INTERVIEW: of HONG KONG Designer REX KOO

This time, Atmosphere did an interview of up-coming and fresh artist called Rex Koo who is from Hong Kong. Please enjoy!!
今回、Atomosphereでは香港をベースに活躍するアーティストであるレックス・クーさんのインタビューを行いました。お楽しみください!
1.Please introduce about your self
ご自身のことについて教えてください。

I am Rex Koo, a Hong Kong base art director and illustrator. I’ve work on a range of projects including graphics, motion graphics, t-shirt print, art direction and illustration.
レックス・クーといいます。香港を拠点としたアート・ディレクター/イラストレーターです。グラフィック、モーション・グラフィック、T-シャツ、アートディレクション、イラストレーションといった様々なプロジェクトでの仕事をしています。
I am always passionate towards the design of Chinese and English typography, after a long while of graphic design works, I’ve lost in the world of vector and became tired of the emotionless computer operation, I then began to create artwork by hand hoping to recap the human touch in my work.
ぼくは中国語と英語のタイポグラフィーが昔から大好きでした。でもグラフィックデザインをずっとやっているとベクターの世界に没頭しすぎて、エモーションの無いコンピューター操作に嫌気がさしてしまいました。それで、人間味を取り戻すべく、アートワークを自分の手で作るようになりました。
2. You`ve mentioned in your web site that you were keen to develop the typography in both English and Chinese.Could you show us some of the typography that you`ve developed?
And, could you talk about it a bit?
ご自身のウェブサイトで、中国語と英語のタイポグラフィーを開発することに熱中されているとありますが、これまでに開発されたタイポグラフィーをいくつか紹介していただけますか?

gil_logo_chin.jpg gil_logo_eng.jpggil_poster.jpg
Get It Louder 2007 – The project is to design a visual identity for Get it Louder 2007 – an exhibition conceived as a platform for showcasing creativity and personal thoughts of young talented designers and artist around the globe.
Get It Louder 2007-このプロジェクトは、世界中の若くて才能あるアーティストやデザイナーの創造性や発想力をショーケースするためのプラットフォームで、Get It Louder 2007のビジュアルIDをデザインするというプロジェクトでした。
According to this principle, I designed a series of talking bubble to formed a variety of logos instead of creating a fixed single logo for the function. The audience were aimed to recognized “Get it Louder” from the variety images of talking bubbles instead of the wording itself.
プリンシパルに従い、ひとつの確定されたロゴではなく、会話をしているバブルが色々なロゴになっているものをデザインしました。これを見る人が、その文字自体ではなく、Get It Louder” ということばを、会話をしている物体たちから認識するように作りました。
Eason Chan CD album – A CD album designed for Eason Chan – a well known pop singer of Hong Kong.
Eason Chan CDアルバム-中国では有名なポップシンガーのCDアルバムのデザイン制作。
I found that there’s lack of hand drawing visual for local record sleeves design. I decided to go for an illustration for the main visual including the typeface.
国内のアルバムデザインは手書きのビジュアルを使っているものが少ないので、メインビジュアルにイラストとタイポグラフィーを使う事にしました。
eason_sns_01.jpg eason_sns_02.jpg
eason_sns_03.jpg
Night Corridor – Poster for a local independent horror movie. I design the film title with collage in order to create a horror and unusual atmosphere.
妖夜廻廊 (Night Corridor)– 国内のインデペンデントホラー映画用のポスター。ホラーっぽくて異様な雰囲気を作り出すためにタイトルをコラージュで作りました。
night_poster.jpg
3.I am very fond of your drawings. Could you show us some images and could you let us know the concept behind it + credit of the work?
Rexさんの絵が大好きです。作品とその作品のコンセプトをいくつか紹介していただけますか?

Homeless Dictator – It’s a project held by Helsinki Biennale (Finland). Artists from worldwide were invited to create their own drawing and print on a tent at final artwork. I’ve create my own homeless dictator with the concept of “self centered” and “greed”.
Homeless Dictator- フィンランドのヘルシンキ・ビナーレ主催のプロジェクト。世界各国のアーティストが招待され、それぞれがドローイングとプリントをテントに描きました。ぼくは、「自己中心的」と「欲」のコンセプトでオリジナルのホームレス・ディクテーターを創りました。
dictator00.jpgdictator01.jpgdictator02.jpgdictator03.jpg
Eason Chan Best Moment – Another record sleeves I design for Eason Chan. These are some illustration for the inside sleeves which inspired by some of the classic styling of the singer in the pass 10 years.
Eason Chan Best Moment – これもまた歌手のEason Chanのアルバムカバーです。これはスリーブの中のイラストで、彼の過去10年のクラシックなスタイリングにインスパイアされたものです。
eason_bm_01.jpg
eason_bm_02.jpg
Shena Ringo Tsumi to Batsu – A personal drawing about Shena Ringo – my favorite singer for all time.
椎名林檎 罪と罰 –椎名林檎に関する個人的なドローイング。ボクが一番好きなシンガーです。
shenaringo.jpg
A Time to Kill – An artwork for a limited edition print show UNTITLED ENEMIES.
A Time to Kill – UNLIMITED ENEMIESという番組のリミテッドエディション用につくったアートワーク。
umtitledenemies.jpg
4.In your work, it seems like there are political element in it.
Are you interested in putting a statement within your art practice?
Rexさんの作品はどこか政治的な要素が含まれているような気がするのですが、そういったメッセージをアートに織り込むことに興味があるのでしょうか?

Haha is it? There’s not a very clear motivation to put any political element in my works.
But I’ve to admit it always make me feel good to work on a project under a clear theme or concept.
そうですか(笑)?政治的な要素を作品に入れるモチベーションはこれといってないのですが。でも、はっきりとしたテーマやコンセプトがあるプロジェクトの仕事をすることは気持ちいいことが確かです。
5.What is your general interests? and please let us know your interests in your art practice.
一般的に興味があることはなんですか?またアートの実践での興味はなんでしょうか?

Problem solving (although I always think I’m not good at it). I think thats the nature of Design, and I’m still learning with it.
問題解決(あまり得意とは言えないけれど)。それがデザインの性質だと思うし、まだまだ勉強中ですが。
Studio of Rex Koo!!!
studio.jpg
(Interviewere: Risa Nakazawa, Translation: Amy Sugai)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>