« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月 アーカイブ

2007年08月02日

a000234

INFO: garudio studiage at the V&A fete 2007

ロンドンのVictoria & Albert 美術館(通称V&A)で毎年7月に行われるVillage Fete。今年も去る7月28日から2日間に渡り行われました。Village feteとは本来、夏にイングランドの村々で伝統的に行われる地域コミュニティのイベントのこと。こどもの為のゲームやくじ引き、屋台などが立ち並ぶ光景は、日本の縁日にもどこか似ています。
V&Aのvillage feteはその数々のイベントに、あらゆるデザイナーがクリエイティブなアレンジを加えるというもの。著名クリエイターが自らストールを構えて来場客とのやりとりを楽しむ姿がとてもイギリスらしいデザインイベントです。
今年初めてこのV&A village feteに参加した南ロンドンのクリエイターコレクティブ、garudio studiageから、その模様が届きましたのでご紹介します!

London's Victoria & Albert Museum holds the V&A village fete every July.
The event is inspired by the idea of a traditional English summer fete, but the V&A add their own twist to it. All the stalls are run by designers, turning the whole event into a summer festival for London's design community! The fact that the actual designers and creators run the stalls and speak to the visitors makes it a very English event – very chatty and friendly. (It's hard to imagine the same thing happening in a Japanese design community!)

Garudio Studiage, the South London based creative collective, have sent us some pictures of their first-ever village fete stall!

Gorgeously Greasy Grillと題された彼らのストールは、イギリスの音楽フェスティバルなどでおなじみの移動屋台にパロディを加えたもの。 ビニールでできたハンバーガーやチキンの中にはあらかじめ何等賞かを示す紙が入っており、参加者は1ポンド(約245円)を払ってそのなかから一つ選ぶと、くじの結果によって賞品が貰えるという仕組み。 1等は食べ物をかたどったバッグ、2等は特製プリント付きの紙帽子、3等はステッカー。

The stall is called Gorgeously Greasy Grill, and is a parody of burger vans often seen in outdoor festivals in the UK. Hamburgers and fried chicken made out of vinyl are “cooked” on the "grill" and the visitors pay 1 GBP to choose one of them. Inside each item of "food" are the prizes: 1st prize – Hambag & Friends; 2nd prize - Chef's Hat; 3rd prize – Sticker.

実は1等のバッグコレクションはgarudio studiageの一人であるジュエリーデザイナーHannah Ballによる新商品。このVillage feteで初のお披露目だったそう。くじがあたらなかった人も、village feteを見逃した人も、オンラインショップで購入可能。(お値段は各28ポンド)

The first prize - Hambag & Friends - are in fact bags designed by Hannah Ball, the collective’s jewellery designer. This particular product was launched at the fete. If you were not lucky enough to win the 1st prize or missed the fete altogether, the bags are available from their online shop, so check them out! (28 GBP each).

2007年08月05日

a000235

EVENT: 2007 Summer ‘Kozue Hibino exhibition’ at Gallery Mitate

コスチュームアーティスト/デザイナーのひびのこづえさんの個展が西麻布のギャラリーMITATEにて開催中。バッグ、ハンカチ、スカートなどのアイテムが展示されています。
8月中旬には水戸芸術館での展覧会が予定されているひびのさんですが、そちらに先駆けてのこの都内の展示も是非ご覧になってみてはいかがでしょう?

2007 夏 ひびのこづえ展
会場:ギャラリーMITATE 東京都港区西麻布3-16-28 (地図
会期:7/31(火) –  8/12(日) 11:00 – 19:00 (最終日は17:00まで) 月曜定休 入場無料

2007年08月07日

a000236

INFO: If you could... at the V&A fete 2007

先日ご紹介したgarudio studiageに引き続き、英国・ブライトンの雑誌 If you could からもVictoria & Albert MuseumVillage Feteの模様が届きました! 先月待望の第2号リリース、そして展覧会の開催と続き大忙しの彼ら。今回で2度目の参加となるVillage feteで何を見せてくれたのでしょう?

