« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月 アーカイブ

2007年06月01日

a000199

EVENT: HIDEKI INABA EXHIBITION "GRAPHIC LINE"

昨年はGAS BOOKシリーズからGAS BOOK 24 HIDEKI INABA "〜NEWLINE"をリリースした稲葉英樹さんの作品展 HIDEKI INABA EXHIBITION「GRAPHIC LINE」が、本日(6月1日)から10日(日)までシュウ ウエムラ ビューティブティック表参道本店にて開催中です。
この作品展は、シュウ ウエムラ創業者でメークアップアーティストの植村秀さんの誕生日と表参道のブティック開業24周年を祝うためのコラボレーションコレクション「BTB24 ブティックバースデー 24」の発売を記念しておこなわれるものです。

会場ではこれまでの代表作に加え、この作品展のために新しく制作されたアートワークも展示されます。
また、展示されたカードサイズの作品の一部をお持ち帰りいただけるという稲葉さんからの嬉しいプレゼントもあります。(数に限りがあるのでなくなり次第終了)

タイトル:HIDEKI INABA EXHIBITION 『GRAPHIC LINE』
会期:2007年6月1日(金)- 10日(日)
時間:10:00 - 20:00(19:30最終入場、最終日のみ最終入場17:30、閉場18:00)
会場:シュウ ウエムラ ビューティブティック表参道本店2階 〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-1-3
TEL:03-3486-0048
入場料:無料
主催:シュウ ウエムラ化粧品 http://www.shu-uemura.co.jp
(「BTB24」の売上げの一部は、チャリティーとして子供地球基金に寄付されます)

作品展の他にも、全国のシュウ ウエムラ店舗にて稲葉さんのアートワークが施された限定コレクション「BTB24 ブティックバースデー 24」が発売中です。
美しいアートワークが施されたメークアップキットを使って毎日華やかな気分でメークアップをしてみてはいかがでしょう?
ただし、こちらのコレクションは数量限定発売なので、欲しい方はお早めに!
http://www.shu-uemura.co.jp/new/20070601_btb.html


Hideki Inaba is the graphic artist featured in the latest GAS BOOK edition, GAS BOOK 24 HIDEKI INABA "〜NEWLINE," which was released in December last year. His exhibition 'GRAPHIC LINE' is on show at the shu uemura Omotesando boutique from 1st -10th of June 2007.

The exhibition is being held to celebrate the birthday of Shu Uemura, the make-up artist and eponymous founder of the shu uemura brand.

The exhibition will launch Inaba’s and shu uemura’s 'BTB24 boutique birthday 24' collaboration, celebrating the 24th anniversary of the Omotesando boutique. Other work from Inaba will also be exhibited, including new pieces created especially for the show, as well as other images from the past by the renowned artist.

Visitors may also be lucky enough to receive some free give-away postcard-sized prints (although these cards are offered on a first-come, first-served basis, and are subject to availability.)

The collaboration collection 'BTB24' featuring Inaba's artwork will also be available from other shu uemura stores in Japan.

So, let Inaba’s exquisite creations, in this new shu uemura make-up kit, brighten up your beauty routine!

The make-up kits are limited edition - hurry to your nearest shu uemura to grab one now.
http://www.shu-uemura.co.jp/new/20070601_btb.html


HIDEKI INABA EXHIBITION “GRAPHIC LINE”

Dates: 1st - 10th June 2007
Opening Times: 10am - 8pm (last entry 7.30pm) *
*On10th of June, the last entry will be at 5.30pm and the exhibition will close at 6pm.
Venue: shu uemura Omotesando boutique, 2nd floor
5-1-3 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-0001
Tel: 03 3486 0048
Free entry
A portion of sales of BTB24 will be donated to the Kids Earth Fund.

2007年06月04日

a000200

Photo uploaded

"BEATNIK" Exhibition at Revelations/に展示風景の画像をアップしました。
作品は9/15まで展示されているので、お買い物ついでに是非立ち寄ってみて下さい。

The photos from the "BEATNIK" Exhibition at Revelations/
have been uploaded. (The show is on until 15th September!)

a000201

EVENT: Phunk Studio Exhibition 'Universality'

Atmosphere 03のWorld Informationにてシンガポールの最新情報を提供してくれたシンガポールのクリエイティブ・チーム、Phunk Studio(ファンク スタジオ)が台北のMuseum of Contemporary Art (MOCA)にて個展を開催します。

テーマは"Universality"。シルクスクリーン・キャンバスペインティングやビデオアート、スカルプチャル・インスタレーションなどの新作を発表するそうです。

タイトル:"Universality"
期間:2007年6月8日(金)〜7月22日(日)
場所:Museum of Contemporary Art (MOCA), Taipei, Taiwan
詳細:http://www.mocataipei.org.tw/index.html

アジアのアート/デザインシーンを牽引する彼らの活動は要注目です!

