« 2009年02月 | メイン | 2009年04月 »

2009年03月 アーカイブ

2009年03月14日

a000454

INTERVIEW: TEPPEI MAKI

teppei1.jpg

今回のAtmosphere_interviewはカルフォルニアで活動する牧鉄兵さんです。


漫画家でありながら映像作家としても多忙な生活を送る牧鉄兵さんは、近作にDJ KENTAROの『Shuriken Cut』、『TASOGARE Highway High』、OMODAKAの『Kokiriko Bbushi』、KASKADEの『BE STILL』、FUURIの『NANA SONG』などのミュージックビデオをてがけています。

膨大な作画を軸にしたアニメーションを主体、RESFESTなどの映像祭典への出展、またMVやTV番組のタイトル映像3DCGなどの幅広い映像表現の他に、2008年には、『TEZUKA OSAMU BY GASBOOK』企画に参加。スーパー近未来漫画家として、常に新たな挑戦をする彼の魅力と作品を展開していく過程の魅力にせまります。
HP: http://www.chokusen.com/

maki5.jpg
©TEPPEI MAKI / TEZUKA OSAMU PRODUCTIONS

Today's Atmosphere_blog interview features a Calfornia based, comic writer Teppei Maki. Maki has done numerous projects not just as a comic writer but also as a director for moving image. In the recent years, he did music video for DJ KENTARO "Shuriken Cut", "TASOGARE Highway High", "Kokiriko Bbushi" for OMODAKA and "BE STILL"for KASKADE.

In 2008, he perticipated in "TEZUKA OSAMU BY GASBOOK" project which was project organized by TEZUKA OSAMU PRODUCTIONS and GAS AS I/F in deference to the late, pioneering comic writer Osamu Tezuka. As a futuristic comic writer, Maki is constantly challenging to the new field of work.


1. マキさんは作品を作る際、作品の道筋やアイデアをどのように、
(またどのような時に)考えますか?作品を作る時のプロセスを是非教えてください。

Please tell us about your process of making art work.
How and when do you develop your ideas?


BTTV 4 DJ KENTARO and TEPPEI MAKI

作品によって、アイデアの出方やプロセスも全然違うのですが、映像作品の場合、音楽を聞いた時に音の方からアイデアを頂いております。全く何もないところから、自分自身からアイデアが湧いて出る天才肌では無いので、皆様の才能をお借りしつつ、アイデアを上乗せしてお返ししております。

The process of work and how I develop the idea are depending on each project. In case of moving images work, I usually get ideas from sound when I listened to the music. I do not make work from not having anything but add ideas onto work done by people who has talent, because I don`t think I am sort of genius type who makes work from nothing.

Please have a look at the video as a referense. There will be a scene focusing on process of my art practice.


2. 映像作家として、漫画家として、アーティストとしてと多様な方面での活動をされていますが、自分の中のルーツとしては、どの分野が一番大事ですか?。

You have been working in sereral projects as a comic writer and also as a director of moving image. Which field is more important for you?

漫画家になりたいです!

I would like to be a comic writer!!


3. 漫画家とグラフィックデザイナーはとても類似したマインドだとは思いますが、映像という更に一つ広がったメディアで自身の作品を手がけていらっしゃると思いますがそのきっかけは何ですか?

I personally think comic writer and graphic designer has similar mind. Moving image seems to be more diverse media compare to them. What is the reason you have started to work on this media?

昔の漫画家は今の漫画家と少し違う好奇心を持っていたと思うのです。もし彼らが今の時代、僕らと同世代で生きていたら、紙とペンを選択せず、新しい何かを必ず触っていると思います。先人達の漫画家は、漫画だけにとどまらず、アニメ会社を自分達で作る程、何にでもいい意味で興味と好奇心の塊だったと思います。なので、僕が漫画から映像、に移行するのはわりと普通の事で、作画を軸にしているのも、漫画家出身の映像作家、として何か残していきたいというわりと懐古的な所からきているのかも
しれません。

I think, early comic writer had different curiousity to comic writer of this time. If they were living in the same age as us, I don`t think they would chose paper and pen but somethingelse. Early comic writer were full of curiousity. They didn`t just stay in the field of comic but made animation production company themselves which shows that they were insatiable to their creation in a good way. For me, it was natural things to shift from comic writer to director of moving image. My way of living might be reminiscent of the early comic writer.


