« 2007年01月 | メイン | 2007年03月 »

2007年02月 アーカイブ

2007年02月01日

a000136

INFO: "Thumbsucker" DVD will be on sale

jpdvdtsdd-40952a.jpg

マイク・ミルズ初監督の長編映画『サムサッカー』のDVDが明日2/2より発売開始です。様々な映像・音声特典がついており、マイク・ミルズ直筆イラスト使用クリアーケースに入ったコレクターズ・エディションです。
詳細:http://www.sonypictures.jp/homevideo/thumbsucker/index.html

DVD発売を記念して、原宿のラユンヌカフェで「マイク・ミルズ展 〜自分らしく生きること〜」が開催中です。DVD上映の他、ポスターやグッズが展示・販売されています。
http://laune-life.com/life/news/2007_01/index.html

また、タワーレコードで購入すると先着でオリジナル特典があるようです。
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1361218&GOODS_SORT_CD=103


A DVD of "Thumbsucker", the first feature film by Mike Mills is released. It will include a special screen aspect and sound quality, plus the box features his own hand-drawing.
Details : http://www.sonypictures.jp/homevideo/thumbsucker/index.html

An event to celebrate the DVD release, "HUMANS BY MIKE MILLS" is now being happening at Laune cafe in Harajyuku. The event includes screenings, exhibits posters and sales of some special goods.
http://laune-life.com/life/news/2007_01/index.html

If you purchase at Tower Records Japan, they will offer original special goodies on a first come, first served basis.
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1361218&GOODS_SORT_CD=103

2007年02月05日

a000137

INFO: Muga Miyahara Exhibition "a memory of fish is there"

ファッションフォトグラファー宮原夢画さんの個展「a memory of fish is there」が2月9日よりアップフィールドギャラリーにて開催されます。
ーーーーーーーーーーーーー
幼少期の頃、ほとんどの人が味わったであろう親からのいい意味でのしつけ。受け取る子供側としては時にはサデイステイックであったり、怖かったりと、複雑な気持ちが揺れ動く。いまになっては些細なこと、しかし幼かった頃はどのように感じていましたか?誰しもが子供の頃、苦手な食べ物があるように、、、、野菜や卵や牛乳。
僕の場合は焼き魚でした。
あなたは?
(告知より)
ーーーーーーーーーーーーー
期間 : 2007年 2月9日〜2月25日(無休)
場所 : UP FIELD GALLERY 東京 
東京都千代田区三崎町3-10-5 原島第3ビル304
http://www.upfield-gallery.jp
TEL : 03-3265-0320
時間 : 12:00〜19:00

2月9日19時よりDJ花見(半沢健と富沢ノボル)をゲストに迎えオープニングパーティーが開催されます。


Photographer, Muga Miyahara's exhibition, "A Memory of fish is there" is now being opened at UP FIELD GALLERY.

---------------------------------------
Most of us would have experienced discipline from parents in so-called "a good way" in childhood, however it could have been sometimes been sadistic confusing, or even frightening ...  They are small things now, but how did you actually feel when you are a child?
Everybody has food they disliked as a child,.... like vegetable, egg, milk....
For me, it was grilled fish.
How about you?
*quotes by http://www.upfield-gallery.jp/
---------------------------------------

DATE: February 9th, 2006 - February 25th 
PLACE: UP FIELD GALLERY TOKYO
TIME: 12:00~19:00
General information: 03-3265-0320

a000138

EVENT: Japanese Designers exhibition

朝日新聞社から出版された『AERA DESIGN ニッポンのデザイナー100人』に登場した日本デザイン界のトップランナーたちの近作を一堂に介した展覧会「ニッポンのデザイナー展」が開催されます。建築家、プロダクトデザイナー、アートディレクター、インテリアデザイナー…etcなどジャンルを超えた作品展示となっています。GAS BOOKアーティストとしてはGROOVISIONSや野田凪なども参加しています。

会期:2007年2月6日(火)〜3月4日(日)
場所:Shiodomeitaliaクリエイティブ・センター
http://www.shiodomeitalia.com/uploads/pdf/map_shiodomeitalia.pdf
OPEN:11:00〜19:00
休館:2月17日(土)、毎週月曜日(但し2月12日は開館、13日休館)
入場料:中学生以上一律500円

詳細:http://www.shiodomeitalia.com/modules/mostre01/index.php?id=7

An exhibition with recent works from the top designers featured in "Aera Design - 100 Nippon Designers" from Asahi Shimbun is now opening. Works by talented architects, product designers, art directors, and interior designers from all categories of design are being displayed.  GAS BOOK Artists, GROOVISIONS and NAGI NODA will also showcase artwork. 

