« 2007年04月 | メイン | 2007年06月 »

2007年05月 アーカイブ

2007年05月02日

a000183

EVENT: Exhibitions and events for the rest of the Golden week!

ゴールデンウィークも後半に入りますが、見逃しているイベントはありませんか?海外旅行の予定など無い方にまだ間に合うおすすめのイベント情報をいくつかご紹介します。

■宇川直宏個展 'A Series of Interpreted Catharsis Episode2 - Earthquake'
開催中〜5月20日(日)まで
開催場所:NANZUKA UNDERGROUND

自らを「メディアレイピスト」と称し多方面で活躍中の宇川直弘の個展。この展覧会では、自然災害が人間の心理に及ぼす様々な影響をテーマに写真、映像、立体作品のシリーズからなる新作が展示されています。

詳細:http://www.nug.jp/


■MUSIC GRAFFITI展
開催中〜5月13日(日)まで
開催場所:表参道ヒルズ B3F スペース「O(オー)」

Tokyo TDC+後藤繁雄がプロデュースし、ASYLデザインがグラフィックと会場構成を手掛けたこの展覧会では、グラフィックデザイナーとミュージシャンのコラボレーション成果である「デザイン」の面白さ、新鮮さを多くの方に知っていただこうという意図のもと、日本のLPコレクションでは随一の金沢工業大学ポピュラー・ミュージック・コレクションより約2000点のオリジナルLPジャケットが展示されています。
参加アーティストには、GASと関わりのあるアーティストも多数参加されています!

○参加アーティスト
青木克憲、浅葉克己、ジョナサン・バーンブルック、千原航、collect.apply、江森丈晃(トーン・トワイライト)、エンライトメント、藤本やすし、アレクサンダー・ゲルマン、五木田智央、groovisions、原耕一、針谷建二郎、東泉一郎 、広岡毅、井口弘史 、稲葉英樹 、井上嗣也、石浦克、伊藤桂司、TREVOR JACKSON、JAYPEG、葛西薫、菊地敦己、草野剛、M/M(PARIS)、森本千絵、永戸鉄也、中島英樹、仲條正義、生意気、野田凪、NON-FORMAT、小田島等、奥村靫正、STEFAN SAGMEISTER、佐藤可士和、佐藤直樹(ASYL)、信藤三雄、立花文穂、立花ハジメ、タナカノリユキ、タイクーングラフィックス、宇川直宏、JOHN WARWICKER(tomato)、山本ムーグ、ヤマタカEYE


詳細:http://www.omotesandohills.com/event_info/music_graffiti.html


■FROM TOKYO
開催中〜6月6日(予定)まで
開催場所:六本木 国立新美術館SFT GALLERY

黒川紀章の設計により国内最大級の規模で六本木にオープンした何かと話題の国立新美術館。その中にあるミュージアムショップ「スーベニア フロム トーキョー」の店内に「SFT GALLERY」がオープンしました。その第一弾企画展として、小町渉、ササキタクジ、Ryu Itadaniをはじめとする20組のクリエーターが参加する「FROM TOKYO」が開催中です。雑誌「TITLE」やユニクロのTシャツ専門ブランド「UT」とのコラボレーションによるポストカードやTシャツが展示・販売されます。

詳細:http://www.cibone.com/sft/sftgallery.html


最後に、メディアアーティストの岩井俊雄さんの参加しているイベントを二つ。
■深沢直人ディレクション 「Chocolate」
開催中〜7月29日(日)まで
開催場所:21_21 DESIGN SIGHT

多数のアーティストやデザイナーがチョコレートをイメージした作品に取り組みました。この展示の中で、岩井さんはNHK放送技術研究所とずっと取り組んでいる立体物を変形させて見せる「モルフォビジョン」の技術を応用して、目の前で巨大チョコレート型のオブジェが、まるで溶けたり変形したり動いて見える、『モルフォチョコ』という新作を制作しました。立体・空間が目の前でねじまがる面白さが体験できるそうです!
また、この展覧会は東京に出来た新名所・六本木ミッドタウンに出来た安藤忠雄設計のデザイン専門のミュージアムで開催されているので、まだミッドタウンに行かれていない方は観光も兼ねて足を運んでみては?

