« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月 アーカイブ

2009年05月01日

a000465

NEWS: "Glory Holes"* An Exhibition by Trust Fun & Kris Moyes/

Atmosphere would like to feature the exhibition in Monster Children Gallery. The name of the show is called "Glory Holes"and is an Exhibition by Trust Fun & Kris Moyes.

Opening night: THURSDAY 23RD APRIL 6.00PM
Exhibition continues from 24TH APRIL - 9TH MAY, 2009.

INVITATION-front.jpg

*Award winning Australian designers Trust Fun! and international director Kris Moyes will present a series of works titled ‘Glory Holes’ at Monster Children Gallery from April 24, in an exhibition which explores the increasingly blurred line between art and commerce.

*About the Exhibition:

Glory Holes will explore the ideas of the Animal, the Vegetable and the Mineral from a cosmic, mystical and aesthetic angle - all with tongue planted firmly in cheek. The space will be filled with pieces covering a range of mediums including high quality digital prints, hand screen-printed glass, video projections and sculpture. Many of the pieces in the exhibition have their origins in the concept stages of album covers, tour posters, music videos and marketing ideas that were later rejected by clients as either ‘too weird’, ‘too difficult’ or ‘too confusing’.

Throughout their respective commercial careers, the Trust Fun! designers and Kris Moyes have each created many things that have been considered ‘not quite design’ while also ‘not quite art’, and Glory Holes attempts to find an outlet for these ideas and explorations. With the line between art and commerce having been progressively blurred since the 1960s and 70s, the Trust Fun! designers believe this line has recently become so fuzzy it’s almost totally unrecognizable, particularly where young audiences are concerned.

The designers feel that in recent years art has managed to alienate many in the younger generations by demanding an academic and conceptual appreciation. As a result, they have increasingly found artistic and creative satisfaction in products and brands, elevating designers to artist status and coveting limited-edition products from multinational juggernauts beyond that of independent artist and craft. Through artistic collaborations and sponsorships, many brands are now bringing the younger audience back into the art environment and with ‘Glory Holes’, Trust Fun! and Kris Moyes hope to further blur that boundary between art and product and encourage people to scratch a little deeper at commercial creative expression and think a little shallower about art.

*About Trust Fun!

Trust Fun! is a Sydney-based trio comprising award winning graphic designers Jonathan Zawada and Shane Sakkeus and fashion designer Annie Wright-Zawada. Under Trust Fun! the trio fuse art, fashion, graphic design and humour into a range of limited edition silk scarves that are sold in exclusive boutiques around the world. Kris Moyes is a multi-award winning director and artist whose instantly recognizable style can be seen in music videos for Franz Ferdinand, Beck and The Presets amongst many others.

INVITATION-back.jpg

http://monsterchildren.createsend.com/t/r/l/typm/mjhlutyy/y

2009年05月03日

a000457

INTERVIEW: MAURICE SCHELTENS

今回のAtmosphereインタビューではオランダのフォトグラファーであるMaurice Scheltensの魅力に迫ります。

Today`s Atmosphere Interview features the Dutch Photographer Maurice Scheltens.

maurice.jpg

Maurice Scheltensについて:

Maurice Scheltenは、ファッションや広告の分野で活躍中のオランダ人の写真家です。彼が作り出すスチルライフは、ハイパーリアリスティック(超現実的)であり、完全に人工的でもあります。彼が商品やファッション、デザインというくくりの中から選び出す被写体は、そのものが持つ本来のあり方から全く異なった環境へと変化されます。しばしば、Mauriceはこれらの被写体を不安定な状況においてとらえることを試みます。リモコン、オートクチュールのドレス、フルーツの切り抜き写真、電気コードでぐるぐるまきにされた野菜やフルーツなどは、他のものと一緒におく事で均衡を保ったり、そのものだけで置かれたり、モノクロの背景の中で消えてしまったりします。
(Nina Folersmaの文章引用)

About Maurice Scheltens:

Working in the fields of fashion, art and advertisement, the Dutch photographer Maurice Scheltens creates still-lifes that are both hyper realistic and completely artificial. Objects taken from the worlds of commerce, fashion and design are removed from their natural habitats and placed in a new environment, often exposing them to uneasy conditions. Remote controls, haute couture dresses and cut-out pictures of fruits, vegetables and plants are dangling on cords, balancing on other objects or left all alone, lost in a monochrome background.
( Quotation from the text by Nina Folkersma )

maurice1.jpgmaurice2.jpgmaurice3.jpgmaurice4.jpgmaurice5.jpgmaurice6.jpg

QUESTION

1. Mauriceさんにお聞きします。 あなたの作品はどれも大変興味深いですね。このごみ袋をレコードプレイヤーでスピンしている作品ですが、ゴミ袋をスピンする事で見える新しいごみ袋の姿方は何とも言えず美しいと思いました。この作品は、写真としても勿論面白いのですが、実際回っているところも見てみたいと思うような作品だと私は感じました。

あなたにとって、一番大事なのは写真ですか?それともこのオブジェ自体でしょうか?

I am very much interested in the work you have done. For instatse, in the work below, the transformation of the shape from garbage to this sculptural shape is amazing. It is interesting as a photograph work but would be interesting if we could see the actual work as well.

I would like to ask you which is more important for you, the moment of this work or the actual piece?

ANSWER

オブジェクト自体は、樸にとってはとても大事です。それぞれのプロジェクトで、一番時間を費やしているのも、オブジェ自体を作成し、丁度良いトーンを見つけるための時間です。

The objects themselves are very important to me. The time spend on each project is mainly the time spend to built the objects, finding the right 'tone'.

_MG_1581.jpg_MG_4434.jpguniqlo_trend_book.jpg
(UNIQLO WHITE TRENDBOOK 2008)

ハイエンドなインダストリアルデザインには何か面白みというものがあります。僕はそれを認めたいと思いますが、その一方でそれに対して批判的な要素を与えることの方が楽しそうだと思ってしまいます。ただ、作品のタイトルと共にオブジェを見せる事で、見る側の色々な考えが画像に対して溢れ、そうすることで作品そのもののの美しさを保つのです。僕は、常にこういった二重の面白みを探しています。

There was something interesting about high-end industrial design. On one hand I embrace it but at the same time it seemed exciting to give it a critical swing. Just by showing the title with the object a whole set of thoughts fill the image that keeps its own estetics.
I am always looking for these dualities.

オブジェとは、写真の中のセットとしてコミュニケーションを図るべきだと考えています。今までの作品ではそういったものを見せてきました。実際にオブジェだけで見せる事も考えたことがあります。しかし、オブジェを見せるのにあたって写真と似た方法というものを探してきました。何が言いたいかというと、僕はオブジェクトを自由に見ることによって考えを張り巡らせることの方が、全ての情報を渡してしまうより大事だと考えているのです。お店のショーウィンドーはこの方法に対する答えかもしれません。ある一定の見せ方をするという点では似ています。ある一方向からの見え方からしか見えませんが、それでもオブジェやインタレーションはしっかりと見えているのです。

The object has to communicatie in the setting of a photograph. That's what I showed (till now . . .)
Before I thought about showing my objects for real, but I was looking for a way that has similarities to photography; I mean that you still have a point of view but with more freedom to look around the object without giving it all away. Shopping windows could be the answer to a a specific point of view, still showing an object/installation.

psp_white.jpg
PSP WHITE 2006

次のエキシビジョンで、僕は写真と共にオブジェも一緒に見せようと考えています。このような方法で写真を見せる事で僕の作品がどのように見えるかを見るのがとても楽しみです。

For my next exhibiton I decided to show real objects in combination with photographs. I'm very exited to see how this will work out !

QUESTION

2. 下記の作品についてお聞きしたいと思います。
cut_out4.jpg

この切り絵の作品は、非常に興味深いですね。この作品を作るのに、多くの時間がかかったのではないかと思いました。まるで、人々に対してこの瞬間がいかに美しいかを伝えているかのようだと思いました。作品の作りは非常に繊細でまるで本物のさながらです。写真がもつ本質の為、切り絵には見えません。しかし、この写真は何かが少し奇妙だと思わせます、その為見た人はじっくりと時間をかけて見ると思います。写真を見た時に、二つの驚きが得られると思います。まずはこの作品の美しさで、次にこの作品が切り絵でできていると気づいた瞬間です。