4. 映像作品の中では、ミュージシャンとのコラボレーションを多くされているのですが、ご自身はどんなジャンルの音楽が好きですか?また、好きなミュージシャンとジャケットのデザインがあれば教えて下さい。

You have been doing many collaboration with musician in the video work. What is your favorite genre in music? If you have favorite sleeves of musician, please introduce it to us.

ジャンルは何でも聞いてみる方です。高校生の時に聞いたBOREDOMSの音と映像とジャケに理解不能の衝撃を受けた記憶があります。

I am kind of a type who listen to any kinds of genre. I felt incomprehensive shock when I heard sound of BOREDOMS and saw their sleev design.


Boredoms Super Seeeeee!!!


5. 現在、アメリカにて作家活動をされているということですが、作家としてアメリカに住んで変化した事はありますか?また、海外に出て作家活動をしようと思ったきっかけを教えてください。

Now, you are weoking in USA, is there any changes for you as an artist? Please tell us the reason why you have decided to work in oversea?

僕の仕事のスタイルでいえば、制作する部屋と、マシンとネットがあれば、そこで何ヶ月もこもって制作する事になります。日本の制作環境でいうと、日にも当らず病気になってしまいそうです。それがたまたま海外在住の友達の誘いでカリフォルニアに数ヶ月でた時に、そのまま問題なく制作が出来てしまったので、一軒家で海の近くで、駐車場付きで東京より安い値段。キッカケを一言でいうと、

A6.jpg

All I need for my work is , room for production, machine and internet. I usually stay there several months. If I were in Japan in this environment of making work, I will be sick by not getting any sunshine. By chance, my friend invited me to California and I stayed there for couple of months. I could work on my project without any problem. I found reasonable house with car park near the sea which was cheaper than Tokyo. If I had to describe in one word, then it was coincidense!!

でもそれ以上の収穫も、違う国に住みながら生活しているだけで毎日得ているとも思います。
海外デビューを目指して、というような妄想は抱いておりません。

I think I am learning a lot by just living in another country. I am not falling into a delusion of oversea debut.


6. アメリカにいながら、日本の仕事もされていますが今後はどのようにしていきたいとお考えですか?

You are working for Japanese company while living in USA. What is you plan for the future?

違う世代や違う国でも、同じ文化の人ともっと仕事していけたらと思います。

I woudl like to be able to work with people from diferent generation, country and culture.


7. 最新の作品の写真等ございましたら、お送りいただけますか?あと、今はまっている事も教えて下さい。(牧さんの日常の風景など是非!)

Do you have any picture of your recent work? Also what is your recent interests? (If you have any daily picture, please show us!)

2009年の新作、製作中です!
At this moment, I am working on a new project for year 2009.

A5.jpg
"OMODAKA  UME ha saita ka"
©Far east recording

8. (牧さんのスタジオ風景がありましたら、写真をいただけますでしょうか?)

Do you have any picture of you working in the studio?

A4.jpg
A3.jpg

9. WEBで見れるマンガ『Have a good cry!』『トキワブルーに憧れて』を連載されていますが、WEBで見れる方法にこだわった理由はありますか?

I see that You have running comic series "Have a good cry" and "Tokiwa blue ni akogarete". Why did you decide to show the work through web site?

漫画を雑誌に掲載してもらう、という所まで辿りつくには大変敷居が高いのが現在の現状だと思います。実は何度か挑戦もしました。ですが、担当の方とそこから何か協力して、という形にはなりにくいようです。映像作品もまだまだ僕は未熟なんですが、その際に知り合う方のエネルギーと担当の方のおもしろさが、今の僕を支えてくれていると思います。新しいメディアに携わろうとする方々の方が、エネルギーがあって、一緒に冒険しれくれるからだと思います。webで「自分の本」が作れるbccksというサイトがあり、個人の過活動をつづった本などを読むと、とても面白いです。なので、僕のような(勝手な)漫画を描きたいと思う人は、もう雑誌を選択肢にしない時代なのかもしれません。

I find out that it is not easy to put comic on the magazine. I have been discussing several time with editors but it has been hard to realize the project. Luckily, people who has interest in new media hook me up to show my work on website. They have been adventurous with me and being a great help. The web site called bccks is very interesting site, You can make your own book and some one was making their own activity in the past. In this age, magazine might be not the right choice for cartoonist like me who makes work in the way I want.