We reported on the Singapore based creative team Phunk Studio in the World Information section of ‘Atmosphere 03.’
We are pleased to report that they are currently holding their own exhibition at the Museum of Contemporary Art (MOCA) in Taipei, Taiwan.

Under the theme 'Universality', the new works include silk screen canvas paintings and video art, as well as sculpture installations.

Universality
Dates: 8th June - 22nd July 2007
Venue: Museum of Contemporary Art (MOCA), Taipei, Taiwan
http://www.mocataipei.org.tw/index.html

These guys are rising stars of the Asian art/design scene, so keep your eyes on them!

2007年06月06日

a000203

INFO: If You Could Issue 2

ifyoucould2cover.jpg

英国ブライトン発のイラストレーション&グラフィックマガジン、‘If you could do anything tomorrow - what would it be? ’の第二号の発売が7月5日に決定しました。第一号と同じく、タイトル、‘If you could...’(もし明日何でもできるなら、それは何?)をテーマとして、公募で選ばれたアーティストと、著名アーティストによる作品を収録。GAS BOOKでもおなじみのGenevieve GaucklerJasper Goodall (BIG ACTIVE)、そしてMark Pawson、Paul Davis、Alex Rich、Ken Garlandなどの人気イラストレーター・デザイナーに加え、昨年Keane『UNDER THE IRON SEA』のアートワークで一躍その名を馳せたSanna Annukka、Dazed & Confusedなどで活躍するPeter James Fieldなどの注目の若手イラストレーターも参加。

The second issue of 'If you could do anything tomorrow, what would it be?' will be released on July 5th!
The 160-page full-colour graphic/illustration publication from the UK seaside town of Brighton will include work from some new talents, discovered through the title’s open submission policy, as well as work from some more well-known names.
Contributions answer the question ‘'If you could do anything tomorrow, what would it be?”

Amongst the participants are Gas book artists Genevieve Gauckler and Jasper Goodall (BIG ACTIVE) as well as other popular artists/designers including Mark Pawson,Paul Davis,Alex Rich and Ken Garland.

Also providing pieces for the publication are Sanna Annukka, who shot to fame last year with the artwork for Keane’s ‘Under the Iron Sea’ album, and emerging illustrator Peter James Field.

この‘If you could...’を手に入れることができるのは、世界で1000人だけ。そう、1部ずつ通し番号が記入された限定エディションなのです。現在日本での取り扱い店はありませんが、ウェブサイトでも購入可能とのことなので、確実に手に入れたいという方は、早速、プレオーダー(予約購入)をしてみてはいかがでしょうか?

ウェブサイト: http://www.ifyoucould.co.uk

Each copy will be part of a limited edition run of 1000. Currently there are no stockists in Japan but they are available from If You Could’s online shop. To ensure you get hold of a copy, pre-order now!

http://www.ifyoucould.co.uk

2007年06月07日

a000204

INFO: Bird Book by Atsushi Toyama

近年、鳥をモチーフにしたペインティングを多数発表してきたアーティストの遠山敦さんが、久しぶりにドローイングの作品集『Bird Book』をリリースします。全て書き下ろしの新作で、96ページ全て鳥のドローイングだとのこと。
遠山さんの自由な感性で描かれる鳥たちは一体どんなかたちになるのでしょう?是非手に取ってご覧下さい!
発売は6月中旬よりユトレヒトから。

また、Public/image.にて遠山さんが娘さん(3歳)と一緒に近代美術と未来予想について語る新連載「WAKU WAKU RAKUGAKids!!」をスタートしました。
http://www.public-image.org/column/cat121/waku_waku_rakugakids_waku_waku.html

In recent years, Atsushi Toyama has produced many paintings of birds. Now, Toyama is releasing a new book, entitled 'Bird Book'. All the pieces contained in this 96-page publication are new drawings.

You’ll be able to see for yourself what the birds of Toyama’s imagination look like by checking out the book, which will be available from Utrecht in mid-June.

