« INTERVIEW: of HONG KONG Designer REX KOO | メイン | Interview: Originalsytle  »

Interview: of photographer Peter Sutherland 

Atmosphere would like to put up the interview of Peter Sutherland.

Atmospehreでは、フォトグラファーであるピーター・サザーランド氏の魅力に迫りたいと思います。

herding_the_flock.jpg
Title: Hedring the flock
Peter Sutherland

Question:
1: In the exhibition SHOOT which you are participating, Ken Miller stated that “Everything started from the question of “What is art photography?””. So, our question is “What is Art Photography for you and how do you think about it?”

あなたが参加している展覧会、SHOOTにおいて、『アートフォトグラフィーとはなんであるか?という問いから始まった。』とケン・ミラー氏が言っていますが、あなたはアートフォトグラフィーとはどんなものであると考えますか?

----Photography has so many applications, advertising, personal family snap shots, documentary, etc. So its a way to catagorize the more expressive or creative photography.
写真には、多くの側面があり、例えば広告であったり、パーソナルな家族写真であったり、ドキュメンタリーであったりなど色々な方法で表現されています。アートフォトグラフィーとは、表現や創造性が強い写真を区分けする時に使われる言葉だと思います。

mycouch.jpg sad_groceries.jpg

TITLE: My couch / Sad Groceries
Peter Sutherland


2: If there were exquisite art photography, what would that be?
あなたの考える優れたアートフォトグラフィーとは一体どんなものなのでしょう?

----I like work that is personal and tells me something about the artist that made it. I also like work that offers special access to something, an expample is the book by Danny Lyon, "The Bike Riders". As for style i like a utilitarian style and not too set up or staged. I like images that might make you question your spiriituality.
僕は、その写真がそれを作ったアーティストのことを語っている個人的な作品が好きです。例えばダニー・リオンの“The Bike Riders”などです。スタイルに関しては、そんなに、作りこまれていない功利主義的で、人に対して疑問を持たせたり、興味をそそるようなイメージが好きです。

3: As a photographer presenting works in exhibition, how do you want people to see your work?
作品を発表するフォトグラファーとして、それ(作品)を見る人に求めるものはあるのでしょうか?

---Making art can be a selfish activity at times so i like that the work can be all seen together. This makes it feel more like a conversation with artists, or a grouping which i think makes it easier for viewers to understand what is going on. Right now im into showing work in various sizes, unframed with only a plexiglas cover.
アート作品を作るということは、利己主義な活動になりえる時があります。僕は、作品がまとまって一緒に見える方が好きなんです。こうすることによって、アーティスト同士の会話のように見えたり、グループ分けされているように見えたりします。そうすることによって、見てる人に何が起きているのかわかりやすい事があると思います。今、僕は写真の作品を色々なサイズで、プレキシグラスに挟むだけで見せるという方法にはまっています。

sharp_Can.jpg tea054.jpg

TITLE: Sharp Can / tea054
Peter Sutherland

4: If we were to say the way people see art work is all different then the story ends there. But, if we would know or follow the intention of your work, we would like to hear more about the story behind it. Could you talk about what`s behind your work with your word?
作品の見方は人それぞれだと言ってしまえばそれまででしょう。しかし、あなたの作品をよりあなたの表現している意図に沿って見るとすれば、少しの説明が必要となる場合があると思います。あなたの作品の根底にあるものを言葉で補って頂けますか?

I hope my work is sort of like folk music, maybe it is a personal account of what is going on and maybe a sign of the times in some way. I hope it tells my stories in a artful way, I hope im sharing things that will entertain people, and make them feel something.
僕は、自分の写真がフォーク音楽みたいな感じにとらえてもらえるといいなと願っています。もしかしたら、それは自分自身の中で起きている何かのサインなのかもしれません。うまく説明できているといいなと思うのですが、僕は、できれば人を喜ばせたり、分かち合えたり、何かを感じてもらえたり出来たら良いなと思っています。

5: Are you intending to put meaning or necessity in putting some kind of meaning into the photography?
あなたは何かを写真の中に収めるということに、意味や必要性を持たせていますか?

