INTERVIEW: Marina Pla


今回のAtmosphere_interviewはロンドンでグラフィックデザインを学び、現在は母国のアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで活動するMarina Pla。確かなデザイン力、イギリス的な強いコンセプトに裏付けされた彼女のデザインがブエノスアイレスの街と呼応しながら展開していく過程にはワクワクとさせられます。ブエノスアイレスという街について、そして最近のお仕事などについて聞いてみました!
Today’s Atmosphere_blog interview features a London-educated, Argentinian graphic designer Marina Pla!


You studied in the UK and after graduation, you moved back to Argentina. London is a very vibrant city and is a design centre of Europe…how do you see Buenos Aires from a perspective of a graphic designer?
イギリスの大学でグラフィックデザインを学んでからアルゼンチンに帰国し、お仕事を始められたとのことですが、ブエノスアイレスはグラフィックデザイナーにとって、どんな街ですか?

Coming back to Buenos Aires after almost 5 years in London was not an easy transition. I often think that ‘diseño’ in Buenos Aires is quite different from what ‘design’ means in London. Although this is the correct way to translate the word into Spanish, as it often happens with translations the actual concept that is described is not exactly the same. ‘Diseño’ in Argentina is very closely related to concepts such as ‘style’, ‘trend’, ‘pretty’, ‘decorated’… Having studied design in London, to me it has a lot more to do with communication, problem solving, concept, and function.
This different interpretation of design struck me as soon as I started working here in Argentina, and was actually not easy to deal with at the beginning… I was often asked to ‘follow’ a certain style, or even to copy an existing piece of design, and this was clearly not the approach I had been taught, nor the approach I was interested in following.
In this sense I guess working in Buenos Aires can be seen as less exciting perhaps than working in London, but at the same time it is also more challenging. Design is a newer, younger discipline in my country, and it has a long way ahead to expand and develop, and I think this fact makes it very interesting to live and work here.
I guess every city has its own unique qualities and features that are beautiful and inspiring, and Buenos Aires is no exception. Apart from being a very beautiful city, very rich and diverse in its architecture and people, there is an extremely vibrant tango scene which I particularly enjoy since I came back here. The streets and milongas (tango dance floors) of Buenos Aires, the painted decorations on city buses, the lettering on kioskos, street artists and artisans are some of the things I find most stimulating about this city.
ロンドンでの5年間の生活を終えて、ブエノスアイレスに戻った時期は苦労しました。ブエノスアイレスでいう‘diseño’ (スペイン語でデザイン)はロンドンの‘design’ とは全く違うものだと思います。直訳すれば同じ単語ですけど、概念が違うとでもいいましょうか。アルゼンチンでいう‘diseño’はもっとスタイル、トレンド、きれい、装飾的、といったことと強く結びついていると思います。ロンドンで勉強した私にとっては、もっとコミュニケーションや、問題解決、コンセプト、機能といった意味合いの方が強いのですが。
働き始めてすぐ、この違いには戸惑いました。クライアントから「こういうスタイルで」という要望があることが多く、下手すると見本になるデザインを見せられて「こういう風に」なんて頼まれることさえあります。これはそれまで教えられてきたことや、自分が正しいと思っていることとは相反するものでした。
そういう意味では、ブエノスアイレスで働くのはロンドンほどエキサイティングとはいえないかもしれません。でも挑戦するものがあるともいえます。アルゼンチンではデザインはまだ成長過程にあり、そこが面白さになりますから。
どんな街にも独自の魅力や美しいもの、インスピレーションを与えるものがあると思います、ブエノスアイレスも例外ではありません。美しいだけでなく、建築や人々の豊かさや幅広さもあるし、帰国して以来タンゴのシーンにはかなりはまっているんです。この街の道やmilongasと呼ばれるタンゴのダンスフロア、バスの装飾や建物の文字、ストリートアーティストや職人たちはとても刺激的です。


Could you show us some of your recent work?
最近のお仕事を見せていただけますか?

