INFO: CHRIS MENDOZA Exhibition in LONDON

ロンドンのBRICK LANEにあるSTOLENSPACE GALLERYにてCHRIS MENDOZA
, SHEPARD FAIREY, ROSTARRらがグループ展に参加しました。
Chris Mendoza, SHEPARD FAIREY, ROSTAAR and many other artists showed their latest work in STOLENSPACE GALLERY located in Brick lane, East London.
クリスマス・グループショー08
Christmas Group Show 08
【場所】 STOLENSPACE GALLERY
Dray Walk, The Old Truman Brewery, 91 Brick Lane, London E1 6QL
United Kingdom
00+44 20 7247 2684
【会期】 04.12.08 – 21.12.08
【時間】 Tuesday-Sunday 11:00-7:00
【参加アーティスト】
Featured artists -
ADRIAN FIRTH ANDREW BRANDOU ANDREW McATTEE
BRAD DOWNEY CHARLES KRAFFT
CHRIS ANTHONY CHRISTIAN MENDOZA D*FACE
DAVID BRAY GERALD LAING HELLOVON JEFF SOTO
JESSICA HARRISON KIRSTY WHITEN MERYL DONOGHUE
MIKE LEAVITT MR JAGO PAUL ALEXANDER THORNTON
PETE FOWLER RONZO ROSTARR RUSSELL MAURICE
RYAN BUBNIS SAN SEEN SHEPARD FAIREY SUNNY & KAI
WILL BARRAS WORD TO MOTHER
(プレスリリースより)
今回、StolenSpace Galleryで行われるクリスマス・グループ・ショーでは、
30以上の著名なアーティストと2009年の動きに期待できそうな新税のアーティスト
達の作品でスペースを埋め尽くします。
After a fantastic year at StolenSpace Gallery, our Christmas group show this year will be literally filled to the brim with new works from over 30 represented artists, plus a few new faces as a small taster of what is to come in 2009.
* courtesy of the Corey Helford gallery in Los Angeles
©Chris Mendoza
web_mendoza_air.jpgweb_mendoza_elevia.jpg
©ROSTAAR
web_ros_warpen.jpg
©SHEPARD FAIREY
web_shep_com.jpg

EVENT: Katsuki Tanaka exhibition at CALM & PUNK GALLERY

From 19th of December, Katsuki Tanaka’s solo show ‘I shall be Van Gappo! the life of Katsuki Tanaka, — the artist of fire’ is on show at CALM & PUNK GALLERY.
12月19日(金)より、西麻布CALM & PUNK GALLERYにてタナカカツキ個展「炎の画家タナカカツキの生涯〜わだはガッポになる」が開催。
gappo_logo.jpg
ALTOVISION_A_web.jpg 01_web.jpg

This is a landscape.
We see the beauty in nature’s symmetry, patterns, textures and shades, in flowers or insects or other things. Art began by attempting to extract such beauty. Advances in science and technology widened methods of artistic expression, producing new ideas of art. Katsuki Tanaka has likewise been inspired by recent technological advances.
The artist discovered the beauty of nature when he was small. Whilst making landscapes for this exhibition, he asked himself “what do I find beautiful?” The pieces themselves have a moving effect on the audience, but can also be enjoyed as a way of communing with nature.
Pieces featured in the exhibition include a large-scale landscape meticulously hand painted as well as an 8 hour long stop frame animation film comprised of 81,000 images. The exhibition will be full of ideas from the artist, who works using a wide range of media including lenticular 3D cards, manga comics and film.
Katsuki Tanaka
‘I shall be Van Gappo! the life of Katsuki Tanaka, — the artist of fire’
19th December 2008 – 1st February 2009

(Please note that the gallery is closed from 29th Dec to 4th Jan)
Opening reception: 19th December 2008, 7–9pm
Opening hours: 11am–7pm
Venue: CALM & PUNK GALLERY
Admission Free
それは一種の風景画
私たちは花や昆虫など、自然界に存在するシンメトリーやグラデーション、模様や質感を美しいと思う。美術はその美しさを抽出することから始まった。そして現在、科学技術の進歩は表現の幅を広げ、新しい芸術を生み出した。特に近年のめまぐるしい技術の発展はタナカカツキの制作意欲を益々掻き立てる事となる。
幼少の頃、自然界に美しさを憶えたタナカカツキは、今回の制作を通し「自分は何を美しいと思っているのか」と自問に対峙し、一種の風景画を制作。難しいことを考えず、自然と接するような感覚で楽めるこれらの作品は、私たちの心にダイレクトに感動を与える。
本展では100号のキャンバスに描く緻密な風景画や、81,000枚もの静止画の連続を8時間かけて再生する作品を展示。立体カード(レンチキュラーカード)の制作、販売など、マンガや映像など多様な表現で人々を魅了するタナカカツキのアイディア溢れる展覧会となっております。
「炎の画家タナカカツキの生涯〜わだはガッポになる」
会期 : 2008年12月19日(金) 〜 2009年2月1日(日)
※12月19日(金) 18:00 – 21:00にオープニングパーティーを開催いたします。
※2008年12月29日(月) 〜 2009年1月4日(日)は休館とさせて頂きます。
時間 : 11:00 – 19:00
入場 : 無料
会場 : CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
〒106-0031 東京都港区西麻布 1-15-15 浅井ビル1F
TEL : 03-3401-0741

