« 2009年01月 | メイン | 2009年03月 »

2009年02月 アーカイブ

2009年02月11日

a000434

NEWS: 井口弘史 CULT JAM!!!!!!!!!!!!

今回Atmosphereでは、アーティストである井口弘史さんがBARTSよりリリースした
初の作品集『CULT JAM』を紹介します。

Atmosphere is happy to announce the release of "CULT JAM" done by Japanese
Artist called Hiroshi Iguchi. This book is his first book about his art work and he released it
with BARTS.

cover_cult_jam.jpg
(BOOK COVER)

井口弘史さんについて:

1973年愛知県出身。中学一年の時に友人の家で見た『W.A.S.P』の
ポスターや、「ポール・マッカートニー死亡説』における様々な証拠の
検証例などをきっかけに、音楽とヴィジュアルの奇妙な関係性を
過剰に意識するようになり、現在に至る。CD、書籍、アパレル関連の
グラフィック製作等を中心に活動中。

About Hiroshi Iguchi:

Iguchi was born in Aichi in 1973. He has been always concious about
the odd relationship between music and visual. He found it intrigueing
when he saw the poster of "W.A.S.P" in his friend`s house at junior high
school and also when he come across to someone`s theory or the validation
exapmle of urban legend "Paul MacCartny is dead".

Now, Iguchi is activily working with graphic design for sleeve jacket,
editorial work, and apparel related work.

----------------------------------------------------------------

CULT JAMのコンセプト:

CULT JAMは、デザインされる背景を紹介するために選ばれたイメージを
単なる寄せ集めではなくて、身の回りにある「無数の小さな崇拝(カルト)と
即興(ジャム)」というコンセプトのもとに厳選しました。

The concept of "CULT JAM":

"CULT JAM"is not just a pile of images to introduce background of design
but he chose the images carefuly to show many little CULT and JAM that is
around in our daily life.

cult_jam_07.jpg

気に入って使い続けているものや身につけるもの、色やカタチや味覚、
様々な様式のアーティストや作品。それらを選ぶ瞬間には、微少ながら
偶像崇拝に近い確信があったような気がしています。

Iguchi thinks that there are kind of conviction that is close to idolatrous
feeling when we chose things that we wear, color, shape, taste or work
done by different kinds of artists.
cult_jam_03.jpg
これまで何を基準に物を選んできたのか、そこにどんな価値を見出し
信じているのか。そして、それらの価値は何処から派生したのか。
このコンセプトは、デザインという社会的に責任ある仕事に携わる機会
があったことで見えてきた感覚を引用していますが、「デザイン」とは
かけ離れたものだと考えています。

What is the standard when we chose things?
What is the value we see in it?
And where does these ideas come from?
The concept of "CULT JAM" is to quote or remind people that we
see or relate ourselves with design within the social responsibility.
But he think design is far removed from it.
cult_jam_05.jpgcult_jam_04.jpg
No Futuraのコンセプト:

自身がデザインした「No Futura(ノー・フーツラ)」というフォントの
コンセプトは、関連するイメージ(映画におけるサウンドトラックの
ような存在)と共にプレゼンテーションする側面も持ちます。


The concept of Futura:

Futura is a font designed by Iguchi. These fonts has aspect to be presented
with relative images as if it is a soundtrack of a movie.
cult_jam_02.jpg
井口さんは、現在多くのデザイナーが使用する著名なフォントには、
それぞれの歴史的背景が存在すると考えています。そして、アーティストは
本来の用途に基づいた使い方に囚われない、新しい解釈によって
タイポグラフィーの進化をしていると考えています。

Iguchi thinks all the well-known fonts done by designer has historical back ground
in each design. He thinks typography has been making a progress by artist.
Because artist does not fullfill it`s own function as it is and they always find new
understanding to it.
cult_jam_01.jpg

----------------------------------------------------------------

2009年02月17日

a000448

INFO: BMW YOUNG ASIAN ARTISTS SERIES 2
SINGAPORE EDITION
featuring WORK OF PHUNK STUDIO

BMWがアジアの新鋭若手アーティストをフィーチャーした『The BMW Young Asian Artists series II 』
がシンガポールにて2009年2月12日~3月7日の間に開催されます。
今回の参加アーティストは、Phunk Studio、David Chan、Donna Ongの三組。
Atmosphereは、その中でもPhunk Studioの新作のプリントを紹介いたします。

The BMW Young Asian Artists series II will be held in Singapore betweeen 12th of Feb to 7th of March. This program indentifies and enables young and promising Asian artists such as Phunk Studio, David Chan and Donna Ong. Atmosphere is happy to present the print work of Phunk Studio.

【PLACE】 Singapore Tyler Print Institute
       41 Robertson Quay, Singapore 238236
【Phone】 +65 6336 3663
【HP】   http://www.stpi.com.sg/

MonsieurRobo1LR.jpg

Title. Monsieur Robo (Neon Sunrise)
Description. Lithography on LENNOX paper
Dimensions. 39.4 x 27.6"
Work. MonsieurRobo#1

MonsieurRobo2LR.jpg

Title. Monsieur Robo (Metallic IV)
Description. Lithography on LENNOX paper
Dimensions. 39.4 x 27.6"
Work. MonsieurRobo#2

MonsieurRobo3LR.jpg

Title. Monsieur Robo (Universal)
Description. Lithography on LENNOX paper
Dimensions. 39.4 x 27.6"
Work. MonsieurRobo#3

Mosieur Robo(ムシューロボ)について:
ムシューロボは新世界からやってきたアンドロイドです。このロボットは、Phunk Studioが想像する内なる想像世界のテーマパークから出てきました。ムシューロボは、愛と幸せを広げるために存在しています。

About Monsieur Robo:
Monsieur Robo is a droid from New World - Phunk Studio's own imaginary universe based on a theme park of our inner world. Monsieur Robo is here to spread love and happiness!

Phunk Studioについて:
PhunkPressPic-HiRes.jpg

ウィリアム・チャン、ジャクソン・タン、アルヴィン・タン、メルヴィン・チーは1998年に:phunk (studio)をシンガポールに設立。MTVアジアやディスカバリー・チャンネル、ソニー、エリクソンやディーゼルなどのクライアントの様々なコミュニケーション・プロジェクトに関わってきたファンクは、他分野で経験を積んできたため、常に様々なクリエイティブメディアや分野を模索し取り組んでいる。作品の中では、視覚的なアイディアや感情をより効果的に伝えるため、知的な美意識を取り入れるように心がけている。

About Phunk Studio:
Alvin Tan, Melvin Chee, Jackson Tan and William Chan met in Lasalle-SIA College of the Arts and came together in 1994 to form :phunk studio, a creative collective in Singapore. They have propagated a visual signature that seamlessly blends their diverse influences into a singular creative thought that never fails to revive itself in the ever-fleeting world of art, design and culture. Their cross-disciplinary approach is best described as "an aesthetic collective consciousness" focused on experimenting with new approaches to visual expressions.

【Phunk StudioのHP】
http://www.phunkstudio.com/


About 2009年02月

2009年02月にブログ「Atmosphere」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2009年01月です。

次のアーカイブは2009年03月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type