詳細:http://www.2121designsight.jp/schedule/next_program.html


■ランドセル・ミーティング—ミュージアムの入学式へようこそ
開催中〜5月14日(月)まで
開催場所:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーンa,b

科学未来館1Fのリニューアル記念のイベントで、この展示の中には2003年に開催され、中国、メキシコ、ポーランドなど5都市を巡回してきた「時間旅行展」の世界巡回バージョンが展示されています。岩井さんの制作された「マシュマロスコープ」も展示されています。

詳細:http://www.miraikan.jst.go.jp/j/event/2007/0514_plan_01.html

2007年05月08日

a000184

INFO: photo of Ryo Matsuoka's exhibition has been posted

4月にCalm & Punk Galleryにて開催された松岡亮さんのエキシビジョンとワークショップの光景が松岡さんのウェブサイトでご覧になれます。
真っ白なギャラリーが彼のエネルギッシュな作品で埋め尽くされる様子は見ていて圧巻です。ギャラリーに足を運べなかった方は是非こちらでご覧下さい。

公開制作&展示の様子:http://www.ryoart.com/ryo-paint-calmandpunk07.html
ワークショップの様子:http://ryoart.com/ryo-paint-calmandpunk07workshop.html

On Ryo Matsuoka's website, you can see pictures of his exhibition and work shop taken place at Calm & Punk Gallery in April 2007. 
It is pretty overwhelming to see that  all over the blank white walls in the gallery are filled with his energetic art works. If you missed visiting, check them out here;

Live Painting & Exhibition:http://www.ryoart.com/ryo-paint-calmandpunk07.html
Workshop:http://ryoart.com/ryo-paint-calmandpunk07workshop.html

2007年05月09日

a000185

INFO: LODOWN #56 and Marok's latest activity

ドイツのカルチャーマガジン「LODOWN」の最新号が出ました。今年に入ってから続いているクリエイターとのコラボレーションは今号も続いており、今回は世界中から注目されているドイツのレーベルGommaの全てのイメージを手掛けているデザインデュオPAZE & SMALとのコラボレーションです。是非書店で手に取ってご覧下さい!

The latest issue of German culture magazine, LODOWN has been released. LODOWN continues to collaborate with creative teams from around the globe for each issue in 2007.
This issue's collaboration is German design duo : PAZE & SMAL - the visualists who create an entire image of Gomma records based in Munich.

また、LODOWNの創始者であり創刊からずっとアートディレクターを勤めてきたMarokは昨年アートディレクターを退任しましたが、現在はクリエイティブディレクターという形で関わっており、LODOWNはまだまだ彼の元で動かされているようです。
そして何やら今は、新しいプロジェクトとして昨年からあたためていたコンセプチュアルな作品集作りに励んでいるとか。コンテンツが出来上がり、もうすぐ印刷に入るとの事で、リリースの日は近いようです。
LODOWN共々、Marokの今後の新たな活躍にも要注目です!

Marok, a founder of LODOWN magazine, has been an art director since the first launch. He retired as an art director last year, but now still be working as a creative director. It seems LODOWN is still under his control. 
And now, we heard he is currently focusing on developing conceptual art book. He's been working on this from last year as a new project.  It seems to be released in the near future since the contents are ready, and the printing job will be started very soon. 
You can't keep your eyes off LODOWN and Marok's future works! 

2007年05月16日

a000186

ENGLISH TEXT has been uploaded

English text for last week's articles has been uploaded

a000187

EVENT: Ukawa Naohiro talk show at NANZUKA UNDERGROUND

現在、NANZUKA UNDERGROUNDにて今月20日まで開催中の宇川直弘個展「A Series of Interpreted Catharsis Episode2 - Earthquake」にて、5月23日(水)スペシャルトークショーが開催されます。
展示をまだご覧になられていない方はこの機会に是非!


■宇川直宏個展 'A Series of Interpreted Catharsis Episode2 - Earthquake' スペシャルトークショー

宇川直宏 + 津村耕祐(FINAL HOME)+ SPECIAL GUEST

日時:5月23日(水) 19:00〜21:00
※日時が19日から23日へ変更になりました。
入場料:1000円/1drink
場所:NANZUKA UNDERGROUND


Ukawa Naohiro is holding a special talk show on May 23rd(Wed) 2007.