INFO: ‘A+D Series Graphic Thought Facility’ & ‘Imprint’ Daniel Eatock

欧米では年末のクリスマスプレゼント商戦もあり、たくさんのデザイン大型本が書店に山積みになる時期ですが、今日は2008年アメリカで出版された2冊の英国のグラフィックデザイナーの本をご紹介します。

A+D Series Graphic Thought Facility
Yale University Press
96 p., 5 5/16 x 8 1/2 /85 color illus./ISBN: 9780300140606

1冊目は過去20年間の英国グラフィックデザイン史で最も重要といえるデザインスタジオGraphic Thought Facility(以下GTF)の活動の軌跡をまとめた‘A+D Series Graphic Thought Facility’。こちらは今年始めにThe Art Institute of Chicagoで行われたGTFの展覧会のカタログとして出版されたもの。同展覧会は、アメリカではそれまでほとんど知られることのなかったGTFの本格的な回顧展となりました。展覧会で実物が展示されたこともあり、本書ではビジュアルは少ないものの、重要なプロジェクトのプロセスや背景をドキュメントした内容となっています。GTFといえば、日本でも雑貨店などでおなじみのMeBoxをスタジオ独自のプロジェクトとして発案、デザインしたのも彼らです。スタジオが設立されたのは英国が不況下にあった1990年代初頭。そんな時代を背景にDIY的アプローチから生まれた多くのデザインは、10数年を経た今も古さを感じさせません。

Daniel Eatock ‘Imprint’
Princeton Architectural Press
ISBN 9781568987880 /8.25 x 11.7 inches (21.0 x 29.7 cm), Hardcover, 224 pages/700 color illustrations

2冊目はロンドンを拠点とするグラフィックデザイナー、Daniel Eatock初の本格的作品集 ‘Imprint’。経済誌Financial Timesでも絶賛レビューをうけ、英国内のアート書店でも人気の一冊。
言葉遊びや一般からの参加型プロジェクト、オリジナルアクセサリー、そして家具まで、思いつくものを全てプロジェクトとしてこなしてしまうEatock。
200ページを超える本書を読み終えるころには、
“Say YES to fun & function & NO to seductive imagery & colour!”
(「遊びと機能にはYesを。誘惑するようなイメージと色にはNoを。」)
という彼のモットーが全てのプロジェクトに一貫していることに驚かされるはず。
「装飾」としてのデザインとは異なる彼の思考は、私たちの日常にさえ新たな視点を与えてくれるかのよう。そして全ての本の背に彼の拇印が押されていたり、1冊に1枚手書きの紙が挟み込まれていたりと、思わず所有したくなる彼らしい仕掛けも!
以上の2冊の出版の背景にもあるように、近年英国生まれのグラフィックデザインがアメリカの学術デザイン界からも大きな注目を集めている理由は一体どこにあるのでしょうか。
まず第一に商業的需要がその形態や内容を定義しがちなグラフィックデザインの世界において、既存の「サービス」としてのデザインや「職業」としてのデザイナーのありかたとは一定の距離を置いていること、またそれを可能とする土壌の違いとして、広告が中心的存在のアメリカのグラフィックデザインに比べ、美術館などの文化機関関連のデザインが人々の目にふれやすいということもあるでしょう。そしてこれらを背景に自らの論理でデザインを体現する英国的精神に、デザインの未来を切り開くヒントがあると考えられているからではないでしょうか?

UK-based graphic designer Daniel Eatock visits the Princeton Architectural Press warehouse in Indiana and thumbprints the spines of each and every copy of his amazing new monograph.
Princeton Architectural Pressの倉庫にて1冊ずつ拇印を施すEatock本人の姿!