This paper cut our work is also very interesting.This work seems like there are lots of time consuming in order to make this piece.It seems like as if it is telling people how beautiful the moment is.The creation is very delicate and looks very real.Because of the nature of photograph it doesn`t seem like paper cut.But something is strange about the photo, so that people will take time to understand about the piece. There are two layers of surprise when we see this piece.
We will surprise to see the beauty of this work and to know that it is made out of paper cut out.

flower.jpgflower2.jpg

ANSWER

作品を作るプロセスは自分にとってとても大事です。一つの絵を作るのにかける時間はとても長くかかることがあります。毎回違うシリーズの作品を手がける際、その一つ一つを理解しようと、また実験することで少しでもそのルールを解読したいと考えています。作品を作るプロセスの間、絵のコミュニケーションが起こる瞬間があり、それはとても重要です。

The procces of making an image is very important to me. Time I spend on a image can be quite a lot. Trying to understand and getting a grip on the rules of each new serie by experimenting.
During this work in progress something that is important for the communication of the image starts happening.

flower3.jpg

僕は、切り絵の作品においては、沢山のレイヤーの中で自分がこれと思うバランスを見つけ出すことを大切にしています。表面の外観の世界の完璧さは、その裏側とはまるで逆です。じっと見ていると、考えが逆転してきます。箸やスコッチテープで、どの様に花や食べ物が組み立てられたかがおそらく、見えてきます。リッチさと貧相さは一緒になっているものです。

In the cut out works I try to find the right balance between several layers: the facade view that revers to a perfect world and at the same time you are able to look almost behind the image, you can see the way how the object is constructed with cut out flowers and food,
hold together with chopsticks, scotch tape. Rich and pover gathered.

NEWS

一番最近の僕のニュースになります。
+ Please let us know bout your recent news.

On Displayという本を出版しました。
- Launch of my overview book On Display

エルメスのパッケージを手がけました。
- Hérmes, packaging boxes
001.jpg

Viktor & Rolfの商品写真
- Viktor & Rolf, Petite Flowerbomb
vandr.jpgV%26R%20set.jpg

Vitraの広告
- Vitra Advertisement

ここ数年。アーティストや僕のパートナーであるLiesbeth Abbenesとコラボレーションをしてきましたが、今後オフィシャルに、彼女と“Sheltens & Abbenes”の名でアーティストとしての活動を始める事にしました。
- The last couple of years I collaborated a lot on applied projects with artist and my partner Liesbeth Abbenes (www.liesbethabbenes.com)
From now on we will officialy start working under one name Scheltens & Abbenes

スタジオの写真を、見せて頂けませんか?
And picture of studio + some picture of your work would be appreciated!
_MG_4276.jpg

URL: http://www.mauricescheltens.com/

2009年05月13日

a000470

EVENT: 『METHOD』 TALK SHOW

発信型メディアレーベル、PUBLIC/IMAGE.LABEL( パブリックイメージレーベル) による、『カケル』形式の体験型クリエイティブカンファレンス『Public/image.METHOD』のイベントのご案内。

methhod2.jpgmethod1.jpg

Public/image.METHOD とは、ANSWR Inc.が運営する発信型メディアレーベル、PUBLIC/IMAGE. LABELが主催する、クリエイター予備軍、クリエイティブプロフェッショナル、そしてデザインコンシャスな人々に向けた、『カケル』形式の新しい体験型クリエイティブカンファレンスです。

このイベントは、EDUCATIONとENTERTAINMENTの融合を試み、EDUTAINMENT という新しい経験を提供したいと考えます。楽しみながら学び、そして直接「体験」する事で、後まで印象に残るイベントを展開。その為、カンファレンスのセッションはエンターテイメント性の高い体験型のセッションと、エデュケーション性の高い、聞く型のセッションの両方をプロデュースします。

"METHOD"(メソッド)は「方法」や「方式」を意味する言葉。「PUBLIC/IMAGE.METHOD」は様々なジャンルのクリエイターの組み合わせを「×」方式でプロデュースし、意外性のある対談や、コラボレーション企画のプレゼンテーション、デモンストレーションやライブパフォーマンスを通し、新しい表現方法や方式が
発表されるイベントです。

