« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月 アーカイブ

2006年11月01日

a000072

NEWS: NEW CLASSIC STYLE by 20,000,000 fragments

ガスアズインターフェイスが2006-07 A/Wより始めたファッションブランド「20,000,000 fragments〈トゥエンティミリオンフラグメンツ〉」の2007 S/Sコレクションの展示会が始まりました。様々な分野で創造の挑戦を続け、その表現の枠を拡張する事にポジティブに取り組んでいるクリエイターたちにHOMMAGE〈オマージュ〉というテーマを掲げ、新たな表現の場を提供しています。

2006-07の1年間を通してのテーマはテキスタイルデザイナーのMALHIA KENT。MALHIA KENTはCHANELに1920年代からツイード生地を供給していました。今シーズンはその関わりの深いCHANELをクローズアップし、ナチュラルな素材を軸に展開していきます。クラシックでありながら、丸みのあるフォルムや華奢なシルエットなどが際立つコレクションとなっています。
また今シーズンからメンズラインもスタート。細かいディテールにこだわった、流行にとらわれないレイヤードスタイルを提案します。

取扱店舗:Changes UNITED ARROWS、Re-Style 伊勢丹新宿店、DEUXIEME CLASSE、Adam et Rope、松屋銀座

The fashion brand started by Gas As Interface from 2006-07 A/W, 20,000,000 fragments has began its exhibition for the 2007 S/S collection. Under the conceptual theme, to pay HOMAGE to creators who make a positive effort to expand their boundaries and continue to challenge their creation in various fields, the brand provides grounds for new creative expressions for artists.

The continuing theme for 2006-07 is the textile designer, MALHIA KENT, known for providing the famous tweed for CHANEL during the 1920's. This season, 20,000,000 fragments closes up on CHANEL and centers its design around natural fabrics, resulting in a collection that is classic yet with round forms and delicate silhouettes.

From this season, the men's line has also started. The men's line is designed with fine details suggests layered style that is not swayed by trends.

Handling stores: Changes UNITED ARROWS、Re-Style ISETAN Shinjuku、DEUXIEME CLASSE、Adam et Rope、MATSUZAKAYA Ginza

2006年11月02日

a000073

INFO: self service no.25

self25.jpg

WORK IN PROGRESSがデザインをしている「self service」の最新号25号が発売されました。今回もダブルカバーで二種類の表紙になっているようです。表紙写真はInez Van Lamsweerde & Vinoodh Matadin。
http://www.selfservicemagazine.com/

The 25th issue of self service designed by WORK IN PROGRESS is now out, double covers with 2 different types of cover. Cover photo by Inez Van Lamsweerde & Vinoodh Matadin.
http://www.selfservicemagazine.com/

a000074

EVENT: MARCH OF THE JAYPEG

  11月3日(金)、OHATHに改名した青山蜂にて"MARCH OF THE JAYPEG" aka "JAYPEG祭り"が開催されます。フリー・エントリー。また今回は初の試みでスペシャルゲストにFran-Key(Tripster/CRUE-L)、マジアレ太カヒロ(スマーフ男組)を迎え、ガシガシやらかす予定だそうです。

MARCH OF THE JAYPEG
11/03 FRI @OATH ex 青山蜂 1F &オープン・エア
東京都渋谷区渋谷4-5-9青山ビル1F
info : http://www.aoyama-hachi.net

■START 9pm〜
■入場無料
■DJs : ABE SHUHEI & 1DRINK
special guests
Fran-Key (Tripster/CRUE-L)、マジアレ太カヒロ (スマーフ男組)
■Soundsystem : MONSTROCITY

2006年11月06日

a000075

INFO: KREATIVE ZINE

  クリイティブをテーマにしたフリーペーパー「Tokion inspired by KOOL Presents KREATIVE ZINE」が出ました。80ページのボリュームあるフリーペーパーには14人のアーティスト達がヴィジュアルを提供している他、プロダクトやカルチャー、世界のクリエイティブ情報などが紹介されています。参加アーティストは、YASUSHI FUJIMOTO(CAP), YOSHIMITSU UMEKAWA, RYUSUKE EDA, KIYOSHI KURODA, IPPI, UKAWA NAOHIRO, JERRY UKAI, KENSEI YABUNO, MASAYUKI SHIONDA, SILAS HICKEY, SHINGO ABE, PAI, NORIYUKI SHIMIZU, HIROSHI IGUCHI。現在配布中です。

