« 2009年09月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月 アーカイブ

2009年10月02日

a000514

REPORT: 30th Pathway show @SOCIAL

9月末に渋谷のSocialにて行われた8人の30歳を迎える女性による' 30th pathway ' 展覧会のatmosphere reportをご案内をいたします。

Atmosphere would like to report the show held at Social in Shibuya which features 8 ladies who turn out to be 30 years old in the same year.

30th_path.jpg

会場:SOCIAL http://www.socialtokyo.com/index2.html
住所:東京都渋谷区渋谷1-22-5
参加作家:
小倉薫、カトウジュリ、都筑晶絵、戸倉里奈、長谷川恵、真崎桃子、水谷みとも、
山口淳美

' 30th pathway ' exhibition
--------------------------------------------------------------------------
ADDRESS : 1-22-5 Shibuya Shibuya, Tokyo
Participating artist:Kaoru Ogura, Juri Kato, Akie Tsuzuki,Rina Tokura, Megumi Hasegawa, Momoko Masaki, Mitomo Mizutani, Atsumi Yamaguchi

Rina-T.jpgR0013608.JPGMasakimomo.jpg
(Rina Tokura`s work)

人は誰しもが皆、1年ごとに年を重ねます。
Every one gets older once a year.

そして10年という年月を、人生の大きな分岐点としてとらえています。
And people think 10years as a big turning point in their lifes.

今回の"30th pathway(30番目の道)"と題されたグループ展は、今年30歳になる8人の女性アーティストが、ギャラリーという箱をタイムカプセルにみたてた展示です。同じ1979年に生まれ、10代を共に過ごし、30年という長いとも短いともとれる人生の通過点で再び出会った8人の過去、現在、未来のかけらを作品という形で残します。

30th pathway is a group show of 8 ladies who will turn out to be 30 years old, this year. In this show, these artists saw gallery space as a time capsule. Everyone was born in 1979 and spend their teenager together. After all this 30years, which seems like long and also short time, they`ve got together again and showed their work in relation to "the past, the presense, and the future".

(Quote from PRESS RELEASE)
『今の社会において一般的な30歳の定義は曖昧です。社会によってつくられた三十路女性イメージは、実際の30歳の女性像とは全く異なる根拠のないネガティブなイメージがついてまわります。そこに生まれる違和感やギャップを意識的に見つめ、ありのままの自分達を表現することで、目の前にある30番目の道を何にも縛られることなく歩いていけるのです。それはフェミニズムを歌った女性の主張ではありません。私達を形づくるのは年齢や社会が作るイメージではなく、私達一人一人が歩んできた道であり、これから歩む道であるということです。そうったメッセージを肩に力を入ることなく私達の世代のリアリティーを感じる展覧会になっています。』

In the society of this time, it is ambiguous to define the 30years old. They thought that the Image of 30 years old which society create is very negative, critical and it is different to how actually they are. These artists looked through this gap between "the image" society projects on to them and how actually hey are. They all decided to take courage to express how they actually are. By doing so, they do not need to be tied up to the 30th pathway in front of them. Also, It is not somekind of feminist slogan. What is important for them is the path these ladies has been walking and also the path they will going to walk in the future. This exhibition represent their reality.


2009年10月04日

a000515

INFO:Matt Furie EXHIBITION ”Monster Family”@BEAMS T

--------------------------------------------------------
Matt Furie EXHIBITION ”Monster Family”

mattfurie_3.jpg


BEAMS Tにて、イラストレーターMatt Furie のEXHIBITIONを開催されます。Mattは、これまでに“RVCA”や”Alakazam!”にイラストを提供しているサンフランシスコ出身のアーティストです。今回のエキシビジョンでは、モンスターや動物人間、不思議な生き物の家族や子供をテーマにした、不思議な作品が揃っています。
*初日には、サンフランシスコよりMatt Furie が来日いたします。

From 9th of October, BEAMS T will held exhibition of the Sanfrancisco Illustrator Matt Furie. Matt is an artist / illustrator who has been providing illustration to the "RVCA" or "Alakazam!". His eccentric creature, kids and family monster, animal-human being will be able to see at this show. In the first day, Matt himself will visit Japan from Francisco.

