« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月 アーカイブ

2007年07月01日

a000215

EVENT: Jonathan Barnbrook ‘Friendly Fire’

6月19日よりロンドンのDesign MuseumJonathan Barnbrookのレトロスペクティブエキシビション ‘Friendly Fire’ 展が開催。
1990年以来、バーンブルックの個性的かつ美しいタイポグラフィー、そしてそれを用いてウィットや皮肉を交えながら消費文化や政治というソーシャルな領域にまで言及する姿勢はイギリスから世界へと衝撃を与え続けている。今展‘Friendly Fire’はバーンブルックの90年代初頭のタイポグラフィーエクスペリメントから最近のワークまでをカバー。この夏ロンドンを訪れるデザインファンには見逃せない展示であろう。
雑誌Wallpaperのwebでは来週今回の展示を踏まえたバーンブルックのインタビューpodcastがアップされる予定、こちらも要チェック。

Jonathan Barnbrook Friendly Fire
2007年6月19日–10月10日
Design Museum (London, UK)
http://www.designmuseum.org.uk/exhibitions/current-exhibitions/jonathan-barnbrook


‘Friendly Fire’ – a Jonathan Barnbrook retrospective - is currently showing at London's Design Museum. Since 1990, Barnbrook’s highly original and beautiful typography, and the political/social statements in which he used it, has been a constant inspiration to many in Britain and the rest of the world.

The exhibition covers Barnbrook's work from his early experiments in typography to more recent projects, and certainly should not be missed if you are visiting London this summer.

Wallpaper's website will soon feature a Barnbrook interview podcast – don't forget to check it out!

Jonathan Barnbrook Friendly Fire
19th June – 10th October 2007

Design Museum (London, UK)
http://www.designmuseum.org.uk/exhibitions/current-exhibitions/jonathan-barnbrook

2007年07月04日

a000216

EVENT: 2027 exhibition

恵比寿のギャラリー「POINT」にて、7月6日(金)から7月14日(土)まで
以前本ブログでも紹介した『2027』エキシビションが開催。
『2027』メイン制作スタッフである小田島等黒川知希、古屋蔵人に加え、井口弘史、大川久志の2名を迎えて近未来の世界観を空間的に表現。会場では各作家の書き下ろしキャンバス画の展示に加えて本展示限定のZINE「GEMPEG」も発表。(会場で展示・販売あり)

‘2027 exhibition’
会場:POINT http://www.enough.jp/point/
会期:2007年7月6日(金)〜7月14日(土) 8日間(最終日は17:00まで)
参加アーティスト:小田島等/黒川知希/井口弘史/大川久志 /古屋蔵人

An exhibition of "2027”- a book we’ve mentioned previously in this blog- is currently being held at Point, in Ebisu. The show runs until 14th of July.

The exhibition is showing works from the book's main contributors, Hitoshi Odajima, Tomoki Kurokawa, and Kurando Furuya, as well as from Hiroshi Iguchi and Hisashi Okawa and has turned the Point gallery into the world of “2027.”

Go along and see some newly made works on canvas, and check out the limited edition ‘zine, 'GEMPEG'.

‘2027 exhibition’

Venue: POINT http://www.enough.jp/point/
Dates: 6th – 14th July 2007(closes at 17:00 on the 14th)

2007年07月05日

a000218

EVENT: BESTIAL exhibition in Barcelona

   


Aiko Nakagawaさん(ex FAILE)がスペイン・バルセロナで行われる展示BESTIALに参加されます。
Bestial
group show curated by Miss Van
7月5日 – 8月4日
Iguapop Gallrery

Aiko Nakagawa (ex FAILE) is exhibiting at BESTIAL group show at the Iguapop Gallery in Barcelona.

