INFO: BMW YOUNG ASIAN ARTISTS SERIES 2
SINGAPORE EDITION
featuring WORK OF PHUNK STUDIO

BMWがアジアの新鋭若手アーティストをフィーチャーした『The BMW Young Asian Artists series II 』
がシンガポールにて2009年2月12日~3月7日の間に開催されます。
今回の参加アーティストは、Phunk Studio、David Chan、Donna Ongの三組。
Atmosphereは、その中でもPhunk Studioの新作のプリントを紹介いたします。
The BMW Young Asian Artists series II will be held in Singapore betweeen 12th of Feb to 7th of March. This program indentifies and enables young and promising Asian artists such as Phunk Studio, David Chan and Donna Ong. Atmosphere is happy to present the print work of Phunk Studio.
【PLACE】 Singapore Tyler Print Institute
       41 Robertson Quay, Singapore 238236
【Phone】 +65 6336 3663
【HP】   http://www.stpi.com.sg/
MonsieurRobo1LR.jpg
Title. Monsieur Robo (Neon Sunrise)
Description. Lithography on LENNOX paper
Dimensions. 39.4 x 27.6″
Work. MonsieurRobo#1
MonsieurRobo2LR.jpg
Title. Monsieur Robo (Metallic IV)
Description. Lithography on LENNOX paper
Dimensions. 39.4 x 27.6″
Work. MonsieurRobo#2
MonsieurRobo3LR.jpg
Title. Monsieur Robo (Universal)
Description. Lithography on LENNOX paper
Dimensions. 39.4 x 27.6″
Work. MonsieurRobo#3
Mosieur Robo(ムシューロボ)について:
ムシューロボは新世界からやってきたアンドロイドです。このロボットは、Phunk Studioが想像する内なる想像世界のテーマパークから出てきました。ムシューロボは、愛と幸せを広げるために存在しています。
About Monsieur Robo:
Monsieur Robo is a droid from New World – Phunk Studio’s own imaginary universe based on a theme park of our inner world. Monsieur Robo is here to spread love and happiness!
Phunk Studioについて:
PhunkPressPic-HiRes.jpg
ウィリアム・チャン、ジャクソン・タン、アルヴィン・タン、メルヴィン・チーは1998年に:phunk (studio)をシンガポールに設立。MTVアジアやディスカバリー・チャンネル、ソニー、エリクソンやディーゼルなどのクライアントの様々なコミュニケーション・プロジェクトに関わってきたファンクは、他分野で経験を積んできたため、常に様々なクリエイティブメディアや分野を模索し取り組んでいる。作品の中では、視覚的なアイディアや感情をより効果的に伝えるため、知的な美意識を取り入れるように心がけている。
About Phunk Studio:
Alvin Tan, Melvin Chee, Jackson Tan and William Chan met in Lasalle-SIA College of the Arts and came together in 1994 to form :phunk studio, a creative collective in Singapore. They have propagated a visual signature that seamlessly blends their diverse influences into a singular creative thought that never fails to revive itself in the ever-fleeting world of art, design and culture. Their cross-disciplinary approach is best described as “an aesthetic collective consciousness” focused on experimenting with new approaches to visual expressions.
【Phunk StudioのHP】
http://www.phunkstudio.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>