DATE: February 6th (Tue) 2006 - March 4th (Sun)
PLACE: Shiodomeitalia Creative Center
http://www.shiodomeitalia.com/uploads/pdf/map_shiodomeitalia.pdf
OPEN:11:00~19:00
Closed: February 17th(Sat) and Mondays  *Open on February 12th/Closed on February 13th
Regular Entrance Fee: 500 yen  *Free for under the age of 15(junior high school students)
Details: http://www.shiodomeitalia.com/modules/mostre01/index.php?id=7

2007年02月06日

a000139

INFO: New works from Form

ロンドンのデザインチームFormが、イギリス政府によって設立されたメディアを使った13〜19歳の若者のための国債「Mediabox」のブランディングを手掛けました。

London-based design team, Form established a branding project "Mediabox." Mediabox is a fund set up by the Government to enable 13-19 year-old young people to get their voices heard and learn new creative skills working with media. Grants are available for creative young people to express their opinions, ideas and views using all types of media. 

a000140

ENGLISH TEXT uploaded

English text for last week's article has uploaded.

2007年02月07日

a000141

INFO: The new album "FPMB" by Fantastic Plastic Machine

本日(2/7)発売のFantastic Plastic Machine (FPM)のベストアルバム『FPMB』のジャケットはネコのイラストをKuntzel+Deygas (K+D)が、デザインをGroovisionsが手掛けています。
http://www.amazon.co.jp/FPMB-Fantastic-Plastic-Machine-Best/dp/B000LPRKAW

FPMの田中氏とK+Dは、以前にもFPMの「Reaching for the Stars」のPVをK+Dが手掛けるなどして交流があり、お互いパリや東京に行く際にはスタジオに立ち寄るほどの交友関係のようです。

The greatest hits album,"FPMB" by Fantastic Plastic Machine (FPM) has been released on February 7th. The album jacket is designed by Groovisions, and the cover illustration of a cat is done by Kuntzel+Deygas (K+D). 
http://www.amazon.co.jp/FPMB-Fantastic-Plastic-Machine-Best/dp/B000LPRKAW

Mr. Tanaka of FPM and K+D have completed an FPM project, PV of "Reaching for the Stars" before. They have been collaborating on projects, and developing friendship. They often stop by each other's studios in Paris and Tokyo when they are in town. 

2007年02月08日

a000142

INFO: DEANNE CHEUK + AMERICAN RAG CIE

デザイナー/アートディレクター/イラストレーターとして多くの雑誌で活躍する他、Linessというファッション・ブランドも持っているDeanne Cheuk。そんなDeanneが、デザイナーズクローズからオリジナルアイテム、ハウスホールドグッズなどライフスタイル提案をコンセプトとしたセレクトショップAMERICAN RAG CIE 青山店の1周年を記念して発売されるカップ&プレートをデザインしました。
日本の老舗メーカーNORITAKEの陶器にDeanneの美しい有機的なイラストレーションがマッチしています。
また、現在AMERICAN RAG CIE 青山店内においてDeanne Cheukのアートワークエキシビジョンも開催中です。

詳細:http://www.americanragcie.co.jp/info/index.html

Deanne Cheuk is a designer, an art director and illustrator, and she also has her own clothing line "Liness".
She designed original tea cup and plate for the one-year anniversary of Aoyama branch of AMERICAN RAG CIE, based on the concept of Life Style Suggestions.
Her beautiful organic illustration matches Noritake, a Japanese venerable brand of pottery.
Also, her art work is now exhibited in AMERICAN RAG CIE, Aoyama branch.

For more information: http://www.americanragcie.co.jp/info/index.html

2007年02月09日

a000144

EVENT: RYUTA IIDA TALK EVENT

書物のページ一枚一枚にカッターナイフを入れ、オブジェ化する飯田竜太氏の個展が、2/12まで京都のSferaExhibitionで開催中です。2/10は飯田氏と京都のアーティストユニットAntennaとのトークイベントが開催されます。

トークイベント日時:2007年2月10日(土) 18:00〜
会場:スフェラ・エキシビション
料金:500円(1drink 付)
詳細:http://www.ricordi-sfera.com/building/exhibition/2007/iida/index.html

a000145

INFO: RYO MATSUOKA'S PRODUCTS@ MAIDENS SHOP

2月10日(土)から18日(日)まで神宮前Maidens shopにて、松岡亮さんの刺繍やペイントが施されたブックカバーやバッグ、Tシャツ、その他パッケージデザインを手掛けた日本酒「UIGOTO」などが販売されます。
Maidens shop : 渋谷区神宮前2-20-11 tel : 03-5410-6686
open : 12:00 - 20:00
詳細:http://www.ryoart.com/ryo-maidens2007feb.html