The artist has also started a regular column on the Public-Image website, under the name of WAKU WAKU RAKUGAKids!!, where, with the help of his 3-year-old daughter, he explores modern art history and the possibilities for art in the future.
http://www.public-image.org/column/cat121/waku_waku_rakugakids_waku_waku.html

2007年06月08日

a000205

EVENT: Ryo Matsuoka's temporary book cover shop & PLAY PRAY PAINT!

Freak's store 渋谷にて松岡亮さんの期間限定ブックカバーショップが6月1日から始まりました。
松岡さんのプリントや刺繍が施された300のブックカバーが展示販売されています。


展示販売は6月21日までの限定ですが、会期中会場に足を運べないという方もご安心を。松岡さんのホームページにて購入のチャンスがあります。
お気に入りの本にぴったりの、素敵なブックカバーが見つかるはず!
http://www.ryoart.com/ryo-paint-freaksbookshop07june.html


BOOK COVER shop open!(期間限定)
会期:6月1日- 21日
場所:Freak's store 渋谷 (TEL: 03-6415-7728)
地図:http://www.freaksstore.com/store_a/shibuya/index.html
営業時間: 平日12:00〜20:00/土日祝 11:00〜20:00

そして6/17日(日)には代官山・晴れたら空に豆まいてにてPLAY PRAY PAINT!が開催。
今回のPLAY PRAY PAINT!は巡式 豆図書房(メグルシキ トトショボウ)という
持ち出し自由の「自由図書館」の立ち上げイベントの一環として行われます。
ほかにも鉄アーチストIRONI、ポエトリージャズ・プロジェクト F.I.B JOURNAL、
Sax集団 SXQ-trioのパフォーマンス・演奏あり。

『巡式 豆図書房』
日時:2007年6月17日(日) Open/Start: 17:00
チケット代金:前売 2500円 当日 3000円(共にドリンク代別)
会場:代官山 晴れたら空に豆まいて(TEL: 03-5456-8880)
http://www.mameromantic.com/

Ryo Matsuoka has opened a temporary book-cover shop at Freak's Store, Shibuya.
300 book-covers with prints and embroidery by the artist are on exhibition, and all are for sale.
The book-cover shop is only open until 21st June, but luckily for those who cannot make it to the store, you can still purchase the book-covers on Matsuoka's website.
http://www.ryoart.com/ryo-paint-freaksbookshop07june.html

Check it out, we’re sure you’ll find the perfect cover for your favourite book!

BOOK COVER shop open:
1st - 21st June
Venue: Freak's store, Shibuya (TEL: 03-6415-7728)
Opening Hours: 12 - 8pm (11am - 8pm on Saturdays/Sundays)

On 17th June, Matsuoka's live painting performance, PLAY PRAY PAINT, is happening at Daikanyama. This is a part of the venue’s 'Free Library' launch. Other performances on the bill are: artist IRONI, F.I.B JOURNAL, SXQ-trio.

2007年06月11日

a000207

INFO: Wrangler Thisiswanted / Dazed Digital

最近は新人クリエイター発掘にもその力を注いでいる雑誌Dazed & Confused (UK)のウェブサイトDAZED DIGITAL。現在、同サイトにてジーンズブランドWranglarのイベントTHISISWANTEDと共同で、写真・イラストレーション作品の募集が行われています。
http://www.dazeddigital.com/projects/wanted/index.asp
テーマは‘WANTED’。応募方法は簡単。ウェブサイトの応募セクションから画像をアップロードするだけ。審査の結果選ばれたアーティストは、バルセロナ、ストックホルム、ミラノを巡回するグループ展で作品が展示されます。また、6月中は作品を提出した人の中から毎日一人をDAZED DIGITALWWW.THISISWANTED.EU両サイトでフィーチャー。我こそは、という方は今すぐ応募を!
(締切:3都市すべての巡回展に参加のチャンスを得るためには6/30、ストックホルム、ミラノだけの場合は7/20までの応募が必要です。)

Dazed digital, Dazed & Confused magazine’s website, has been running various projects recently in its search for new talent. The site is currently offering photographers and illustrators the opportunity to take part in a group exhibition in Europe, as part of the Wrangler Thisiswanted events.

The brief for the project is stated in the website, and submissions can be made through the site’s "submit" section. Chosen artists will get the opportunity to show their work in the exhibition, which is touring Barcelona, Milan and Stockholm. Also, everyday thoughout June they will highlight one artist on thisiswanted.eu and dazeddigital.com.