第一回目のカンファレンステーマは「DiscoverMETHOD(方式の発見)」です。コラボレーションが生む新しい表現方法の発見、クリエイターが紹介するMY方法論の発見、そして自分のクリエイティビティを具現化する方式の発見が出来る一日を展開したいと思います。

info: www.public-image.org/


開催日: 2009年5月16日(土)
場所: ベルサール六本木
start: 14:00 close: 20:00
一般: ¥4000 学生: ¥3000
主催: ANSWR INC. 企画: PUBLIC/IMAGE . LABEL
協賛: ADOBE SYSTEMS

http://www.bellesalle.co.jp/bs_roppongi/

東京都港区六本木7-18 -18 住友不動産六本木通ビル1F・B1
「六本木駅」2 番出口より徒歩2分(日比谷線)
「六本木駅」4b 出口より徒歩4分(大江戸線)
「乃木坂駅」5 番出口より徒歩7分(千代田線)

Session 01 GAME + ILLUSTRATION

チームラボが作ったFlash ゲームの世界にタナカカツキのイラストがキャラクターとして登場。Flashで作ったゲームの面白さと可能性を見ると共に、イラストレーターを使用し創り上げたキャラクターが自由にFlash の世界を動き回る様子をフィーチャー。

チーム☆ラボ

77 年徳島生まれ。
01 年、東京大学工学部計数工学科卒業と同時にチームラボ創業。
04 年、東京大学大学院情報学環中退。大学では、確率・統計モデルを、大学院では、自然言語処理とアートを研究。テクノロジー、アート、デザインの境界線をあいまいにしながらインターネットから空間まで活動。
www.team-lab.com

×

タナカカツキ

1966 年大阪生まれ。京都精華大学美術学部( 現芸術学部) ビジュアルデザイン学科卒。在学中の85 年にマンガ家デビュー。著書はマンガ「バカドリル」「オッス!トン子ちゃん」など。映像作品集(DVD)「SUNDAY」をリリース。森美術館「六本木 クロッシング: 日本美術の新しい展望2004」に参加するなど幅広く活動する。2008 年11 月「新しいバカドリル」上下巻、12 月 Blu-ray「ALTOVISION」発売。 
www.kaerucafe.com

Session 02 FASHION + PHOTOGRAPHY

架空の世界、フガハムのニューシーズンカタログを田島一成とコラボで作成。スタイリングからシューティング、カタログのデザイン等、映像ドキュメンタリー形式と対談で紹介。手法や作成過程、ファッションについて語る。

フガハム

" フガハム" とは、デザイナー山本亜須香とアートディレクター三嶋章義が提唱する架空の国の名称。その歴史の断面を、現代的なジャポニズムと捉え、ファッションだけにとどまらず様々な方法で表現し、" フガハム" という国を確立してゆくアートプロジェクト。第二次世界大戦の敗北から半世紀以上を経た現在、戦後第三世代にあたる三嶋と山本は、この架空の国" フガハム" に、日本人としてのリアリティーを重ねている。 
www.fugahum.com/

×

田島一成

1968年東京生まれ。写真家五味彬氏に師事。パリ、ニューヨークで活動を経て2002 年から東京を拠点に。ファッション誌、広告、CMなどで活躍中。
www.mildinc.com


Session 03 MUSIC + INTERACTIVE ART

I Am Robot And Proud の暖かいエレクトロ音楽と真鍋大度のインタラクティブアートがオーディエンスの感性に働きかける、感情をデザインするセッション。パフォーマンス後は実際に実験し体験出来る時間もあります!

アイ・アム・ロボット・アンド・プラウド

カナダ、トロント出身。エレクトサウンド作曲家、演奏者、ライブキーボード奏者。心地良く暖かいエレクトロ・ポップサウンドで知られている。2000年に音楽とコンピューターへの情熱を一つにすべく、"I Am Robot And Proud" として活動をスタート。
www.robotandproud.com/

×

真鍋大度

Artist、Coder、Hacker、Sound designer、DJ、VJ。プログラミングを駆使して様々なアート・デザインプロジェクトに参加。顔面を音楽のヴィジュアライザーとして扱ったYoutube の実験映像がギーク系ブログで話題になり一ヶ月足らずで100万ビューを達成。2008 年3月、ハッカーズスペース、4nchor5La6を設立。石橋素氏と共同主催。株式会社ライゾマティクス取締役。 
www.daito.ws/

Session 04 MOVIE +WEB ADV.