We have received a report on the V&A village fete from our friends at If you could! Last month If You Could released their second issue and had an exhibition in London - so what did these guys show at their 2nd village fete?

今年のストールはInflate-a-Mateと題され、ふくらませた風船に絵を描き、一日限りの理想の友達をつくってもらおう、というもの。出来上がった「お友達」と一緒にイベントを楽しめるこのアイディアは、たくさんのこどもで賑わうVillage feteにピッタリ!もくもくと絵柄を描き入れる来場者の表情をとくとご覧ください!

Their stall was entitled Inflate-a-Mate. Customers could create their dream companion for the day, by personalising a balloon and ‘inflating’ their perfect friend to hang out with for the weekend. This was a perfect idea for an event which was full of children – but whilst its true that kids love balloons, the pictures reveal some very serious looking little inventors, intent on designing their perfect friend!

各画像をクリックするとポップアップ表示されます。


飛ばないように
気をつけて!
みなさん真剣です。

大人も真剣です。このお友達はかなりご機嫌。

上手にできたかな?寝てる?

日が暮れても賑わうストール。

2007年08月10日

a000237

BOOKMARK: E-commerce x creators

クリエイターグッズのショッピングサイトはたくさんありますが、最近ではその種類も多様化しています。今日は見るだけでも楽しい海外のクリエイターグッズショッピングサイトをピックアップしてお届けします。

ThisNext
http://www.thisnext.com/
人気SNS + Internet shopping = Social shoppingサイト。Myspaceとの連動、参加者もぐんぐん増えてますます賑わうThisNext. Social shoppingサイトのなかでも見やすさは抜群。
garudio studiageも参加しています!

etsy
http://www.etsy.com/
世界中から商品があつまるetsy。手作り作家系ならココ!
色別に商品を探したりgeolocatorで世界地図をクリックして地域別に作家を捜すことも可能!

Lady Luck Rules Ok
http://www.ladyluckrulesok.com/
英国から現れたLady Luck Rules Ok。
80sリヴァイバルにひと味加えたニューレイヴ現象を謳歌する土地事情とシンクロするテイストが魅力。
この夏ロンドンでは必須アイテムのサンバイザーにもLady Luck Rules Okらしいひねりが効いています。

Blanka
http://blanka.co.uk/
独自企画のポスター、デザイナーグッズなどが充実。
Helvetica企画は要注目!

Product of God
http://www.productofgod.net/
ご存知Big Active所属アーティストのサイン入りプリントが勢揃い。

2007年08月12日

a000238

EVENT: Ryo Matsuoka BOOK COVER shop at ABC Aoyama

『ABC ブックフェス2007』の一環として、青山ブックセンター青山本店松岡亮さんのブックカバーが期間限定で展示販売中です。
書店内で本とそれにぴったりのブックカバーをセットで選んでみてはいかがでしょう?

19日(日)には松岡さん本人がライブペインティングを同店内にて行うとのこと。
こちらもお見逃しなく!

松岡亮ライブペインティング PLAY PRAY PAINT !
日時:2007年8月19日(日)10:00〜 (途中休憩あり)
会場:青山ブックセンター本店内・洋書コーナー

2007年08月13日

a000239

EVENT: FANCY HEAD exhibition YOSHIMITSU UMEKAWA & KENSEI YABUNO

梅川良満やぶのけんせいの展示 FANCY HEADが8月16日より新宿B GALLERY(ビームスジャパン6F)にて開催。
テーマは「FANCY HEAD=恍惚の瞬間」。
BECKのアルバム『information』のカバーアートワークに作品を提供したことでも話題を呼んだやぶのけんせい、そしてDAFT PUNKなど国内外のミュージシャンの撮影やPVのディレクション、監督などで活躍する梅川良満のワークを目の当たりにするチャンスをお見逃しなく。