INFO: How Very Tokyo
British Graphic Designers Interpret
Tokyo in Posters

ブリティッシュグラフィックデザイナーによる新しいTokyoの視点
how_very_tokyo.jpg
会期:2008年12月5日 (金) 〜 12月28日 (日)
時間:午前11時 〜 午後7時
会場:CLASKA 8F
住所:〒152-0001 東京都目黒区中央町1-3-18
東急東横線学芸大学東口より徒歩10分、JR山手線目黒駅西口より東急
バス「清水」下車1分 (黒01 大岡山小学校行き)
05.12.08 fri – 28.12.08 sun
11:00 – 19:00
CLASKA 8F
1-3-18 Chuo-cho, Meguro-ku,
Tokyo 152-0001
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
企画:StudioKanna
主催:Open Library / CLASKA
協賛:(株)山田写真製版所
協力:トリ・パイン トレーディング(株), サカタインクス(株)
Related URL:
CLASKA / www.claska.com
Open Library / www.weareopenlibrary.org
UK-Japan 2008 / www.ukjapan2008.jp
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
<以下プレスリリースより>
日々刺激的な変化を遂げ、常に新しい表情をみせる都市「Tokyo」、ここ数年、その変化の
スピードは加速度的に増しています。特にアート、デザイン、ファッション分野の変化は著しく、
新しい建物、新しい道路などのインフラ整備の変化と共に有機的な広がりを見せています。
そのような変化の中、今の「Tokyo」をよりリアルに海外からのゲストに伝えるためのガイド
ブックが「CLASKA」から来年出版します。
今回の展覧会は、そのガイドブックのキックオフ・イベントとしてイギリスのトップ・
グラフィックデザイナーによる「Tokyo」ポスター展です。彼らの自由で創造的な感性で表現
された「Tokyo」は、海外はもとより、そこで生活する私たちにとっても新しい視野と発見を
与えてくれることでしょう。
グラフィックデザインという位置づけがあまり確立されていない日本において、イギリスを常に
面白い国へと変貌させる力を持つ彼らの作品は、アート・デザインに関心のある人々に大きな
勇気とエネルギーを与えてくれるでしょう。

Tokyo is in a constant state of flux, forever renewing itself. In particular the fields of art, design and fashion change at a rate matching, even surpassing, that of Tokyo’s infrastructure, continuously knocking itself down and rebuilding. To match these shifting surroundings, Claska will introduce a guide book introducing outsiders to the real Tokyo in 2009.
How Very Tokyo provides a starting point for the future guide book by inviting a selection of
progressive British graphic designers to express their relationship with Tokyo in poster form. The
exhibition will create a new multi-faceted portrait of the city, highlighting unexpected aspects of
Tokyo from an outsiderís point of view.
The fourteen selected designers have collectively made England a more visually exciting place,
and we hope that through this exhibition their energy and passion will similarly infect and inspire
the Tokyo art and design scene.
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––
参加デザイナー:
Participating designers
Adam Hayes / www.mrahayes.co.uk
Alexandre Bettler / aalex.info
Bibliothèque / www.bibliothequedesign.com
Browns / www.brownsdesign.com
Daniel Eatock / www.eatock.com
Europa / www.europaeuropa.co.uk
Graphic Thought Facility / www.graphicthoughtfacility.com
James Goggin / www.practise.co.uk
North / www.northdesign.co.uk
OK-RM / www.ok-rm.co.uk
Sanderson Bob / www.sandersonbob.com
Spin / www.spin.co.uk
Value and Service / www.valueandservice.co.uk
––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

INFO: SHOHEI TAKASAKI “BOZO at Revelations/” Exhibition

ANSWRがトータルディレクションをてがけている、セレクトショップ
『Revelations/(レベレーションズ/)』にて、最新個展を開催中で
アートディレクター/ペインターとして活躍するSHOHEI TAKASAKI
(ショウヘイタカサキ)の作品を紹介。
SHOHEI TAKASAKIについて:
埼玉県出身、東京都在住。アート・ディレクター / ペインター。
SHOHEI TAKASAKIというネームで、これまでに数多くの音楽パッケージを中心に
ディレクションを担当してきた。自身のパーソナルな作品、そしてデザインの世界
における強力な作品を日本から発信する。WASHIO TOMOYUKIとのユニット
“DARK FUNK SPOT”としても活動している。
http://www.pop-group.net/epr
ARTWORK 1:”MAMOO”.
mamoo.jpg
おまえに俺は焼き殺せない。おまえに俺は焼き殺せない。
俺はお前にとっての異端。俺を囲い込むなんてできない。
You’ll never burn me. You’ll never burn me.
I’ll be your heretie. You can’t contain me.
ARTWORK2: “STRONG S.N.K.S”.
kingsnake6.jpg
あっていようが、間違っていようが、俺の歌は強い。
Right Or Wrong My Song Is Strong.
ART WORK3: “Tiger”
tiger.jpg
PACKAGE ART WORK1: “DJ BAKU DHARMA DANCE”.
dharmadance.jpg
日本が誇る音楽的爆弾ミサイルDJ BAKUの2nd FULL ALBUM
のジャケットをてがける。
SHOHEI TAKASAKI did the sleeve design for Japan’s biggest
music bomb DJ BAKU.
PACKAGE ART WORK2: “BOφWY / THIS BOφWY DRAMATIC”.
dramatic.jpg
BOφWYの2007年版ベストアルバムのアートディレクションを担当。
SHOHEI did Art direction for BOφWY’s Best Album.
PACKAGE ART WORK3:”MONO gone A collection of EPs 2000_2007″.
gone.jpg
繊細なる轟音の歴史をコンパイルしたMONOベストアルバム”gone”の
アートディレクションを担当。
SHOHEI TAKASAKI did the compiled history of MONO’s delicate roaring
sound “gone” which was released worldwide. He also did the art direction
of that respectful best album.
【 SHOHEI TAKASAKI “BOZO at Revelations/” Exhibition 】
BOZO_at_Revelations.jpg
開催日時:2008.10.3(金)- 12.9.(火)  12:00 – 20:00 年中無休
会場:「Revelations/ (レベレーションズ/)」
http://www.rev-web.jp/asp/cgi-bin/shop.php?forward=cst&num=10001

