INTERVIEW: TEPPEI MAKI

teppei1.jpg
今回のAtmosphere_interviewはカルフォルニアで活動する牧鉄兵さんです。
漫画家でありながら映像作家としても多忙な生活を送る牧鉄兵さんは、近作にDJ KENTAROの『Shuriken Cut』、『TASOGARE Highway High』、OMODAKAの『Kokiriko Bbushi』、KASKADEの『BE STILL』、FUURIの『NANA SONG』などのミュージックビデオをてがけています。
膨大な作画を軸にしたアニメーションを主体、RESFESTなどの映像祭典への出展、またMVやTV番組のタイトル映像3DCGなどの幅広い映像表現の他に、2008年には、『TEZUKA OSAMU BY GASBOOK』企画に参加。スーパー近未来漫画家として、常に新たな挑戦をする彼の魅力と作品を展開していく過程の魅力にせまります。
HP: http://www.chokusen.com/
maki5.jpg
©TEPPEI MAKI / TEZUKA OSAMU PRODUCTIONS
Today’s Atmosphere_blog interview features a Calfornia based, comic writer Teppei Maki. Maki has done numerous projects not just as a comic writer but also as a director for moving image. In the recent years, he did music video for DJ KENTARO “Shuriken Cut”, “TASOGARE Highway High”, “Kokiriko Bbushi” for OMODAKA and “BE STILL”for KASKADE.
In 2008, he perticipated in “TEZUKA OSAMU BY GASBOOK” project which was project organized by TEZUKA OSAMU PRODUCTIONS and GAS AS I/F in deference to the late, pioneering comic writer Osamu Tezuka. As a futuristic comic writer, Maki is constantly challenging to the new field of work.
1. マキさんは作品を作る際、作品の道筋やアイデアをどのように、
(またどのような時に)考えますか?作品を作る時のプロセスを是非教えてください。

Please tell us about your process of making art work.
How and when do you develop your ideas?

BTTV 4 DJ KENTARO and TEPPEI MAKI
作品によって、アイデアの出方やプロセスも全然違うのですが、映像作品の場合、音楽を聞いた時に音の方からアイデアを頂いております。全く何もないところから、自分自身からアイデアが湧いて出る天才肌では無いので、皆様の才能をお借りしつつ、アイデアを上乗せしてお返ししております。
The process of work and how I develop the idea are depending on each project. In case of moving images work, I usually get ideas from sound when I listened to the music. I do not make work from not having anything but add ideas onto work done by people who has talent, because I don`t think I am sort of genius type who makes work from nothing.
Please have a look at the video as a referense. There will be a scene focusing on process of my art practice.
2. 映像作家として、漫画家として、アーティストとしてと多様な方面での活動をされていますが、自分の中のルーツとしては、どの分野が一番大事ですか?。
You have been working in sereral projects as a comic writer and also as a director of moving image. Which field is more important for you?
漫画家になりたいです!
I would like to be a comic writer!!
3. 漫画家とグラフィックデザイナーはとても類似したマインドだとは思いますが、映像という更に一つ広がったメディアで自身の作品を手がけていらっしゃると思いますがそのきっかけは何ですか?
I personally think comic writer and graphic designer has similar mind. Moving image seems to be more diverse media compare to them. What is the reason you have started to work on this media?
昔の漫画家は今の漫画家と少し違う好奇心を持っていたと思うのです。もし彼らが今の時代、僕らと同世代で生きていたら、紙とペンを選択せず、新しい何かを必ず触っていると思います。先人達の漫画家は、漫画だけにとどまらず、アニメ会社を自分達で作る程、何にでもいい意味で興味と好奇心の塊だったと思います。なので、僕が漫画から映像、に移行するのはわりと普通の事で、作画を軸にしているのも、漫画家出身の映像作家、として何か残していきたいというわりと懐古的な所からきているのかも
しれません。
I think, early comic writer had different curiousity to comic writer of this time. If they were living in the same age as us, I don`t think they would chose paper and pen but somethingelse. Early comic writer were full of curiousity. They didn`t just stay in the field of comic but made animation production company themselves which shows that they were insatiable to their creation in a good way. For me, it was natural things to shift from comic writer to director of moving image. My way of living might be reminiscent of the early comic writer.
4. 映像作品の中では、ミュージシャンとのコラボレーションを多くされているのですが、ご自身はどんなジャンルの音楽が好きですか?また、好きなミュージシャンとジャケットのデザインがあれば教えて下さい。
You have been doing many collaboration with musician in the video work. What is your favorite genre in music? If you have favorite sleeves of musician, please introduce it to us.
ジャンルは何でも聞いてみる方です。高校生の時に聞いたBOREDOMSの音と映像とジャケに理解不能の衝撃を受けた記憶があります。
I am kind of a type who listen to any kinds of genre. I felt incomprehensive shock when I heard sound of BOREDOMS and saw their sleev design.