Supported by RVCA
http://www.beams.co.jp/news/event/-monster-family.html


ABOUT MATT FURIE:
79年オハイオ州コロンバス生まれ。デラウェアにあるオハイオ・ウェスレヤン大学を2001年に卒業。現在はサンフランシスコを拠点に活動中。好きなことは、絵を描くこと、ダンス、自転車に乗ること、YouTubeを観ることそしてワインをたまにちびちび。サンフランシスコ、ニューヨーク、LA、ヨーロッパやオーストラリアで個展やグループ展に参加しており、拠点はサンフランシスコに置いている。雑誌「Juxtapoz」「XLR8R」「Fader」などでも作品が紹介されている。また、Buenaventuraより、「BOY`s Club」というコミックシリーズが発行されています。

Matt Furie was born in Columbus, Ohio in 1979. He graduated from Ohio Wesleyan University in Delaware, Ohio in 2001. Matt is a leo, he enjoys long walks in the park, bubble baths, and an occasional glass of wine. He currently lives in San Francisco. His work has been introduced in "Juxtapoz", "XLR8R" and "Fader". His comic series “Boy’s Club” is published by Buenaventura Press.


mattfurie.betternonsequitur.com

<会期>
2009年10月9日(金)-10月25日(日)
*期間中無休

<場所>
BEAMS T HARAJUKU/ビームスT 原宿
東京都渋谷区神宮前3-25-15 1F
TEL :03-3470-8601
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休

www.beams.co.jp

-----------------------------------

BEAMS T PRESENTS
MONSTER FAMILY PARTY @Le Baron de Paris
Supported by RVCA

BEAMS T HARAJUKUで10月9日から10月25日まで行なわれる展覧会「Matt Furie EXHIBITION ”Monster Family”」。イラストレーターMATT FURIE from SAN FRANCISCOを囲みアフターパーティーを行ないます。


2009年10月9日(金)21:00 DOOR OPEN

Le Baron de Paris

www.lebaron.jp

港区南青山3-8-40 青山センタービルB1F
TEL 03-3408-3665
*入場には身分証明書が必要です。
*18歳未満の入場は、お断りさせて頂きます。

DJ
Will Sweeney(From Alakazam!)
Iggy "BOI" Hilton
KENICHI AONO(from BEAMS RECORDS)
UCHIDA (DELTA)

2009年10月12日

a000516

REPORT: Anthony Burill`s latest show in LONDON

Atmosphere is pleased to introduce the Lancashire born artist Anothony Burrill who graduated Royal College of Art, MA(RCA), graphic design course in 1991.

今回のアトモスでは、イギリスのランカシャーで生まれで、1991年にロンドンのロイヤルカレッジオブアートのグラフィックデザインコースを卒業した、アーティスト『アンソニーブリル』を紹介いたします。

anthony_08.jpg

Anthony Burrill is an independent designer and illustrator who works in a broad range of activities, including print, film and exhibitions. After studying Graphic Design at Leeds Polytechnic he completed an MA in Graphic Design at the Royal College of Art, London. Where he created his now trademark technique for direct communication.
アンソニーブリルは、インディペンデントのデザイナー / イラストレーターで、プリント、映画、エキシビジョンなど、幅広い分野の仕事を手掛けています。イギリスのリーズでグラフィックデザインを勉強した後、ロンドンのロイヤルカレッジオブアートの大学院のコースでグラフィックデザイン専攻し、卒業しました。在学をきっかけに、彼が現在手掛ける仕事の中でしばしばみられる、ダイレクトコミュニケーションのツールであるトレードマークの技術を得ました。

anthony_01.jpganthony_02.jpg

Anthony’s uncomplicated style stems from his appreciation for simplicity, which was formed in his early handcrafted photocopy books. He has designed advertising campaigns for London Underground, DIESEL, Nike, Bupa amongst others, including the cult Hans Brinker Budget Hotel campaign. He has also produced web-based projects for bands such as Kraftwerk and Air, murals for Bloomberg, Priestman Goode and recently designed the identity for Kessel Kramer’s inaugural London base – KK OUTLET.