One project I am very excited about is the design and production of a line of canvas bags and shopping trolleys to help reduce the amount of single-use plastic bags that our shopping demands. This is a self-initiated project I am working on together with a fashion designer. The idea of a canvas shopping bag, which one carries folded in one’s purse or car to be used when shopping is quite familiar in Europe, but not very common here in Argentina. The main objective of the project is to try to communicate the idea that a canvas bag can be used to replace plastic bags. This line of items is currently under production.
一つとっても楽しんでいるプロジェクトはファッションデザイナーと一緒にはじめたキャンバス地のバッグプロジェクトです。ヨーロッパではよく見かけるバッグや車にしまっておける折りたたみのバッグですが、アルゼンチンにはないんです。いわゆるエコバッグなのですが、これから本格的に製品化がはじまります。

I am also designing a series of stationary products called Buen, including notebooks, envelopes and cards printed with silk-screen.
ほかにBuenという文房具のラインを始めました。ノートや封筒、カードなどをシルクスクリーンで制作しています。

それから最近Tube’sという地元のファッションブランドのアイデンティティをデザインしました。シンプルな形のロゴが、カードや商品のタグ、お店のドアの把手やコンフィティなどにカラフルに展開されていきます。
And I have recently worked on the identity of a local small fashion label called Tube’s, selling clothes which are very fresh, young and colorful. The identity uses a main shape as a logo, and from this basic shape we made the cards and tags for the garments, door handles and even confetti, using a very wide colour palette.



In addition to your graphic design work, you seem to like collecting things. Do you consider this as part of your design? Is it like an inspiration source?
デザインのほかにも、いろいろコレクションをポートフォリオサイトで公開されていますね。これもデザインの一環、インスピレーションのもと のようなものですか?


果物に貼られている産地などを示すステッカー & 欧米の食料品店でよく見られる番号札やクロークチケットのコレクション
Collecting things is something that I have always enjoyed doing. I like how even the most trivial, useless things become so interesting and surprising when one gathers a large amount of them. Part of the work of a graphic designer is often to classify, organise, and find an order for things, and I think this has a lot to do with collecting and putting together things that belong together, or which have elements in common. I really enjoy paying attention and looking closely at small things that we don’t always notice, but which we are in constant contact with, such as bus tickets, fruit stickers or sugar envelopes… I guess above all it is a kind of exercise to keep the eye always awake and aware of the small things that often remain unnoticed, which I find not only inspiring but also very necessary for graphic design.
I am currently working on a series of A2 posters, one for each collection, which will be produced shortly, and also I am working on a book featuring all the collections together.
いろんなものを集めるのは昔から好きなのです。集合的にみることで、あまり目立たなかったり、それほど役に立たないようなものが突然面白く見え始めたりすることが好きですね。グラフィックデザイナーの仕事は何かと、同じ要素を持つものを分類、整頓するような性格があるので、似たものを集めたりしていくことと関係あると思います。バスの切符や、果物についているステッカーや砂糖の袋などは普段あまり気に留めないものだと思いますが、そういったものをじっくりみてみるのが好きなんです。でも、こういったことは結局、普段あまり気づかないようなものを見逃さないようにするための訓練のようなもので、インスピレーション以上にデザインするのに大切なことだと思います。今ちょうど、このコレクションをもとにしたA2ポスターも作っています。

Do you think your working methodology changes when you make work for yourself (personal projects) and work commercially for your clients?
自分の作品を作るときと、クライアントから仕事を受けるときでは、方法論のようなものは変わりますか?

To me graphic design is very much about communicating, and the work process – as well as the end result– depends a lot on the nature of what needs to be communicated and one’s own relation to the subject of that communication. So in this sense, it is different to design for the communication of a message of my own than of someone else’s.
It is not always easy to achieve a healthy balance between personal and commercial projects, but I think it is definitely a very important thing to pursue. When there are personal and commercial projects going on parallelly, both kinds of work benefit each other, and the process gets also more exciting and full-filling.
I have recently started doing silk-screen printing again, which is a technique I worked a lot with when developing personal projects in the past, and which I hadn’t been using in a long time. I am now setting up a silk-screen studio where I intend to do more projects and products of my own, parallelly to the commercial work I do in the studio. I am very interested and excited about this interaction between different ways of working. I look forward to the possibility of doing more work across different media, and to be more involved in ‘the making’ of things as well as ‘the designing’.
グラフィックデザインとはコミュニケーションであって、最終的なデザイン、そしてそれが生まれる過程は何がコミュニケートされるべきか、そしてその人とその対象との関係によってかわると思います。そういう意味では、自分のメッセージを伝えるデザインをするのは他人のメッセージのときとは変わってきます。
自分の制作と、商業的な仕事としての制作の健康的なバランスをとるのは難しいですが、それでも続けることが大事だと思います。二つを平行しているときは、それぞれが影響し合って、楽しく、そして満足いく過程を生み出すと思います。
最近シルクスクリーンでの制作を再開して、自分のプロジェクトや商品を作るためのスタジオを作っているところです。自分の制作と、仕事とがお互いによい影響を与えるのを楽しんでいます。いろんな媒体で、デザインするだけでなく、実際に作る、ということにももっと関わっていきたいと思います。