A free paper with the title, "Tokion inspired by KOOL Presents KREATIVE ZINE" is now out and available. This thick free paper with over 80 pages offers products and cultural info as well as creative information from around the world, with over 14 artists offering visuals. Participating artists include YASUSHI FUJIMOTO(CAP), YOSHIMITSU UMEKAWA, RYUSUKE EDA, KIYOSHI KURODA, IPPI, UKAWA NAOHIRO, JERRY UKAI, KENSEI YABUNO, MASAYUKI SHIONDA, SILAS HICKEY, SHINGO ABE, PAI, NORIYUKI SHIMIZU, HIROSHI IGUCHI.

2006年11月07日

a000076

INFO: FAKE REAL magazine

  パリを拠点とするエクスペリメンタルなオフィス、Tsunami Addictionが編集するフリーマガジン「FAKE REAL」が創刊されました。デザインはEvent10。第一号はdDamageの4thアルバム『Shimmy Shimmy Blade』のリリースに合わせて発行され、フランスのバーやクラブ、ギャラリーやコンセプトショップなどに設置されています。現在はフランス国内のみで入手できますが、欲しい人はtalk@tsunami-addiction.comにメールを送れば入手できるとの事。

FAKE REAL, the new free magazine edited by Tsunami Addiction -the experimental office based in Paris, has made its first launch. Design by Event10. The first issue was released to go with the release of dDamage's 4th album, "Shimmy Shimmy Blade", and will be available at bars, clubs, galleries and concept stores in France. Right now it's only available in France , but you can ask for it, send an e-mail to talk@tsunami-addiction.com.

2006年11月08日

a000077

INFO: Nike ID Air Max designed by //DIY -Auction result

  スイスのチューリッヒにて、+41のNike iD Air Maxがクリスティーズのオークションにかけられました。およそ400人程が見守る中、開始から5分以内で1400CHF(=約13万円)にまで跳ね上がり、最終的には出品された5足のスニーカーは全部で5000CHF(=約47万円)以上にもなりました。売上げは全てチャリティーに行くそうです。

+41's Nike iD Air Max was put on auction in Zurich, Switzerland at Christie’s. While over 400 people watched, the price cranked up to 1400CHF (about $1100) and the total price of the 5 pairs of sneaker put out to auction totaled to over 5000CHF (about $4000). All profit will be given to charity.

2006年11月09日

a000078

COLUMN: RAY GUN /DAVID CARSON

最近デザインの面白い雑誌をあまりみかけなくなってきたような気がする。以前と比べたら、大手、インディーズ関係なく、どの雑誌もレイアウトが美しく、読みやすくなってきているし、全体としてはデザインクオリティが高くなってきてはいる。しかし、その一方でどの雑誌も同じようにみえてしまうのが残念だ。そんな雑誌のデザインについて考えると、やはり92年創刊された「RAY GUN」はとても衝撃的だった。DAVID CARSONのデザインは、大胆で、刺激的で、そして雑誌デザインに対する挑戦でもあった。1994年のRAY GUN 21号のブライアン・フェリーのページでは、全てのフォントをZapf Dingbatにしてしまったというのはとても有名な話である。(ちなみに見開きのZapf Dingbatで表記されているのをアルファベットにおきかえると、タイトルは大文字でBRYAN FERRY 本文はTwenty-two years after the first of my many------となっている。これはちょっとした暗号で、なれないとアルファベットにおきかえるまでかなり時間がかかる作業である) 
DAVID CARSONについて語りだすと、とても文章が長くなってしまうので、ここではあまり紹介できないのが残念だけど、RAY GUNのように毎号毎号がとても楽しみな雑誌はいまでは少なくなってしまった。彼の作品集も何冊か出ているので、もし興味のある人はぜひ参考に。
(写真左手前:THE END OF PRINT/ 左奥:DAVID CARSON:2nd sight 両方ともPub;laurence King Publishing 右前:RAY GUN 21号 見開き 右奥:RAY GUN 24号
この頃のRAY GUNが一番面白かった気がする。THE END OF PRINTというタイトルもとてもかっこいいし、DAVID CARSON らしいとてもいいタイトルだ)
TEXT : 蜂賀 亨