Have a good cry!
http://bccks.jp/bcck/info/21723

トキワブルーに憧れて
http://bccks.jp/bcck/info/18736

2009年03月23日

a000458

INFO: Star Graphics / Megane-Zine

「ロサンジェルス発、日本の若手アーティストを集めたMegane-Zine発行!」

cover.jpg

 東京そして、アメリカにてアーティスト支援及び、デザイン全般の活動をしているStarGraphics(スターグラフィックス)が、2009年3月20日日本とアメリカをデザインとアートで繋ぐべく20ページからなる冊子「Megane-Zine」を発行します。アメリカを代表する6人のビッグアーティストも企画に賛同!

We are happy to announce the release of the Megane-Zine, which is originated in Los Angels, by Star Graphics. This Zine contains art works of up-coming Japanese Artists and will be released on 20th of March. 6 of major artists from USA are also perticipating.


(TEXT by Yoshitaka Shimura, Translation by Risa )

 アメリカではアートを買うという習慣があります。そして、家にはアートを飾る大きな壁が存在しています。小さなギャラリーでも驚くほど有名なアーティストが展示をしています。そして、その作品のほとんどが売れていきます。もちろん、なかには無名なアーティストも沢山います。でも、無名だからといって売れないという事情はアメリカにはありません。良いモノであればその経歴や実績を問わず支持されています。

It is common to buy art work in USA. In American house, there are big wall that people can put art work. Even in a small gallery, there are famous artists presenting their work. And a lot of work will be sold there. There are a lot of un-known artists as well. However, it doesn`t matter whether they are know or not. If the work is good, then people will support the artist no matter what kind of career or work artists made in the past.

 日本にも沢山の若いアーティストがいます。しかし、日本にはアートを飾るほどの十分な壁があるでしょうか?彼らの作品が本当に良いモノと言えるならば、アメリカと言うハードルを早く突破してもらい、活躍の場を広げてもらいたいのです。

There are a lot of young artists in Japan. However, is there enough walls in Japan to put art work? If their work was really good, then I want Japanese artists to break through the difficulty but to expand their activity.

 「Megane-Zine」はそんな日本の若手アーティストによるポートフォリオでもあります。定期的に発行されるこの本には毎回素晴らしい日本の若手アーティストの作品が並ぶことになります。そして、これらの作品は必ずアメリカの市場にも浸透することだと確信しています。
 世間の「お眼鏡にかなうように」と名付けられた「Megane-Zine」、もう1つは発行者(志村義隆)がメガネをかけていることからも由来しています。Zine(ジン)というのは日本ではあまり馴染みが無いですが、主に自主制作によるアート本のことであり、アメリカではストリート・アートの上等手段として一般に広く知られているものです。中にはコミックであったり、白黒コピーを重ねたものであったりと内容は様々です。

"Megane - Zine" is kind of portfolio of young and up-coming Japanese artists. This zine will be published regurally and will show great work of them. And I am assure that this work will give a great impact to US art market. I named after this zine as "Megane - zine" by hoping that people will focus on this magazine becuase Megane means glasses in Japanese. And also because I am wearing glasses. the term "Zine" is not common in Japan but it means independent art book. In America, Zine is commonly used to expand street art. Sometime it appears as a comic book and in other time it comes out in B/W copy. It has different ways of expressing the contents.

「参加アーティスト」
Perticipated Artists


長場雄(ながば ゆう) / Yu Nagaba
http://www.nagaba.com

nagaba7-8.jpgnagaba9-10.jpgnagaba11-12.jpg

1976年東京生まれ。東京造形大学卒業。フリーランスでアパレルブランドのTシャツ制作を中心に、アーティストPV、テレビ、Web等の媒体でイラスト/デザインを制作。またオリジナルキャラクター「かえる先生」の生みの親。2008年ジェフマクフェトリッジ/穴薪ペインティングと「Qujira」展開催。

穴薪ペインティング(あなまき ペインティング) / Anamachy Painting
http://www.anamachy.com

anamachy1-2.jpganamachy3-4.jpganamachy5-6.jpg

絵を飾る。 絵を贈る。自分が好きな服を選ぶように 自分が好きな音楽を探すように、自分を支える物語を本から求めるように、美術をより多くの人が選べるように私たちは作品をつくります。私達はプロダクト・アート・デザインと3つのラインを持ち、現代の職業絵師集団と言えるような活動を展開しています。

花井祐介(はない ゆうすけ) / Yusuke Hanai
http://hanaiyusuke.com

hanai13-14.jpghanai15-16.jpghanai17-18.jpg

2005年よりCaliforinia,LagunaBeachのTheSurfGalleryにて作品の展示を開始。翌年よりTheSurfGallery主催のArtShow"TheHappenig"に参加し、NewYork Sydney Tokyo London Paris で作品を発表。2008年にHonoluluで個展を開催、2009年にはBrasilのSantosSurfMuseumnにてパーマネントコレクションに選ばれるなど国際的に活動の幅を広げている。
毎年初夏に開催されるTheGreenroomFestivalには2007年より参加し、2009年はメインビジュアルも手がけている。