Maidens shop in Jingumae is selling some of Ryo Matsuoka’s products until 18th(Sun), and the selling items are book covers, bags and T-shirts decorated with his stitching and painting as well as Japanese Sake, UIGOTO which he did the package design.
Maidens shop address: 2-20-11 Jingumae Shibuya-ku
General Information: 03-5410-6686
Open: 12:00 - 20:00
Detail: http://www.ryoart.com/ryo-maidens2007feb.html

2007年02月13日

a000143

INFO: Recent works from Koh Chihara

千原航さんがUPLINKの映像作品3本のデザインを手掛けました。
Koh Chihara produced designs for 3 films of UPLINK.


『フィリップ・ドゥクフレ カレイドスコープ』
昨年11月の来日公演『SOLO』も好評だったフランスの演出・振付家フィリップ・ドゥクフレの初期から現在に至る映像作品集です。
発売中 定価:3,990円 (本体価格 3,800円)
http://www.uplink.co.jp/kaleidoscope/
"Philippe decoufle kaleidoscope"
This is Philippe decoufle's film collection from his early period to present time. The performance entitled SOLO directed and choreographed by Philippe decoufle was successful in Japan last November.
The film collection is now on sale!  Set price: 3,990 yen / tax excluded: 3,800yen


『KILL YOUR IDOLS』
70年代後半NYで発生した音楽シーンNO WAVEのドキュメント映画です。紙色・全6色のフライヤーが配布中です。
2/23まで UPLINKにて開催されている音楽ドキュメント映画イベント「MUSIC DOC.FES.」にて上映中。
http://www.musicdocfes.com/
http://www.musicdocfes.com/killyour/
"KILL YOUR IDOLS"
It is documentary film of NO WAVE came up in NY-music scene in late 70's.  6 different color flyers are now being distributed.
It is now showing at a music documentary film event, MUSIC DOC.FES. in UPLINK until February 23rd.


『フィッシュリ&ヴァイス BOXセット』
世界的に活躍するスイスのアートユニット・フィッシュリ&ヴァイスの映像作品集です。待望の日本初DVD化。
DVD2本組・2月23日発売 定価:6,090 円(本体価格 5,800円)
『事の次第』
DISC【一】単体販売 / 2007年02月23日 発売 定価:3,990円 (本体価格 3,800円)
『ゆずれない事/正しい方向』
DISC【二】単体販売 / 2007年02月23日 発売 定価:3,990円 (本体価格 3,800円)
http://www.uplink.co.jp/kotonoshidai/
http://www.uplink.co.jp/kotonoshidai/dvd.php
"Fischli and Weiss Box set"
This is a film collection by the worldwide artists from Swiss, Peter Fischli and David Weiss.  Long awaited first DVD in Japan.
2 DVD discs/pack   Set price: 6,090yen / tax excluded: 5,800 yen
"The Way Things Go"
Disc 1: released separately on February 23rd, 2007.   Set price: 3,990yen/ tax excluded:  3,800yen
"The point of least resistance / The right way"
Disc 2: released separately on February 23rd, 2007.   Set price: 3,990yen/ tax excluded:  3,800yen

これら全て、千原さんご自身の趣味のものがお仕事として連続して舞い込み、それぞれにピンポイントすぎるエピソードがあったようです。
中でもフィッシュリ&ヴァイスのお仕事は興味深いです。元々千原さんご自身がファンであるフィッシュリ&ヴァイスの日本未発売のDVDを購入しようと、スイスの権利元に問い合わせていたところ、「現在日本版DVDが出る企画があるのでこちらに問い合わせてみて下さい。」という返答があり、そこにはまさにお仕事中だったUPLINKと担当者のお名前が…。という事で「自分が買う予定だったDVDの日本版デザインを手がけることになった」そうです。(ちなみに、フランス版DVDはVier5がデザインするようです)
この、ピタゴラスイッチの元祖とも言われる(!?)『事の次第』を含む、フィッシュリ&ヴァイス作品はUPLINKにて上映会やイベントも予定されています。
http://www.uplink.co.jp/kotonoshidai/theaters.php
These collections are all Koh Chihara's favorite things, and besides, he continuously received some work from them. It seems there was an episode that things went so perfect timing. One of interesting episodes was a work for Fischli and Weiss.  Koh Chihara has been such a fan of  Fischli and Weiss. He contacted Swiss agency which has the selling right because he was trying to buy a DVD which was not available in Japan. The Swiss agency kindly answered him "There's a project-plan releasing Japanese-edition-DVD, so please contact here for the DVD." He noted the information, and found it was UPLINK which he was actually working with, and he saw a name of a person in charge...
As a result, he has done designs for DVDs which he was actually trying to buy as a customer...
(French edition would be designed by Vier5)

a000146

ENGLISH TEXT uploaded

English text for last week's article has uploaded.