Bestial
group show curated by Miss Van
5th July – 4th August 2007
Iguapop Gallery, Barcelona, Spain

2007年07月06日

a000219

INFO: BB/Saunders Journal 1 365Pages

Atmosphere03でも紹介したBB/SaundersのHamishから、BB/Sandersの「journal1 365 pages」が送られてきた。封をあけると、中には一冊の本のようなノートのような。表紙や中ページなどはすべてがBB/Saundersのヴィジュアルカラーでもある蛍光レッド一色で印刷されていて、365ページに及んで、デザインされた罫線やヴィジュアルなどが印刷されている。ビニールコーティングされた表紙(表紙の内側だけは4色+1色)と、中ページの特色一色で刷られた様々な罫線のデザイン、そして持ったときの質感などがとても気持ちよく、ノートというよりは一冊の本のよう。
それぞれのページにはそのページ数に因んだメッセージが小さな文字で入っていて、そちらを読んでみるのも面白い。もちろんダイアリーとしても使ってもいいだろうし、ノートとしても自由に使ってもいいのだろうけど、書くのが少しもったいないような気がするクオリティある一冊。http://www.blanka.co.uk/で入手することが可能。
http://www.bbsaunders.com/

‘Journal 1 365 pages’ from BB/Saunders’ Hamish - interviewed in our Atmosphere 03 – has arrived.

‘Journal 1 365 pages’ is a notebook, the cover and pages of which are printed in BB/Saunders trademark fluorescent red.

The texture and the design are striking, making this publication more than a mere jotter. The notebook is protected by a clear PVC dust jacket (the inner end pages are in 4 colour plus 1 spot colour), and the various lines inside are printed in one spot colour. Each page has some text associated with its page number. You can use it for whatever purpose you choose, be it a diary or a notebook, but the very quality of it makes me feel I just want to keep it as it is.
Available from http://www.blanka.co.uk/.

http://www.bbsaunders.com/

2007年07月09日

a000220

INFO: Vynil


自宅やオフィス空間を楽しく変えてみたいけれど、どうしたらよいのかわからない。 そんなときおすすめなのが、壁や床、家具に好みのグラフィックで手軽にアレンジを加えられる仏Domestic社のステッカー、Vynil
GasbookでもおなじみのGeneviève Gauckler、H5Laurent FétisKuntzel+Deygas をはじめ、5.5 designersAntoine+Manuelなどが手がけるデコレーションステッカーが用意されています。その豊富なコレクションは装飾的なものからコンセプチュアルなものまで幅広く、きっと自分好みのものが見つかるはず。 9月にはパリのセレクトショップColetteのキュレーションによる新コレクションも発表されるとか。こちらに参加するのはKaws, So-Me, Jeremy Scott, +41などラインナップを聞くだけでも期待大。 ほかにもJon Burgerman、壁紙やEastpakのデザインでも知られるスウェーデンのHannah Werningのコレクションも今後加わる予定とのことで、ますます目が離せなさそう! http://www.domestic.fr/

Want to change your home and office space into something cool and sexy - but don't know how? Fear not, Domestic's Vynil sticker collection may be just what you’ve been looking for…

The stickers are designed to be applied to walls, furniture and floor surfaces. The collection includes designs from gasbook artists Geneviève Gauckler, H5, Laurent Fétis, Kuntzel+Deygas, 5.5 designers and Antoine+Manuelamongst others.

There should be something for everyone in this eclectic mix, whether you’re looking for something decorative or something a bit more conceptual.

Domestic will launch a new collection in September, to be curated by the French boutique Colette. The exciting line-up for this venture will include Kaws, So-Me, Jeremy Scott and +41. Designs from Jon Burgerman and Swedish designer Hannah Werning will be added to the collection later this year – it sounds like we’re gonna be stuck on Vynil for a long time!

http://www.domestic.fr/

2007年07月11日

a000217

EVENT: 夏のこども向けワークショップ

夏休みも近づき、お子さんがいる家庭ではそろそろレジャーや旅行の計画の時期ではないでしょうか。今回は夏休みの予定にぴったりのデザイン・アート関連ワークショップ情報をピックアップしてお届けします。
(注:先着順、抽選で参加のイベントも含まれます。詳しくはリンク先をご参照ください。)


★世田谷生活工房・夏のこども体験ワークショップ2007
夏休み中、シルクスクリーンやアニメーション、万華鏡づくり、箱庭づくりなどの、様々なワークショップが開催。
http://www.setagaya-ac.or.jp/ldc/modules/events/event_detail.php?num=0&id=114