Exhibition by Naohiro Ukawa, 'A Series of Interpreted Catharsis Episode2 - Earthquake' /Special Talk Show
Nohiro Ukawa + Kosuke Tsumura(Final Home) + Special Guest
Date: May 23rd(Wed) 19:00~21:00 *rescheduled to 23rd
Entrance: 1,000yen/1drink
Place: NANZUKA UNDERGROUND

2007年05月17日

a000188

EVENT: Enlightenment Exhibition "The Borderline"

enlightenment.jpg

5月26日からEnlightenmentの個展が開催されます。

タイトル:The Borderline
開催期間:2007年5月26日(土)〜6月16日(土)
時間:12:00 - 19:00 (月曜及び祝祭日は休館)
場所:Hiromi Yoshii Gallery

会場ではEnlightenmentのリトグラフとTowa TeiのオリジナルCDのセットが限定25部で販売されるようです。

他にも最近では、EnlightenmentはGAS AS I/Fがアーティストコーディネーションを手掛けた、ユニクロのTシャツ専門ブランド「UT」での手塚治虫トリビュートにも参加してもらいました。
http://ut.uniqlo.com/utmag/tezuka


Enlightenment Exhibition entitled "The Borderline" will be held from May 26th(Sat), 2007.

Title: The Borderline
Date: May 26th(Sat) 2007~June 16th(Sat)
Time: 12:00-19:00 (Mondays and Public Holidays closed)
Place: Hiromi Yoshii Gallery

Only 25 sets with Enlightenment’s lithographs and Towa Tei’s original CD will be available at the gallery. 

Also, Enlightenment recently participated TEZUKA OSAMU TRIBUTE. It is from UNIQLO’s T-shirt brand called UT which GAS AS I/F did the artists coordination for.
http://ut.uniqlo.com/utmag/tezuka

2007年05月18日

a000190

INFO: MODIFICATION

宇川直弘のトークショーの日時が変更になりました。ご注意ください。

5月19日(土)18:30〜 → 5月23日(水)19:00〜

a000189

NEWS: 20,000,000 fragments on Public-image.org

GAS AS I/Fがプロデュースするブランド、20,000,000 fragments(トゥエンティ・ミリオン・フラグメンツ)が、ウェブマガジンPublic-image.orgにフィーチャーされました。

http://www.public-image.org/feature/fashion_2/


A fashion brand, "20,000,000 fragments" produced by GAS AS I/F has been featured by online magazine called Public-image.org.

You can check details at http://www.public-image.org/feature/fashion_2/

2007年05月21日

a000191

EVENT: THE WRONG STORE has opened in NY

2007年5月19日、ニューヨークのアート・ギャラリーが密集するエリア、チェルシーに「THE WRONG STORE」がオープン。
著名なアーティスト/デザイナーたちのレアな一点モノや限定モノが並び、お店のロゴやショッピングバッグ、カードやステーショナリーなど一式のデザインをワーク・イン・プログレスが手掛け、スタッフの制服をマルタン・マルジェラが手掛け、コンセプチャル・コンサルタントを東京・青山で開催されたColette meets Comme des Garconsの仕掛人、シリル・デュバル(item idem)が担当するという豪華なお店。
しかし、「ストア」とはいったものの実はこれはアーティスト/デザイナーのトビアス・ウォンと国立デザインミュージアムのショップのディレクターを手掛けるグレゴリー・クラムのキュレーションによる2ヶ月限定のアート・インスタレーションで、誰も入る事は出来ない上に個々に商品を買う事が出来ないというもの。あくまでもアート・インスタレーションなのでこのショップをアート作品として“まるごと”売り出しているようです。
ニューヨークに行かれる方は是非その目で確かめてみてください。