2007年02月16日

a000147

INTERVIEW: SYMBOLON vol.1

Atmosphere_blog第一回目のインタビューは、3月にCalm & Punkギャラリーにて個展『syndrome - symbolon solo exhibition -』を開催するイラストレーター、シンボロンさんです。
We have SYMBOLON, an illustrator for the first Atmosphere_blog-interview. His exhibition entitled "Syndrome - Symbolon Solo Exhibition" will be held at Calm & Punk Gallery in March 2007.


■まず始めにご自身の簡単なご紹介をお願いします。

イラストレーターのシンボロンです。
2000年にイギリスで本格的に仕事を始め、2004年から東京に拠点を移して活動中です。

■どのような目的でイギリスに行かれたのですか?またイギリスではどういった事を学びましたか?

もともとは、SkinTwoなどの雑誌にあるようなボンデージ・ファッションの本場を見てみたいと思い、渡英しました。ただ、いざ行ってみると雑誌以上に面白い物がなかなか無くて。気がついたら、そっちはすっかり忘れて、イラスト仲間と過ごすようになっていました。

イギリスにいる間は、色々なアーティストに会う機会があって沢山の事を学びましたが、一番大きかったのは楽しく絵を描く姿勢でした。doodlebugと言う正体不明の落書き大会でマンチェスターまで行ったり、グループ展Goback2Dをやったり、ワイワイやりながら鍛えられました。

■海外のクライアントとも多くお仕事をされていますが、作品を作る際に「日本」という事は特に意識されていますか?

自分が「日本人」だという事は意識してますが、作品にそれを意図的に反映させているつもりはありません。一つの作品を見て、海外の方が「日本的」だと言い、日本の方が「ヨーロッパ的」と言う事も多々あるので。ただ、色や空間の「抜き」に自分の日本的な物が出ているとは感じます。

■主に女の子をモチーフに描かれていますが、シンボロンさんの描く女性像に何か特定のイメージはありますか?

特定のというより、個人と群像?の中間にあるイメージを常に探しています。自分であり、自分で無いような微妙な境界に興味をひかれるので。

Please briefly introduce yourself.

- I am SYMBOLON, and working as an illustrator.  I officially started up a business in UK, and I have been working based in Tokyo since I moved here in 2004. 

Why did you decide to go to UK?

- I originally went to UK because I wanted to see an original place of Bondage Fashion like I've seen in a magazine Skin Two, but I couldn't find much to attract my eyes like things in Skin Two when I actually went there, then I automatically forgot about my original plan, and I was eventually spending time with illustrator friends.
While I was in UK, I had chances to meet various artists. In UK, the biggest move was having my enjoyable attitude to draw. 
I went to Manchester for an unknown graffiti party called Doodlebug, also had a group exhibition, Goback2D with the artists. I was trained in these lively exchange between artists. 

You've been working with a lot of overseas clients. Are you especially conscious of JAPAN when you make your artworks? 

- I am conscious of myself as Japanese, but I don't purposely intend to express it in my artworks. There are many cases that foreign people say "it is Japanese" and Japanese people say "It is European" to my artworks. 
but I think my Japanese elements are appeared in composition of color and space. 

You draw based on girls. Do you have particular image for girls you draw?

- I'm always seeking an image between a person and sculptures rather than particular image. I am fascinated by the subtle borderline, myself and not feel like myself. 



*インタビューは2回に分けて掲載します。第二弾は来週掲載予定です。
* This interview will be posted on our website in twice. Rest of the interview will be posted this Friday. 

2007年02月20日

a000148

INFO: Glovedup for Heatherette and Diesel at New York fashion week

ロンドンにスタジオを持つAgent AnonymことLauraが作るフィンガーレスグローブのブランド、Glovedupがニューヨークファッションウィークに参加しました。
Glovedupがグローブのデザインを提供したのはHeatheretteDiesel

Glovedup has participated New York Fashion Week!  Gloveup is fingerless glove brand produced by Laura a.k.a Agent Anonym having a studio in London.
Glovedup provided designs for Heatherette and Diesel.


backstage photos of Heatherette taken by Laura


gloves with Swarovski crystals for the collection

また、ロンドンファッションウィークでもTodd Lynn(U2やローリングストーンなどロック界の重鎮をクライアントに持つ注目の新ブランド)へデザインを提供したそうです。

コレクションで使用されたグローブを始め、個性的なグローブの数々がGlovedupのオンラインショップにて購入出来るので、是非チェックしてみて下さい。

Glovedup also provided designs for Todd Lynn at London Fashion Week. Todd Lynn is a new remarkable brand dealing with kings of Rock/ U2 and Rolling Stones as clients.

