EVENT: Yuichi Higashionna ‘refract!’

6月5日(木) まで西麻布 CALM & PUNK GALLERYにて東恩納裕一 個展「refract!」 が開催中です。

日常にありふれたものに対する違和感や不気味さ・妄想を、ユーモラスでセクシーかつ痛快に作品として創りだす作家 東恩納裕一。
今年4月には蛍光灯を使用した作品 chandelier!でBombay Sapphire Prize 2008 も受賞し、今日本で最も注目を集めるアーティストの一人です。
refract!(屈折)と名付けられた今回の展示は、代表作であるシャンデリア作品やミラーボール作品の新作をはじめ、ゴムバンドによるストライプ作品、絵画、新作アニメーションなどのモアレやオプティカル効果を使った作品により構成されています。日常的なモチーフによってつくり出される作品群は、見る者の先入観をくつがえし、意識へと作用します。
体感することで始まる作家の世界を、ぜひ会場でお確かめください!

東恩納裕一 refract!
6月5日(木) まで
時間 : 11:00 – 19:00
入場 : 無料
会場 : CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
  〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
(千代田線乃木坂駅徒歩5分)
共催 : ユミコチバアソシエイツ
   カームアンドパンクギャラリー
※なお、今夏発売される作家初の作品集 GASBOOK 25 YUICHI HIGASHIONNAも会場にて先行発売中です!

GAS BOOK 25 YUICHI HIGASHIONNA

64ページ/210mm×297mm/ハードカバー
会期中特別価格:本体2,940円
発行元:ガスアズインターフェイス株式会社
協力:ユミコチバアソシエイツ

INFO: ユニクロのデザイン


アイデア編集部がユニクロデザインを読み解く一冊『ユニクロのデザイン』が発売中。

1号店オープンから早四半世紀。今や日本という枠組みを超え、世界のブランドへと変化するユニクロ。『ユニクロのデザイン』では、1999年以降の数々の広告キャンペーンを振り返りながら、ディレクターからデザイナー、カメラマン、スタイリストなどへの取材を通し、その秘密を読み解いていきます。
特別企画として「アイデアと17組の世界的デザイナーによるユニクロのためのTシャツデザインの提案」特集も!Deanne Cheuk, Alex Rich, Stefan Marx, James Gogginなど世界のカッティングエッジなデザイナーによるTシャツ提案は必見です!

『ユニクロのデザイン』
編者:アイデア編集部編
体裁:ソフトカバー,A4変形、240ページ
定価:本体2,800円+税 ISBN:978-4-416-60830-2

INFO: SHORT


オーストラリア・シドニーのショップVia Alleyから派生したプロジェクトVA Editionsより出版された限定版ぬり絵ブックSHORTのSydneyローンチイベントの模様が届きました!
VA Editions, a branch of the Sydney shop Via Alley, has sent us some photographs from the launch event of their colouring book “SHORT!”

二児の父でもあるこのぬり絵ブックの編集者Edward Davisは、「こどもにぴったりのぬりえがどこにもない」と常々感じていたそうです。そんな思いから生まれたのがこのSHORT。様々なアーティストに参加を募ったところ、82名によるぬり絵があつまり、SHORTが誕生することとなりました!
The editor of VA Editions Edward Davis couldn’t find anything inspiring to give to his two little children. So he decided to contact some artists and and eventually colouring templates from 82 different contributors became this limited edition colouring book!
Deanne Cheuk, Stefan Marx, PAMのMisha, Genevieve Gauckler、Will Sweeney などGASのプロジェクトでもお馴染みのアーティストのほか、We Buy Your Kids、Anthony Burrillが参加しています。
発行部数は限定1000部。Stefan Marx とChris Hopkinsによるポスターもついています。
The contribution includes Deanne Cheuk, Stefan Marx, PAM’s Misha, Genevieve Gauckler, Will Sweeney , We Buy Your Kids and Anthony Burill amongst others. The edition is limited to 1000 copies, and comes with a complimentary poster by Stefan Marx and Chris Hopkins!
熱中しているのはこどもたちだけではなさそうです!
Looks like its not just the children who are excited!