THE WRONG STORE
May 19th - July 9th, 2007

259 TENTH AVENUE, NEW YORK, NY10001
CLOSED MONDAYS

参加アーティスト/デザイナー:Lawrence Weiner, Joseph Beuys, Herzog and de Meuron, Bless, Christian Marclay, Martin Baas, Hella Jongerious, Dean MacGregor, Ron Gilad, Anton Ginsburg, Yves Behar, Richard Prince, Jenny Holzer, Work in Progress, Verner Panton, Gaetano Pesce, Sol Lewitt, Kaws, Marcel Wanders, Aldo Rossi, Rodarte, Constantin Boym, Aqui! Magazine, Tim Dubitsky, Gilbert & George...etc

http://www.thewrongstore.com/


THE WRONG STORE has opened in Chelsea, the art gallery district of NY on May 19th, 2007.
Many of the objects displayed are rare or one-of-a-kind and exclusive to the exhibition. They are all made by prominent artists and designers.
The whole design such as store's logo, shopping bags, business card, stationary etc was done by creative agency Work In Progress, and Martin Margiela creates staff's uniform. Cyril Duval/item idem who was a setter of "Colette meets Comme des Garcons" which was held in Aoyama, Tokyo was in charge of conceptual consultant. This artist lineup makes the store so exclusive!
Even it's called "store", conceptually, no one can enter and nothing individually can be purchased, in fact, this is completely an art installation existing for two months only.
It is curated by an artist and designer Tobias Wong and a shop director of National design museum Gregory Krum.
It featured design and they are introducing the whole shop like a big art piece.
When you have a chance to go to NY, you should definitely check it out.

THE WRONG STORE
May 19th - July 9th, 2007

259 TENTH AVENUE, NEW YORK, NY10001
CLOSED MONDAYS

Participant artists/designers: Lawrence Weiner, Joseph Beuys, Herzog and de Meuron, Bless, Christian Marclay, Martin Baas, Hella Jongerious, Dean MacGregor, Ron Gilad, Anton Ginsburg, Yves Behar, Richard Prince, Jenny Holzer, Work in Progress, Verner Panton, Gaetano Pesce, Sol Lewitt, Kaws, Marcel Wanders, Aldo Rossi, Rodarte, Constantin Boym, Aqui! Magazine, Tim Dubitsky, Gilbert & George...etc

http://www.thewrongstore.com/

2007年05月22日

a000192

INFO: Form's new website has been launched

form_web.jpg

ロンドンのデザインチームFormのウェブサイトがリニューアルしました。
Portfolioでは彼がこれまでに手掛けた数多くの作品を見る事が出来ます。

http://www.form.uk.com/


A London based design team, Form has relaunched their website!
You can see numerous works they have ever done. Check out the portfolio section on the website!

http://www.form.uk.com/

a000193

ENGLISH TEXT has been uploaded

English text for last week's articles has been uploaded

2007年05月24日

a000194

EVENT: flowers workshop "PARADISE WORKSHOP 〜あかりとあそぶ〜"

4月にCalm & Punk Galleryにて「PARADISE」を開催したパフォーマンスグループ"flowers"による「あかり」を使ったワークショップ第2弾を開催いたします。このワークショップでは、自分自身のからだ(皮膚や関節、筋肉)と心を表現する方法を学び、その後、「あかり」を使ってからだでどのような表現が出来るのか見つけていきます。体の中の広い世界を知ることで、自分の肌から外の世界や日常の世界(空気や光)の深さや広さを感じ、発見します。

「からだは表現するための道具のひとつ」

「あかり」ついて
"flowers"による公演、PARADISEのワンシーンに出てくる「ひかるブランコ」。 このブランコは「あかりのこころの記憶」というテーマをもち、4月に行なわれた公演にも登場しました。ワークショップでは、このブランコを使ってのワンシーンを作り出します。

【開催概要】
名称:『PARADISE WORKSHOP 〜あかりとあそぶ〜』
講師:flowers(吉本由美、阿部康子(lighting))
日時:2007年5月27日(日)
時間:13:00 - 16:00
定員:20名 ※5歳から参加可能なプログラムです。
参加費:子供(12歳まで)無料、大人1,000円(税込)
会場:CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
   〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
TEL:03-3401-0741