It would be well worth checking out Glovedup's website. You can purchase various unique gloves like the glove used in the Fashion Week on Glovedup's online shop.

2007年02月21日

a000149

EVENT: "FOURTEEN" Exhibition by Revelations/

原宿キャットストリート沿いにあったセレクトショップ「BBS TOKYO」が2月22日に「Revelations/」として新しくオープンします。この「Revelations/」は、トータルアートディレクション、アーティストキュレーションをADAPTERが担当しており、セレクトショップであると同時に新しい時代のクリエイティブコミュニティを創造するショップとなりそうです。このショップオープンに合わせ、展覧会「14(FOURTEEN)」が開催されます。

タイトル:14(FOURTEEN)
会期:2007年2月22日(木)〜5月10日(木)
参加アーティスト:黒川知希黒田潔、水野健一郎、重松淳也
場所:Revelations/(旧BBS TOKYO) 東京都渋谷区神宮前5-17-24 GB1F

2月23日(金)19時からオープニングパーティーが開催され、黒川知希、黒田潔、水野健一郎によるライブペインティングが行われるので是非足を運んでみては?

A shop, BBS TOKYO which is located along the Cat Street in Harajuku will be reopened as Revelations/ on February 22nd. 
ADAPTER is in charge of directing art and artistculation for Revelations/. It is a select shop as well as a shop which likely make a creative community for new generation.
An exhibition entitled "14(FOURTEEN)" was held for its opening.

Exhibition title: 14(FOURTEEN)
Date: February 22nd(Thu) 2007 - May 10th(Thu)
Participant artists: Tomoki Kurokawa, Kiyoshi Kuroda, Kenichiro Mizuno, Junya Shigematsu
Place: Revelations/

They had an opening party on February 23rd, and Tomoki Kurokawa, Kiyoshi Kuroda, Kenichiro Mizuno performed live painting. For the event report, please check here.

a000150

INFO: "NIEVES ZINES 2004-2007" and a new Zine by The Changes (P.A.M)

Nieves.jpg

スイスのインディペンデントパブリッシャー、Nievesがこれまで出版してきたジンの回顧展がミラノで開催されます。

The retrospective exhibition of zine is now being held held in Mirano.  
It will show you zine's works which Swiss indipendent publisher, Nieves has been published.

『NIEVES ZINES 2004 – 2007』
Date: February 22nd – March 7th, 2007
Opening times: Tuesday – Saturday, 11 – 13h / 15.30 – 19.30h
*Opening Reception: Thursday February 22th, 18 – 21h
Place: a+mbookstore
Contemporary Art Books
via Tadino 30, 20124 Milan, Italy


また、このオープニング(2/22)に合わせてNievesからThe Changes(P.A.Mのアートバンド名義)のジンがリリースされます。

Also, zine from "The Changes", P.A.M's another name as an art band, has been released by Nieves on February 22nd.  

さらに、P.A.Mつながりで情報をもうひとつ。
P.A.Mがついに日本初のオンリーショップを3月1日に渋谷パルコにオープン。P.A.Mファンの方は必見です。

Additionally, here is another info related P.A.M for you!
P.A.M. will finally open the first shop in Japan at Parco Shibuya on March 1st, 2007.  P.A.M. fans should check it out!

2007年02月22日

a000151

EVENT: Lab☆Motion

東京をベースに活躍する若いユニークな才能を紹介する企画展『Lab☆Motion』が現在トーキョーワンダーサイト本郷にて開催中です。参加アーティストはassistant、エキソニモ、トーチカの3組。今週末(25日)にはトーチカによるPIKAPIKAワークショップが開催されます。

Lab★Motion
会期:開催中〜 2007年3月21日(水)
場所:トーキョーワンダーサイト本郷
時間:11:00〜19:00(最終入場は30分前)
アーティスト:assistant / エキソニモ / トーチカ
入場料:無料

An exhibition entitled "Lab☆Motion" /introducing unique talents of Tokyo-based young artists is now being held at Tokyo Wonder site Hongo. 