★せんだいメディアテーク 青葉縁日2 /「アーティストとつくろう」
7月22日(日)から8月27日(月)まで行われる体験型アートフェスティバルの青葉縁日。
「おもしろ改造工場の夏祭り」と題された今回のテーマはなんとベンディング!大人からこどもまで楽しめる内容になっているという展示のほか、関連イベント「アーティストとつくろう」ではKOSUGE1-16 、村上タカシ+がんがんモリィなどによるワークショップが開催。
7月22日(日)〜8月27日(月) (7/26、8/23は休館 )
入場料 一般300円、高大生200円、小中学生以下100円
http://www.smt.city.sendai.jp/aoba2/


★せんだいメディアテーク smtデザイン講座 活版印刷 ワークショップ

親子で楽しむサマーカード作り!
せんだいメディアテーク 地下一階にある、活版印刷工房でのワークショップ。
8月4日(土)10:00-16:00 / 申込締切7月23日(多数の場合は抽選)。
対象 小学生(低学年でも楽しめます)と保護者の方、定員10組 20名
参加費用 1組2名1000円
http://www.smt.city.sendai.jp/kappan/


★世田谷パブリックシアター/シアタートラム「小学生のためのダンスワークショップ」

《三茶でおどろ!―コンテンポラリーな おまつりダンス―》
オリジナルのおまつりダンスをつくる小学生対象のワークショップ
7月22日(日)13時~16時/23日(月) 13時~17時
対象 小学生
参加費用 1000円 定員 20名
申し込み〆切 7月13日(金)必着
http://setagaya-pt.jp/workshop/2007/07/post_15.html


★東京都現代美術館 夏休みこどもワークショップ「眠りの森」
アーティストの磯崎道佳さん企画、指導のワークショップ。美術館に“眠りの森”をつくり、後日美術館のエントランスで公開します。
8月3日(金)、4日(土)、5日(日)
対象:3日間とも参加できる小学校3〜6年生 定員:30人
参加費:2000円
応募〆切:7月17日(消印有効)応募方法はこちらをご覧ください
http://www.mot-art-museum.jp/kyoiku/otonatokodomo/

2007年07月12日

a000221

NEWS: MDGs T-shirts


GAS AS I/F特定非営利活動法人ほっとけない世界のまずしさの考えるアドボカシーに賛同し、世界各地のアーティストの協力のもとメッセージTシャツを制作、その販売サイトがオープンしました。 http://www.hellogas.com/mdgs/

協力アーティスト/ユニットは、AdapterStefan MarxAiko Nakagawa、Alex Rich、青木京太郎HOMEWORK黒川知希Jonathan Barnbrookの計8。世界の貧困問題と、貧困をなくすために国連がまとめた8つのミレニアム開発目標(Millennium Development Goals, MDGs)に関連したメッセージTシャツのデザインをそれぞれのアーティストが一つずつ手がけました。各Tシャツの収益の一部が関連する活動を行うNGO団体へ寄付されます。

詳細、お求めはhttp://www.hellogas.com/mdgs/をご覧ください。

MDGs t-shirts - Gas As I/F's new project - are now on sale at http://www.hellogas.com/mdgs/

The project is being held in support of Hottokenai Sekai no Mazushisa (Don't Let It Be - World Poverty), Japan's national campaign as part of the Global Call to Action against Poverty (G-CAP).

The eight artists & collectives participating in the project are: Adapter, Stefan Marx, Aiko Nakagawa, Alex Rich、KYOTARO, HOMEWORK, Tomoki Kurokawa, and Jonathan Barnbrook.

Each artist/collective has designed a t-shirt based on the theme of the eight Millennium Development Goals (MDGs). A portion of the profits will be donated to the NGOs related to each MDG.