Via Alley
http://www.viaalley.com
VA Editions
http://www.vaeditions.com

EVENT: Shigeru Suzuki exhibition “HUMAN”


5月24日(土)からZENSHIにて 鈴木シゲル 個展”HUMAN” が開催。
Enlightenmentのメンバーであり、その一方でアーティストとして個人の活動も行ってきた鈴木シゲル。今回の展示は「人間」をテーマに制作された、コラージュ、ドローイング作品とインスタレーションで構成。
以下、プレスリリースより:
作家が探究する 「人間」、その人間は皆どこかしら足りない部分があり、完璧ではありません。しかし、そこがまたその人の人間性や魅力でもあります。
本展で発表します作品には、穴が空いた身体で踊る人間のシルエットとその精神状態を暗示するイメージとが交錯するコラージュ・シリーズがあります。
作家は、ダンスという身体的行為は古くは部族の儀式から派生した、ある高み、深みへ近づくための行為のひとつと解釈します。
その行為は、完璧ではない人間がそこに近づきたいと願う気持ちであり、祈りでもあります。
そして、人間が身体を用いて描くという行為もまた、ダンスという行為や祈りに近い、あるひとつの形とも言えるかもしれません。
一人の人間によってそこに表現されたイメージは、そこに対峙する鑑賞者の精神性の一部ともなり得ます。
それは人間である作者自身であり、鑑賞者でもあります。
鈴木シゲル 個展”HUMAN”
ZENSHI

135-0024 東京都江東区清澄1-3-2 6階
6F 1-3-2 Kiyosumi, Koto-ku, Tokyo 135-0024, JAPAN
tel/fax: +81-(0)3-3630-4709

INFO: CALM & PUNK #3


GAS AS I/Fがヨーロッパで展開するフリーペーパー「CALM & PUNK」の3号目がリリース。
今回のフィーチャーアーティストは今年3月にCalm & Punk Galleryで個展を行った小町渉。コラージュの手法を用いたアートワークを得意とし、果敢にオブジェクトを作品へ変容させる試みを続ける注目のアーティストです。日本ではGAS AS I/Fの関連会社が運営するギャラリー、Calm & Punk Galleryで数量限定で配布が予定されているほか、PDFファイルにてこちらからダウンロード可能です!(PDF 約3.8MB)
Issue 3 of GAS AS I/F‘s free paper for Europe has been released.
The featured artist for this issue is Wataru Komachi, who had an exhibition at Calm & Punk Gallery, Tokyo in March. Renowned for artwork using collages, Komachi is an artist who beautifully transforms objects into art pieces.
The paper is available at galleries, museums and shops in Paris, London, Berlin and other cities in Europe.
Also, a PDF version (approx 3.8 MB) is available for download.
CALM & PUNK #03
サイズ:A4
ページ:8ページ フルカラー
言語:トライリンガル(日/仏/英)
発刊:隔月
配布先:パリ、ロンドン、ベルリン、他ヨーロッパ諸都市の主要店舗
発行:ガスアズインターフェイス株式会社

INFO: A MAGAZINE #7 curated by Kris Van Assche


アントワープ発のファッションマガジン A MAGAZINE の最新号が発売。今号のゲストキュレーターは Kris Van Assche。昨年 Hedi Slimaneの後を継ぎDior Hommeのアーティスティックディレクターに就任したVan Assche。今年1月に発表された新生Dior Hommeのコレクションは、彼の新たなキャリアの幕開けとなった。今号のA MAGAZINEはこの転換期を象徴するような一冊。Jeff Burtonによるコレクション写真、Nan Goldinによるショー舞台裏を収録するほか、Sarah Moon、SOPHIA SANCHEZ & MAURO MONGIELLO、SYBILLE WALTERらをコントリビューターに迎えている。
The details of A MAGAZINE #7 have been revealed! The guest curator for this issue is Kris Van Assche. Van Assche was appointed as an art director for Dior Homme after Hedi Slimane last year. The show in January marked a new chapter for his career and the label. A MAGAZINE reflects the designer’s remarkable period of transition. Included are the collection photos by Jeff Burton, the backstage show by Nan Goldin, as well as contributions from Sarah Moon, Sophia Sanchez & Mauro Mongiello, Sybille Walter and others.



