« Interview: of photographer Peter Sutherland  | メイン | INFO: ”ALL ABOUT DEMOCRACY” by Mathias »

Interview: Originalsytle 

For this issues Atmosphere, we will bring to you the interview of skater-artist, originalstyle who just finished showing his exhibition in Kojimachi.

今回のアトモスフィアでは、麹町画廊での個展を終えたばかりの、スケーターでありアーティストであるoriginalstyleさんのインタビューをお届けします。

original_stye3.JPGoriginal_style3.JPG

まずは、本人についてご紹介いたします!
First thing first, let us introduce everyone about him!

About Original Style:

● Profile 

originalstyle Koji Yamaguchi.
Born in Kawasaki, Kanagawa in 1982.
Receiving great influence from his Grandfather who was an oil painter, originalstyle tirelessly exhibits his works with crafty details. He has provided graphics and deck designs for skateboard brands, METROPIA and TERRAFIRMA, and currently takes on the role of creating the main graphics for the apparel brand PUSH CONNECTION started by pro-skaters Shin Okada and Satoshi Taguchi. Today he works on skate spots all over Japan to get up-close to the allure of the Japanese skate scene.

●オリジナルスタイルについて:

originalstyle(オリジナルスタイル) 山口幸士
1982年 神奈川県川崎市生まれ。
洋画家であった祖父と、スケートボードや絵本からの影響は大きく、クラフト感にこだわった作品を精力的に発表している。これまでにスケートボードブランド『TERRAFIRMA』のデッキデザインや『METROPIA』へのグラフィック提供。またプロスケーターの岡田晋氏と田口悟氏が2009年より始めたアパレルブランド『PUSH CONNECTION』で手描きのクラフト感を生かしたメイングラフィックを手がけている。現在、日本のスケートシーンの魅力に迫るべく、スケートスポットを描く日々が続いている。

original_style7.jpg

*First of all, we heard that your landscape series of skate spots is intended to show people the fun and the appeal of skateboarding, and is this true?
*まず、最近のスケートスポットの風景シリーズについてですが、スケートの魅力をたくさんの人に伝えたいのだと伺いましたが?

O: It’s not quite that I want to spread skating or show people the appeal of it. Skating myself, I feel the creativity of it or just how dope/tight/sweet it is. It’s completely up to the skater what kind of style you ride or how you make the tricks, and through that I feel that “there’s no right way of living your life”. That’s the kind of things I want to communicate through skating.
O:スケボーを広めたいとか、魅力を伝えたいっていうのとは少し違います。僕はスケボーに乗っていて純粋なかっこよさだったり創造性みたいなものを感じるんです。スケボーって走り方やどうトリックをメイクするかは自由で、そこから更に「決まった生き方なんて無い」みたいなことも感じるんですけど、そういうものをスケボーを通して伝えられたらと思っています。

*Why do you create your artworks with these messages?
*そういったメッセージを込めながら作品を作る理由というのは?

O: Because I want to live my life doing the things that I choose to do and love, and I hope for other to live that way too. I want to realize through experience that there are many paths I could take to live as an artist, and what it is like to live doing what you love to do and I want to express that in my work too.
O:やっぱり自分の選んだ好きな道を歩むってことをしたいし、他の人もそうであって欲しいって思うからですね。自分がアーティストとしての人生を歩んで生きるにはいろんな道があるとか、好きなことをやって生きていくみたいなことを体現したいし、自分が描く作品の中でもそれを表したいと思いますね。

original_style5.JPG

*I want to ask you about the methods you use for your works. For the first half of the “japonizm” series, you used soldering iron and drew on wood panel but you did not use that method for this time’s skate spot series. Why is that?
*制作の手法に関してですが、前作の『japonizm』シリーズでは半田小手を使ってウッドパネルに描いていましたよね。今回のスケートスポットのシリーズでその手法を用いなかったのは何故でしょう?

O: First of all, what I draw are sceneries drawn through my memory of skaters. That is the same for the prior series and this one, and drawing on a wood panel with a soldering iron was very similar in feeling with drawing through my memory. I first started using soldiering iron thinking that it would be fun. So for this series, I tried changing from drawing on wood panel to paper, and died the paper in coffee first to make it sepia colored, and that too made it similar to my memory image, and it just felt more like it so I stuck with using this method.
O:まず僕が描いているのはスケーターの記憶的な風景なんです。それは前作シリーズでも今回のシリーズでも共通していて、ウッドパネルに半田小手で描く線はその記憶的な質感に近かったんです。はじめは単純に半田小手で描くのは面白いと思って始めたんですけどね。それで、今回はウッドパネルから紙に描くことにしてみて、紙も一度コーヒーに浸けてセピアっぽくしてから描いているんですけど、それもまた記憶みたいなイメージに近い質感があって、やってみたらこっちのやり方もしっくりきたっていう感じですね。

original_style2.JPG


*You said that the sceneries you see on the streets look related to skating, but do you think that that is a view point of a skater or an artist?
*街で見る全ての風景がスケートに絡んだ風景に見えるそうですが、それはスケーターとしての視点からですか?それとも絵描きとしての視点からでしょうか?