※参加のお申し込みはお電話又はこちらからご応募ください。

■第一弾のワークショップの様子

2007年05月28日

a000195

INFO: Björk x Nick Knight x M/M x Bernhard Willhelm

いつも新作が出るたびに音はもちろん、そのビジュアルが注目されているアーティスト、Björk。そのBjörkが5月7日、前作の『Medulla』以来3年ぶりにニューアルバム『Volta』をリリースしましたが、今作もそのビジュアル作りに携わった人達はいつものメンバーながら超豪華。

ジャケットは、アートディレクションとデザインをM/M(Paris)が、フォトグラフィーをニック・ナイトが、スカルプチャー制作をベルンハルト・ウィルヘルムが手掛けました。
中身のビジュアルは売れっ子フォトグラファーデュオ、イネス・ヴァン・ラムスエードとヴィノード・マタディンが手掛けており、炎がよく見ると「VOLTA」と読めるようになっています。
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/bjork/


そして今回『Atmosphere 04』でロングインタビューをしたニック・ナイトの主催するSHOWstudioではこのアルバムリリースに伴い面白いプロジェクトを試みました。
http://www.showstudio.com/project/volta/

SHOWstudioのサイトからこのジャケットビジュアルの1.1x1.9mの巨大ポスターが48分割されたA4サイズ(またはUSレターサイズ)の高解像度データが毎日ランダムに1コマづつダウンロードでき、自分でパズルのように組み立ててビジュアルを作り上げます。(ダウンロードにはログインが必要)
※実際に画像があるコマは34コマで、34コマをダウンロードしたら余白の14コマをまとめてダウンロードして完成させます。
このプロジェクトはリリース前の4月12日から始まったもので、まだ公開されていないBjörkの新作ビジュアルの断片を毎日つなぎ合わせていき、リリース日の5月7日にビジュアル(しかも巨大ポスター)が完成する、というもの。

他にもSHOWstudioでは常に様々な情報や画像を配信し、インターネットを使った新しい試みにも日々チャレンジしています。
ニック・ナイトがSHOWstudioの設立について、今彼が何を考えているのか、そして将来の事などを語ってくれたインタビューは是非『Atmosphere 04』でご覧下さい!

Björk never fails to surprise us with each new record, not only with her sound but also with her visual imagery. Her latest album 'Volta' came out on the 7th of May, 3 years after the previous LP 'Medulla,’ and yet again she has come up with something astonishing, different and new.

The top artists gathered together to create the cover images for her latest release included M/M(Paris), responsible for art direction, the photographer Nick Knight and sculpture from Bernhard Willhelm. The liner images and fire letters were photographed by Innez Van Lamsweerde & Vinoodh Matadin.
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/bjork/

Celebrating the release of the album, Nick Knight's SHOWstudio is now offering a 'special download jigsaw,' which can be downloaded and printed out. The ‘jigsaw’ is composed of 48 pieces, 34 of which have images on them, and 14 of which have been left blank. The idea is that the segments are to be downloaded individually, over a period of 48 days, with one piece available per day. Don’t worry about missing any days, once you begin downloading, the site will offer you the next piece in the sequence automatically. There is no clue as to the original image, and it is up to you to create your own composite picture from the puzzle. This is one of many playful online experiments from SHOWstudio, so keep checking their website for more fun.

You can also read Nick Knight's interview in the latest issue of Gas As I/F's 'Atmosphere 04'. In this interview, Knight tells us about setting up the SHOWstudio project, and his hopes for the present and the future. This is also available from our online shop.

a000196

ENGLISH TEXT has been uploaded

English text for last week's articles has been uploaded

2007年05月29日

a000197

INFO: ‘Helvetica’ A Documentary Film by Gary Hustwit / 50 years of Helvetica at MoMA

20世紀を代表する書体Helvetica。今年2007年は、その誕生から50年目にあたります。

その誕生を祝うべく制作、そして3月のプレミア上映を皮切りに世界で巡回上映されているのがドキュメンタリー映画 “Helvetica” A Documentary Film by Gary Hustwit。カメラはアメリカとヨーロッパ6カ国を旅しながら、著名デザイナー、批評家たちのインタビューを交えつつ、人々の日常にあふれる書体Helveticaに新たなまなざしを向けます。インタビューに答えるのは、Erik Spiekermann, Matthew Carter, Wim Crouwel, Hermann Zapf, Neville Brody, Stefan Sagmeister, Michael Bierut, David Carson, Paula Scher, Jonathan Hoefler, Experimental Jetset, Norm, Alfred Hoffmann, Rick Poynor, Lars Müller等をはじめとする豪華な顔ぶれ。今後東京での上映も予定されているとのことですが、現在詳細は未定の模様。