人気映像ディレクター辻川幸一郎が伊藤直樹に問うこれからのWEBとは? WEBと映像の関係性はどう変わってゆくのか?テレビで見るCM 映像とウェブで見る同じ映像は持つ意味が違うのか?ウェブと映像のこれからを勉強出来るセッション。

辻川幸一郎

1993 年よりデザイナーとして活動開始。コーネリアスの映像制作をきっかけに映像ディレクターとして活動。アートディレクション、CM、MV、ショートムービーなど、多様なジャンルの制作に取り組んでいる。
また、SMI RNOFF、COMCAST などのCM やカナダのクリエイティブ誌「boards magazine」の表紙デザインなど、海外へも活動の幅を広げている。 
www.tsujikawakoichiro.com

×

伊藤直樹

メディアにとらわれないハイブリッドなプランニングと、広義な意味での「デザイン」を実践している。アサツー ディ・ケイ(ADK)を経て、2006 年7 月より、ハイブリッド・クリエイティブエージェンシーGT に所属。NYADC 会員。2007 年には、東京インタラクティブ・アド・アワード(TIAA)2007 でベストクリエーター賞
を受賞。 代表作として、ソニーウォークマン「 REC YOU.」、「 NIKE COSPLAY」「 UNIQLO MARCH 」などがある。 
www.gtinc.jp/


Session 05 INTERFACE +ANIMATI ON

世界的に著名なWEB デザイナー中村勇吾が是非対談を、と指名したのはアニメ界の巨匠でありガンダム30周年を迎えたアニメディレクター、富野由悠季だった。両者共に見る者の心を動かすアニメーションを創り出すプロは何を語ってくれるのか?

中村勇吾

1970 年奈良県生まれ。ウェブデザイナー/インターフェースデザイナー/映像ディレクター。東京大学大学院工学部卒業。多摩美術大学客員教授。1998年よりインタラクティブデザインの分野に携わる。2004 年にデザインスタジオ「tha ltd.」を設立。以後、数多くのウェブサイトや映像のアートディレクション・デザイン・プログラミングの分野で横断/縦断的に活動を続けている。主な受賞に、カンヌ国際広告賞グランプリ、東京インタラクティブアワードグランプリ、TDC 賞グランプリ、毎日デザイン賞など。 http://tha.jp/

×

富野由悠季

1941 年11月5日生まれ。小田原市出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、虫プロダクションに入社、TVアニメ『鉄腕アトム』などの演出を経てフリーに。絵コンテ、演出として、日本の様々なアニメーション作品を手がける。主な監督作品は『海のトリトン』『機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン』『聖戦士ダンバイン』ほか。また、作詞家、小説家、大学教授でもある。「月刊ガンダムエース」(角川書店)にて、対談企画『教えてください。富野です』を連載中

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

AFTER PARTY!!!!!

『PUBLIC/IMAGE.METHOD』アフターパーティー開催!
5月16日(土)@ SuperDeluxe 六本木, 21:00-26:00

フライヤーのデザインは、以前にAtmosphereでインタービューをさせて頂いた井口弘史さんです。当フライヤーのタイポグラフィーは、Illustrator CS4で強化されたグラデーションツールを使われて作られました。

AP_flyerXL.jpg

クリエイティブカンファレンスに参加後は、当カンファレンスのプレゼンターであるカナダのアーティスト、【 I AM ROBOT AND PROUD 】のエクスクルーシヴLIVEセットが堪能出来るアフターパーティーに参加はいかがですか?

出演は、エレクトロサウンドながらどこかあたたかな表情をもつメロディで来日公演のたびに多くのオーディエンスを魅了してきた【 I AM ROBOT AND PROUD 】。ジャンルや国境を超えたボーダレスな活動を続ける日本が世界に誇る歌姫【 一十三十一(ヒトミトイ) 】!!! 美しいメロディとハーモニーを奏でる両者の共演に加え、洗練されたポップセンスで数々のパーティーをカラフルに染めてきた【 HALFBY 】が登場!!! オープニングには、このスペシャルな夜のために良質なリズムだけをセレクトする【 DJ MONOLITH 】が心地よい時間をお届けします。

会場のビジュアルインスタレーションは、VJユニット【 HEART BOMB 】が担当。ADOBE CS4を使った映像作品も上映。

日本とカナダを代表する実力派アーティストの豪華組み合わせが実現した一夜限りのプレミアムパーティー。

予約はこちらから
http://www.public-image.org/project/2009/05/03/method_afterparty.html

2009年05月30日

a000466

NEWS: MUSIC JOURNAL "Mountain Fold" is out!!

