはナイキ、コンバース、MTV、ターゲット、そしてニューヨークタイムズ紙などが挙げられる。また,彼女自身が発行してきた1コインで買えるグラフィック・ ジン「Neomu」は広く知られ、その売り上げは世界のチャリティーへと寄付している。2005 年には作品集 『Mushroom Girls Virus Cheuk』がリリースされ,チュークの作品は世界各国で展示されている。
www.deannecheuk.com
MC Gallery supported by Asahi and Resolution.
モンスター・チルドレン・ギャラリーは、アサヒとレゾルーションによってサポートされています。

INFO: 「HOME SWEET HOME」by INVADER

Atmosphere would like to announce the show which will be held at GALLERY TARGET between 29th of Oct 2010 till 19th of Nov 2010. The show is called “「HOME SWEET HOME」by INVADER”.
Atmosphereでは2010年10月29日(金)―11月19日(金)の期間にGALLERY TARGETに開催される、「HOME SWEET HOME」by INVADER の展示をお知らせ致します。
selfportrait_2006.jpg
Self Portrait of INVADER
ny_073.jpgNY_76.jpgny_roof.jpg
INVADER @ NY
pa_676.jpg
INVADER @ Paris
CAZ_10.jpg
INVADER @ CA
INVADER has been actively showing his work through out the world although he is based in Paris. This show in Japan is the second show of him after the one he had in 2001. He is going to create installation with Alias of Invader which he has been pasting in the city all over the world. Also he is going to show his best work within 10 years of time which includes his work made with Rubik Cube called Rubikcubism. Along side with the original work of his show, there will be prints, book which comes with his art work will be possible to purchase. Each work has edition / numbering. Please come and visit the gallery!!!
パリを拠点とし、現在でも精力的に世界各国を侵略??し続けるINVADER。
日本国内では今回の展示は、2001年以来となります。INVADERが世界各都市にペーストしたInvaderのエリアスから成るインスタレーション、ルービックキューブでつくる作品(Rubikcubism)、立体作品などこれまで10年間の作家活動のベスト版が披露される模様。これらオリジナル作品の他にも「Invader kit」、プリント、作品付き書籍などのエディション作品の販売も予定。皆さま、是非この機会に足をお運びください。
Rubik_towers.jpg
Rublic Tower
rainbow%20rubik.jpg
Rainbow Rubic
Invader is game originally made in Japan. INVEDOR has been using the Invador as subject matter for his art work. In the title of 「HOME SWEET HOME」, he waned to put message of “I`m home!!” by showing his retrospective of 10 years work.
Invaderは日本で作られたゲーム。それを元に作家活動を続けるINVEDERの「HOME SWEET HOME」展は、ただいま!という意味をこめ、いままで知られざる彼のこの10年活動を一挙に体感できる展覧会となっています。
Process of work making
making_of.jpgmaking_of_screamII.jpg
Studio of INVADER
invader_studio.jpg
【開催会場概要】
GALLERY TARGET
2011年10月29日(金)~ 11月19日(金)
レセプション:2010年10月29日(金)19:00 ~ 21:00
東京都渋谷区神宮前2-32-10
2-32-10 Jingumae, Shibuya-Ku
Tokyo 150-0001
T/F: 03.3403.4574
12:00 ~ 19:00 (祝日/日曜日休廊 Closed on Sunday and national holidays)
www.gallery-target.com
www.space-invaders.com

NEWS : Exhibition of Kaori Tanji

前回の記事に引き続き、
伊勢丹 彩り祭チャリティキャンペーンに参加された
ニットデザイナーであり人形作家の丹地香さんが行なう
世田谷区・経堂にあるURESICA(ウレシカ)での作品展をご紹介します。
サーカスをテーマにした新作ぬいぐるみの作品展は
とてもにぎやかで楽しそうです!
作品展に合わせて、ワークショップも行なわれます。
是非足を運んでみてはいかがでしょう??
  
  
image6730_1.jpg
  
  
丹地香 作品展「キマグレ☆サーカス団」
  
展示期間:10/7(木)~10/18(月) ※10/12(火)休み
会場時間:12:00~19:00(10/10のみ、16:00~19:00)
場所:URESICA SHOP & GALLERY / 東京都世田谷区経堂2-25-13 1F

http://www.uresica.com/gallery.html

   
ニットデザイナー&人形作家の丹地香さんが
「サーカス」をテーマにした新作ぬいぐるみを展示販売します。
ウレシカ店内がサーカスに!?
  
  
【ワークショップ】
日時:10/10(日)14:00~
  
「モンスターをつくろう」
丹地香さんと一緒に、ハギレや靴下をつかって
自分だけのモンスター人形をつくりましょう。
  
★参加費 2,000円(材料費込み)
★定員 10名(要予約・ウレシカ → 03-3428-0807/お問い合せ)
  
※イベント当日は参加者限定のため、
一般オープン時間は16:00~19:00です。
  
  
:::::sbout Kaori Tanji
  
東京都生まれ。
文化服装学院卒業後、スタイリストアシスタント、アパレルでの企画勤務を経て
2002年よりフリーのニットデザイナーとして活動中。
1998年に編みぐるみの制作販売をしたことをきっかけに、人形制作を開始。
現在人形作家としても活動中。オンラインshop URESICAにて作品販売も行なっている。
  
Kaori Tanji was born in Tokyo and graduated from Bunka Fashion College.
After having experiences as an assistant fashion stylist, she worked on planning at several clothing companies.
Kaori has been working as a freelance knitwear designer since 2002 and is also known as a doll designer.
Her crochetted dolls enjoy a high reputation and have been distributed since 1998.
  
tanji_works2.jpg
  
  
::Info::  

http://www.uresica.com/gallery.html

東京都世田谷区経堂2-25-13 1F
E-mail info@uresica.com Tel. 03-3428-0807