What’s your ambition?
これからの目標はなんでしょう?

To produce work of a positive nature. Whether for commercial clients or in my personal projects, I hope to produce design that has a positive impact on the people who see it, and which puts across useful, positive messages.
In the future I would like to be able to do graphic design not only for Argentina but for other countries as well, and to collaborate with other artists and designers not only from my country but also from abroad, whether by travelling or by collaborating at a distance. And I also wish to keep learning many skills and techniques to enrich the work I do.
ポジティブな性質のものを作ることです。クライアントがいるときも、自分のプロジェクトのときも、見る人に意味のある、ポジティブなものを作っていきたいと思います。アルゼンチン以外にも活動の場を広げていきたいし、ほかのアーティストやデザイナーたちとも一緒に仕事してみたいです。そして作品をより豊かにしてくれるようなスキルやテクニックを身につける努力を惜しまず続けたいと思います。
Marina Pla
http://www.marinapla.com.ar

INFO: DIESEL DIRTY THIRTY

先日は独自の音楽フェスティバル「DIESEL XXX」の開催発表で世間を賑わせたDIESELから、新たなニュースです!

(写真はイメージです)
2008年10月10日10時に、DIESEL誕生30周年を記念したスペシャル限定デニム「DIRTY THIRTY」を発表、そしてこちらはなんと、世界中でこの日1日だけしか手に入らない超プレミア・アイテムだというのです。プレゼント対象者は、当日10月10日に対象ディーゼルストアにて商品を1点以上購入した方、30周年記念イベント「DIESEL XXX」の先行予約、またはディーゼルストアにて前売りチケットを事前に購入された方のみ!!こちらは先着順でのプレゼントとなり、なくなり次第終了のこと(お一人様一本のみ)。
詳細はDiesel Newsページ(http://www.diesel.co.jp/news/)にてご確認ください。
<プレミアデニム「DIRTY THIRTY」プレゼント対象店舗>
DIESEL HARAJUKU、DIESEL GINZA、DIESEL OSAKA、DIESEL福岡、DIESEL札幌、DIESEL仙台フォーラス、DIESELアミュプラザ長崎、DIESELアミュプラザ鹿児島、DIESEL松山、DIESEL六本木ヒルズ、DIESEL横浜、DIESELクレアーレ、DIESEL京都、DIESEL広島
 ※店舗によってスタート時間が異なる場合がございます。

INFO: CALM & PUNK


ヨーロッパにむけて、日本人アーティストの作品を紹介するフリーペーパー【CALM & PUNK】の第四弾が発刊!今回はタナカカツキをフィーチャーしています。
GAS AS I/Fの関連会社が運営するギャラリー CALM & PUNK GALLERYで数量限定で配布が予定されているほか、PDFファイルにてこちらからダウンロード頂けます。(PDF 約1.25MB)

INFO: Japan Fashion Week in Tokyo

第7回「東京発 日本ファッション・ウィーク」が開幕しました!メインイベントとなる東京コレクション・ウィークでは、mintdesigns, MIKIO SAKABE, writtenafterwardsなどをはじめとする37メゾン / 37ブランドが5日間にわたり春夏コレクションを発表します。その模様はこちらの公式ウェブサイトに続々とアップされていくようです!
東京発 日本ファッション・ウィーク
http://www.jfw.jp/jp/index.html
The 7th Japan Fashion Week in TOKYO has started!
In Tokyo Collection Week, 37 maisons / 37 brands including mintdesigns, MIKIO SAKABE, and writtenafterwards are showing their latest spring/summer collections! The photos from the Tokyo Collection Week are available from the website.
The 7th Japan Fashion Week in TOKYO
http://www.jfw.jp/en/index.html