「6人のビッグアーティストからのメッセージ」
Message from 6 big Artists

 今回はオプションとして、StarGraphicsと関わりのあるアメリカ出身のビッグアーティスト達からの、日本の若手アーティストに向けた激励のメッセージをもらい、そのメッセージを「Megane-Zine」の裏表紙にプリントしています。事実上、この本1冊で日本の若いアーティストとアメリカのビッグアーティストとを繋ぐことができたと確信しています。

マイク・ミルズ(Mike Mills)
言わずと知れた、アメリカ西海岸の巨匠。X-girlのロゴやイラストは最も有名な彼の作品の1つである。現在でも世界の若者に向けて映像作品を中心とするアート活動には絶大な人気と影響力を及ぼしています。映画「Beautiful Losers」にも出演している。

“PROTEST AGAINST THE RISING TIDE OF CONFORMITY.”

カウズ(KAWS)
ニューヨークを拠点とするグラフィティ・アーティストの大御所。シンプソンズやスポンジ・ボブの目が「X」になっている作品は誰でも1度は見たことがあるのでは?自身のブランド「オリジナル・フェイク」は世界規模で支持されています。

“It's not that important for young artists in Japan to worry about reaching an American audience. Create your own scene & let America worry about finding you!”

レイモンド・ペティボン(Raymond Pettibon)
ロサンジェルスを代表する美術館「MOCA(Museum of Contemporary Art)」にもその作品が並ぶヴェニス出身の大物アーティスト。ロックバンド「ブラック・フラッグ」や「ソニック・ユース」のジャケットにおけるアートワークは世代を超えて世界で愛されつづけています。

“Japanese artists / musicians / wrestlers are among our (the world's) best and an inspiration to me.”

エド・テンプルトン(Ed Templeton)
プロスケーターとして「Emerica」のライダーであると共に、同社のアートディレクターも務めている。また、1993年には自身のスケートボード・カンパニー「TOY MACHINE」を設立し、1995年マイク・ミルズによるドキュメンタリー短編映画「Deformer」にて大々的に彼のライフ・ワークが紹介された。映画「Beautiful Losers」にも出演している米西海岸の気鋭アーティスト。

“To young artists: Spend time, lots of time, working hard on what you love. Hard work does not make success a certainty, but there is certainly no success without hard work.”

ジョン・マッケンブリッジ(John McCambridge)
ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンジェルスと店舗を展開している、注目のサーフショップ「MOLLUSK」のオーナーでもあり、自身もグラフィック・アーティストとして活躍している。今後、東京進出の噂もありますが、真相はつかめていません。

“Follow your heart and keep your friends close. Never stop creating.”

アルマ・アレン(Alma Allen)
元もとはスポンサーが付くほどのスケーターだったという経歴を持ち、現在カリフォルニアはジョシュア・ツリーを拠点に彫刻家として活躍中。日本でも人気がある彼の作品はプレイマウンテンにて取り扱いがあります。

“Very cool. Keep up the great work!”

発行元:
Publisher
http://www.stargraphics.jp/blog/2009/03/meganezine_is_issued.html
「Star Graphics」は志村義隆(30)を代表として2003年に結成された、某施設で教育を受けた同窓生から成る秘密のチームです。そのメンバーはそれぞれ映像、音楽、グラフィック等の各業界で活躍をしています。結束はぬるく、活動も曖昧であるが、今回の「Megane-Zine」発行によりこのチームの主体性が明らかになってきています。
代表: 志村義隆(しむら よしたか) age30
Yoshitaka Shimura
住所: (日本)〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-19-9 ファイク・ジャパン株式会社 内
E-mail: star@stargraphics.jp

2009年03月24日

a000459

pepper+pistol spring/ summer collection

NYのグラフィック・デザイナーKatrin WiensがSilviaとてがけるpepper+pistolの春夏のカタログをご紹介します。

Atmosphere would like to introduce NY based graphic designer Katrin Wiens`s S/S collection catalogue "babylon".