For more information, please visit:
http://www.hellogas.com/mdgs/

2007年07月14日

a000222

INFO: Amelia's Magazine

数多くあるイギリスのインディペンデントマガジンのなかで、まだ7号目と歴史は浅いながら、着実にその存在感を増しているのがAmelia's Magazineである。 フォトグラファーであり、スタイリストでもあるAmelia Gregoryを中心に発行、編集され、年2回のペースで発行されている同誌は、音楽、ファッション、アート、イラストレーション、写真といったジャンルをクールさのみにとらわれずしてフィーチャー。その誌面にはつくることへの楽しさ、真面目さ、そして手作り感があふれている。
最新号の7号はメタリックボードにオレンジ色の百合の写真があしらわれた表紙がとても印象的。メキシコのカルチャー特集をはじめ、若手デザイナーの紹介、ミュージックレビューなど、242というページ数が示す通り、とても濃い内容となっています。コンピレーションアルバムをダウンロードするための隠しパスワードといううれしいおまけも。 ウェブサイトも要チェック!
(各画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。)
http://www.ameliasmagazine.com
http://www.myspace.com/ameliasmagazine

The UK is home to many independent magazines. Amelia’s Magazine is one such publication that has been raising its profile in recent months. Amelia’s Magazine is published biannually by the photographer and stylist Amelia Gregory. Each issue is filled with music, fashion, art, illustration and photography, and conveys an honest and affectionate approach to creation, with its homespun, handmade feel.

The latest issue's cover features a photograph of beautiful summery lilies printed onto a metallic board, and reports on art and culture in modern Mexico, including some music reviews, and stretches to 242 pages. It even comes with hidden keys for a special downloadable compilation album. Their website is lovely, too - so check it out!

http://www.ameliasmagazine.com
http://www.myspace.com/ameliasmagazine

2007年07月16日

a000224

INFO: Detour / MOLESKINE

先月ニューヨークのThe Art Directors Clubで行われたMoleskineノートブックのエキシビション、Detour。70名のアーティスト、デザイナー、イラストレーター、文筆家による、それぞれの個性で埋め尽くされたMoleskineが展示されました。会期中NYを訪れる機会がなかった方も、そのウェブサイトにてバーチャルエキシビションとも言うべき、展示されたMoleskineのYoutube動画を見ることができます。
その顔ぶれは、ファッションデザイナーCynthia Rowley、イギリスの人気イラストレーター集団Neasden Control Centre、日本人アーティスト Shintaro Miyake、 Parsons校イラストレーション科主任のSteven Guarnaccia、スケーターコミュニティを撮り続ける写真家 Vincent Cianni、プロダクトデザイン界の重鎮Ron AradTerence ConranSpike Jonze等々。もちろんこれらはほんの一部。同じMoleskineという素材を扱うからこそ、際立って見えてくるそれぞれのキャラクターを、ウェブサイトで早速確かめてみてはいかがでしょう?

http://detour.moleskinecity.com/

Last month, the Art Directors Club in New York ran the ‘Detour’ exhibition, a show dedicated to the famous Moleskine notebook. On display were notebooks filled with ‘notes’ from 70 artists, designers, illustrators and writers. If you missed the show, you can still check out footage on the website, which has some embedded Youtube files for viewing.

The contributors included fashion designer Cynthia Rowley, London-based illustration collective Neasden Control Centre, Japanese artist Shintaro Miyake, Steven Guarnaccia, the head of illustration at Parsons, photographer Vincent Cianni, product design legend Ron Arad, design guru Terence Conran, filmmaker Spike Jonze, and many many more!!!
Get to know this eclectic mix of unique talents a little better by taking a peek inside their Moleskines!

http://detour.moleskinecity.com/

2007年07月18日

a000225

EVENT: Atsushi Toyama Bird Book exhibition


以前ご紹介した、遠山敦さんの作品集『Bird Book』。その原画展が19日(木)より開催されます。500部限定で出版された『Bird Book』。その原画が見られる貴重な機会です!

以下DMより:
羽ばたく鳥、毛繕いする鳥、群れる鳥、描きかけの鳥など奔放なドローイングで描かれる全く新しい鳥類図鑑「Bird Book」。イラストレーター遠山敦の初作品集となる「Bird Book」の出版を記念した原画展を代々木八幡のカフェ、インコにて開催致します。収録された作品に描き下ろし作品を加えた40点の原画と、作品集の展示販売を致します。


遠山敦「Bird Book」原画展 @ インコ

会期:7月19日(木)ー31日(火) 11:00−23:00 (水曜日定休)
会場:インコ TEL: 03(5465)2193
http://www.bluemark.co.jp/ja/project/food/inko/
渋谷区富ヶ谷1-6-8 モリービル1F 地図はこちら

Atsushi Toyama is holding an exhibition featuring original drawings for his book 'Bird Book', at the cafe Inko in Yoyogi. 40 images are on display including some new work, as well as the ‘Bird Book’ pieces.