I started off trying to make projects that were about documenting. And slowly I became more interested in capturing images that were symbolic or gave me a real feeing, more like a drawing or a painting. I dont need there to be a meaning, but a feeling is nice.
僕は、最初は記録すること(ドキュメンティング)でプロジェクトを作成していこうと
考えていました。でも、少しずつシンボル的でドローイングやペインティングのように自分に対してリアルなフィーリングを与えてくれるものに興味をひかれるようになりました。

horsetowel.jpg

TITLE: Horse Towel
Peter Sutherland

6: I have read some text about photography before and it says “Photography is capturing the moment. And moving image is capturing the stream of time. However there is a moment that the photography is representing the stream of time and moving image is representing the moment which is reverse principle.”I have came across to many art works which fit into this idea. I do know that you ate making films as well as photography. Have you ever come across to this kind of paradoxical aspect in your photography? Or Have you ever be conscious about these aspects?
『写真とは一瞬を捉えたものであり、映像とは幾らかの時間の流れを捉えたものである。しかし、実は一瞬を捉えたはずの写真 が時間の流れを表し、時間の流れを捉えたはずの映像が一瞬を表していることがある。』というような言葉を本で読んだことがあります。私は確かにそうかもしれないと思える作品を実際に多く目にしました。映像作品も写真作品も手掛けるあなたは、こういった逆説的な側面が写真の中に存在すると思いますか?またそれを意識したことはありますか?

I dont completely understand the selected text, but yes, i like working with both motion and still. I like the limitiations and ease of making a photograph and i like the control and excitement of shooting a moving picture. I think there are some things that can only be expressed as a still or as motion.
この選ばれているテキストに関してはよくわからないけれど、でもそうですねね、僕は映像とスチルの両方の作品を手掛けるのが好きです。僕は、写真のもつ限定と簡単さが好きだし、映像がもつコントロールと楽しみが好きです。映像にしても写真にしても、どちらかにしかないものがあると思います。

10550008.jpg buckhead2.jpg

7: We can surely say that Camera is devise to capture the moment. Please talk to us about the “moment” of your time and the concept of the value of it.
カメラは確かに瞬間を捉えるものであると言えますが、あなたが過ごす時間の中での「一瞬」に対する価値観を聞かせて頂けますか?

I dont know much about this concept, I know that it is a famous bit of theory about photography i think there are many monents most of the time. Often i like to work with repeating images or juxtaposed images, so i dont know if it applies to what Im doing.
このコンセプトに関してはあまり詳しくはありません。これが、有名な写真に関するセオリーだってことは知っています。僕が考えるに、沢山の一瞬があると思います。しばしば、僕は繰り返されるイメージや並列に並べたイメージが好きです。このことが、自分の作っている作品と関係があるのかはわかりません。

icetree.jpg

TITLE: ice tree
Peter Sutherland

8: I would like to talk about the “Paroadoxical atmosphere” which I felt in the work presented in gallery target. There was a random bed, window and curtain hanged in the ceiling, tape and other stuff was by the window. However, there were no heroin in there. Within that work, people probably felt the presentation of someone who is not there. There were nobody but people could felt as if someone was there. Please tell us what was your thought behind it.
逆説的な雰囲気と言えば、gallery targetでも展示されていたあなたの作品でもそれを感じました。(乱れたベッドがあり、窓があり、カーテンが吊るされ、窓枠の上にテープや何かが置いてあり、登場人物は誰もいないという作品です)
あの作品には誰かがいる要素が多くありつつも誰も写っていない。逆に言えば、確かに誰もいないけれど、確実に誰かがいることを感じることが出来ます。あの作品はどういったものが込められているのか、聞かせて下さい。

To be honest, i try not to think about shooting too much, if something catches my eye i like to relax and take a shot and then deal with it later. So my process has become much more about editiing. I like that you thought of Herion, that is one thing that excities me about photogarphy, its all in the mind of the viewer after i put the image out. I think i liked that image because there is no sheet on the bed and there is a sheet being used as a curtain.
正直言って僕は、あまり撮影することに関しては考えないようにしています。何かを見つけた時に考えすぎずリラックスした状態で撮影にのぞみ、それが何であるかは後で考えるようにしています。そういう意味では、僕にとっての作品のプロセスは、編集することに集約しているのかもしれません。

あなたが“Herion”の作品の事を考えてくれた事が嬉しいです。自分が作品を作った後、見る人がそれをどう見るかというのが写真の面白みだと考えているからです。この作品に関しては、ベッドの上には、シーツがなくて、シーツはカーテンとして使われているという点が気に入っています。

9: Photography could be playing role as record as well as expression of the creativity. There are documentary photography and the photography which has element of representing the artists expression in the form of recording the moment. If we think this way, there are ambiguous line between photography as a documentation and expression of the creativity. I think your photography seems to have a strong element of documentation but how do you make the line between your creative expression and documental element?