FANCY HEAD exhibition YOSHIMITSU UMEKAWA & KENSEI YABUNO
期間:2007/8/16(THU)~9/18(TUE)
会場:B GALLERY (ビームスジャパン 6F)
      新宿区新宿3-32-6 
      TEL : 03-5368-7309   http://www.beams.co.jp
営業時間:11:00~20:00
*オープニング・パーティー2007/8/18(SAT)18:00~20:00

2007年08月15日

a000240

INTERVIEW: Kapok

‘B Jirushi YOSHIDA exhibition’ is currently on show at Kapok in Hong Kong.
This is the first overseas exhibition for B Jirushi YOSHIDA.
What's the shop chosen for such a special exhibition like? We interviewed Arnault Castel, the owner of the shop. (We are posting the interview in two parts. The second half will be posted later this week.)

香港にあるショップ Kapokにて現在B Jirushi YOSHIDA exhibitionが開催中。
B印YOSHIDAの初の海外イベントとなる同エキシビションをホストするショップは一体どんな場所なのか?香港のクリエイティブに敏感な層に支持され、また展示スペースとしても様々なエキシビションを開催してきた同店の魅力を探るべく、オーナーのCastel氏にインタビューを試みました!今回は前編をおおくりします。

How did Kapok come about? What is the concept of the shop?

I am running a distribution company called Working Unit. We distribute Moleskine and Rhodia brands in Asia. I was looking for a comfortable office and one of my friend told me about this space.
In my first visit, I decided I would open a store there : I loved the quiet mood of the street, with a huge banyan tree in the middle, and the small garages surrounding us.
Because of the tree, I chose a tree name for the store (Kapok) and I decided to focus on small brands that combine perfect craftsmanship and new design.
From the beginning, I also decided to host exhibitions in Kapok, because there are not many alternative exhibition spaces in Hong Kong. To choose the artists, I try to alternate between Hong Kong and international artists and also have something very different every month : we had sound / illustration / video / new media exhibitions and event concerts since we opened.

Kapokの成り立ちとコンセプトについて教えてください。

僕はWorking Unitという代理店をやっていて、アジア地区でのMoleskineやRhodiaのディストリビューションを手がけているんです。どこかいいオフィスはないかな、と思っていたときに、友人がこの物件を紹介してくれました。
物件をはじめて見たその時に、お店をやりたいと感じたのです。小さなガレージに囲まれていて、菩提樹のある落ち着いた通りの雰囲気に惹かれましてね。その菩提樹の影響もあって、お店の名前も木の名前にしたんです。(注・Kapokはジャワ綿の英名)そして斬新なデザインと完璧な職人技という二つの要素を持つ小さなブランドを中心に扱うことに決めました。
はじめからKapokではエキシビションを主催したいなと思っていたんです。香港にはあまりオルタナティブな展示をやっているところがありませんからね。アーティストを選ぶときは、香港と海外のアーティストを交互に、そして内容にコントラストをつけるよう心がけています。過去にはサウンド、ビデオ、ニューメディアなどの展示や音楽演奏を行ってきました。


Who is your typical customer?

Since Kapok is quite different from other stores in Hong Kong, we have been really supported by the local magazines and media. So my customers are mainly from Hong Kong.
A lot of my customers are from 15 to 40, with quite a lot of students and also people working in the creative industry.
But I can also sometimes get some really young kids in the store, or old grannies – it can be quite surprising.
What the customers share is that they are very curious about the products – where they come from, who are the designers – I think the time when people bought blindly based on brand power is finished (and that’s a good thing!)

お店を訪れる方はどのような方が多いんでしょう?

Kapokは香港にあるほかのお店と比べると珍しいタイプになることもあってか、ローカルな雑誌やメディアからは本当によくしてもらっています。そのせいか、ほとんどのお客さんは香港の方ですね。年齢で言うと15歳から40歳くらいが多くて、特に学生さんやクリエイティブの仕事をしている方が多いようです。でもたまに、ちいさな子ども達やおばあちゃんもやって来ることがありますよ ー 驚きですけどね。
来店される方に共通しているのは、商品への関心がとても高いことですね。どこ製なのか、誰のデザインなのかなど。もう見境なくブランドの名前だけでものを選ぶ時代は終わったと思ってますし、それはとっても良いことですね。





Could you tell us more about the Bjirushi Yoshida event?