Lab★Motion
DATE: February 14th, 2007(WED)-March 21st(WED)
PLACE: Tokyo Wonder Site, Hongo
TIME: 11:00-19:00(last entry:18:30)
Participant artists: assistant, exonemo, TOCHIKA
Entrance Fee: Free 

a000152

ENGLISH TEXT uploaded

English text for last week's article has uploaded.

a000153

INTERVIEW: SYMBOLON vol.2

先週に引き続き、イラストレーターSYMBOLONさんのインタビューです。Vol.1はこちら
Here is the last half of SYMBOLON's interview. Vol.1 is Here.

■3月にCalm & Punk Galleryで開催される個展『SYNDROME』に向けて只今制作真っ最中だと思いますが、今回はどのような作品を発表する予定ですか?

「女性の残酷さ」と「それを覗き見る楽しみ」をコンセプトにして、コマーシャルベースから一歩踏み込んだ表現が出来ればと思っています。カラーを極力抑えて、モノクロのストロークをシルクスクリーンやデジタルプリント、ギャラリー壁面に展開してきます。

■また、会期中にプリントゴッコを使ったワークショップを開催されるとのことですが、それに関して少し教えて下さい。

参加者と僕とでプリントゴッコを使ったコラボレーションをしたいと思っています。具体的には、僕がボディとなるイラストを描いて、その上に参加者が自分の好きな絵や柄を作成し、プリントゴッコで合体させると言う物です。とても簡単にアナログとデジタルの組み合わせが出来るので、きっと楽しくなると思います。

■それでは、最後に今回の個展への意気込みと読者の方へのメッセージをお願いします。

今回は、本当に久しぶりの個展となり、試したかった事など色々とやっています。コマーシャルとは一味違った、より可愛く、より残酷な女の子達がいろんな形で展開されます。オリジナルのTシャツやスカーフも用意していますので、是非ご来場下さい。

I think you are in the middle of work and preparation for the exhibition, SYNDROME which will be held at Calm & Punk Gallery in March,2007. Please tell us what kind of work you will show in this exhibition? 

- I hope to describe more deeply into things rather than the commercial base, and I want "Cruelty of Women" and "Pleasure of peeking it" as concept in this exhibition.
I toned down colors as much as possible,and spread out the monochrome stroke on silk screen, digital print and the surface of a gallery wall.

Could you tell us a little about the workshop you'll have during your exhibition? I heard Printgokko will be used in this workshop.      *Printgokko is a portable silk screen printer for family use

- I'm planning to do collaboration with participants using Printgokko. Concretely speaking, I will draw main part, and participants will draw or paint on my illustration as they like, and put them together by Printgokko.  It is very easy to combine analog and digital, so you might be able to enjoy it!

Finally, I would like to hear how your enthusiasm is for this exhibition, and please give a message for the readers.

- It's been a long time since I've had my exhibition last time, so now, I'm working on all sorts of things I have been hoping to try this time. Cuter and brutal girls will be introduced in many styles. It is a bit different from commercial way.
I also have original T-shirts and scarves in store. We look forward to seeing you there!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【開催概要】
名称:『syndrome - symbolon solo exhibition -』
会期:2007年3月2日(金)〜3月12日(月)※無休
時間:11:00 − 19:00
入場:無料
会場:CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
   〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
TEL:03-3401-0741
URL:http://www.calmandpunk.com/

※初日にレセプションパーティーを開催いたします。当日はプリントゴッコを使用してのパフォーマンスを行ないますので、無地のTシャツなどお持ちの上、是非お越しください。
日時:2007年3月2日(金)18:00 − 21:00


<ワークショップ開催概要>
名称:『Print syndrome』(プリントシンドローム)
日時:2007年3月11日(日)13:00 − 15:00
定員:20名(対象年齢なし)
※ご応募はホームページ又はお電話にて受付中。(03-3401-0741)

【ワークショップ概要】
レーザープリンタで出力したシンボロンのイラストに、参加者各自がプリントゴッコでつくった版をのせて、オリジナルのコラボレーション作品をつくります。プリントゴッコの特徴でもある、デジタルプリントでは出せない特色(メタリック色、蛍光色など)での表現や、押し方やタイミングによって1枚1枚異なる、味のある作品ができあがります。デジタル(パソコン)とアナログ(プリントゴッコ)の表現手法の組み合わせによって、新しいクリエイティブな発見と想像力がふくらむワークショップです。

*Event Information*
Event Title: "syndrome - symbolon solo exhibition -"
Date: March 2nd, 2007(Fri)-March 12th(Mon) *open 7days a week
Time: 11:00-19:00
Entrance fee: Free
Place: CALM & PUNK GALLERY
General information: 03-3401-0741
URL:http://www.calmandpunk.com/
*We will be holding an opening party on the first day. Please come, and bring a solid color T-shirts on the day, there will be a performance using Printgokko. 