I feel like there aren't many interesting design magazines out there these days. Compared to the old days, major or indies, most magazines have beautiful layouts and are easy to read, and generally the design quality is higher. But--unfortunately, they all look the same. Thinking about design magazine in this way, RAY GUN first published in '92 came with a big shock. DAVID CARSON's designs was bold and stimulating and was a challenge towards magazine design itself. It's a famous story that the entire font used for Bryan Ferry's feature on issue 24 of RAY GUN published in '94 was Zapf Dingbat. (If you convert the Zapf Dingbat in the opening page to alphabet, the title says, in capitol letters--BRYAN FERRY, and the sentence reads - “Twenty-two years after the first of many...”. This is a bit of a code, and if you are not used to converting, the process takes some time to replace the font to alphabets.)
If I start talking about DAVID CARSON this will end being really long, so unfortunately I won't be able to go into depth here, but it’s too bad that there aren’t many magazines anymore that you can't wait for the next issue to come, like how you felt with RAY GUN. There are several books of his works out too, so if you are interested take a look at them.
(Left photo: THE END OF PRINT / Left back : DAVID CARSON : 2nd sight. Both published by Laurence King Publishing. / Right front : RAY GUN issue 21 Spread page. / Right back : RAY GUN issue 24. I think this was the best time of RAY GUN. The title, THE END OF PRINT is super cool and is a very good DAVID CARSON-like title.)
TEXT : TORU HACHIGA

2006年11月10日

a000080

EVENT:『TRAX GROUP SHOW』

trax_1.jpg   2006.11.18(Sat) - 12.17(Sun)まで井口弘史/生西康典などが参加するグループ展が開催されます。

『TRAX GROUP SHOW』at GALLERY TRAX
参加アーティスト:井口弘史 / 生西康典 / 鴨田潤(イルリメ) / 湯沢薫 / 吉野ゆりこ 
OPEN/ Fri, Sat, Sun, Mon 12:00 - 17:00
(11/18 opening party 15:00 - 18:00)
info : GALLERY TRAX 山梨県北杜市高根町五町田1245
TEL.0551-47-4915
http://www.eps4.comlink.ne.jp/~trax/frame.html

A group exhibition with artists as Hiroshi Iguchi and Yasunori Ikunishi will be held from November 18th (Sat) - December 17th (Sun).

『TRAX GROUP SHOW』at GALLERY TRAX
Participating artists : Hiroshi Iguchi / Yasunori Ikunishi / Jun Kamoda(Illreme) / Kaoru Yuzawa / Yuriko Yoshino
OPEN/ Fri, Sat, Sun, Mon 12:00 - 17:00
(11/18 opening party 15:00 - 18:00)
info : GALLERY TRAX 1245 Gochoda Takane-cho, Hokuto-city Yamanashi-ken
TEL.0551-47-4915
http://www.eps4.comlink.ne.jp/~trax/frame.html

2006年11月13日

a000082

NEWS: CALM & PUNK GALLERY

クリックで拡大します 2006年12月、ガスアズインターフェイスがプロデュースする新しいギャラリー、CALM & PUNK GALLERY(カームアンドパンクギャラリー)がオープンします。西麻布の交差点からほど近いところにある築30年のビルの1階部分をリノベーションし、天井高5m以上の空間を真っ白に塗り替えたその空間は開放的で落ち着いた雰囲気です。 このギャラリーではインタラクティブアートを中心に、メディアアート、グラフィック、写真、ファッション、映像など、様々な展示表現を行っていく予定です。12月からはワークショップや展示会、個展など様々なイベントが開催されます。各イベント情報はまた追ってこのブログで告知します。

CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
住所:〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
TEL&FAX:03-3401-0741
お問い合わせ:info@calmandpunk.com
http://www.calmandpunk.com/

In December of 2006 CALM & PUNK GALLERY, the new gallery produced by Gas As Interface will open. The renovated 1st floor of the 30 years old building painted all white with a 5m high ceiling is very open with a relaxing atmosphere. Just minutes away from the Nishi-Azabu crossing, the gallery will feature interactive art and hold various exhibitions for media art, graphic, photo, fashion and video.
Starting this December, workshops, exhibitions and solo exhibitions are scheduled. We will keep you updated with info on CALM & PUNK GALLERY on this blog.