写真とは表現でもあり、記録でもあると言えるでしょう。また記録的な表現写真もあれば、表現性のある記録的な写真もあると思います。でもそうすると写真の中での記録と表現の境界線が曖昧なものになりますね。あなたはドキュメンタリー性の強い写真を多く撮られていますが、記録と表現の明確な境界をどこかに持ちますか?


I think that line is different for different projects. I shot a series of deer images in a documentary style, but deer will probably look the same in 100 years so maybe it is hardly relevant as a document of something. I made a series about NYC bike couriers, that might be more relevant as documentation of a quickly changing subculture. I think the subject matter partially dictates this. Recently i have become less interested in the idea of documenting and more interested in working with images to express my own feelings, ideas, etc. I also hope i am creating autobiographical images, maybe the fall between documentation and creative.

記録と表現の境界線は、プロジェクトによって異なると思います。僕は、鹿のシリーズ写真をドキュメンタリーの様な様式で撮りました。でも、鹿はおそらく100年同じ姿で存在していて、それがドキュメンタリーであるということとそんなに関係はないのではと思います。他にも、NYのクーリエの自転車配達人のシリーズを作った事があります。これに関しては、急速に変化するサブカルチャーというドキュメンタリーになるのかもしれません。何を主題にするかによって、この境界線というのは影響すると思います。最近、僕はドキュメンタリー的な考えで作品を撮ることにそこまで興味が湧かなくなってきていて、どちらかというと自分の感情を元に作品を表現する事に興味が移ってきています。それに、僕はより自叙伝的な作品を作れていると願っています。おそらく、ドキュメンテーションとクリエイティブな間位の位置に落ち着きたいのかもしれないですね。

dogview.jpg

TITLE: dog view
Peter Sutherland

10: Recently, the function of Camera is getting better and better. As the function gets better, the world captured by camera seems to be changing as well. Do you see that? or you don`t think it is changing? Please let us know what you feel through the finder of the camera!

カメラは年々優れた機能がつき、性能を増し、進化していますね。それに比べ、カメラに映される世界は何か変わってきていると感じますか?あるいは何も変わらないのでしょうか?ファインダーを通して世界を見渡すあなたが感じることを聞かせて下さい。

There are more cameras, more photos, i think the act of photographing something has become less unique because so many people are shooting and sharing images. Many great projects from the past are celebrated because they may be the only documentation of that particular thing. (think Danny Lyon, The Bikeriders) For me i guess the change is its become less about shooting and more about ediing and creating a series of images. I think change is good and interesting work will still rise to the top.

世界には、前よりも多くのカメラとそれだけの写真があります。前に比べて写真を撮るという事はユニークではなくなってきているのかもしれません。それも、色々な人が写真を撮り、それをシェアしているからです。多くの素晴らしいプロジェクトは、昔のもので、なぜならそれはある特定のものを撮って、残っている唯一のドキュメンテーションだからです。(Danny LyonやThe Bikeridersを考えてみてください。)僕にとっては、撮影することに関しての変化よりも、編集したり、シリーズの写真を撮ることだと考えています。変化することはいいことだと思う。そして、面白い写真っていうのはやはり最後まで残るし浮上してくると思うんだ。


Thank you very much Peter!
Peter ありがと!

22560001.jpg

thanks P
こちらこそ! 

Interviewer: Yuma Okubo
Translation: Risa Nakazawa

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gas.main.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/535

About

2009年12月10日 19:24に投稿されたエントリのページです。

ひとつ前の投稿は「INTERVIEW: of HONG KONG Designer REX KOO」です。

次の投稿は「Interview: Originalsytle 」です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type