If you reckon you're the one for the show, check their site now!

2007年06月13日

a000206

INFO: A Magazine issue 5 MARTINE SITBON!

 

世界のファッションの「現在」をリードする街、アントワープ。
街の象徴的存在であるModeNatieを拠点とする編集チームから年2回発行されるのがこのA Magazine。その最新号発売がついに決定。毎号一人のファッションデザイナーをキュレーターとして迎え、ゆかりあるアーティストたちからのコントリビューションからなる贅沢な構成は今号でも健在。第5号となる今号のキュレーターに招かれたのはMartine Sitbon。80年代のアイコンとして語られることの多い彼女の新たな挑戦:新レーベル‘Rue du Mail designed by Martine Sitbon’の立ち上げプロセスを6ヶ月にわたって追います。
Nick Knightによる表紙を始め、コントリビューターに名を連ねるのはGas bookでもおなじみのJulie Verhoeven、ほかにもAnette Messager, Sofia Coppola, Cédric Rivrain , BECK, Craig McDeanなどの豪華陣。永久保存版になること間違いなし!


The city of Antwerp in Belgium undoubtedly leads the world in fashion trends. 'A Magazine' is published twice a year from the editorial team’s base at ModeNatie, at the heart of the city's fashion scene. And now, the details of the long-awaited 5th issue have been revealed.

The magazine is known for its format of inviting particular fashion designers to ‘curate’ each issue, using contributions from related artists. The curator chosen for this new issue is Martine Sitbon. The magazine will document the progress of the fashion designer's recent challenge, launching her new label ‘Rue du Mail designed by Martine Sitbon’.

Contributors include Julie Verhoeven, Anette Messager, Sofia Coppola, Cedric Rivrain, Craig McDean, Beck, and Nick Knight. We look forward to another beautiful issue from ‘A Magazine.’

2007年06月15日

a000209

INFO: ROYAL ACADEMY OF FINE ARTS ANTWERP show 07

ニューヨークのパーソンズ、ロンドンのセントラルセントマーティンズとともに世界3大ファッションスクールの一つに数えられるベルギーのアントワープ王立芸術アカデミー。6/14から3日間に渡り、ファッション科の学年末・卒業ショーが開催中。最終学年だけでなく、1年生から4年生まで全ての学生がキャットウォークショーを行うことが同校の大きな特徴の一つ。厳しい進級審査をパスし、2007年度の最終学年に残ったのは14名。そのコレクションをウェブサイトにてチェックすることができます。キャットウォークの画像もショーが終わり次第アップされる予定。そして今年も最終学年の学生たちの作品を収めたカタログが発売。『Atmosphere 02』で紹介したPaul Boudensも制作に関わっています。世界のファッション界が注目する新たな才能の新鮮なコレクションを、早速チェックしてみてはいかがでしょう?

Antwerp's Royal Academy of Fine Arts is considered to be one of the ‘world's top three fashion academies’ - the other two being NY's Parsons and London's Central Saint Martins. This year's end-of-year/graduation fashion shows were held from 14th - 16th June.

The end of year catwalk shows traditionally showcase not only final year work, but work from students at every stage of the degree program.

14 students have made it through the tough selection process to survive into the fourth and final year. Their work can be seen on the Academy’s website, which will also soon be showing photos of the end of year event.

A catalogue featuring the graduates is available, and we’re happy to note that the team responsible for this publication includes Paul Boudens, who was featured in our 'Atmosphere 02'. Have a look and be one of the first to check out the hottest talents in fashion!

2007年06月17日

a000210

EVENT: Drawing! 青木京太郎の世界

6月26日、青木京太郎(KYOTARO)さんによる作品スライドレクチャーが母校の京都嵯峨芸術大学にて行われます。1997年、同校の短期大学グラフィックデザインコース在学中に「Comic CUE」のマンガ作品でデビュー。以来、マンガ・イラストレーションの枠を超えて精力的に活動をされているKYOTAROさん。最近ではUNIQLOのTシャツ(JAPANESE POP CULTURE PROJECT)にもアートワークを提供されています。注目の作家自らが作品を語る貴重な機会をお見逃しなく!