INFO: Neasden Control Centre TAKE AWAY


西麻布CALM & PUNK GALLERY にてNeasden Control Centre初の国内個展TAKE AWAYが開催中。
エキシビションタイトルのTAKE AWAYはイギリス英語で「持ち帰り」を意味する言葉。(アメリカではtake out)このタイトルにはどんな意味が込められているのでしょうか?
——————————————–
かつてイギリスの各地に多数存在していた“British caff”(イギリス風カフェ)は、イギリスの『伝統』を慎ましく受け継ぎ、独特の文化や風土を築き上げてきた。しかし今日、文化の発展や食生活の変化に伴い伝統的なカフェは減少し、若者たちはどこにいっても同じ内装のアメリカンバーガーショップやイタリアンコーヒーショップで時を過ごしている。
“British caff”やそこで見られたイギリスのDIY精神(自身で作るという考え方)は、過去の歴史を反映する重要な存在か、それとも既に「ださくて意味の無い」ものなのか。アーティストや文化人の思想の場として機能していた空間は、現代社会においてどのような精神を携え、どのような役割を果たしているのか。グローバリゼーションの流れの中で、イギリス人はアイデンティティを失ってしまったのだろうか。
日本は明治維新、戦後と二度の大きな欧米化を経験し、私たちは今もグローバルスタンダードの便利さや安易さを求める生活をしている。そのような流れの中、日本の良さを再認識し、日本独特の文化や伝統を守る風潮もある。そんな自国文化への回帰という流れがイギリスでも起こりつつあるようだ。
作家は今回、イギリスカルチャーや食文化の発展、再生、そして伝統的観点を主題とした展示を通し、私たちにアイデンティティや価値観について問いかけます。
——————————————–
12月1日から12月5日までは来日中の作家本人がギャラリー内で制作。
会期中、新しいインスタレーション作品を展示し、キャンバス作品、印刷物、Tシャツ等も販売されます!こちらでしか手に入らないアイテムを”TAKE AWAY”してはいかがでしょうか?
TAKE AWAY
2008年12月1日(月) ~ 12月14日(日)
※12月5日(金)に、レセプションを開催いたします。(19:00 – 21:00)
時間 : 11:00 – 19:00
入場料 : 無料
会場 : CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
TEL : 03-3401-0741
助成 : ブリティッシュ・カウンシル
協力 : ガスアズインターフェイス株式会社
Neasden Control Centre’s first solo exhibition in Japan is currently on at CALM & PUNK GALLERY.
Taking its roots from the humble traditional British caff or tearoom, ‘TAKE AWAY’ explores the development, regeneration and consequent replacement of traditional aspects of British Culture and street food. As foods and tastes have changed these venues have now almost entirely been replaced by multinational companies with generic branding.
Whereas mods, rockers, teddy boys and even punks might once have felt fashionably at home in Britain’s traditional ‘caff’, today’s young Britons are more likely to be found taking American burgers or Italian coffees in outlets that retain the same appearance, regardless of location. Once the every-man’s temples of contemplation, what essences and spirits can still be seen? Are we losing our sense of identity in favour of a homogenized global mainstream? What is it, and what was it to be British? More to the point, what happened to our values when mugs of tea and coffee suddenly went from costing pence to pounds? Do any of us truly fit in the mould of new Britain?
Japan, which has experienced two major westernisation periods in the past, also finds itself in this homogenized globalism. However, there are signs of a return of Japaneseness in our culture, synchronizing the return of Britishness in Britain.
The artist will take up the residency from 1st to the 5th of December at the gallery, creating work live and in person.
The exhibition will feature previously unseen installation work, large scale pieces on canvas paper and exclusive printed material. T-shirts and zines will also be available.
1st–14th December 2008
Neasden Control Centre TAKE AWAY

Opening reception: 5th December 2008, 7–9pm
Opening hours: 11am–7pm
Sponsered by: BRITISH COUNCIL
Admission Free