アンソニーの複雑でない作品の手法は、彼のシンプルなものに対しての敬意の表れです。この手法は、彼が作家活動を初めてまもなくの頃に画像をコピーでプリントし、手で本を作っていた頃に編みだしています。アンソニーが今まで手掛けてきたクライアントには、ロンドンの地下鉄、DIESEL、 Nike、 Bupa などや、Hans Brinker Budget Hotel などがいます。その他にウェブを中心としたプロジェクトのプロデュースも行っています。例えば、Kraftwerk 、Airなどのミュージシャン。壁画のプロジェクトでは、Bloomberg、Priestman Goodeなどがいます。また、最近コーポレートアイデンティティーを Kessel Krameの London にしかないアウトレットの為に作成しました。その名も『KK OUTLET』。ロンドンにお寄りの際は、是非チェックして下さい。

anthony_rainbow.jpg

anthony_crowd.jpg

Anthony’s recent exhibitions include ‘The Right Kind of Wrong’ at The Biscuit Building, London in collaboration with Michael Marriott, ‘Geometry in Nature’ at Colette, Paris,‘I Like It Here’ Chiat Day, Los Angeles and ‘In a New Place’ at Kemistry Gallery, London.

アンソニーの最近のエキシビションは、ロンドンのビスケットビルでMichael Marriottとのコラボレーションで行われた"The Right Kind of Wrong"や、パリのコレットで行った“Geometry in Nature”、ロスアンジェルスのChiat Dayで行った‘I Like It Here’展、 ロンドンのKemistry Galleryで行った‘In a New Place’などがあります。
今後、ますます目が離せません。

2009年10月14日

a000522

REPORT:SHOHEI TAKASAKI 初展覧会"splithead"

en one tokyo主催で行われたSHOHEI TAKASAKIの初展覧会"splithead"のレポートをお見せします。

splithead_048.jpg

splithead_049.jpg


SHOHEI TAKASAKI INTERVIEW "AFTER THE SHOW"

_MG_0029.jpg

*今回の展示を一番見せたかったのは誰ですか?
who did you wanted to show your new work the most?

こんにちわ。
特定の誰というのは無いです。一人でも多くの人に見てほしいといつも思ってます。ポップなフィールドで僕のような作家がどこまで勝負できるのかを挑戦したいと思っています。

あえて言うなら、自分かも。いま自分がどこまで出来るのかを現実的に見たかったし。

hello!
Actually, I do not want to decide who I want to show my work the most. I always wanted to show my work to many people as possible. I am challenging myself to how much I can get in to the field of POP. If I had to put it to the word, I just wanted to see how much I can make evrything happened in real.

*今回の、展示でSHOHEI TAKASAKIとしてアーティスト活動にどのような変化を
与えましたか?

What kind of effect was there for you as SHOHEI TAKASAKI through this exhibition?

う~~~~ん。
基本的な姿勢は変わらないけど、今回の展示でもほんと色んな人達と出会って、僕の作品に対して真剣に向き合ってくれて、意見なんかを言ってくれる人達と話すのはエキサイティングでしたよやっぱり。なるほど、と思う事もあったし。
いままで通り感情を爆発させていきたいです。


Well.... I don`t think my fundamental attitude changed through this exhivition but it was exciting to know that there are so many people who gave me oppinion and thought about my work seriously. There was oppinion that I could strongly agreed with. I would like to continue exploding my emotion through my work.

_MG_0014_2.jpg

_MG_0065.jpg

_MG_0061.jpg

*展示をやってみて、今後こんなことにチャレンジしたいなど、新しい目標ができましたか?

Is there any new aim or challenge that you would like to do in the future?

まだまだ、始まったばかり。
平面でも立体でも、突き進めるのりしろは相当残っています。
描き続けようと思っています。楽しみです。

It has just began.
there are still some room for me to try sculptural work or 3D work.
I am thinking of continue to painting.
And I am enjoyning the most.

_MG_0080.jpg

*最後に世界に一言!
What would be your message to the world!

本当にいろいろな国で発表をしていきたい。
いままで僕が訪れた国々でも、たくさんの面白い経験をしてきた。
突き進みたいですね。僕は。

I would like to exhibit my work in different countries.
I had many intersting experience in the countries I have ever visited.
I just want to go forward, I think.

About 2009年10月

2009年10月にブログ「Atmosphere」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2009年09月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type