p1.jpg

Mountain Foldについて:

Mountain Foldは、インディペンデントの音楽雑誌で、ローカルのバンドから国際的なバンドに注目し、紹介をしているフリーの雑誌です。音楽雑誌としての認知を得るとともに、アートや映画、文学、カルチャーを語る場としても機能しています。世界各国で知られているアーティストや写真家、ライターなどにより寄せ集められたコンテンツやインタビューを知性ある読者の人達に届けます。冊子は、フルカラーでA5サイズになります。オーストラリア国内では2000冊、国外は1000冊の割合でデストリビューションする予定です。

About Mountain Fold:

Mountain Fold is a free, independently published music quarterly. Interview based. Focusing on local and international bands. While primarily a music magazine, Mountain Fold also acts as a
forum to discuss art, film, literature and culture. Providing the reader with intelligent and informed interviews Content supplied by internationally recognised writers, photographers
and artists. Perfect bound, full colour on uncoated stock. A5 format.
3000 distribution (Domestic: 2000 / International: 1000)

p2.jpg

Mountain Foldは、私たちの読者の活動範囲と思われる場所、例えばインディーのレコードショップや、音楽イベントが開催されるべニュー、コンテンポラリーギャラリースペース、本屋、ファッションブティックなどで手に入れることが可能です。

Mountain Fold will be readily available where our audience is active, in independent record stores and music venues, contemporary gallery spaces, selected bookstores and fashion boutiques.

Mountain Foldは、質の良いライティングや知性ある議論、スマートなデザインを好む洞察力のある
読者に向けています。読者の多くは、自身がクリエイターであり、音楽や、デザイン、アート、ファッションなどに関わった仕事をしている人々が多い傾向があります。受身な思考ではなく、若いながらも教育をうけており、前向きかつ独立心が旺盛で、建築や科学、音楽も勿論のことファッションや写真、アート、デザインから政治まで多岐に渡るクリエイティブな分野に興味をもっており、常に読みながらも自身が関わりをもちながら読んでいます。

The Mountain Fold audience is a discerning reader, favouring quality writing, intelligent discussion and smart design. They are interested in a broad range of topics including art, design, fashion and photography through to politics, architecture, science and obviously music. They are not a passive audience, instead they are often creators themselves, contributing to the various fields of music, design, art and fashion. Young, educated, independent and forward thinking, they are knowledgeable in these areas and expect to be challenged and engaged when reading.

チーフ・エディター / ダグラス・ランス・ギブソン
Douglas Lance Gibson - Editor in Chief

第一号 コンテンツ紹介
FIRST ISSUE CONTENTS:

BEACHES.........................................................................................
p10.jpgp9.jpg
Interview conducted by Eliza Sarlos. Photography by Rene Vaile.

EDDY CURRENT SUPPRESSION RING..................................
p6.jpg
Interview conducted by Tristan Ceddia. Portraits by Stefan Marx.
Photography by Tristan Ceddia & Thomas Jeppe

FABULOUS DIAMONDS................................................................
Interview conducted by Thomas McFarlane. Photography by Thomas Jeppe.

MICHAEL ROTHER......................................................................
Interview conducted by Michael Kucyk.

NAKED ON THE VAGUE..............................................................
Interview conducted by Dominic Kirkwood. Photography by Rene Vaile.

SONGS..............................................................................................
Interview conducted by Douglas Lance Gibson. Photography by Rene Vaile

p7.jpg

日本での配布場所:
Mountain Fold`s homebase in Japan

1.CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)

住所:〒106-0031東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
TEL & FAX : 03-3401-0741
営業時間:11:00〜19:00(展示内容によって異なる)
定休日 不定休
アクセス
http://www.calmandpunk.com/home/access.html

関連会社:ガスアズインターフェイス株式会社
http://www.hellogas.com/

2. BEAMS T HARAJUKU(ビームスT 原宿)

所在地 東京都渋谷区神宮前3-25-15 1F
電話番号 03-3470-8601
営業時間 11:00~20:00
定休日 不定休
アクセス 
http://www.beams.co.jp/shop/east/harajuku/beams-t-harajuku.html

About 2009年05月

2009年05月にブログ「Atmosphere」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2009年04月です。

次のアーカイブは2009年06月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type