“Helvetica” A Documentary Film by Gary Hustwit
ウェブサイト: www.helveticafilm.com
公式myspace: www.myspace.com/helveticafilm


また、現在ニューヨークのMoMAでは展覧会 "50 Years of Helvetica"が開催中。今回新たにLars MüllerからMoMAへ寄贈されたという誕生当時オリジナルの金属活字をはじめ、歴史的印刷物やサイン、Experimental JetsetデザインのTシャツ等の展示のほか、上記の“Helvetica” のダイジェスト版ビデオ上映も。


“50 Years of Helvetica”

場所: The Museum of Modern Art
The Philip Johnson Architecture and Design Galleries, third floor
開催期間: 2008年3月31日まで



2007 marks the 50th anniversary of the Helvetica typeface, one of the most widely embraced typefaces of the 20th century.

To coincide with this anniversary, the first ever feature length film about the ‘Helvetica’ typeface has been made, and it had its premiere at the SXSW Film Festival in March. The film is now screening at film festivals and events worldwide. The film was shot on location in the US and Europe, and looks at the typeface in everyday life with a fresh eye. Interviewees include Erik Spiekermann, Matthew Carter, Wim Crouwel, Hermann Zapf, Neville Brody, Stefan Sagmeister, Michael Bierut, David Carson, Paula Scher, Jonathan Hoefler, Experimental Jetset, Norm, Alfred Hoffmann, Rick Poynor, Lars Müller and many more (the dates for screening in Tokyo are yet to be announced.)

‘Helvetica’ A Documentary Film by Gary Hustwit
website: www.helveticafilm.com
official myspace: www.myspace.com/helveticafilm


New York’s MoMA is currently running a "50 Years of Helvetica" exhibition. On display are an original lead Helvetica type font donated by Lars Müller, some historical prints, posters & signs, and a T-shirt from Experimental Jetset, amongst other related material. The museum is also showing excerpts from Gary Hustwit's Helvetica documentary.


50 Years of Helvetica

The Museum of Modern Art
The Philip Johnson Architecture and Design Galleries, third floor
Until 31st March, 2008

2007年05月31日

a000198

EVENT: "BEATNIK" Exhibition at Revelations/

最近はソロでも活躍中のFAILEアイコさんがRevelations/にて開催されるエキシビジョン"BEATNIK"に参加します。
今回は、一緒にアート活動を行う事も多く、同じくNYを拠点に活躍するBASTとのコラボレーション。他にも江森丈晃(トーン・トワイライト)や塩田正幸も参加。6月1日はオープニングパーティーもあるので是非足を運んでみて下さい!

"BEATNIK" Exhibition
期間:2007年6月1日(金)〜9月15日(土)
場所:Revelations/
東京都渋谷区神宮前5-17-24 GB1F

オープニングパーティー:6月1日(金)19:00〜22:00

The “BEATNIK” Exhibition, featuring FAILE’s Aiko, is on now at Revelations/. As well as working with FAILE, Aiko has been pursuing other projects, and this particular exhibition is a show of her work with fellow New York based artist, and previous collaborator, BAST. Other participants include Takeaki Emori from TONE TWILIGHT and Masayuki Shioda.

"BEATNIK" Exhibition

Until Saturday, 15th September 2007
Venue: Revelations/
GB 1st floor, Jungumae, Shibuya-ku, Tokyo

About 2007年05月

2007年05月にブログ「Atmosphere」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2007年04月です。

次のアーカイブは2007年06月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

It is all the entries contributed to blog「Atmosphere」inMay 2007.

The previous archive is2007年04月.

The following archive is2007年06月.

main indexor look in thearchivesto find all content.

Powered by
Movable Type