特別講座「Drawing! 青木京太郎の世界」
メルヘンからグロテスクへ;ドローイングの可能性、アートとコミックの間
会期:2006年6月26日(火曜日)16時より17時30分
場所:京都嵯峨芸術大学ギャラリー棟3階・第6演習室
〒616-8362 京都市右京区嵯峨五島町1番地
主催:京都嵯峨芸術大学
企画:造形学科・版画研究室
お問い合わせ: 京都嵯峨芸術大学広報室 075-864-7859

詳細は:http://www.kyoto-saga.ac.jp/art_institution/event/speciallecture/detail.php?oid=75853


2007年06月20日

a000211

EVENT: akirasomecamera / Calm & Punk Gallery

6月22日(金)より西麻布Calm & Punk Galleryにて、フォトグラファー染川 明のエキシビション『アキラソメカメラ』が開催。

彼は“disconstruction(創るために壊し、壊れる事を拒むために創り出す)”という世界観のもとに数多くの作品を撮り続けてきた。その作品は70sの洗練されたイメージや、80sのPOPな色づかいや軽さなどに影響を受け、静止した美しさや色合い、染川明が感じた70sー80sを表現しています。今回の展示は長く英国で活動をしてきた染川明の国内初のソロエキシビションとなります。
『アキラソメカメラ - akirasomecamera -』
会期:2007年6月22日(金)〜7月2日(月)
※初日にレセプションパーティーを開催致します。(19:00 - 21:00)
時間:11:00 − 19:00
入場:無料
会場:CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
地図:http://www.calmandpunk.com/home/access.html
TEL:03-3401-0741

Akira Somekawa's first exhibition in Japan 'akirasomecamera' opens on Friday 22th June at Calm & Punk Gallery.
Akira Somekawa is a photographer who creates truly original and distinctive worlds in his work. His photography is based on his unique philosophy of ‘disconstruction.’ This idea means that one must destroy to create, and by creating, oppose destruction. Influenced by the stylish images of the 70s, and the bright hues of the 80s, Somekawa's approach re-interprets those two decades, achieving a static beauty and colour in his creations. This exhibition will show a selection of the photographer’s work, with everything on show available for purchase.

akirasomecamera – Akira Somekawa's first solo exhibition in Japan
Dates: 22nd June – 2nd July 2007
Opening hours: 11am - 7pm
Admission: Free
Venue: CALM & PUNK GALLERY
Map: http://www.calmandpunk.com/home/e/access.html
TEL: +81(0)3 34010741
* Opening reception: 22nd June 2007, 7pm - 9pm

2007年06月23日

a000212

INFO: “Bend the Void” Geoff McFetridge

6月22日からオランダ・アイントホーフェンのギャラリーMUにて、Geoff McFetridge “Bend the Void”展が開催中です。今展は10年以上に渡りロサンゼルスをベースに最先端のカルチャーにアートワークを提供し続けてきたGeoff McFetridgeのオランダでの初の大きなソロエキシビションとなります。
展覧会のオープンと同時にスイスのインディペンデントパブリッシャーNievesからは2冊目となる冊子“Bend the Void” がリリースされました。
展覧会に足を運べないという方も、Geoffの最新作を紙面でチェックしてみては?

エキシビション “Bend the Void The Space between Yeah and Yes”
会期:6月22日 – 8月5日
会場:MU, Emmasingel 20, 5611 AZ Eindhoven, The Netherlands

冊子『Bend the Void』

出版元 Nieves/全16ページ/カラー

Geoff McFetridge's exhibition “Bend the Void” is now being held at MU in Eindhoven, the Netherlands. LA-based designer & artist McFetridge has been at the forefront of the arts scene for over 10 years, and this is his first large solo exhibition in Holland.

To coincide with the exhibition, the Swiss independent publisher Nieves has released “Bend the Void” . So if you can’t make it to the show, you can check out his latest work in this impressive new book.

“Bend the Void The Space between Yeah and Yes”
Dates: 22nd June – 5th August 2007
Venue: MU, Emmasingel 20, 5611 AZ Eindhoven, The Netherlands
http://www.mu.nl