Atsushi Toyama Bird Book Exhibition

Until 31st July
Venue: Inko (Click here for map) 11am - 11pm (closed on Wednesdays)

a000223

INFO: 池田晶紀+ワタナベアニ「ふたりの上海」Calm & Punk Gallery

西麻布Calm & Punk Galleryにて7月20日(金)より写真展 池田晶紀+ワタナベアニ「ふたりの上海」が開催。
Masanori Ikeda & Ani Watanabe's photography exhibition Two photographers in Shanghai (FUTARI NO SHANGHAI) opens on Friday 20th July at Calm & Punk Gallery in Nishiazabu.




「旅するふたり」は写真家・池田晶紀とワタナベアニが一緒に旅し、同じ場所・同じ時間で感じたことを同じカメラ(MAMIYA645)を使い、写真に残すプロジェクトです。
今回ふたりが降り立ったのは、新旧の建物と原色が溢れ、今もっとも変化の激しい都市「上海」。

最高にハッピーなふつうを池田晶紀が一貫して撮り続けている子どもたちの世界と、ワタナベアニの描くサイレントな空間を通して表現します。
一緒にいても視線の先はまったく違う、ゆかいなふたり。これは背中合わせに写された、広い世界のあたらしい記念写真です。

また、2007年7月28日(土)には、池田晶紀+ワタナベアニ両氏と、ゲストに常盤響氏を迎えたギャラリートークも開催。(要予約。入場料:1,000円。詳細はギャラリーwebサイトをご参照ください。)

池田晶紀+ワタナベアニ「ふたりの上海」
会期:2007年7月20日(金)〜 7月31日(火)
時間:11:00 - 19:00 
入場:無料
会場:CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
   〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F TEL:03-3401-0741
http://www.calmandpunk.com/
協力:富士フイルムイメージング株式会社

トークショー 池田晶紀+ワタナベアニ+常盤響「さんにんの上海」
ゲスト:常盤響
2007年7月28日(土)5:00 - 17:00
入場料:1,000円(税込)*ワンドリンク付き (定員:40名)
予約:応募フォームまたは電話(03-3401-0741)にて受付
(電話受付時間 6/1〜7/19 11:00 - 19:00)

Two photographers in Shanghai is the first show of the series the two travel together.
The two travel together is a project in which Masanori Ikeda and Ani Watanabe travel and take photographs together, using the same camera – a Mamiya 645.
For this project, they took a trip to Shanghai - a city that is currently experiencing radical changes, and where bright modern buildings sit happily amongst colourful classical architecture.

The two artists illustrate what they call 'the happiest ordinary' - Ikeda customarily looking at the world of children, and Watanabe dealing with his preferred silent spaces.
Despite the fact that they are travelling together, a delightful difference exists between the work of the two photographers. It’s a photograph and a memory, a record of a journey into the wider world.

On 28th July, there will also be a gallery talk from the two photographers, featuring special guest Hibiki Tokiwa. (Booking essential. Please refer to the gallery website for how to book.)

Masanori Ikeda & Ani Watanabe Two photographers in Shanghai
Dates: 20th - 31st July 2007
Opening hours: 11am - 7pm Admission: Free
Map: http://www.calmandpunk.com/home/e/access.html
The exhibition is supported by: FUJIFILM Imaging Co., Ltd.