Calm & Punk Gallery
1F Asai Bldg. 1-15-15 Nishiazabu Minato-ku, Tokyo 106-0031
TEL&FAX (+81) 3 3401 0741 
For information: info@calmandpunk.com
http://www.calmandpunk.com/ 

2006年11月14日

a000081

EVENT: Chez Andreas och Fredrika


Photo by Jenny Källman © Andreas och Fredrika and Jenny Källman

2006年11月26日(日)〜2007年1月21日(日)まで、大阪のgraf media gmにてスウェーデン出身のクリエイティブユニット、アンドレアス&フレデリーカの日本での初の展覧会が開催されます。この展覧会に合わせてアンドレアス&フレデリーカが来日し、滞在制作した作品も展示されるので、彼らの非常に多彩で豊かなビジュアルの世界が生まれる背景やプロセスを見る事ができます。またgraf media gmが瑛長ビル1Fからgraf bld.5Fへの移転後初の展覧会となるので、新しくなったgraf media gmに遊びに行ってみてはいかがでしょう?

Chez Andreas och Fredrika
会期:2006年11月26日(日)〜2007年1月21日(日)
会場:graf media gm (graf bld. 5F・大阪市北区中之島4-1-18 )
12:00 - 20:00 / 入場無料
休廊日:毎週月曜日 (祝日は除く) *年末年始の休廊日:12月29日(金)〜1月5日(金)
http://www.graf-d3.com/

Andreas & Fredrika, the swedish creative unit will be holding their first exhibition in Japan at graf media gm in Osaka from November 26th(Sun), 2006 ~ January 21st (Sun) 2007. The duo will come to Japan for the exhibition and will be showing their creative works made during their stay here so the audience will be able to see how their colorful and rich visual world comes to life as well the background for it. This will be the first exhibition since graf media gm's move from Eicho bld. 1st to graf bld. 5F, so it will be a good chance to go and visit the new graf media gm as well.

Chez Andreas och Fredrika
Date:November 26th (Sun) 2006〜January 21st (Sun)2007
Place:graf media gm (graf bld. 5F・ 1-18 Nakanoshima Kita-ku, Osaka-fu)
12:00 - 20:00 / No entrance fee
Holidays:Every Monday (Except holidays) * Year-end & New Years holidays:December 29th (Fri)〜January 5th (Fri)
http://www.graf-d3.com/

2006年11月15日

a000083

INFO: GROOVISIONS DVD "GRV2283, GRV2284"

grv.jpg   グルービジョンズのモーショングラフィック作品のDVD "GRV2283, GRV2284"が現在発売中です。GRV2283はHALFBYの軽快な音楽に合わせて奇妙な集団が街を練り歩くストーリー。グルービジョンズならではのシンプルでシステマティックな構造でありながらも、随所にユーモアがちりばめられてあり、何度みても飽きのこない作りになっています。GRV2284は2004年にgallery ROCKETで開催された個展 "Cloudbusting"で発表された作品をバージョンアップしたもの。1カットで地球一周の旅をする壮大な絵巻物です。両作品共に小気味の良いテンポで進んでいくので、BGVとして流しておくのに最適です。

只今グルービジョンズとナウオンメディアのオンラインショップにて発売中です。
GROOVISIONS: http://www.groovisions.com/
NOWONMEDIA: http://www.nowondvd.net/products/GRV22834/index.html
※↑サンプルムービーが見れます。

GROOVISIONS' motion graphic DVD, "GRV2283, GRV2284" is now on sale. GRV2283 is a story about a strange group of gang going around town to the swinging music by HALFBY. You will find humor here and there within the simple and systematic structure of the images, characteristic of GROOVISIONS, and you won't get tired of watching this DVD over and over. GRV2284 is a scaled up version of "Cloudbusting", the exhibition shown at gallery ROCKET in 2004. It is a spectacular picture scroll that circles the earth in one cut. Both works' progress with a pleasant tempo, making it a perfect choice for BGV.

Now on sale at GROOVISIONS & NOWONMEDIA online shops:
GROOVISIONS: http://www.groovisions.com/
NOWONMEDIA: http://www.nowondvd.net/products/GRV22834/index.html
↑sample movie available.

2006年11月16日

a000084

EVENT: Marcus James Exhibition in London

  ChloéやYves Saint Laurent、そして昨シーズンでは20,000,000 fragmentsにもテキスタイルを提供しているアーティストMarcus Jamesの新作の展覧会がロンドンで開催されます。エロティックな花のシルクスクリーン作品シリーズ "Dirty Flower Prints"や最新のプリント作品なども展示される予定です。

場所:Scream 34 Bruton Street, London W1J 6QX
期間:2006年11月21日〜12月2日

Marcus James who has offered textile design to Chloé and Yves Saint Laurent as well as to 20,000,000 fragments last season is holding an exhibition of his new works in London. His erotic silk screen series, "Dirty Flower Prints" and other latest works will be exhibited.