O: Skater all the way. I don’t think like “oh, I wanted to draw that place”. I see staircases or curbs and naturally think, “I could do this tricks or that”.
O:もろスケーター視点ですね。最初は、『あぁ、あそこ描きたいなぁ』っていう風にはならないですね。階段や縁石なんかを見て、やっぱり『あそこあんな風に攻めたいな』とかそんな感じで風景を見ますね、自然と。

*Do you see all sceneries like that? I mean, not talking about oceans or mountains, but.
*それは全ての風景がそんな風に見えるのでしょうか?もちろん海とか山とかそういったのは抜きにして。

O: Yeah, everything. Like (pointing at a set of stairs near by) when I first saw those stairs, I thought that it would be fun to compete with tricks when skating from the alley in the back and then jumping those stairs and do a “one-make contest”.
O:そうですね。全部ですね。例えば(近くの階段を指差しながら)あの階段を初め見た時も、奥の路地から滑ってきて階段を飛ぶ時のメイクで競うっていう
ワンメイクコンテストしたら面白いなって思いましたね。

original_style6.JPG

*It’s really like you are always with your board.
*本当にいつでもスケボーと一緒という感じですね。

O: True. Skaters are always skaters even when you’re not actually riding.
O:そうですね。スケーターっていうのは実際スケボーの板に乗っていない時でもやっぱりスケーターなんですよ。


*I see. So what is it that you feel through skate boarding?
*なるほど。ではそんなスケートボードからあなたはどんな事を感じるのでしょう?

O: It’s like there’s something special and different you feel when you are riding. The speed is different from what you experience in your normal life, and that makes the scenery you see totally different. It’s this vague feeling that you’re feeling something different from people. And then there’s also a thing of “how to interpret things”. Skate spots often have dual dimensions, where it might just be a set of stairs in an office district during the day time, but at night the same spot is where skaters gather, and that to me is interesting, -like changing points of views can make something negative into something positive, which I think is important. I’m still in search of a lot of things though.
O:何て言うか、スケボーに乗ってる時ってやっぱり独特で特別な感じがあるんですよ。スピード感にしても、普段とは全然違うし、それによってまた景色の見え方も全く変わってくるから。何か周りの人と違うっていう漠然としたものなんですけど、そういうものを感じますね。あとは『物事をどう受け取るか』みたいなこともあって、スケートスポットって昼はオフィス街の中のただの階段だったりするんですが、夜になればスケーターが集まる場所だったりして、そこにある二面性みたいなものは面白いなと。視点や受け取り方を変えればマイナスもプラスになるかもしれないみたいなことは重要だと感じてます。でもまだいろんな事を模索している途中ですが。

original_style4.JPG


*Is that something you want to convey through your work as well?
*それはあなたが作品で誰かに伝えたいことでもあるのでしょうか?

O: I don’t know, maybe close to. This is a message to myself, but freeing yourself from stereotype views or fixed ideas is important to me. The importance of looking at things from more perspectives. In a grand scale, it just means that there really is no set way of life. I’m still in search of this still too, but I hope to embody that through my life as an artist.
O:どうでしょうね。近いかもしれません。これは自分へのメッセージでもあるんですが、固定概念からの解放みたいなことを重要に感じているんです。物事をもっといろんな視点で見る事が大切だっていう。決まった考え方や、大きく言えば決まった生き方みたいなものは無いっていうことなんですが。これも自分自身模索中って部分がありますが、でもそれを僕はアーティストとして体現出来ればいいと思ってます。

*We saw the words “Will Draw For Food” at your last exhibition. Can you tell us what your message was?
*前回の展示で会場に『Will Draw For Food』という言葉を書かれていましたが、その言葉に込めた想いを聞かせて下さい。

O: This means that I want to make a living doing what I love to do which is drawing, but it also is showing my respect to my Grandfather. He made a living as a landscape painter and that to me is a remarkable thing.
O:これはやっぱり絵を描いて食べていきたい。好きなことをやって食べて行くっていう気持ちなんですが、他にも祖父への尊敬の意味も込めているんです。僕の祖父は風景画家として絵を描いて生活していたので。これはやっぱりすごいことだなって。そこへの尊敬の気持ちも込めています。


*Here is my last question. What is the meaning of this exhibition, “Space and Reality”.
*それでは最後の質問ですが、今回の個展のタイトル『SPACE AND REALITY』に込められた意味を教えて下さい。

O: This is like I am bring skateboarding, which is my reality, into space called gallery. It’s related to what we talked about earlier, but I want people to feel the duality of things, like the two faces of the same place at night and during the day.
O:これは『空間と現実』って意味で、画廊っていう空間にスケボーという僕なりの現実を持ち込むっていう感じですね。さっきの話と繋がるんですけど、昼と夜とで一つの空間でも二つの現実があったりしてっていう部分とか、そこにある二面性を感じてもらえればって意味ですね。

It seems that originalstyle depicts the messages and lessons parables of skateboarding, as a skater and an artist. At Atmosphere, we will keep on eye on his future works and activities!
スケーターとして、またアーティストとして彼は、スケボーという例え話によってそこに潜む教訓やメッセージを読み解き、表現しているように感じられた。
アトモスフィアでは、今回自身の作品や製作姿勢について話してくれた彼の作品に今後も注目していきます。

original_style_portrait.JPG

originalstyle official website : http://orista.jp/
originalstyle webサイト

originalstyle exhibition 『SPACE AND REALITY』(Finished)
Place: Kojimachi Gallery
website:http://www.amatokyo.com/garou/
Address: Kojimachi, Chiyoda-ku Tokyo
Tel:03-3221-3953

Interviewer: Yuma Okubo
Translator: Amy yamamura

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gas.main.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/536

About

2009年12月14日 17:32に投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「Interview: of photographer Peter Sutherland  」です。

次の投稿は「INFO: ”ALL ABOUT DEMOCRACY” by Mathias」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type