*Workshop Information*
Title:『Print syndrome』Date: March 11th (Sun) 13:00-15:00
Full number:20 people (all ages accepted)
Applications are now being accepted on our website or please contact us at 03-3401-0741

You will make an original collaboration work.  Each of participants create their own work using printgokko, and put it on SYMBOLON's illustration which is printed by laser printer.
It is a feature of Printgokko to be able to show metallic color and fluorescent color, also each work will be finished differently and nicely depends on how you press and the timming you press.  This workshop will give you a new creative discovery and grow your imagination by the technique, use of Digital/computer and Analog/Printgokko.

2007年02月26日

a000154

EVENT: Sleek Fest. for girls...Fafinettes X adidas Originals

アスリートのために生み出されたプロダクトを、現在のファッションにあわせてよみがえらせたブランド「アディダス オリジナルス」から、よりフェミニンなアレンジをほどこした新ライン「Sleek Series」が発売されます。この「Sleek Series」の2007年春夏コレクションはAtmosphere 03でも紹介したフランスの人気アーティスト、Fafiとのコラボレーション。その発売を記念して2月28日から3月4日までFafiを主役に迎えた、女の子のためのイベント『Sleek Fest. for girls...Fafinettes X adidas Originals』が開催されます。

『Sleek Fest. for girls...Fafinettes X adidas Originals』イベント概要

■ショップイベント
アディダス オリジナルスショップ原宿2階に設けられたFafi's Roomで、Fafi自身がオリジナル作品の制作を行います。3月3日(土)のひな祭りの日にはFafiのライブペイントを開催します。

日時:2007年2月28日(水)〜3月3日(土)15:00〜18:00
会場:アディダス オリジナルスショップ原宿 東京都渋谷区神南6-14-7 MEビル(tel.03-5464-5580)

■クラブイベント
イベントのフィナーレを飾るべく、豪華ゲストを迎えてのクラブイベントを開催します。会場ではFafi本人がDJを行う他、Ed Banger RecordsよりDJ FeadzやUffieなど世界的に活躍するDJたちが会場を盛り上げます。

日時:2007年3月4日(日) 21:00〜24:00
会場:クラブ キャメロット 東京都渋谷区神南1-18-2 神南坂フレームBF/GF(tel. 03-5728-5613)
入場料:女性無料/男性 \2,500(DOOR・2D) \1,000(with Flyer・1D)

イベント詳細:http://www.adidas.co.jp/originals/

a000155

EVENT REPORT: Revelations/ opening party

先週オープンしたショップ「Revelations/」のオープニングイベントの様子をリポートします。

当日は、1階のショップ店内にアートワークが展示され、屋上のイベントスペースにてライブペインティングが開催されており、多くのお客さんで賑わっていました。

Here is our report on the opening party of "Revelations/".
On this day, many people came for artworks exhibited in a shop on the 1st floor and a live painting event held in roof space of the building.


ショップのトータルアートディレクション、アーティストキュレーションを手掛けるADAPTERのアートワーク及びビジュアル・フリーマガジン『Public/image.』

Artworks by ADAPTER who is in charge of directing art and artistculation for this shop, and free magazine of visual art, "Public/image.".


左から、水野健一郎、黒田潔、黒川知希のアートワーク。
See the artworks from the left; by Kenichiro Mizuno, Kiyoshi Kuroda, Tomoki Kurokawa.


エントランスに展示されている重松淳也のアートワーク。
Junya Shigematsu's artwork is welcoming you at entrance.


屋上で開催されていたライブペインティング。多くのお客さんでごった返す中、黙々と描いていました。
A live painting was hold on the roof space. They were deeply absorbed in painting in a big crowd.

ショップ店内のアートワークは5月10日(木)まで展示されているので、是非近くに立ち寄った際は覗いてみて下さい。
If you get a chance to stop by, please come and see the artworks exhibited in the shop. It will be displayed untill May 10th.