Boredoms Super Seeeeee!!!
5. 現在、アメリカにて作家活動をされているということですが、作家としてアメリカに住んで変化した事はありますか?また、海外に出て作家活動をしようと思ったきっかけを教えてください。
Now, you are weoking in USA, is there any changes for you as an artist? Please tell us the reason why you have decided to work in oversea?
僕の仕事のスタイルでいえば、制作する部屋と、マシンとネットがあれば、そこで何ヶ月もこもって制作する事になります。日本の制作環境でいうと、日にも当らず病気になってしまいそうです。それがたまたま海外在住の友達の誘いでカリフォルニアに数ヶ月でた時に、そのまま問題なく制作が出来てしまったので、一軒家で海の近くで、駐車場付きで東京より安い値段。キッカケを一言でいうと、
A6.jpg
All I need for my work is , room for production, machine and internet. I usually stay there several months. If I were in Japan in this environment of making work, I will be sick by not getting any sunshine. By chance, my friend invited me to California and I stayed there for couple of months. I could work on my project without any problem. I found reasonable house with car park near the sea which was cheaper than Tokyo. If I had to describe in one word, then it was coincidense!!
でもそれ以上の収穫も、違う国に住みながら生活しているだけで毎日得ているとも思います。
海外デビューを目指して、というような妄想は抱いておりません。
I think I am learning a lot by just living in another country. I am not falling into a delusion of oversea debut.
6. アメリカにいながら、日本の仕事もされていますが今後はどのようにしていきたいとお考えですか?
You are working for Japanese company while living in USA. What is you plan for the future?
違う世代や違う国でも、同じ文化の人ともっと仕事していけたらと思います。
I woudl like to be able to work with people from diferent generation, country and culture.
7. 最新の作品の写真等ございましたら、お送りいただけますか?あと、今はまっている事も教えて下さい。(牧さんの日常の風景など是非!)
Do you have any picture of your recent work? Also what is your recent interests? (If you have any daily picture, please show us!)
2009年の新作、製作中です!
At this moment, I am working on a new project for year 2009.
A5.jpg
“OMODAKA  UME ha saita ka”
©Far east recording
8. (牧さんのスタジオ風景がありましたら、写真をいただけますでしょうか?)
Do you have any picture of you working in the studio?
A4.jpg
A3.jpg
9. WEBで見れるマンガ『Have a good cry!』『トキワブルーに憧れて』を連載されていますが、WEBで見れる方法にこだわった理由はありますか?
I see that You have running comic series “Have a good cry” and “Tokiwa blue ni akogarete”. Why did you decide to show the work through web site?
漫画を雑誌に掲載してもらう、という所まで辿りつくには大変敷居が高いのが現在の現状だと思います。実は何度か挑戦もしました。ですが、担当の方とそこから何か協力して、という形にはなりにくいようです。映像作品もまだまだ僕は未熟なんですが、その際に知り合う方のエネルギーと担当の方のおもしろさが、今の僕を支えてくれていると思います。新しいメディアに携わろうとする方々の方が、エネルギーがあって、一緒に冒険しれくれるからだと思います。webで「自分の本」が作れるbccksというサイトがあり、個人の過活動をつづった本などを読むと、とても面白いです。なので、僕のような(勝手な)漫画を描きたいと思う人は、もう雑誌を選択肢にしない時代なのかもしれません。
I find out that it is not easy to put comic on the magazine. I have been discussing several time with editors but it has been hard to realize the project. Luckily, people who has interest in new media hook me up to show my work on website. They have been adventurous with me and being a great help. The web site called bccks is very interesting site, You can make your own book and some one was making their own activity in the past. In this age, magazine might be not the right choice for cartoonist like me who makes work in the way I want.
Have a good cry!
http://bccks.jp/bcck/info/21723
トキワブルーに憧れて
http://bccks.jp/bcck/info/18736

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>