Gallery Talk 'Sannin no Shanghai (Three photographers and Shanghai)'
- Masanori Ikeda & Ani Watanabe & Hibiki Tokiwa

Special guest: Hibiki Tokiwa
Date and Time: 28th July 2007, 3pm - 5pm
Admission: 1,000 yen (inclusive of tax and one drink) Capacity: 40 people
How to book: Please check the gallery website
(Booking opens 1st June to 19th July, everyday 11am - 7pm )
For enquiries please telephone: 03 3401 0741

2007年07月21日

a000226

EVENT: 50 years of Helvetica at Design Museum

世界各地で行われている書体Helveticaの50周年イベント。先日、ロンドンのDesign Museumでも50 Years of Helveticaと題した展示が始まりました。こちらはNYのMoMAとはまた違った指向の展示を展開。BlankaCANDYによって、50のデザイナーとグラフィックアーティストをセレクト、過去50年の出来事のビジュアルダイアリーを作成してもらい、展示するという内容になっています。Kam Tang, James Jarvis, NB Studio, Lars Müller, Genevieve Gauckler, Vaughan Oliver, Phunkstudioなど名前を見るだけでも楽しみなラインナップ。 今後エキシビションはアイルランドと英国各地、パリ、ニューヨーク、シドニー、ベルリンなどを巡回予定。
またBlankaのウェブサイトでは同展に出品された作品を各限定50枚、一枚50英ポンドで発売中!

50 Years of Helvetica
7月17日 – 9月2日
Design Museum, London
http://designmuseum.org/exhibitions/2007/helvetica


London's Design Museum is currently holding an exhibition entitled ‘50 Years of Helvetica.’ Although the exhibition has the same name as the show at New York’s MoMA, the Design Museum has taken a different approach. With Blanka and CANDY, 50 artists and designers were asked to make a visual diary of 50 separate events from the last half century. The exciting line-up of contributors includes Kam Tang, James Jarvis, NB Studio, Lars Müller, Genevieve Gauckler, Vaughan Oliver, Phunkstudio and many more. The exhibition will later tour through other cities in the UK as well as in Ireland, NY, Paris, Sydney, Berlin and so on. Limited prints are available from Blanka's website for 50 GBP each.


50 Years of Helvetica
Until 2nd September 2007
Design Museum, London
http://designmuseum.org/exhibitions/2007/helvetica

2007年07月23日

a000227

INFO: Vier5 for Documenta 12


各画像をクリックするとポップアップ表示されます。
Documenta(ドクメンタ)といえば5年に一度ドイツのKassel市で行われる、現代美術界で最も重要な展覧会。その12回目となるDocumenta 12が現在開催中。
街中のあらゆる建物や野外スペースが展覧会場となる同展の会場ガイディンググラフィクスを担当したのはドイツ出身でパリに拠点を置くVier5(フィーア・フュンフ)。その一部が説明と共に彼らのホームページに掲載されている。http://www.vier5.de/10/documenta1.html
一般的に展覧会や美術館におけるサインシステムや展示グラフィクスは整然としたタイポグラフィーから形成されていることが多い。しかし、Vier5はあくまで彼らのスタイルでこのプロジェクトに取り組んだ模様。今年の春、Friedrichsplatz(カッセルの街、そしてDocumenta展の中心地でもある広場)で拾ったという瓶の王冠にヒントを得たサインシステムや、白い壁面に自由な筆跡で描かれた文字がとてもユニーク。綿密に計算されたコンセプトが、遊びのあるビジュアルを見事にサイングラフィクスとして成功させている。その斬新なアプローチは、常に現代美術を牽引してきたドクメンタにとてもふさわしいといえよう。

Documenta 12
2007年6月16日–9月23日
www.documenta12.de

Vier5/Documenta 12
http://www.vier5.de/10/info.html

Documenta is one of the contemporary art world’s most important shows. It’s held every 5 years in Kassel, Germany. The 12th such event – Documenta 12 – is currently running. Many buildings and open spaces around Kassel have been turned into exhibition venues, turning the whole region into an exhibition space. Well-designed ‘orientation’ graphics are key in projects such as this, and Documenta have commissioned Paris based German duo Vier5 to take care of this aspect of the project. Some images can be seen on their website, along with descriptions.
http://www.vier5.de/10/documenta1.html

Usually, ‘map’ type graphics require straightforward, clean typography – but Vier5 have taken an idiosyncratic approach to the task, and the results are impressive. They have turned the crown cap that they found on Friedrichsplatz in spring of 2007 (in the heart of Kassel and of Documenta 12) into a key element of their design. Freehand type looks very attractive on walls, giving a highly unique feel to their creation. The playful graphics are beautifully and successfully incorporated into a superb orientation system, reinforced by the strong underlying story and concept. The result is a perfect graphic solution to the orientation system for Documenta, and is consistent with Documenta’s position at the forefront of contemporary art.