Place: Scream 34 Bruton Street, London W1J 6QX
Dates:November 21st - December 2nd 2006.

2006年11月17日

a000085

EVENT: MUSTONE EXHIBITION

日本の伝統的文化である伝承芸術「妖怪」を独自の解釈で表現する世界的アーティスト「MUSTONE」による展覧会が、アーティスト本人の出身校でもある徳島美術学院の協力の元、徳島県立文化の森・徳島近代美術館1Fギャラリーにて開催されます。

MUSTONE展
日時:2006年11月17日(金)〜19日(月) 10:00〜17:00
場所:徳島県立文化の森 徳島近代美術館ギャラリー
入場無料
http://www.art.tokushima-ec.ed.jp/topdata/detail/arttmp/event_art_70101_20061117.html

また、同市内の両国本町商店街にはMUSTONEによるヘビの妖怪がシャッターに描かれた店舗があり人気を集めているそうです。
http://www.topics.or.jp/Old_news/n06111409.html
徳島に行かれる方はこちらも是非。(ただし、お店の閉店時しか見られないのでご注意を)

2006年11月20日

a000086

INFO: SOPHIE TOPORKOFF x TSUMORI CHISATO

12月末まで、TSUMORI CHISATOのパリ店にてSophie Toporkoffとツモリチサトとのコラボレーションによるインスタレーションが展示されます。
TSUMORI CHISATO, 20 rue Barbette, Paris

An collaboration installation by Sophie Toporkoff and Tsumori Chisato will be exhibited at the TSUMORI CHISATO Paris store until the end of December.
TSUMORI CHISATO, 20 rue Barbette, Paris

2006年11月21日

a000087

INFO: Rendez-Vous magazine

 

Rendez-Vous magazineの最新号が出ました。特集はPULPのフロントマンとして知られるJarvis Cocker。
http://www.rendezvousmagazine.fr/

The latest issue of Rendez-Vous magazine is now out. The featured artist is Jarvis Cocker, well known as a frontman of PULP.
http://www.rendezvousmagazine.fr/

2006年11月22日

a000088

INFO: RESFEST 10

  11月23日からRESFEST 10 ジャパンツアーが開催されます。10周年となる今年は、今日本でも大人気のポップアイコン、リリー・アレンの「LDN」をはじめ、Hot Chipの「Over and Over」では特殊撮影の制作風景をそのまま見せるなど、業界も驚愕のクレイジーなアイディアで「今最もチェックすべき監督20人」にも選ばれたニマ・ヌリサデがロンドンから初来日します。その他、12月23日からの一般劇場公開に先駆け「鉄コン筋クリート」が上映されるなど、注目のプログラムが開催されます。

東京 : 2006年11月23(木)〜26(日) ラフォーレミュージアム原宿
京都 : 2006年12月1(金)〜3(日) 京都アートコンプレックス1928
神戸 : 2006年12月8(金)〜10(日) 神戸アートビレッジセンター
福岡 : 2007年2月3日(土)〜4日(日) 福岡アジア美術館
仙台 : 2007年2月23日(金)〜24日(土) せんだいメディアテーク

詳細 : RESFEST JAPAN

2006年11月24日

a000089

NEWS: UNIQLO SOHO NY SHOP open

11月10日「ユニクロ ソーホーニューヨーク店」が、ついにオープンしました。
1000坪もあるという大型旗艦店で、オープン最大の目玉商品はエントランス部分に陳列されているJapanese Pop Culture Project Tシャツ。GAS AS I/Fも今回の企画に一部携わり、GASと関わりのある全13組の日本人アーティストに参加して頂きました。
参加アーティスト: Adapter、POWER GRAPHIXX、エンライトメント、タナカカツキ、井口弘史、稲葉英樹、黒川知希、点/ten_do_ten、五木田智央、田名網敬一、黒田潔、KYOTARO、enamel. (順不同、敬称略)

オープン前日のオープニングパーティーでは、田中知之氏がDJを披露し、ニューヨークで活躍する森本シェフが美味しい料理を振舞うなど、贅をこらした盛大なお披露目となりました。