People in charge of Bjirushi store in Daikanyama noticed that they have a lot of customers in HK. Together with HK magazine Milk, they decided to organise their first overseas event in Hong Kong. They looked for alternative store, with comfortable feel. They liked the feel of the Tin Hau area (quite similar to Daikanyama as it is a quieter than the rest of the city), and the feel of Kapok, so they asked me to host the event.
I have always respected BEAMS And Yoshida Kaban brands because of their dedication and their quality so it was really an honour to collaborate on this event, and the reaction of the Hong Kong audience has been amazing.
(end of the first half of the interview)


今回のB印YOSHIDAイベントについて教えてください。

代官山のB印YOSHIDAの方が香港には吉田ファンが多いということに気づいたようでしてね。彼らと香港のMilk誌が共同で、初めての海外イベントを香港で行うことが決まり、どこかオルタナティブで居心地のよいスペースはないかと探していたようなんです。(お店のある)Tin Hauエリアのとても落ち着いた雰囲気と(東京で言えば代官山にあたるような、ほかのエリアにあるような喧噪からは離れた場所なのです)Kapokの雰囲気をとっても気に入って頂けたようで、イベントをうちで行いたいというオファーを頂いたんです。
BEAMSと吉田カバンの姿勢やクオリティには以前から敬意を抱いていましたし、彼らと今回コラボレーション出来たことをとても光栄に思っています。香港のオーディエンスからの評判も上々です。(前編おわり)


Kapok_logo_.jpg
B Jirushi YOSHIDA exhibition at Kapok
Until Sunday, September 2nd, 2007
KAPOK
G/F 9 Dragon Road, Tin Hau, Hong Kong
Tel: (852) 254-99-254/ info@ka-pok.com / www.ka-pok.com
Opening hours: Weekdays 10am-8pm / weekend 1pm-7.30pm

2007年08月17日

a000241

INTERVIEW: Kapok part 2

Here's the 2nd part of Arnault Castel (Kapok) interview.
(Click here to read the 1st part of the interview.)

お待たせしました。香港のセレクトショップKapokオーナーCastel氏のインタビュー後編。今回はKapokの売れ筋商品、そして目利きのCastel氏おすすめの香港東京おすすめスポットについて聞いてみました。(前編はこちら

What’s the best-selling item in Kapok?
Kapokで人気の商品にはどんなものがありますか?


Two collections are very popular this season.

The re-issue of the classic Lip watches designed by Roger Tallon : the Mach 2000 collection. Roger Tallon is one of the most famous French product designers (he designed the TGV and Eurostar) and Lip is one of France’s oldest watch brands. Their collaboration was a classic in the 70s and with this re-issue, they have found many new fans in Kapok.

今季は次の2つのコレクションが人気ですね。
Roger TallonデザインのLipウォッチのMach 2000コレクション。
Roger Tallonはフランス人でTGVやEurostarのデザインも手がけている有名プロダクトデザイナーです。そしてLipはフランスでも有数の老舗時計メーカー。このコラボは70年代の名作と言われていて、このリイシューを当店で見てファンになった人も結構いますよ。

The Astier de Villatte ceramics. This Parisian brand really matched the Kapok aesthetics – old technique and new design. We are proud to be the first store to launch the brand in HK.

そしてAstier de Villatteの陶磁器。パリのブランドですが、古典的な技術と新しいデザインの融合というまさに当店の精神にマッチするものがあるんです。香港ではうちが初めて扱うことになったんですが、それをとても誇りに思ってます。


Do you come to Tokyo often? Are there particular places/shops you always check?