Documenta 12
16th June – 23rd September 2007

www.documenta12.de

Vier5/Documenta 12
http://www.vier5.de/10/info.html

2007年07月25日

a000228

INFO: JAM - You are Gifted! tee project

jam.jpg

JAM - You are Gifted! は香港のAllRightsReservedとD-mopがnow.com.hk上おいて展開しているTシャツプロジェクト。今年の夏はAllRightsReservedらしい16人のアーティストが参加している。同時にオリジナルボックスや、フリーペーパーなども制作されていて、かなり凝ったプロジェクトになっている(左はTシャツをいれるオリジナルボックス、右がフリーペーパー)

JAM - You are Gifted! is an online project (now.com.hk) organised by Hong Kong's AllRightsReserved and D-mop.
16 contributors have participated in the idea, and the packaging and freepapers look very beautiful. (Picture left: the box for tshirts, right: freepaper)

more information:http://goodies.now.com.hk


参加アーティストは以下のとおり

Jeffrey Fulvimari / US
Pang Ho-cheung / HK
OHGUSHI / JP
Alice Mak / HK
Universal Everything / UK
Peter Saville / UK
Kabo / JP
Fiona Sit / HK
Winifred Lai / HK
Q-pot / JP
ken kagami / JP> sense of humor
Wyman Wong / HK>romantic taste
retired weapons / JP> visionary mind
Abe Kazuhide / JP>romantic taste
Phunk Studio / SG> passion for life

a000232

EVENT: 『水族館ゼリーをつくろう』/CALM & PUNK GALLERY


画像をクリックするとポップアップ表示されます。
小学生対象のワークショップ『水族館ゼリーをつくろう』が西麻布CALM & PUNK GALLERYにて8月7日(火) に開催されます。
講師はパリと東京に拠点を置くアートユニット『sowzow』。 フルーツと天然の素材の寒天とゼリーを使ったおいしい&たのしいアート教室です。子供たちだけでストーリーをつくってもらい、そのストーリーから想像する水族館をゼリーで表現。その過程を通して想像力、つくることの楽しさなども感じてもらうワークショップとなっています。(定員は15名。ご予約はお早めに。) 詳細は: http://www.calmandpunk.com/home/2007/07/workshop_87_sowzow.htmlにて

『水族館ゼリーをつくろう』
日時: 2007年8月7日(火) 13:00 (スタート13:30) - 16:00
対象年齢: 小学校1年 〜 6年生  (定員:15名 )
材料費: 1,000円(税込)
会場: CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F (地図はここをクリック
TEL: 03-3401-0741 / E-mail: sowzow_ws@calmandpunk.com
応募方法: e-mail または電話

'Let's make an aquarium! - sweets making workshop for children'
A workshop for children is being held by Paris/Tokyo-based collective Sowzow on the 7th of August at Calm & Punk Gallery. The chosen theme for their first workshop is ‘sweets.’ Kids participating in the workshop will be asked to each write a story and then make sweets (jelly/gelatin dessert) based on their stories

‘Lets make an aquarium!’ - sweets making workshop for children
7th August 2007 1pm - 4pm

Capacity: 15 people / suitable for children aged 7 - 12
Venue: CALM & PUNK GALLERY

2007年07月30日

a000233

INFO: Straight 8

数年前からにわかに始まったスーパー8ブーム。
デジカメや携帯にムービー撮影機能がつき、多くのパソコンに動画編集ソフトもバンドルされ、デジタル映像の撮影・編集はより身近で手軽になった今、なぜ8ミリフィルムなのか。今年6月の英グラストンベリーフェスティバルでも、Kate MossがCanonの8ミリカメラを持って撮影する姿が目撃されている。(もちろん被写体はボーイフレンド。カメラを手にしたKate Mossの画像はこちら。)アート学生の間で始まったスーパー8熱も、とうとうファッションセレブにまで波及しつつあるようだ。
8ミリの魅力は、ややもするとその弱点とされがちな、扱いにくさにあるのかもしれない。フィルムカートリッジという撮り直しのきかない限定的な性格からくる緊張感、独特のどこか古めかしい色感、そして撮影者の記憶と、現像から返ってきた映像の微妙なずれは、予想のつかない楽しみへと転化する。
この8ミリの魅力を凝縮したような映像イベントがStraight 8である。