10日のグランドオープン時には地元メディアが集結し、開店前から地元の人が行列する程の話題ぶりでした。日本人アーティストがデザインしたTシャツは、地元ニューヨーカーにも大人気で5枚、6枚とまとめ買いするお客さんが沢山いました。ぜひニューヨークへ行かれる際は、ユニクロの最新Tシャツを見にお店へ行ってみてください。

お店の詳しい情報はUNIQLOのウェブサイトをご覧下さい。
http://www.uniqlo.com/jp/

The long awaited UNIQLO SOHO NY Shop finally opened on November 10th.
In the massive 1000㎡ flagship store, the biggest eye catcher product for the opening was the Japanese Pop Culture Project T-shirts displayed at the entrance. Gas As I/F joined this project and had 13 artists with relation with Gas to participate.
Participating artists: Adapter, POWER GRAPHIXX, Enlightenment, Katsuki Tanaka, Hiroshi Iguchi, Hideki Inaba, Tomoki Kurokawa, ten_do_ten, Tomoo Gokita, Keiichi Tanaami, KYOTARO, enamel.

The opening party turned out to be a fantastic unveiling ceremony with Tomoyuki Tanaka as the DJ and beautiful food by the popular Chef Morimoto.

The local media all gathered at the grand opening on the 10th and people lined up before the opening. The T-shirts designed by Japanese artists were very popular with the New Yorkers and many bought 5-6 T-shirts at once. If you have a chance to go to NY, please go and check out the latest T-shirts at UNIQLO.

For more detailed info, take a look at UNIQLO’s website.
http://www.uniqlo.com/jp/

2006年11月27日

a000090

EVENT: Kiyoshi Kuroda Exhibition “DISCOLOR”

  美しく繊細な線描で人気を誇っているイラストレーター、黒田潔の個展が開催されます。「DISCOLOR」(退色、腐食)と題された自身5度目となる今回の個展において、手描きのペインティングを中心に「生と死」の物語が描かれます。普段は印刷媒体などのメディアを通してIllustratorでデータ化された作品を目にしている人が多いと思いますが、この個展では彼の生の作品の力を直に感じる事のできる貴重な機会なので、黒田ファンのみならずとも是非見に行ってみてはいかがでしょうか。

黒田潔個展「DISCOLOR」
会期:2006年12月2日(土)~12月29(金)
オープニングレセプション:2006年12月2日(土)19:00〜21:00
トークショウ 12月16日(土)19:00〜21:00 黒田潔、福井利佐、成田久
会場:NANZUKA UNDERGROUND 入場料:FREE

Kiyoshi Kuroda, the popular illustrator known for his beautiful and delicate line drawings, will be holding an exhibition. For his 5th exhibition entitled “DISCOLOR”, Kuroda will draw the story of “Life and Death” using hand drawn painting as his main expression of choice. As his usual work is normally seen in media in digitalized Illustrator file, this exhibition is a rare chance to experience the raw power of his work at hand.

Kiyoshi Kuroda Exhibition “DISCOLOR”
DATE: 2006 December 2nd (Sat)~29th (Fri)
Opening Reception: December 2nd (Sat) 19:00~21:00
Talk Show: December 16th (Sat) 19:00~21:00 Kiyoshi Kuroda, Risa Fukui, Hisashi Narita
Place: NANZUKA UNDERGROUND Entrance Fee: Free

2006年11月28日

a000092

EVENT: bonjour records 10th anniversary party

1996年に代官山にオープンして以来、様々なジャンルの音楽を独自の視点でセレクトし、またアート、ファッションなど音楽を取りまくライフスタイル全てを提案し続けてきたボンジュールレコード。そのボンジュールレコードの10周年を祝うイベントが開催されます。
DJには2 many djs、Gildas&Masaya(Kitsune)、大沢伸一(MONDO GROSSO)といった世界的なカリスマDJ達を迎え、VJはENLIGHTENMENTといった豪華なラインナップです。

2006.12.7(木)@WOMB OPEN 22:00 
当日 \4800 前売 \4300(@bonjour records)

DJs:
2 many djs
SHINICHI OSAWA (MONDO GROSSO)
Gildas & Masaya (kitsune)
MASATOSHI UEMURA (bonjour records)