‘Bend the Void’
Published by Nieves/16 pages/colour

2007年06月25日

a000213

INFO: Helvetica 50th anniversary 続報

ヘルベティカ熱が止まらない。
2007年が書体Helveticaの誕生から50周年にあたることは以前の記事でも触れたが、そのお祝いムードは勢いを増しているよう。
ドキュメンタリー映画‘Helvetica&rsquoの巡回上映は世界各地でソールドアウトを記録し続け、世界で最も重要なグラフィックザイン批評家であるEllen LuptonとEmily Kingは、それぞれMetropolisFriezeに映画のレビューを最近寄稿している。
また、同映画の監督であるGary HustwitのキュレーションによるエキシビションがパリのセレクトショップColetteで9月に行われることが決定。もはやHelveticaをみつめ直す一連の動きは、グラフィックデザイン関係者だけにとどまらない模様。
最も身近にありながら、その身近さゆえ特別な視線を浴びることのなかったこの書体に今多くの人が目を向けることは、50歳の何よりものプレゼントであろう。ドイツの書体ベンダーLinotype社はHelveticaを使ったポスターコンペHelvetica NOW開催を決定。参加を奨励し、6月中はNeue Helveticaを半額で提供するというキャンペーンも実施中。(51ウェイトを含むパックのみ。)
映画‘Helvetica&rsquoの一日も早い日本での上映が望まれる。

Helvetica fever seems to have taken over the world! We mentioned before that 2007 marked the 50th anniversary of the typeface, and the celebrations continue apace. Screenings of the ‘Helvetica’ documentary have sold out at many venues, and the film has even been reviewed by two of the industry’s most esteemed graphic design critics: Ellen Lupton and Emily King. Lupton’s review was written for Metropolis and King’s piece appeared in Frieze.

Ubercool Paris boutique Colette is putting on a Helvetica exhibition in September, to be curated by Gary Huswit (the director of the Helvetica documentary). Everyone seems to be caught in the whirlwind of the typeface’s anniversary celebrations, not just fans of graphic design.

All this excitement around Helvetica’s 50th anniversary makes a lovely birthday present for the typeface. Although Helvetica’s quality and popularity have made it a ubiquitous type font in the graphic design industry, it’s nice to know it is getting its place in the limelight.

Furthermore, Linotype are now running a poster contest called Helvetica NOW to add to the celebrations.

We sincerely hope 'Helvetica' is screened in Japan soon!

2007年06月26日

a000214

EVENT: Arnhem Mode Biennale 2007

  オランダの都市アーネム。ドイツ国境近くに位置するこの街は、繊維業とのゆかりも深く、ヨーロッパのファッションを語る上で欠かせない土地である。 VIKTOR & ROLFも卒業生であるArnhem Fashion Instituteをはじめ、定評あるファッション教育機関でも知られるこの地で、2005年に続き2度目となるArnhem Mode Biennaleが開催中。ファッションインスタレーションを中心とした展示、ワークショップ、音楽などのイベントが、街の複数の施設を会場に30日間に渡り行われている。参加クリエイターもLanvinやJohn Gallianoなどの有名メゾン・デザイナーから無名の新人までと幅広い。
日本からは以前Gas Pressingでインタビューした山縣良和が参加。 SHOWstudioも現地レポートプロジェクトを行っている。 経済、業界のシステムやサイクルによって定義されがちな多くのファッションイベントとは一線を画す、服飾表現の本質と可能性に重きを置いた、オランダらしいアプローチを感じさせるイベントではないだろうか。
http://www.arnhemmodebiennale.com/
 

The city of Arnhem in the Netherlands lies close to the German border, and is highly influential in the world of fashion. It is home to the Arnhem Fashion Institute (whose graduates include VICTOR & ROLF), as well as several other renowned fashion academies.

In June of this year, the city held the month-long Arnhem Mode Biennale featuring installation exhibitions, workshops and music events with fashion as a central theme. Participating creators included top fashion houses John Galliano and Lanvin, as well as many other of the industry's rising talents.

The Japanese designer Yoshikazu Yamagata presented his work in the exhibition. (Click here to read his interview in Gas Pressing from 2006). Also the SHOWstudio have extensive coverage of the events, so check them out for reports.

This exposition takes a heartfelt approach to presenting the quality and creativity that is alive in the world of contemporary fashion, and Arnhem is a more than appropriate setting for such an event. The Arnhem Biennale focuses on the art of fashion design; what is on display here is a league away from the empty fads to which the fashion industry can be prone.

http://www.arnhemmodebiennale.com/

About 2007年06月

2007年06月にブログ「Atmosphere」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2007年05月です。

次のアーカイブは2007年07月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

It is all the entries contributed to blog「Atmosphere」inJune 2007.

The previous archive is2007年05月.

The following archive is2007年07月.

main indexor look in thearchivesto find all content.

Powered by
Movable Type