1999年に始まったこのイベントはone super 8mm cartridge, no editingというサブタイトルが示す通り、
編集は一切許されずに撮影、未現像で提出されたスーパー8フィルムを現像し、イベントで上映するというものである。(撮影者さえもが、一般公開の上映会で初めてその映像を目にする。)サウンドトラックはフィルムに添えて提出され、映像技師がフィルムの1コマ目と同時にサウンドトラック音源の再生ボタンを押す。以上のようにルールは極めてアナログであり、その内容を決定づけるのは、撮影者のセンスと技術、そして偶然が生む不幸な、あるいは幸せな「アクシデント」に他ならない。カートリッジに収めることのできる3分20秒がすべてである。
最初は内輪の上映会で始まったイベントも、噂が噂を呼び、小さな映画館での上映のほか今ではイギリスChannel 4で深夜放送されたり、Kodakの協力を得たカンヌ映画祭での上映も5年目に突入している。

デジタル化が与えた写真や映像などのレンズメディアへの影響 – それを述べるにはまだ時期尚早だろう。私たちはまだその過程の渦のなかにある。しかし、デジタルメディアの登場は、アナログメディアを今一度、並列化して眺めることを可能にした。新たな技術による古いメディアの淘汰という進化の過程としてしか捉えられていなかった数々のフォーマットに、今一度再考の機会が与えられたのだ。インターネットはYoutubeに代表される映像公開の機会を生み出し、同時に私たちを情報の享受者から発信者と変えている。Straight 8は、失われつつあるフィルムメディアを基軸に展開しながらも、極めて21世紀的な側面ももつ映像イベントなのである。
次回の作品募集は12月を予定している。

Straight 8 official website
http://www.straight8.net/

過去の代表作 ‘heel’ (監督 Diego Arredondo):
http://reels.sohosoho.tv/xhtml=DS0GCPKQ

その他過去の作品:
http://www.straight8.net/html/films.php

2007年07月31日

a000230

NEWS: grafik 150 BOOK

ロンドンのデザインマガジン Grafikから150号を記念して、304ページにも及ぶGrafik150 Bookが発売されている。内容は150名のデザイナー達がそれぞれインスピレーションを受けた、人やアイデア、場所などについて紹介しているというもの。コントリビューターとしてはPeter Saville, eley Kishimoto, Paul Smith、Experimental Jetsetなど。日本ではまだ未発売のようだけど、オンラインで購入すれば14.70ポンドなので、1ポンド約250円という円安でも、3700円くらいなので、304ページというボリューム感のわりにはお買い得ではないだろうか。サイズはB5程度でとてもコンパクトな一冊(蜂賀)


A special issue of London-based design magazine Grafik has been released. Entitled 'Grafik150 Book,' 150 designers have been asked to write about an idea, person, place or thing that has influenced and inspired them. Contributors include Peter Saville, Eley Kishimoto, Paul Smith and Experimental Jetset amongst others. British sterling is exceptionally strong against the yen at the moment, but the rich content (304 pages!) is definitely worth the price (14.70 GBP)! (TEXT: Toru Hachiga)

Grafik 150 BOOK
Published by Grafik magazine
website: http://www.grafikmagazine.co.uk
http://www.grafikmagazine.co.uk/grafik_150_book.html

画像をクリックするとポップアップ表示されます。
上段左: Experimental Jetset, 中: Paul Smith 右: Nick Bell
下段左: Peter Saville, 中: Kerr|Noble 右: Work in Progress

About 2007年07月

2007年07月にブログ「Atmosphere」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2007年06月です。

次のアーカイブは2007年08月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

It is all the entries contributed to blog「Atmosphere」inJuly 2007.

The previous archive is2007年06月.

The following archive is2007年08月.

main indexor look in thearchivesto find all content.

Powered by
Movable Type