VJ:ENLIGHTENMENT

Since the opening in Daikan-yama in '96, Bonjour Records have been selecting various genres of music through thier unique point of view and suggested lifestyles around music oriented art and fashion. Such Bounjor Records will be holding an event to celebrate thier 10 year anniversary.
The luxurious selection of world famous DJ's VJ's are-- 2 many djs, Gildas&Masaya(Kitsune) and Shinich Osawa (MONDO GROSSO) and ENLIGHTMENT for VJ.

http://www.bonjour.co.jp/index_news.html

2006年11月29日

a000091

INFO: i-NOTE designers template

住友スリーエム株式会社のポスト・イット®パーソナルプリントi-Noteからデザイナーシリーズのテンプレートがリリースされました。参加デザイナーはGROOVISIONS、セキユリヲ、タナカカツキの3アーティスト。それぞれのアートワークに自分のメッセージをいれてi-Noteがオーダーできます。

詳細はこちら: http://www.inote.jp/ezpp/ui/inote/flash.html

Sumitomo 3M released the designers series template for Post-it® Personal Print i-Note. Participating artists are GROOVISIONS, Seki Yurio and Katsuki Tanaka. You can put personal message in each of the artworks and order the i-Notes.

For more info: http://www.inote.jp/ezpp/ui/inote/flash.html

2006年11月30日

a000093

NEWS: GAS BOOK 24 HIDEKI INABA "〜NEWLINE"

長らくお待たせしました。GAS BOOKの最新号「GAS BOOK 24 HIDEKI INABA "〜NEWLINE"」が12月8日に発売されます!日本の新世代を代表するグラフィックデザイナー/アーティスト、稲葉英樹の初作品集となる本書は、これまで20冊以上出し続けてきたGAS BOOKのフォーマット(構成、版形、ページ数...etc)を全て一新した記念すべきリニューアル第一号になります。リニューアルのデザインを手掛けたのは、2002年に当初のフォーマットを作った稲葉英樹自身。つまり、自分で作ったフォーマットを一旦壊してまた再構築する、という試みなのです。ページ数もこれまでの2倍となり、稲葉英樹のこれまでの作品を一堂に集めた貴重な資料ともなります。

タイトル:GAS BOOK 24 HIDEKI INABA 「〜NEWLINE」
ソフトカバー / 128ページ / 304 x 228mm / 4,800円(税抜)
ISBN : 4-86100-383-0
※お近くの書店にてお取扱いが無い場合は上記のISBNコードを書店にお伝え頂ければお取り寄せ出来ます。

* 諸事情により、書店によって店頭に並ぶ日程が8日より遅れるところがあります。どうぞご了承下さい。尚、GAS online shopでは8日より販売開始致します。

The long anticipated release of the latest GAS BOOK, GAS BOOK 24 HIDEKI INABA "~NEWLINE" will be on sale from December 8th (in Japan)! This will be the first book by Japan's leading new generation graphic designer / artist Hideki Inaba and will be the memorable release of the GAS BOOK series, as everything will be renewed to a new format (composition, shape, page numbers, etc...). The new format was created by Hideki Inaba who created the original format in 2002. In other words, this is an attempt by the artist to destory the old format once created by himself and to re-construct it. With double the number of pages, this book will serve as an important resource as well containing all of Hideki Inaba's past works.

Title: GAS BOOK 24 HIDEKI INABA "〜NEWLINE"
Soft cover/ 128 pages / 304 x 228mm / 4,800yen(without tax)
ISBN : 4-86100-383-0
* If the book store near you does not carry the book, you can order it by telling them the ISBN code.

a000094

INFO: Product of God

Big Activeの運営するオンラインアートギャラリー「Product of God」がオープンしました。ここでは、Genevieve Gaucklerを始めMat MaitlandやKam Tang、Jasper GoodallなどBig Activeに所属するイラストレーターやグラフィックアーティストの限定プリントが購入できます。クリスマスプレゼントにお考えの方は早めのオーダーを!

http://www.productofgod.net/

Product of God, the online art gallery run by Big Active is now open. You can purchase limited prints of artist from Big Active, starting Genevieve Gauckler, Mat Mailand, Kam Tang and Jasper Goodall and so on. If you're thinking of a Xmas gift, you better order soon!

http://www.productofgod.net/

About 2006年11月

2006年11月にブログ「Atmosphere」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2006年10月です。

次のアーカイブは2006年12月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

It is all the entries contributed to blog「Atmosphere」inNovember 2006.

The previous archive is2006年10月.

The following archive is2006年12月.

main indexor look in thearchivesto find all content.

Powered by
Movable Type