2007年02月27日

a000156

EVENT: Flying Books presents "Family Dog Psychedelic Rock Poster collection"

GAS PRESSING vol.10でレアなサイケデリック新聞を紹介してくれた渋谷の古書店、Flying Booksが3月1日から渋谷・恵比寿の4店で「ファミリードッグ・サイケデリック・ロックポスター・コレクション」を同時開催します。
「ファミリードッグ」とは、グレイトフル・デッド、ジェファーソン・エアプレイン、ジャニス・ジョップリンらを輩出し、サンフランシスコを中心に、60年代後半たったの5年間でロックの歴史を創り上げた伝説のオーガナイズ集団。
この企画展は、Flying Booksオーナーの山路さんが昨年サンフランシスコで入手した、ファミリードッグの幻のコンサート・ポスターがあまりにも見事な色使いで、通常のカタログ販売だけでは勿体無さ過ぎて、出来るだけ多くの人に見てもらおうと企画されたものです。(GAS PRESSINGで紹介した60年代のサイケデリック新聞も、見せて頂いた現物は誌面では伝えきれない程の色の美しさと奇抜な色使いでした)
是非この貴重な機会をお見逃しなく!

<イベント概要>
Flying Books presents
ファミリードッグ・サイケデリック・ロックポスター・コレクション(展示販売)
会期:2007年3月1日(木)〜31日(土) (*タワーカフェは14日(水)まで)
会場:(4ヶ所同時開催)渋谷:TOWER BOOKS、Flying Books
恵比寿:TOWER CAFEGround2
詳細:http://www.flying-books.com/familydog_posters.htm


3月3日(土)TOWER CAFEにて人気翻訳家によるロック対談開催!
presented by village books supported by TOWER BOOKS
「Shibata Niimoto Radio Station  60年代ウェスト・コースト特集」
OPEN: 19:00 START: 19:30 Fee:¥500(1D付)
出演:柴田元幸(東京大学文学部教授)、新元良一(京都造形芸術大学助教授)
柴田元幸氏と新元良一氏によるDJ感覚のトークショー。アメリカ文学に造詣の深いおふたりが、お好きなミュージシャンや曲をお題に、音楽のみならず、さまざまな文化を縦横無尽に語りつくします。

A secondhand bookstore in Shibuya, Flying Books which has introduced rare psychedelic newpapers in GAS PRESSING vol.10 is holding exhibition entitled "Family dog Psychedelic Rock Poster Collection" at 4 different spaces in Shibuya and Ebisu at the same time  from March 1st.
Family dog is a legendary organize group, which produces talented artists such as Grateful Dead, Jefferson Airplane, Janis Joplin. They built up the rock history in only the 5 years in the 60's in San Francisco.
An owner of Flying Books, Mr.Yamaji got very rare posters of Family Dog in San Francisco last year. This exhibition was arranged for the purpose of showing those actual posters to as many people as possible since the use of colors were amazing and it was not enough to show them on catalogue.
*I could say the same thing for psychedelic newspapers of the 60's, which we introduced in GAS PRESSING.  It was absolutely beautifully done with fantastic use of color, and beyond our expectation when we actually saw original.  
So don't miss the rare chance to check out the original posters!

"Family dog Psychedelic Rock Poster Collection" (exhibit&sale)
Date: March 1st, 2007(Thu) - March 31st(Sat) / *open at Tower cafe untill March 14th(Wed) 
Place: SHIBUYA/ Tower Books, Flying Books EBISU/ TOWER CAFE, Ground2
For more details: http://www.flying-books.com/familydog_posters.htm

2007年02月28日

a000157

ENGLISH TEXT has been uploaded

English text for last week's articles has been uploaded

a000158

EVENT: MARCH OF THE JAYPEG

  JAYPEG(元ILLDOZERメンバー)のイベント、"MARCH OF THE JAYPEG"が今週金曜に開催されます。ゲストは、いま話題のオンライン・レコードショップ 'Moon Walk Records' を主宰するRoger Yamaha氏。

また、今回は"MARCH OF THE JAYPEG"の様子をリアルタイムでストリーミング出来るそうです!(10:00からオンエアの予定ですが、まだ未定だとの事)※この放送にはitune、Realplayer等のストリーミングソフトが必要です。
http://jaypeg.jp

March Of The JAYPEG
DATE: 3/02 FRIDAY
PLACE: OATH ex 青山蜂 1f / 東京都渋谷区渋谷4-5-9青山ビル1f
TEL: 03-5766-4887
http://www.aoyama-hachi.net

■START 10pm〜
■入場無料
■DJs : ABE SHUHEI & 1DRINK
■SPECIAL GUEST DJ : ROGER YAMAHA
■Soundsystem : MONSTRO SOUND SYSTEMS
■Live Streaming Radio : Powerd by WAVEFORTUNE
http://jaypeg.jp

About 2007年02月

2007年02月にブログ「Atmosphere」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2007年01月です。

次のアーカイブは2007年03月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

It is all the entries contributed to blog「Atmosphere」inFebruary 2007.

The previous archive is2007年01月.

The following archive is2007年03月.

main indexor look in thearchivesto find all content.

Powered by
Movable Type