babylon_F.jpgbabylon_R.jpg

http://www.pepperandpistol.com/babylon.html

2009年03月25日

a000460

EXHIBITION INFO: exhibition 3

“exhibition 3”
3.jpg
アーティスト、Jun Inoue、Houxo Que、Youta Matsuokaの展覧会「3」が、2009年3月27日(金)から4月6日(月)までAMP cafeにて開催されます。繊細で幻想的なQue。しなやかで真っ直ぐなJun。無数に繰
り返し、繁殖していくYouta。ストリートアートをバックボーンとしながら、各々のスタイルを築き、普段はそれぞれ活動する彼らが、この展示のために描き下ろした新作を 共に発表します。

Jun Inoue, Houxo Que, and Youta Matsuoka, these three differnt artists will show their newest work in AMP cafe from 27th of March till 6th of April. Work of Jun is elegant yet straight forward, Youta`s work is growing and repeating endlessly and Que does senisitive work but which is phantasmagoria. Street art as a backbone, these three artists are all working on different activity usually. But this time, they will show their newst work together.

今回、ポジティブに’その他2人’を配慮したであろう彼らの作品たちは、個々の作品を創りながらも、いつもと少し違った他と競り合う強度と、融合するやわらかさを持ち合わせQue、Jun、Youtaでしかなし得ない作品と空間がつくりあげられています。精力的に活動する彼らの作品を、この機会に、是非、ご鑑賞ください。

In this exhibition, probably each artists were concious of "the other two". However, they will create the space with the great balance between their originality and their conciousness to the other two. Please come and visit their work.

jun_inoue1.jpghouxo_que1.jpgyouta_matsuoka1.jpg


(TEXT BY HARUKA, TRANSLATION BY RISA)

【開催日時】
2009年3月27日(金)-4月6日(月)
オープニング・レセプション:2009年3月27日
(金)18:00-22:00

【場所】

【参加アーティスト】
Perticipated Artists:

Jun Inoue
純粋な気持ちで磨き続けられてきた作品は、見る人の脳に美しく響き、あとには何とも言えない平和な感覚が残ります。製作中のダイヤモンドの作品をつくり始めたきっかけを尋ねたところ「俺、ダイヤは買えないけど描けると思ったから」と。この台詞はJunにしか言えません。summer sonicやmetamorphoseなど数々のライブペイントや壁画制作をこなしながら、AMA麹町画廊、GALLERY SCENE (今のen
one tokyo)、REAN、外苑前OFFICEでの展示会で次々と新作を発表するという、信じられないパワフルさ。美しい軌道を描きながら現在もしなやかに 爆進中。
http://juninoue.jp/

Houxo Que

まるで花をいけるようにモチーフの魂と生命力を画面にいけてしまう美術家。モチーフは選択、除去、強調されてQueの抱く幻想へと姿を変えます。蛍光塗料を用いて自在に描かれる作品は艶めいた光を放ち狂おしく美しい。展示会やライブペイント、壁画制作、ブランドとのコラボレーションなど様々な形で作品を発表。更にライブペイント主体のショウケース”HUOVA”のプロ デュースやギャラリーREANのキュレーションなど、その活動は多彩です。ブラックライトを使ったインスタレーション作品「day and night」はBRUTUSや+81、rtrなどのメディアで紹介され反響を呼びました。
http://www.flickr.com/photos/day_and_night

Youta Matsuoka

a.k.a.JONJON GREEN。自己中心的にせめぎ合う色と模様を一つにまとめた作品は、見る目を魅き付け、溜め息が出るほど気持ちいい感覚へと誘います。前世はアラブ系の 絵描きだったとか。無地を見ると描きたくなる病に侵されてしまっているので、隙を見せると描かれてしまいます。
全国各地への壁画ツアーやビッグフェス、クラブイベントでのライブペイント、UNIQLO paperへの作品提供、老舗菓子メーカーのパッケージデザイン、映像作家とのコラボレーションなど、二次元、三次元、四次元と活動の幅を拡げています。
http://jongreen.blog.shinobi.jp/

【キュレーション】
Curated by Haruka

Duration
27th March 27 - 16th Apri,
12:00- 18:00 PM [Closed on Tuesday ]

Reception Party
27th March 27,  18:00-22:00 PM [entrance f ree]

‘3’ Party
4th April
18:00-22:00 PM [entrance+1dr ink 500yen]

Venue:
AMP Cafe [Koenji]
4-30-1, Koenjiminami , Suginamiku, Tokyo, Japan, 166-0003
Phone: 03 5378 0382
U R L : http://www.koenji-high.com/ampcafe

About 2009年03月

2009年03月にブログ「Atmosphere」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2009年02月です。

次のアーカイブは2009年04月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type