A MAGAZINE
http://www.modenatie.com/amagazine/

EVENT: Yuichi Higashionna ‘refract!’

5月16日(金)より、CALM & PUNK GALLERYにて東恩納裕一「refract!」展が開催。


反射と屈折 めまいと覚醒 ユーモラスでセクシー、かつ痛快

ペインティング、オブジェ、映像、インスタレーションなど、形式問わず様々なモチーフ、素材、現象で見る者の視覚に作用する作品を創りだす作家、東恩納裕一。
彼の作品は、現代社会に生きる我々の「見ること、見てきたこと」の体験を潔く問い直します。 今回、「refract!」では、作家個人が感じる日常のありふれたものに対する違和感や不気味さ・妄想をユーモラスでセクシー、かつ痛快に作品として創りだし、天井高(5m)のあるスペースを活かしたインスタレーションをおこないます。
新作の大型シャンデリアのほか、ミラーボール、床面を使った蛍光灯インスタレーション、ゴムバンドによるストライプ作品、絵画、新作アニメーションなどのモアレやオプティカル効果を使った作品は、一種の“鏡”として、私たちの視線を反射/屈折(refract)させ、私たちに送り返される私たち自身の視線、それは、私たちの居場所をあいまいにし、私たちにめまいと覚醒をもたらします。
会期中は会場にて東恩納裕一初のアーティストブックGASBOOK 25 Yuichi Higashionnaも先行発売予定!
refract!—a new exhibition from Yuichi Higashionna is on at CALM & PUNK GALLERY from 16th of May. Yuichi Higashionna is an artist who works with a variety of subjects, using different materials and media, all of which play with our optical experience. His work in painting, film and installlation is unconstrained by form or method. Through his art, Higashionna questions our experience of seeing and what we have seen.
In the refract! exhibition, Higashionna will create installations inspired by feelings of “the uncanny” and of being out of place. His creations will provoke audiences to question their familiarity with ordinary everyday objects and phenomena. His humorous, sexy and fun work will be presented on a large scale, utilising the 5-metre high open spaces of the gallery.
To coincide with the exhibition, the artist’s first book will also be released.
東恩納裕一 refract!
会期 : 2008年5月16日(金)〜 6月5日(木)
時間 : 11:00 – 19:00
入場 : 無料
会場 : CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
  〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
(地下鉄千代田線乃木坂駅徒歩5分)
TEL : 03-3401-0741
共催 : ユミコチバアソシエイツ
   カームアンドパンクギャラリー
Yuichi Higashionna refract!
Dates: Friday 16th May – 5th June 2008
Opening hours: 11am–7pm
Free admission
The exhibition is presented by Calm & Punk Gallery in association with Yumiko Chiba Associates.

EVENT: eBoy


ピクセルアートのパイオニア、ベルリンを拠点とするeBoyによる展覧会「LA」が5月9日よりロンドンのショップ&ギャラリー Concrete Hermitで開催されます。これまでロンドンやベルリン、東京のシティスケープをピクセルアートで造り出してきたeBoy。1998年のスタジオ設立以来、広告やオリジナルプロダクトなど、活動分野を広げています。今回披露される最新作は、タイトルが指し示す通り、Los Angeles!そのほか彼らのオリジナルプロダクトPeecolsの新作なども展示予定。
eBoy exhibition LA
5月9日〜6月30日
9th May – 30th June.
Concrete Hermit Gallery
5a Club Row, London, E1 6JX.
Open 10am – 6pm Tuesday-Sunday.