I try to come to Tokyo at least twice a year, as it's really a source of inspiration for me. And I think Tokyo still has the most interesting stores in the world.
I always visit the POSTALCO store (http://www.postalco.net/shop.htm) because it feels like getting lost in a very eccentric library.
I always check as well the Cibone and Arts&Science store as I really respect the vision of their buyers.

東京で欠かさずチェックする場所があれば教えてください。

少なくとも年に2回は東京に行くようにしています。インスピレーションの泉のような場所ですからね。東京には世界でも最高に面白いお店があると思います。
まずはPOSTALCO。ここはエキセントリックな図書館で迷子になったような気分にさせてくれる場所です。CiboneArts&Scienceもチェックしますよ。バイヤーの方のビジョンがすばらしいと思いますので。

Or is there any place in Hong Kong that the readers of Atmosphere_blog should visit?

In Hong Kong, I think visitors should always visit a cha-chaan teng. These are restaurants serving Chinese and Hong Kong-stye western food. It’s often delicious, pretty cheap and you will really feel the essence of Hong Kong – getting the best of the east and the west and getting something fast and without fuss!


香港を訪れるAtmosphere_blogの読者におすすめの場所はありますか?。

香港に来るなら茶餐廳(ちゃさんちょう)がおすすめです。中華料理や香港流アレンジの西洋料理を出す飲食店のことを指すのですが、結構おいしくて安いところも多く、香港らしさが感じられると思うんです。東西の良いところを素早くとりいれて、てきぱきと用意してしまうところがね。

Message for Atmosphere readers?

Remember the past and then create something new!

読者の方にメッセージをどうぞ。

過去を大切にしつつ、新しいものを創りましょう!

B Jirushi YOSHIDA exhibition at Kapok runs until Sunday, September 2nd 2007.
KapokでのB印YOSHIDAイベントは9月2日まで!

Kapok_logo_.jpg
B Jirushi YOSHIDA exhibition at Kapok
Until Sunday, September 2nd, 2007
KAPOK
G/F 9 Dragon Road, Tin Hau, Hong Kong
Tel: (852) 254-99-254/ info@ka-pok.com / www.ka-pok.com
Opening hours: Weekdays 10am-8pm / weekend 1pm-7.30pm

2007年08月23日

a000242

INFO: Helvetica film DVD!

Gary Hustwitによる書体Helveticaのドキュメンタリー映画‘Helvetica&rsquoDVD発売が11月6日に決定。
通常版はI love helvetica/I hate helveticaと記されたボタンバッジのおまけ付き。オフィシャルサイトでのみの販売となる限定版(生産数1000)にはバッジに加え、ミニポスター、スチル画像の銀塩プリント、そしてなんとHelvetica Extended Boldの金属活字ひとつが同梱されているというスペシャルぶり。どちらも既にオフィシャルサイトでのオーダー受付がはじまっていますが、日本への出荷はされないとのこと。(日本版の発売が近々発表されるので、そちらをお待ちくださいとのことです。)
DVDにはおまけ映像も収録される予定。現在こちらでその一部にあたる、伝説の書体デザイナーHermann Zapfインタビューを公開中です!

映画Helvetica オフィシャルサイト
http://www.helveticafilm.com

The DVD edition of Gary Hustwit's film Helvetica is now available for order on the official site. The DVD includes the full 80-minute feature film, plus over 90 minutes of additional interviews, as well as two love/hate Helvetica film buttons. There's also a limited-edition box set (Limited to 1000 copies), which includes the DVD, three letterpressed mini-posters, a color C-print of a still from the film signed by the director (one of ten different stills), two love/hate Helvetica buttons, and a letter of actual Helvetica metal type!

DVDs from the official website cannot be shipped to Japan, however, details of the Japanese edition will be announced soon.

http://www.helveticafilm.com

2007年08月25日

a000243

EVENT: Ryo Matsuoka Exhibition + PLAY PRAY PAINT

松岡亮さんの新たなエキシビション『Joy of the birth, Birth of the joy』が9月1日(土)より渋谷センター街・GALLERY SCENEにて開催。
先日の青山ブックセンター本店でのライブペインティングとブックカバーの展示に続く今回の展示では一体どのような世界が壁面に描き出されるのでしょう?
(下画像は今年4月に西麻布Calm & Punk Gallery にて行われたPLAY PRAY PAINTより。)

Ryo Matsuoka's new exhibition Joy of the birth, Birth of the joy will be on show at
GALLERY SCENE in Shibuya from 1st to 16th of September.
The artist recently held an exhibition at an Aoyama bookshop, where his bookcovers were on show and for sale. The walls of Gallery Scene are set to be transformed by Matsuoka into something no-one should miss.
(The picture below is from his exhibition at Calm & Punk Gallery in April)

松岡亮 / Ryo Matsuoka Joy of the birth, Birth of the joy
会期 Dates: 2007年9月1日(土)~9月16日(日) 1st to 16th of September.
GALLERY SCENE (ギャラリー シーン)
東京都渋谷区宇田川町24-6 渋ビルヂング4・5F
営業時間 Opening hours: 13:00ー22:00 (月曜定休)1pm–10pm (closed on Mondays)
TEL/FAX: 03-5428-0821
http://galleryscene.com


2007年08月29日

a000244

EVENT: New Creators Met Together in Europe

東京コレクション ・ ウィークの一環として、21_21 DESIGN SIGHTにて「ヨーロッパで出会った新人たち」展が8月30日(木)より開催。
ロンドンやアントワープなどで学んだ6ブランド、11人の新作をインスタレーション形式で紹介。国籍もドイツ、イスラエル、グルジア、台湾、そして日本と様々な彼らのクリエーションが東京から世界へと発信されるこの展示はファッションファンでなくとも要チェック!
以前Gas project blogでインタビューを行った山縣 良和さんも参加しています。

参加デザイナー:
writtenafterwards(山縣 良和、玉井 健太郎)MIKIOSAKABE(坂部 三樹郎、Shueh Jen-Fang)、POESIE(AKIRA NAKA)、STEREOTYPES(DEMNA GVASALIA / HELENA LUMELSKY)、TARO HORIUCHI(堀内 太郎)、HUI HUI(Anne Schwatzler / Katharine Trudzinski / Johanna Trudzinski)

『ヨーロッパで出会った新人たち』
8月30日(木)~9月5日(水)
11:00 - 20:00 (入場は 19:30まで)
会場:
21_21 DESIGN SIGHT
入場無料

New Designers Met in Europe will be held at the 21_21 DESIGN SIGHT (inside Tokyo Midtown).
The exhibition will feature the creations by 6 brands by 11 designers - who studied at world renowned places such as the UK's Central Saint Martins College of Art and Design and the Antwerp Royal Academy of Fine Arts Belgium.
This will be an event not to be missed for any fashion fan as well as art/design fans.
Amongst the participating designers is Yoshikazu Yamagata, whom we interviewed in Gas project blog.

Participating designers:
writtenafterwards(Yoshikazu Yamagata / Kentaro Tamai), MIKIOSAKABE (Mikio Sakabe / Shueh Jen-Fang),
POESIE (AKIRA NAKA), STEREOTYPES (DEMNA GVASALIA / HELENA LUMELSKY), TARO HORIUCHI,
HUI HUI (Anne Schwatzler / Katharine Trudzinski / Johanna Trudzinski)

New Designers Met Together in Europe
Thu, August 30 - Wed September 5
Opening hours: 11:00 am - 8:00 pm (Entry until 7:30 pm)
Venue: 21_21 DESIGN SIGHT(inside Tokyo Midtown)
Admission: Free

About 2007年08月

2007年08月にブログ「Atmosphere」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2007年07月です。

次のアーカイブは2007年09月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

It is all the entries contributed to blog「Atmosphere」inAugust 2007.

The previous archive is2007年07月.

The following archive is2007年09月.

main indexor look in thearchivesto find all content.

Powered by
Movable Type